Search

検索したいワードを入力してください

差し歯の寿命・交換方法・保険適用されるのか・値段|土台

Author nopic iconカミュ
ヘルスケア / 2018年05月27日
差し歯の寿命・交換方法・保険適用されるのか・値段|土台

差し歯の寿命で交換する方法

差し歯にすれば、永遠にそのままの状態で大丈夫という訳ではありません。機械製品に寿命があることは理解することができますが、差し歯に寿命があるのを理解をしている人たちはどの程度いるのでしょうか。

実際に差し歯にしている人たちは相当な数なのですが、差し歯の寿命など正しい理解をしている人たちは、決して多くはありません。

差し歯と正しい向きあい方をすることは、寿命についてもしっかり理解することです。

差し歯の寿命のリスク

差し歯に寿命があるのがみなさんの抱える大きなリスクです。リスクとして、歯の根が割れるという事態も警戒する必要があります。

天然歯は中心にある神経を失うと栄養が届かなくなって、金属の土台を入れて長期間使用すれば、歯根破折してしまい歯の根が割れてしまうこともあるでしょう。

そして、コアや差し歯は歯の根に接着剤で接着しますが、寿命で、接着が弱まることがあります。寿命によって、歯の根からコアや差し歯が抜けてしまうことも多々起こります。

位置別別差し歯の寿命

差し歯の寿命を短くしてしまう原因はなんなのでしょうか。そもそも差し歯という存在の寿命は、約10年~20年程度と言われています。

もう差し歯を入れてもらったことだけで満足してしまって、医師からそのようなことを聞いていても、聞く耳を持たなかった可能性もあるのではないでしょうか。

医師は、ひょっとしたらそのようなことは、聞かれぬ限り言わなかった可能性もあります。差し歯とは、しなければならない選択肢とも考えることができます。

差し歯の寿命などの話しをしてもしないでも、向かう選択肢がそれほどある訳ではありません。約10年~20年程度と寿命のことを言われれば、間違いなく患者さん気持ちはただ萎んでしまうでしょう。

前歯

前歯は差し歯の寿命について考える場合、特別な場所と考えることができます。 それは、前歯は見える場所なので、審美の要素も加わり、保険適用外になるケースが多いからです。

保険適用の差し歯に使えるのは、レジンと呼ばれるプラスチックです。保険適用外の差し歯の場合は、陶器(セラミック)やジルコニアなど使用することができ、これらの材料を使えば審美性が高く変色もありません。

前歯だけでなく奥歯にも、歯の色に近い白い材質のものを使用することができますが、おおかた見た目を意識する前歯には、このような配慮があります。

奥歯など

金合金や白金加金などの貴金属を使った差し歯は、ゴールドクラウンと言われます。ゴールドクラウンは、奥歯などに使用されます。

錆などの心配はありませんが、金色なので審美性には問題があります。ただし、古くから採用している技術なので実績には期待することができるでしょう。

カウンセリング

差し歯は、強度、審美性、費用、金属などの違いもあり、安易に差し歯にしてくださいと言って片づく問題ではありません。

差し歯の種類とそれぞれの特長、治療にかかる期間、費用などにも違いがあり、カウンセリングでの説明をみなさんもしっかり聞く必要があります。

その中で寿命の説明もきっとされていることでしょう。あまりにも差し歯には、カウンセリングを受けて聞くことが多くて、身近ではない寿命について安易に聞き逃している可能性もあります。

保証

差し歯の寿命について言えば、カウンセリングで保証についてもチェックしなければならないのではないでしょうか。


もしも、保険適用の差し歯の場合は、料金のなかに「補綴物維持管理料」が含まれていて、2年間の保証期間内なら、お金を支払いしないで対応してもらうことが可能です。

そして、保険適用外の治療の場合も保証が付いている場合があります。しかし、その内容自体は、歯科それぞれ違っていて、差し歯寿命に対して、医師がどのような向きあい方をしてくれているのか、あらかじめ最初にチェックしておく必要があります。

差し歯治療に保証が付いていない歯医者さんは差し歯寿命のことを考えると選択しないほうがいいでしょう。

差し歯の土台の寿命

差し歯の寿命と言っても、いろいろな症状があり、みなさんの場合、どのケースかということを考える必要があります。

神経を取る場合は歯の土台「支台築造」が必要です。ここには、神経を抜かない治療「ドッグスベスト」の選択肢もあります。

まず、歯科医は、患者さんに、神経を抜くか、抜かないの選択をしたあと、神経を抜く方には歯の土台(コア)の種類の選択をします。

神経や血管があるときには、栄養がいき届き、みずみずしく生きていくことができますが、神経や血管を失ってしまうことで弾力性を失ってしまい、枯れ木のようになってしまい脆く寿命を迎えてしまうでしょう。

みなさんの状態によって、人工の土台(コア)で歯を補強する必要がある場合があります。歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療と考えてください。将来起こるトラブルの発生率や歯の寿命に大きく関わる問題です。

