Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】丸顔に似合うおすすめのショート|黒髪/パーマ/前髪

Author nopic iconANJU
ヘアスタイル / 2018年02月22日
【年齢別】丸顔に似合うおすすめのショート|黒髪/パーマ/前髪

特徴別丸顔に似合うおすすめのショートは?

「丸顔だから似合う髪型が決まっていて困る」と考えている人は多くいますが、丸顔というのは意外と何でも似合います。丸顔のヘアスタイルのポイントは、トップにほどよいボリュームを持たせること、サイドをタイトにすること、顔周りを隠すことの3つです。

このポイントを抑えるだけで、コンプレックスでもある丸顔を武器に変えることができるでしょう。ここでは、特徴別に丸顔の人におすすめのショートヘアを紹介します。

丸顔の基準

私たちの顔の形は細かく分けると9つや6つの種類となります。一番有名な顔の形の分け方としては、卵型、面長型、三角形型、四角形型、そして丸顔の5つとなっています。自分がどのタイプの形なのかは、顔の縦の長さと横の長さを見て判断します。縦の長さは眉毛から口まで、横の長さは口の高さの横幅を基準としましょう。

丸顔は比率が縦の長さが2で横の長さが3となります。顎に丸みがあり、頬がふっくらしているタイプの人です。卵型の場合は1対1、面長型は3対2、三角形型は2対3、四角形型は1対2となります。

丸顔の印象

丸顔というのは、その名の通り全体的に丸みがかった顔のことを言います。太っているという意味ではなく、顔がふっくらしていて柔らかな印象のことを指します。丸顔は幼く見られることも多く、ベビーフェイスで可愛らしいというイメージを持たれることが多くあるでしょう。クールでかっこいいという印象からは離れていて、優しくて親しみやすいという印象が強くなります。

黒髪の場合

学校や職業の都合などで髪を明るくできない人も多いでしょう。黒髪や暗い髪色でも、毛先の動きやシルエットを工夫すれば十分軽い印象を演出することができます。黒髪でショートヘアは大人っぽい印象となります。黒髪の場合のショートは「大人系グラデーションボブ」がおすすめです。

前下がりのボブをベースとしたボブスタイルです。左右アシンメトリーな髪の量のショートに仕上げると髪に動きを出すことができます。カットのみのパーマなしのスタイルが基本となりますが、毛先のみをワンカールつけるのもおすすめです。

スタイリングはワックスを揉み込むだけです。フェイスラインに沿った髪が小顔効果があり、黒髪だとシャープな印象となります。

パーマをかける場合

ショートヘアにパーマをかけることでこなれ感を演出し、美人な印象を与えることができます。黒髪のままでもパーマを当てることで、全体的に重くならず、男性にも好印象を持ってもらえるヘアスタイルとなるでしょう。パーマを当てる場合のショートは「エアリーショートヘア」がおすすめです。

エアリーの名の通り、空気感を含ませたパーマが女性らしさを出してくれます。トップにボリュームを持たせることで、ふわふわでフェミニンな印象になります。パーマにショートのヘアスタイルは男性からの強い支持があり、丸顔の人にもおすすめです。

ストレートの場合

ストレートヘアというのは、視線の誘導を縦にすることができます。前髪は斜めに流し、膨張感を抑えたカラーリング、サイドをストレートにすることがポイントです。ストレートでは美しい髪質をアピールでき、小顔効果もあります。シャープですっきりとした印象を与えることができるでしょう。ストレートのショートは「クラシックボブ」がおすすめです。

ボブの中でも定番のスタイルとなるクラシックボブです。オーソドックスな平行ボブスタイルをベースとしたボブスタイルとなっています。顔の輪郭を隠し、前髪は束感が出るような短めのヘアスタイルが丸顔の人にはおすすです。また、レトロな雰囲気を出すこともできます。黒髪の場合は引き締まった、モダンでおしゃれな印象となります。

ボブスタイル

ボブスタイルは顔周りの長さが全体的に丸顔をカバーしてくれる、ショートでは定番のヘアスタイルです。ボブスタイルのポイントはトップにボリュームを出すこと、前髪は狭くし下ろすことの2つです。

前髪が長い場合はセンターパートで小顔に見せましょう。全体的なシルエットをひし形にすることが大切です。丸顔の人には「前下がりボブ」がおすすめのショートボブスタイルです。

