Search

検索したいワードを入力してください

不採用の電話の対応や受け答え方法・伝え方や文言・いつ来るのか

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:転職・就職

初回公開日:2018年02月16日

更新日:2018年02月16日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

不採用の電話の対応や受け答え方法・伝え方や文言・いつ来るのか

不採用の電話の対応や受け答え方法は?

就活をしていたり、アルバイトやパートの面接、選考を受けていると、企業からの連絡が気になってしまいます。合格の連絡がくればいいですが、必ずしも合格しているとは限りませんし、不採用である場合もあります。不採用の電話がくると気分も落ち込んでしまいますが、それにも上手に対処していかなければなりません。

不採用だからといって、電話での態度が悪いとマイナスの印象を与えてしまいますし、万が一のチャンスを逃してしまうこともあります。社会人として正しい振る舞いをするためにも、不採用の電話には丁寧に対応することが大切です。不採用の電話の対応や受け答えの方法を知って、上手な対応で好印象を与えていきましょう。

折り返し

企業から電話がかかってきても必ずしも一発で出られるとは限らず、気がついたときには不在着信が残っている場合もあります。企業からの電話に出れなかった場合は折り返しの電話をして用件を聞くことが大切です。折り返しの電話をしても、それが不採用を伝えるものである可能性はありますが、着信を見たのであれば必ず折り返しの電話をかけることが大切です。

待っていれば企業からもう一度かかってくるケースも多いですが、相手に手間をかけさせるのはよくありませんし、必ず自身で折り返しの電話をするようにしましょう。不採用の電話の場合は、留守電に不採用であるとメッセージが残されている場合もあります。確認して不採用を知れば、折り返しの必要はありませんので、留守電についても確認しておく必要があります。

お願いなど

不採用の電話を受けた場合は、伝えられるままに聞いているだけであることも多いですが、企業に何とかお願いして採用してくれないか、あるいは面接のやり直しはできないかを求めることもできます。もちろんこれらのお願いをしたからといって、必ずしも事態が好転するとは限りませんし、場合によってはマイナスに働いてしまうこともあります。

しかし万に一つでも上手くいく可能性もありますし、どうしてそこで働きたいのであればお願いをして食い下がることも大切です。企業に対してお願いをする場合は、引き際を間違えないようにしなければなりません。不採用の事実は動かせないことも多いので、自身の熱意を伝えて、相手に拒否されれば素直に謝罪して引き下がるようにしましょう。

不採用の電話での伝え方や文言は?

不採用の電話を受ければ上手に対応することが大切であり、自身の気持ちの伝え方や答え方などにも注意しなければなりません。不採用になったからといって、いきなり横柄な態度を取ってしまうと印象はよくありませんし、常識のない人だと評価されてしまいます。不採用になってしまえば関係がなくなることも多いですが、それでも誰とどこで繋がるかは分かりませんし、少しでも好印象を残せるように丁寧に対応することが大切です。

不採用の電話での伝え方にはポイントがありますので、それらを知って、上手に対応して好印象が与えられるように工夫していきましょう。

書類選考

書類選考での不採用が電話で知らされた場合は、基本的には何も言わずにただ結果を受け止めるのが得策です。書類選考の段階で落とされるということは、面接をするに値しないと評価されていることになりますので、どれだけお願いなどをしても事態が好転しない場合も多いです。

応募書類の内容をしっかりと反省して、それを次に活かせられるように考え、気持ちを切り替えることが大切です。応募書類のどこが良かったか、どこが悪かったかなどの感想を聞くことも可能ではありますが、不合格になったものまで覚えていないことも多いので、何も聞かずに現実を受け止めることが大切です。

面接結果など

面接をし、その結果が電話で伝えられ不採用を告げられた場合も、基本的には黙って結果を受け止めることが大切です。お願いをしてもいいですが、その見極めはきちんとおこなわなければなりませんし、まずは不採用の事実をしっかりと受け止めましょう。好印象を与えるためには、ただ相手の話に相槌を打つだけではなく、面接をしてくれたことに対してのお礼の気持ちを伝えておくことが大切です。

「お忙しいところ面接のご機会を頂き、ありがとうございました。」など簡単で構いませんので感謝の気持ちを伝えておきましょう。お礼の言葉があるかどうかで印象は多きく変わりますので、必ずお礼の気持ちを伝え、丁寧な印象を与えて電話を終えることが大切です。

電話が来ないのは不採用ということなのか?