差し歯の接着剤の寿命

差し歯が取れてしまった場合、接着剤の寿命が原因という可能性もあります。接着剤という発想なら、いちいち歯科医にそのとき行かないで、自分自身で家庭用接着剤で差し歯をまたつけてやろうという気持ちも起こるでしょう。

しかし、歯科医では、絶対にそのようなことにしないようにということなので注意をしてください。瞬間接着剤は人体に有害な物質が含まれています。

そして接着力が強く、差し歯の土台などに負荷がかかってしまうケースが多くあります。

取れてしまった差し歯は、無理に戻さないようにしてください。無理に戻せば、差し歯が変形してしまい、噛みあう歯が欠けてしまうことがあります。

オールセラミック・セラミックの差し歯の寿命

まだまだ差し歯寿命についてわからないということがあまりにも多すぎではないでしょうか。みなさんが、差し歯にして欲しいときは、藁をもすがる気持ちで歯科医にお願いして、ただしてもらえばいいという気持ちで一杯で寿命について何も考えていなかった可能性も充分考えることができます。

差し歯は、見た目が良くないというイメージを持っている人たちも大勢います。しかし、それは、認識の間違いであり、見た目にこだわって作られた被せ物を選べばいいだけです。

差し歯やかぶせ物でも天然の歯に限りなく近い仕上げにはいくらでもすることができます。オールセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)でできたかぶせ物のことです。

天然歯と同じく光を通し、治療をしたことがわからないくらいのにでき映えにすることができます。金属を一切使っていないので、金属アレルギーの人たちも安心して使うことができる方法です。

オールセラミックは寿命が長い?

果たして、オールセラミックの寿命はどの程度なのでしょうか。オールセラミックにすると寿命が長いという大きなメリットがあると言われていますが、目安としては8年~10年で、管理がきちんとされていれば20年程度と言われています。

みなさんは差し歯をして寿命は永遠と考えている可能性もありますが、それは大きな間違いであり、どのような差し歯の選択肢でも、やがて寿命が来てしまいます。

正しく差し歯の寿命について受け止める必要がありますし、差し歯の寿命が来てしまうときのためにしておかなければならない用意もあるはずです。

差し歯の寿命がきた場合は保険適用されるのか

せっかく差し歯にしたというのに差し歯の寿命が来てしまえばまた支払いしなければならないことに対して、不満感を持っている人たちも多いのではないでしょうか。

保険診療の差し歯に寿命の設定はありません。しかし、補綴物維持管理料(ほてつぶついじかんりりょう)という項目はあります。

歯科医は、差し歯の寿命が来てしまった場合、 治療を行なった歯科医院において、同じ部位に被せものを再度いれる場合、費用を請求できないことになっています。装着後2年間と言う期間もしっかり記憶に留めておく必要があります。

自費診療の差し歯は、保険診療とは当然と違い、使用する歯科治療材料には、制限がありません。費用については、それぞれ歯科医院が独自に設定しているので、一部の事実を正しい全般的判断材料にすることができないので、担当の歯科医より直接聞く以外方法はありません。

差し歯の寿命と値段

差し歯は永遠という思いこみに間違いがあります。普通に使用していれば10〜20年程度という感じではないでしょうか。

歯に負担がかかり、口腔内の状態が悪い場合にはもっと差し歯の寿命は短くなります。

みなさんは、差し歯の寿命について知れば、長持ちさせる配慮などもする必要が出てくるのではないでしょうか。

金属

金属の差し歯は自然劣化するのがデメリットです。一般的に寿命は7〜10年程度と言われています。金属が劣化してしまって、隙間から虫歯ができたりすることもあり、根が傷んできてしまったりすることもあります。

硬質レジン

硬質レジンの場合も、差し歯の寿命は、約7年と言われています。みなさんが保険適用の差し歯にしてもらった場合、多くメタルコアの金属の土台を作って、その上へ硬質レジンという金属にプラスチックを貼ったモノが使われます。

セラミック

セラミックは耐久性にすぐれた差し歯素材です。オールセラミックで作った補綴物の寿命は、かなり長く持つと言われているものの、しっかり管理して 20年程度もち、ほとんどは、約8〜10年で寿命を迎えると言われています。

40年

そして、差し歯はジルコニアという場合もあります。セラミック以上、強度が期待できるのは、最近使われるようになって来たこのジルコニアです。

このような流れでジルコニアが登場して、現在ほとんどの歯科治療で金属を使わない治療が可能で、差し歯の寿命も、数十年にわたって使用することができます。

40年差し歯の寿命があるかは定かではありませんが、このような感じて差し歯の寿命もどんどん延びているともいうことができます。

原因

実際に差し歯の寿命は正しい使用をすることで、数十年持たせることができます。そして、どの程度の寿命なのかは、材質ごとのデメリットや使用環境に大きく左右されます。

差し歯の寿命には、さまざまなトラブルも抱えています。保険適用の歯には金属が使われるので、この劣化が差し歯の寿命を大きく左右してしまうでしょう。

保険適用外のものでも、寿命があるのなら保険適用のモノでも、5〜7年程度は問題なくもたすことができ、寿命という視点でこっちのほうがメリットが大きいと感じることもあります。