前下がりのボブスタイルは有名芸能人やモデルにも人気のあるヘアスタイルです。前下がりボブとは後ろから前になるほど髪の長さを残したヘアスタイルのことを言います。頭の形を綺麗に見せてくれることと、小顔に見せてくれることが最大のポイントです。

マッシュスタイル

最近ショートの中でも人気が上昇中なのがマッシュスタイルです。可愛らしい丸いフォルムが顔を包んでくれるため、丸顔の人におすすめのヘアスタイルです。長さを変えることで少女っぽくも、大人っぽくも見せることができます。とにかくおしゃれなことも特徴です。丸顔の人には「マッシュショート」がおすすめのヘアスタイルです。

マッシュショートはまるで海外ドラマに出てくる美少年のようなヘアスタイルです。ダブルカラーやアッシュ系のカラーを選ぶと、さらに外国人風の印象となるでしょう。周りとかぶらない、個性的でもあるヘアスタイルです。少し襟足を長めにカットすることがポイントです。

年齢別丸顔に似合うおすすめのショートは?

ある程度の大人の年齢になってくると、可愛さがありながらも上品なヘアスタイルが理想と考えている人が多いでしょう。悩みとして、白髪や髪の量が減った、髪にツヤが出ないなどがあります。ヘアカラーは落ち着いたものをチョイスして、清潔感が溢れるヘアスタイルにはまさにショートヘアがおすすめです。

ここでは年齢にふさわしい、丸顔の人におすすめの素敵なショートヘアのスタイルを紹介します。

40代

40代は髪のボリュームが昔と比べて少なくなってきたと感じる人が多い、ミセス世代の入り口でもあります。ロングヘアのサラサラストレートよりも、スタイリング次第でふんわりとするショートスタイルを選びましょう。40代の丸顔の人には「ワンレン平行ボブ」がおすすめのショートヘアです。

ワンレン平行ボブはストレートヘアの代表格とも言える、ワンレングスのボブスタイルです。顎上ラインの前下がりボブをベースとし、顎の付け根を隠すことで顔をシャープに見せてくれます。このショートスタイルは明るめのカラーでも、ダーク系のヘアカラーでも美人かつ上品な印象を与えることができます。

デメリットとしては地毛でのストレートの持続が必要になるため、毎日のヘアケアが大切になります。

50代

50代になると白髪などの悩みの他に、「髪が細くなってきた。」「うねりが気になる。」という悩みが増えてきます。髪にハリやコシがなくなってきたという意見もあります。ショートヘアは20代から50代まで人気がある、万能のヘアスタイルです。また、様々な髪の悩みをカバーしてくれるスタイルでもあります。

50代の丸顔の人におすすめのショートスタイルは「吉瀬美智子風レイヤーショート」です。

今大人気とも言われている吉瀬美智子さん風のショートスタイルです。丸顔の人は前下がりにすることがポイントです。黒髪の場合は毛先を軽くすることで重たい印象をなくすことができます。このショートスタイルはカジュアルでありながらも、上品なモード感を演出してくれます。また、美容院でオーダーしやすいこともメリットの1つです。

メンズ・レディース別丸顔に似合うおすすめのショートは?

丸顔というのは、男女関係なくコンプレックスに感じる人が多い特徴の一つです。男性の場合は童顔に見られてしまうと感じている人が多くいます。丸顔が悩みという男性もカットやスタイリング次第で丸顔を上手くカバーすることができます。

メンズにおすすめのショート

メンズにおすすめのショートの一つは「マッシュショート」です。柔らかいシルエットが丸顔をカバーしてくれるヘアスタイルです。全体をマッシュベースにカットし、前髪を重めに残すことがポイントです。パーマをかけて動きを出すと、さらにオシャレな雰囲気になります。

セットするときは全体をまんべんなく濡らし、タオルで乾かします。前髪が割れないように注意しながら、流したい方向の逆方向にドライヤーをかけます。その後に流したい方向にドライヤーをかけましょう。カールアイロンを持っている人は、前髪を軽く内側に巻くとこなれた印象になります。最後にハードワックスで軽く整えれば完成です。

