Search

検索したいワードを入力してください

仕事がうまくいかない人の特徴と原因・うまくいく人との違い

Author nopic iconayan
仕事の悩み / 2018年02月19日
仕事がうまくいかない人の特徴と原因・うまくいく人との違い

仕事がうまくいかない人の特徴

人間関係の構築が苦手

仕事がうまくいかない人の特徴として、まず不器用で人付き合いが苦手という特徴があります。仕事をスムーズに進めていく上では、周囲の人との円満な関係は大事ですし、協力してチームプレイをすることも大事です。

仕事がうまくいかない人は、人付き合いが苦手で周囲の人とうまく協力することができないので、仕事が思うように進みません。また、周囲の人と距離感があることで、困ったときに手助けを求めることもなかなかできず、仕事が滞ってしまうのです。

何事にもいい加減

仕事がうまくいかない人は、時間やお金にルーズでだらしないといった特徴があります。何に対してもいい加減な部分があるため、仕事も適当になりやすく、小さなミスが大きなミスになることもあります。

また、「このくらいで大丈夫だろう」といったアバウトな判断をしてしまう傾向もあります。適当に判断してしまうので、中身の薄い仕事内容になったり抜けが出ることも多くなります。その結果、人からの信頼が薄れ仕事がうまくいかない状況になります。

整理整頓や段取りが苦手

机の上がいつも散らかっていたり、スケジュールの組み立てが下手な点も、仕事がうまくいかない人の特徴です。整理整頓が苦手なため、やるべきことや期日などが整理されておらず、頭の中も散らかってしまっているのです。

また、仕事がスムーズに進むように優先順位をつけることが苦手です。段取りをうまく立てられず思い立ったことから行動するため、期日を守れなかったり大事な業務を忘れてしまったりと、ミスが多くなります。

仕事がうまくいかない人の原因

必要以上に敵を作ってしまう

仕事がうまくいかない人は人間関係の構築が苦手だと述べましたが、その結果必要以上に敵を作ってしまったり、職場の中で対立してしまう傾向があります。

協力姿勢を見せたり、謙虚な態度で相手を立てることがうまくできないため、職場の人との間に溝が生まれてしまいます。その結果、敵対している人に足を引っ張られて仕事がうまく進まなくなってしまうのです。

業務を好き嫌いしてしまう

好きなことばかりできる仕事はそうあるものではありません。しかし、仕事がうまくいかない人は、自分が好きな業務ばかりしようとし、苦手なことや嫌いなことを避ける傾向があります。その結果、苦手なことがいつまでも苦手なままだったりと成長が見えないために、仕事がうまくいかなくなってしまいます。

また、好きなことばかりしようとすることで周囲からわがままだと思われたりと、マイナスな印象を与えてしまうことになります。

基本的なことをおざなりにしてしまう

「ほうれんそう」と言われるように、報告・連絡・相談はどんな仕事でも大事です。「時間を守る」「挨拶する」「記録しておく」といったことも仕事する上で基本中の基本です。

しかし、仕事がうまくいかない人は、このような基本的なことを適当にしてしまう傾向があります。そのため仕事の基盤ができておらず、信頼をなくしたり大きなミスをしてしまうのです。このように、当たり前のことをおろそかにしてしまうのは、仕事がうまくいかない原因なのです。

約束に対して不誠実

仕事をしているとたくさんの約束にぶつかります。例えば取引先との商談、飲み会や頼まれ事の期日など、たくさんの約束を守ることが必要です。

しかし、仕事がうまくいかない人は、約束に対して不誠実でルーズな部分があります。期日をいつも過ぎてしまったり、人との約束を忘れてしまうなど約束に対して不誠実な姿勢は、たとえそれが小さな約束だとしても、相手に不信感を与えてしまいます。そうすることで信頼を失い、仕事を任せてもらえなくなり、結果的に仕事がうまくいかなくなります。

仕事がうまくいかない人とうまくいく人の特徴の違い

失敗に対する姿勢

仕事がうまくいかない人、うまくいく人の差は、失敗したときに大きく表れます。仕事がうまくいく人は、失敗に直面した時に素直に自分の非を認めて反省し、次に生かそうとします。そうした考えができるので、同じことを繰り返すことはまずありません。

