Search

検索したいワードを入力してください

良妻賢母な人の手相の特徴・診断できるチェック項目・なるには

Author nopic icon華咲梅
手相占い / 2018年03月05日
良妻賢母な人の手相の特徴・診断できるチェック項目・なるには

時代別良妻賢母な人の特徴

良妻賢母とは「良き妻、賢い母」と言う意味です。

良妻賢母と言えば「夫を立てながら子育てにも熱心に取り組み家事能力も高い」イメージとしては「昭和の女性」が強いですが、それ以前の時代にも「良妻賢母」と言う意識は存在したのでしょうか。また、それぞれの時代の良妻賢母とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

江戸

江戸時代の頃は「女性はおろかで劣った存在」と言う認識が強かったため、女性に育児の役割が期待されてなかったそうです。「黙って夫に従う」のが美徳とされていた時代ではありますが、子育てに関しては今とは考え方が違います。

明治

「強い国を作るためには立派な国民を育てなければならない」と言う方針のもと「これからは女性も賢くなって子どもを教育すべき」と唱えられるようになったのが良妻賢母の始まりだと言われています。

明治35年に文部省から出版された「高等女学校用修身教科書」では、「女性は家庭内で夫に対して貞節を誓い敬愛心を持ってつかえる妻である事や、家風を重んじ尊敬を持って舅姑につかえる嫁である事、子どもを教育する母親である事」が国家の一員として自覚をを持った良妻賢母として描かれていました。また、その5年後に出版された改訂版では「無条件の従順さを求められるのではなく、夫に過失があるような場合においてはしっかりと注意する事」も良妻の条件として付けられています。

現代

女性の社会進出も進み、賢く強い女性が活躍している現代。「三歩遅れてついていく」受け身なだけの女性では良妻賢母だと言えなくなってきました。

表向きは「夫をたて、夫につくし」と、同じように見える良妻賢母像ですが、現代の良妻賢母と言われる女性たちは「女性・妻・母・親友・同志」と色々な顔を使いわけて上手く男心をくすぐりながら、夫が気持ちよく「愛する妻のためになんでもしてあげたい」と思わせる環境自ら作り出していきます。

「自分がいつも笑顔で美しくいるのが家族の幸せ」である事を知っているので、家族のために自分を犠牲にして必死になるのではなく、「妻として」「母として」の役割をしっかりとこなしつつ美容に力を入れたり好きな事を楽しんだりと、自分の人生を楽しんでいるのも特徴です。

良妻賢母か診断できるチェック項目

「家族のために毎日頑張ってるけど、周りからは良妻賢母って思われてるのかな」あるいは「これから結婚して良妻賢母だと言われるためにはどうすればいいの」と思っている人へ、良妻賢母だと言われるために「最低限これだけは外せない」と言うチェック項目です。あてはまるものはいくつありますか。

人並以上の家事ができる

「料理上手」「いつもすっきり片付いた家がキープできる」「節約上手」。良妻賢母を志す上で、これらの基本的は事はせめて人並にできる必要があるのは必須です。

ただし、「手作りにこだわった食事をテーブルいっぱいに並べる」とか、「いつもチリ一つ落ちていない清潔な住まいを目指す」とか、「1円でも安い買い物をするために労力を使う」とか言うことではありません。家族みんなが笑顔でいれるために「ここだけは押さえておかなければ」と言うポイントを押さえた上で、自分も毎日笑顔でいれるように「時には上手に手抜きをする」と言う知恵を併せ持つ事も必要です。

コミュニケーション能力が高い

良妻賢母たるもの、ご近所からの評判や実家の両親との良好な関係を築けると言う「コミュニケーション能力の高さ」も求められています。とは言え、誰にでも愛想を振りまくかのように聞きたくもないグチや噂話に付き合ってまで「嫌われないための努力をしなければいけない」と言う事ではありません。

「人に会ったら笑顔であいさつ」「夫婦間でもきちんとお礼が言える」「相手の気持ちに立って行動する」と言った、自分がされてうれしい事を人にも当たり前にすると言う事さえできていれば大丈夫です。

自立した強い人である

良妻賢母になるためには間違っていることは間違ってると言える強さ、イザと言う時は頼りになる判断力やメンタルの強さに加え、夫に頼り切ってばかりではなくピンチの時には自分が家計を支えていけると言うくらいのある程度の体力や社会適応能力を備えておく必要もあります。