2~3年で変色

そして、金属にプラスチックを貼るタイプの差し歯では、早ければ2~3年で変色が起きてしまうことがあります。差し歯をした歯の根元が黒ずんでしまうことが起こる場合もあり(メタルタトゥー)、5年ほどでこのような症状が起こる可能性も高いです。

差し歯としての機能はまだ寿命は来ていないものの、見た目が良くないから交換したほうがいいケースがあります。

そして金属の土台を使うと、金属の方が、歯より強度が強いので歯が金属に負けてしまうことがあり、歯の根が折れてしまうケースがあります。差し歯の根が折れてしまうこともあるでしょう。

費用

ここで一番肝心な差し歯の寿命の費用について考える必要があります。保険適用される金属を使った差し歯にするのなら、比較的安い費用で差し歯にすることが可能です。

レジンクラウンの費用は3000円程度です。前歯は保険でも白い歯にすることが可能であり、前歯の真ん中から数えて4番・5番の小臼歯部分は、保険診療で白いハイブリッドセラミックレジンにすることができます。 費用は9000円(3割負担)程度ですることができます。

自由診療

問題は、保険適用外の自由診療のほうです。オールセラミックの場合、保険適用の差し歯よりは高くなることは充分考えることができ、6万〜15万あたりです。

ジルコニアは約8万〜17万円になります。自由診療のケースは、どの治療でも歯科医によって料金がかなり異なって来ます。料金がバラバラと言う意味でも自由な診療です。

差し歯の寿命 取れてしまった

差し歯の寿命にはいろいろケースがあり、差し歯が取れてしまったという人たちもいるのではないでしょうか。差し歯の寿命は、なんの前触れもなく来るケースがほとんどです。

すぐに歯科医へ行くことができればいいですが、旅行している最中で行けないという場合もあるでしょう。差し歯の寿命が来てしまうだけで、旅行の楽しみも半減してしまうでしょう。

みなさんは、そのような差し歯の寿命に対して、どのような対処をしているのでしょうか。旅行で差し歯の寿命を迎えてしまうケースもあるので、そのようなときのため保険証はいつも携帯しておくのがいいでしょう。保険証がなければ自費診療になってしまうので注意をしてください。

ポリグリップ

差し歯の寿命というものの、この場合、取れてしまったモノがそのまま残されてあるのなら、ポリグリップでつけるというのも方法のひとつです。

ポリグリップを取り敢えず使用するというのなら、ポリグリップは入れ歯安定剤であり、口の中で使う材料なので、身体に悪い影響はありません。

そのような方法が上手く行く可能性はありますが、そもそも、そのような方法は、本来の対処の仕方ではありません。歯科医に聞けば、そのような対処の仕方を100%推奨するはずはありません。

旅行など、緊急のとき、そのような方法をとり、すぐに歯科医へ行く用意をしてください。

アロンアルファ

なぜ、そのような緊急事態の対処方法についてお話ししたのかといえば、多くの人たちが手っ取り早い方法としてアロンアルファを選択してしまうからです。

アロンアルファは、すぐに差し歯をもとの状態に戻すことができます。しかし、アロンアルファは体には使用できない成分が含まれています。あなたの身体を害してしまう可能性もありますので充分配慮が必要です。

アロンアルファは、瞬間に接着してしまうので、ズレてつけてしまったとき、もとに戻すことができなくなります。そして、あとあと後悔して、歯科医に行っても、アロンアルファのあとが残り、治療が容易にできなくなってしまうことがあります。

インプラントの寿命

いま、歯に注目をすればインプラントという言葉もとても聞きます。インプラントにすれば寿命がなくて安心と言う意味ではありません。

差し歯には、必ず寿命があると考えてください。チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込む方法がインプラント治療です。

一番、画期的治療方法であり、差し歯の寿命に対しても、永遠と誤解してしまう可能性があります。確かに寿命と言う意味では、長さから、第2の永久歯とも呼ばれています。

しかし、その内容は、10年の残存率は9割以上の寿命です。所詮差し歯には、永遠を期待することができません。一度差し歯にすれば、寿命が来ないと楽観視してしいる人たちがとても多いです。

40年以上を期待

インプラントの場合、 10年保証をつけているケースもあり、そのような意味では、他の差し歯の寿命よりは確実に長く延ばすことができます。 差し歯の寿命で、40年以上を期待している人たちがいますが、インプラントなら、その可能性もない訳ではないとも言われています。

しかし、そのためにも、人工歯根を埋め込む土台となる骨が健全に保たれ、しっかりメンテナンスされていればという前提があります。

差し歯には寿命がある

たり前の結論になりますが、みなさんに知って欲しいのは、差し歯に寿命があるという結論です。寿命があり、交換のために費用をまた支払いしなければならないとすれば、決して割のいいモノではありません。寿命を延ばすために、技術レベルの高い歯科医を選択するのも1つの方法です。

関連記事

Related