しかし、仕事がうまくいかない人は、失敗したときに言い訳を探したり、他人に失敗の原因を探します。反省したり、次からこうしようと教訓を得ないために、同じ失敗をいつまでも繰り返してしまいます。また、周囲の人からは失敗に対する責任逃れをしているように見えてしまい、信頼や評価も下がってしまいます。

教えてもらう姿勢

仕事がうまくいく人は、教えてもらうのが上手でもあります。謙虚な姿勢で素直に分からないことを教えてもらおうとするので、できることが増え、仕事をする中で活躍の場が広がります。また、教えてもらうことに対して感謝の気持ちを忘れないので、目上の人から可愛がられて仕事がスムーズに進みます。

反対に、仕事がうまくいかない人は教えてもらうことが下手です。素直に分からないことを聞けなかったり、プライドが邪魔をして自分でなんとかしようと勝手な行動に走ってしまう傾向があります。目上の人が親切にアドバイスしてくれたとしても「教えてとお願いしたわけではないのに」とひねくれた態度をとります。

謙虚さや素直さがないので、成長する機会を自分で減らし仕事がうまくいかなくなります。

仕事に対する姿勢

仕事がうまくいかない人とうまくいく人は、仕事に対する姿勢そのものに違いがあります。モチベーションの違いから、ひとつひとつの行動に違いが生まれ、仕事のでき具合に差が出てきます。

仕事がうまくいく人はモチベーションが高く、進んで仕事を引き受けようとしたりと非常に勉強熱心です。そのため、できることが増えていき、活躍の場がどんどん広がります。いつも明るく前向きに仕事に取り組むので、人望も厚いと言えるでしょう。

しかし、仕事がうまくいかない人はモチベーションが低く、言われた最低限のことしか仕事をしようとしません。早く仕事が終わらないかと考えだらだら仕事をしたり、頼まれたことを面倒だと考えます。こうしたモチベーションの低さが仕事の結果に繋がり、周囲から評価されず、仕事がうまくいかなくなってしまいます。

仕事がうまくいかない人の心理

ネガティブで批判的になる

仕事がうまくいかない人は、仕事で良い結果を残せないことで自信を失っています。そのため、「でも」「どうせ」「だって」とネガティブな発言ばかりをし、どんどんやる気をなくしていく負のループに入ってしまいます。

本当は周囲の人に認められたい、頑張りたいという気持ちはあるのですが、自分に自信を持てなくなっているため、「どうせ頑張ってもいい結果は出ない」と諦め、仕事に対するモチベーションを高く持てません。

孤独感と敵対心を抱く

仕事がうまくいかない人は、対人関係がうまくいかないので職場の中で孤独感を感じやすいです。そのため「誰もわかってくれない」と寂しさを感じ、協力や手助けを求めることに抵抗感を抱きます。

また、仕事がうまくいかない人は、自分の味方はいないという気持ちから、必要以上に敵対心ある態度で周囲に接してしまったり、感情的な態度でぶつかってしまいます。

贔屓されているのではないかという不信感を抱く

仕事がうまくいかない人は、周囲と仕事の成果を比較してしまう傾向があります。特に、同期といった同じポジションの人に対してライバル心を持ち、仕事の成果を気にしてしまいます。

「自分は仕事がうまくいかないのに、同期はうまくいっている」といった劣等感を感じると卑屈になりやすいです。それだけでなく、上司が贔屓しているのではないか、自分は嫌われているから仕事がうまくいかないんだ、といった不信感も持ちます。

こうした心境がさらに周囲の人との関係を険悪にし、仕事がうまくいかない人のまま変われなくなっているとも言えます。

仕事がうまくいかない人の効果的な育て方

怒るではなく叱る

仕事がうまくいかない人を仕事がうまくいくように育てるのは大変です。要領の悪さや態度に、教える立場の人はイライラすることもあるでしょう。しかし、怒りを感情的にぶつけても、仕事がうまくいかない人は反発心を高めてしまうだけです。