「黙って俺についてこい」堂々とこんなセリフを言えるような時代ではなくなったとは言え、やはり男性が好むのは自分の意見がすべて通る女性です。男性が言う事に100パーセントYESの返事、自分を主張することなく黙って楽しそうに話を聞いてくれるような女性は今の時代でもモテますが、心底相手に頼りっきって何もかもをゆだねている様では良妻賢母にはなれません。

表面上は男性を立てて気分よくさせておきつつも、芯の部分はしっかりと持って「気付かれないように男性を操縦している」くらいの強さが求められます。

良妻賢母で有名な芸能人

「良妻賢母」と聞いてまず思い浮かぶのが、「鬼嫁」のイメージで親しまれながらも、家族への愛のあふれるエピソードや家事能力の高さを色々な場面で発揮している元プロレスラーの北斗晶さんだと言う人も多いでしょう。

「夫を尻にしく」イメージでありながらも、実際には夫のやりたい事をサポートしつつ、ご自身は「妻として」「母として」の役割をしっかりと果たしている。夫婦ともにいつも幸せそうな雰囲気を出している様子からも家族仲の良さがうかがえます。

また、結婚・出産をされても変わらない美しさと仕事での活躍を見せる松嶋菜々子さんや篠原涼子さん、森高千里さん、結婚を機に清く芸能界を引退して家庭に入った山口百恵さんらも「良妻賢母」と聞けば必ず名前の挙がる人たちです。

良妻賢母な人の教育方法

一言で「しつけ」「教育」と言ってもどこまでがしつけなのか、どのようなやり方が正しいのか人によって分かれるところでもありますので、センスの問われる部分でもあります。

良妻賢母だと言われる人たちももちろん我が子のしつけや教育には積極的に取り組みますがしつけや教育の目的がはっきりとしているので、ただ「みんながやっているから」「これぐらいできないと遅れをとる」と言う気持ちで過剰に習い事をさせてみたり、子どもの個性を押しつぶしてまで自分の理想を押し付けるような事はしません。

なので、結果的に育てられた子どもたちは「どこに出ても恥ずかしくないマナー」を身に着けつつ自分や他人を尊重する心や自分の夢や目標に向かって自ら努力する気持ちを持ちながら育っていきます。

良妻賢母な人の手相の特徴

良妻賢母線

右手の小指の下から右上に伸びている感情線が人差し指と中指の間まで長く伸びている人は「思考や行動のキャパが広く情に厚い、面倒見の良い人」なので、結婚すれば家庭や家族に愛を注ぐ良い妻や夫になると言われています。

ただし、何事もやりすぎはよくありません。面倒見が良いあまり相手につくしすぎて相手をダメにしてしまわないように注意が必要です。

良妻賢母に関するおすすめの本

新・良妻賢母のすすめ―愛としあわせを約束する26章

「幸せな結婚生活をおくるためにはまず男性を理解することから始まります」本書の主な内容は、男性の視点から見た理想の女性像についてや男性の中にある深い愛情を呼び覚ます女性になるにはどうすればよいかなど、幸せな結婚生活を送るために必要な事が書かれています。

「夫の悪いところばかりが気になって夫を変えようと一生懸命になっている人」「離婚を考えている人」にもぜひ読んでもらいたい本です。

Blockquote firstBlockquote second

とてもいい本だと思います。既婚子持ち女性です。最初は「なんだこれは⁉︎いつの時代だ」と思って読んでいたのですが、読み進めるうちに「確かに思い当たる…」と納得しながら読み進める事ができました。特に男性を自分の思い通りに正そうとするのは独善的になりがちだという事、相手が良い人間であるかどうかは相手の責任であって自分の責任ではない事、という部分ではかなりショックを受けました。また男性は賞賛を求めているという章では「相手がこちらの理解を超える話をしてくるのは、そんな難しい事を知っている自分を褒めて欲しいのです」というようにキッパリ言い切っていて清々しささえ感じます。
全編キリスト教に基づいて説明がされています。後半の人格について書かれている部分は、より色濃くキリスト教的な価値観が出ているので馴染めませんでしたがそんなものかと思いながら読み流しました。
これまで私は「男女は役割も全て平等であることがより良く正しい価値観」だと信じてきました。でもこの本を読んで「全てにおいて男女平等」であってもいいし「男性を立てて、適度に依存する」ことを好んでもいい、大切なのは自分とパートナーがより幸せになれる価値観で生きていくことなんだろうと思うようになりました。
実践してみてまだ日が浅いのですが、主人の反応が少し柔らかくなった気がします。実験をするような気持ちでしばらく実践を楽しみたいと思います