レディースにおすすめのショート

レディースの丸顔の人には今年注目が集まっている「フレンチショート」がおすすめです。柔らかさの中にシャープさを兼ね備えたスタイルです。大人っぽいのに可愛い、そして上品というまさに理想のヘアスタイルです。カラーリングは透明感のあるグレージュがおすすめです。毛先の軽さと束感を演出してくれます。

フレンチショートは顔の形、頭の形を綺麗に魅せる黄金比で丸顔の人にも安心です。パーマをかけることでさらに小顔効果が期待できます。耳に髪をかけることで、また違った印象を楽しむこともできるでしょう。

洗って乾かすだけでもかっこよくスタイリングできます。ワックスで整えるだけでも良いので、スタイリングはとても簡単です。ボリュームが出にくい人はトップのみにポイントパーマをかけるとスタイリングが楽になります。

前髪別丸顔に似合うおすすめのショートは?

実は顔の印象を決める重大なポイントは「前髪」とも言われています。ふっくらとした頬や丸みのある顎のラインなど、幼い印象を持たれがちな丸顔ですが、日本人女性の多くは丸顔です。おしゃれな卵形に憧れを持ちますが、実は前髪による錯覚もあるのではないでしょうか。ここでは、丸顔の人におすすめの前髪を紹介します。

斜めバング

丸顔の人が前髪を作る場合は、縦のラインを意識することがとても大切なポイントです。斜めに前髪を下ろした斜めバングは、理想の縦ラインを簡単に手に入れることができます。斜めバングのポイントは、おでこの生え際から三角形になるように前髪を作ることです。目線を前髪に持ってくることで、縦のラインを伸ばし、卵形に近づくことができるでしょう。

眉上バング

「大切と言われる縦ラインが作れないのでは?」と感じる眉上バングですが、丸顔に似合う特殊な前髪です。子供っぽい印象になりたくない人はぱっつんではなく、ジグザグに前髪を仕上げるのがコツです。短めの前髪でも大人っぽい印象になります。同時にナチュラル感を演出してくれます。

シースルーバング

抜け感のある前髪がトレンド感抜群のシースルーバング。少しウェット感のあるスタイリングにすることで大人っぽく、ツヤのある女性らしい印象となります。毛先を内側にワンカールさせることで、目線を外して丸顔をカバーしてくれます。

トップにボリュームを作れば、縦ラインを作ることもできます。短めの髪にシースルーバングにすれば、丸顔の人でもシャープな印象となります。

センターパート

前髪を真ん中ですっきり分けるセンターパート。フェイスラインをほどよく隠してくれるので、丸顔の人におすすめです。ショートボブのスタイルには、パーマをかけて動きを出すと抜け感のある印象に仕上がります。ショートヘアにセンターパートを合わせることで、キリッとしたかっこいい雰囲気となるでしょう。また、ひし形のシルエットを簡単に作ることもできます。

かきあげバング

かっこよくおでこを出したかきあげバング。トップにボリュームを大胆に出したかきあげバングなら、丸顔の人に小顔効果抜群です。また、前髪をかきあげる女性らしい仕草をすることでセクシーな印象を与えることもできます。

かきあげバングを作るときは8対2が基本です。ドライヤーを使って根元からしっかり立ち上げましょう。丸顔の人は顔周りに髪が適度に落ちるようにスタイリングすると、顔のラインを隠すことができます。思い切った9対1のスタイルならセクシーでありながらすっきりとした印象に仕上がります。

丸顔でもショートを楽しもう!

「丸顔だからショートにはできない。」と考えている人は多くいますが、実はどんな髪型でも似合うのが丸顔です。丸顔は全体的に丸みがかった顔の形のことを指し、幼く可愛らしいという印象を持たれることが多いでしょう。日本女性の多くは丸顔ですが、ショートヘアでもスタイリングを工夫することで丸顔をカバーすることができます。

丸顔のショートヘアスタイルはトップに丁度良いボリュームを持たせ、タイトなサイドを作って顔周りを隠すことがポイントとなります。そのポイントを抑ええることで丸顔を卵形に見せてくれたり、小顔に見せてくれます。

丸顔でも似合うショートは種類豊富です。いくつかのポイントをきちんと知っていれば、丸顔をしっかりカバーできます。丸顔で悩んでいる人は、ぜひ思い切ってショートに挑戦してみて下さい。

関連記事

Related