仕事がうまくいかない人が失敗した時には、感情的に怒るのではなく冷静に叱ることを意識しましょう。何が駄目だったのか、今回のミスで誰がどんな迷惑を被ったのか冷静に事実を伝えます。感情をぶつけるのではなく事実を説明することで、仕事がうまくいかない人も素直に失敗を受け止めやすく、反省する気持ちを持つことができます。

プライベートの顔も理解する

仕事がうまくいかない人は周囲との距離感に対してコンプレックスを持っていたり、心を閉ざしている傾向があります。それにより、相談や報告が気軽にできず、結果仕事がうまくいかないということもあるでしょう。

そのため、仕事がうまくいかない人を育てていくには、距離を縮め信頼関係を深めることが大事です。仕事の話だけではなく、趣味や休みの日の過ごし方などプライベートの顔も知ろうとする姿勢を見せることで心の距離を縮めていきます。ご飯や飲みに行く機会を増やしてもいいでしょう。

プライベートの素顔も知ることでお互い愛着が生まれますし、仕事がうまくいかない人に対する助言も素直に聞き入れてもらいやすくなります。

マニュアルの裏にある意図を理解させる

仕事がうまくいかない人は、浅い考えで行動してしまったり、よく考えずに判断する傾向があります。それが時に大きなミスとなり、仕事がうまくいかなくなってしまいます。

仕事がうまくいかない人には、何かを教える際にはその行動の裏にある意図も必ず伝えて理解させるようにします。例えば「これをこうすると、○○となりお客さんに喜んでもらえる」「これをしたら駄目なのは、△△の状態となり作業がストップしてしまうから」など、マニュアルの裏にある理由を具体的に説明していきましょう。

表面的なことだけではなく、仕事の目的や作業の裏にある意図を知ることで、臨機応変な判断力を育てることにもつながります。

仕事がうまくいかない人の効果的なストレス解消方法

美味しいものを食べる

仕事がうまくいかずにストレスを抱えるのは辛いことです。しかし、ストレスを抱えたままではネガティブな気持ちのループで、どんどん仕事が停滞してしまうでしょう。

ストレスを上手に解消するには、まずは美味しいものを食べましょう。美味しい食事は心の癒しになりますし、空腹が満たされることで幸福感も生まれます。ストレスが溜まっている時は食事も適当になりがちですが、美味しいごちそうを食べることでリフレッシュができ、憂鬱な気持ちを切り替えることができます。

職場の人とプライベートで出かける

仕事がうまくいかない時は、職場の人との関係もうまくいかないように感じてしまいます。しかし、だからこそ距離を置くのではなく、休みの日や仕事帰りに一緒に出かけることで距離を縮めていきましょう。

仕事以外の時間でお互いを理解し、信頼関係が生まれると、「わかってもらえた」「相談に乗ってくれる」という安心感が得られます。味方がいると思うだけでも、仕事に対するストレスや億劫さが薄れます。

好きなことに没頭する時間を作る

仕事がうまくいかない人は、嫌々仕事をしている、好きでもないことをしているというストレスを抱えている場合もあります。その場合は、趣味やおしゃれなど好きなことに没頭する時間を作りましょう。

好きなことを好きなだけ楽しむ時間はストレス解消になりますし、やる気を取り戻すきっかけにもなります。また、自分が何をやりたいか見つめ直す機会にもなるでしょう。仕事がうまくいかないのは、もしかしたら自分に合っていない職業に就いていたり、好きじゃないことを無理にしている可能性もあるからです。

人は、好きなことに対しては努力も苦ではありません。好きなことに没頭することでストレスを解消し、これからの仕事を見つめ直すことで、仕事がうまくいくようになるための方法を見つけられるでしょう。

原因を知り改善の努力をしよう

仕事がうまくいかない人は、うまくいかない原因がどこかにあるはずです。「何をやってもうまくいかない」と嘆くのではなく、自分自身の中にある原因を素直に受け止めましょう。そして改善しようと努力することで、仕事が楽しくなり物事が前向きに進んでいくはずです。

うまくいかない時は心も折れ、負のループに陥りやすいです。しかし、負のループを断ち切り、仕事を円滑に動かしていくのは自分次第です。独りよがりにならず、素直に周囲の人と協力し合おうとする気持ちで、楽しく働いていきましょう。