新・良妻賢母のすすめ 生徒用ワークブック

「新・良妻賢母のすすめ」のワークシートです。チェックシートに落とし込む事で自分の問題点や課題が浮き彫りになるので、より内容を理解しやすいようになっています。レッスンごとに具体的な目標課題もあるので行動にも移しやすい。

Blockquote firstBlockquote second

「新・良妻賢母のすすめ」の本を読むだけでも勉強になりましたが,このノートを書き込んだりチェックしたりすることによって本の内容が自分のものとして習得できたように感じます。ワークシートは本がなくてはあまり活用できませんが,チェックシートにチェックして,生活を改善していくだけでも夫婦仲がよくなりました。

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる

280万部突破のベストセラーの文庫版です。「確信犯的」に男女関係をもっと素敵に変えるために参考にしたい本です。

Blockquote firstBlockquote second

勉強になることばかりです。
強気になってしまう女性にぴったりだと思います。

良妻賢母になるにはどうすれば良いのか

「家事は苦手」だし「人付き合いは面倒」「夫にもつい強気に出てしまう」と言う人は良妻賢母になれないのでしょうか。大丈夫です。そんな人でも今日から簡単な事を少しづつ心がけるだけで良妻賢母に近づくことができます。

理想の女性になるための努力をし続ける

「あなたの理想とする女性はどんな人ですか」と言う質問にすぐに答えられますか。理想の女性になるための第一歩は「自分の中の理想の女性像」をはっきりと持つ事です。自分の理想の女性像が固まったのならその姿に近づけるためにできる事は何かを考えます。後は今すぐにできる事から一つ一つ実践していくだけです。

「理想の女性」と「良妻賢母」のイメージがかけなれていたとしても大丈夫。「美しくなるための努力」であれ「自分の店を持つ」のような家庭とは関係ない事のように思える事であれ、自分の理想をする姿に近づこうとする気持ちは自分を輝かせる事になり、結果的に周りの人にも良い影響を与えます。

もし「理想の女性像」が具体的に思い描けないようなら本を読むなどして自分の知識を増やすこともおすすめです。たくさんの上質な情報に触れているうちに自分のやりたい事やなりたい姿へのヒントが得られるでしょう。

感謝の気持ちを忘れない

「夫を立てる」「舅姑との関係を良くする」「ご近所やママ友との付き合いを良好にする」良妻賢母と言われるためにはやらなければいけない事がたくさんあって大変そうな気がしますが、人付き合いの基本はみんな同じです。

「感謝の気持ちを持って相手を尊重する」これさえ忘れなければ相手が誰であれ不快な気持ちにさせる事もないでしょう。特にいつも顔を合わせる夫婦間となれば「相手がやってくれてるの事は当たり前」になるので、自分が何かするたびに「自分ばかりが」と言う気持ちになりがちですが、当たり前になっている事を当たり前だと思わず感謝の気持ちを口にする事も必要です。

笑顔と声掛けは意識的に

良妻賢母たるもの、周りから「感じの良い人」だと思われる必要はあります。とは言え、「良い人」と思われたいがために興味のない話に大げさに相槌を打ったり、やりたくないのに無理に何でもかんでもする必要もありません。目指すのは「良い人」ではなく「感じの良い人」です。

抑えるところは抑える。人に会えば「笑顔であいさつ」や「相手を気にしての言葉がけ」は積極的にしますが、話が変な方向に向かいそうだったり楽しくない雰囲気になってきたら笑顔でその場を離れるだけでも大丈夫です。

これからの時代の良妻賢母とは

「夫をたて、黙って従う」「舅姑の嫌味も笑顔でかわす」「子どものやる気を引き出し立派な大人になるように育てる」良妻賢母になるためには自分ばかりが我慢をしなければいけないような気がしますが、本当に損をするのは自分なのでしょうか。

夫をたて、仕事への意欲を高めてもらう事は自分の暮らしが楽になる事につながります。普段から舅姑との良好な関係をキープしておくと、子どもの面倒を見てもらったりいざと言う時に頼ったりする事もできます。子どもにしっかりとした教育を受けさせ立派に育てる事は、将来の自分の暮らしを楽にする事につながります。

真の良妻賢母は自分ばかりが損をするどころか本当に得をするのは自分だと言う事を知っているので自らが率先して良い環境を作っていきます。それが周りにとって良い結果となるだけでなく自分の評価も高める事になる。これからの良妻賢母と呼ばれるのはその事を知っている賢い女性です。

関連記事

Related