選考を受ければ結果が気になってしまい、企業から電話がないかをこまめに確認している人も多いです。企業からの電話はすぐにくるわけではありませんので、着信があるたびにドキドキしている人も多いですが、場合によってはいつまで待っても電話が来ないこともあります。採用とも不採用とも電話が来ず、いつまで経っても何の連絡がない場合もあり、連絡がないことでもやもやしてしまう人は多いです。

採用なのであれば今後の話を進めなければなりませんし、面接に合格している場合でも次の面接の案内の連絡などがあるはずです。選考を受けた後に、企業から何の電話も来ないということは不採用であるということなのでしょうか。

バイト

バイトの面接の場合、不採用の電話が来ない場合は、企業が連絡をするのを忘れてしまっている可能性が高いです。忘れるということは重要ではないということですので、不採用である可能性も高いですが、場合によっては採用であっても電話をするのを忘れていることもあります。

結果を聞かないままではもやもやしてしまいますし、次の面接も受けづらくなってしまいますので、気になる場合は企業に問い合わせをしても構いません。企業によって合否の電話がかかってくる期間は異なりますが、基本的には2週間以上連絡がないのであれば、問い合わせをしてもいいでしょう。問い合わせをしても不採用である場合は充分にありますが、結果を聞かないよりはいいので、気になる場合は電話をしてみることが大切です。

就職など

就職試験などを受け、企業から合否の電話はない場合は、不採用である可能性が高いです。就職の場合でもあっても企業が連絡を忘れてしまっているという可能性がありますが、就職の場合であれば、不採用であれば連絡をしないケースも多いです。就職の場合は一度に複数人試験を受けている場合ありますし、多い場合では数百人単位で試験を受けている場合もあります。

不採用になった人までいちいち電話をしていられませんし、合格者に連絡をするだけでも大変であることも多いです。企業の都合によっては不採用者には電話をしないと決めている場合もありますので、電話がなければ基本的には不採用と考え、どうしても気になるのであれば企業に問い合わせるようにしましょう。

不採用の電話はいつ来るのか?

選考を受けて合否の連絡が来るまではドキドキしますが、問題なのはどれくらいで電話が来るのかということです。結果の通知期間が長ければ長くなるほどに、結果が気になる気持ちは強くなりますし、他のことが手につかなくなってしまうこともあります。就活などであれば、他の企業の選考も並行して行わなければなりませんし、企業から連絡が来ないことには、就活自体が進めづらくなってしまうことも多いです。

またアルバイトなどの場合でも、早めに働く場所を決めておきたいと考える人は多いですし、結果が早く来るに越したことはありません。合否の結果は気になりますが、不採用の電話はいつ来るのでしょうか。

早い

不採用の電話がいつ来るのかは企業によって異なりますが、早い場合であれば翌日には連絡が来ることも少なくありません。面接などの場合は当日中に合否が決定している場合も多いですし、素早く連絡が来るケースが多いです。また面接で致命的なミスをした場合などは、協議の必要もなく不採用になってしまう場合もあり、その際にも翌日など素早く電話が来ることが多いです。

素早く電話がくるのは企業の特徴であることもありますが、結果がすぐに決まったためにすぐに連絡をするというケースもあります。すぐに連絡がきたからといって、必ずしも不採用なわけではなく、場合によっては合格である可能性もありますので、電話には必ず出るようにしておきましょう。

遅いなど

不採用の電話を素早くする企業もあれば、連絡が遅い企業もあります。どれくらいの期間になるのかは企業によっても違いますが、大体1週間程度であることが多いです。週の初めに選考を受ければ、週の最後、あるいは翌週の最初には連絡が来ることが多いので、まずは1週間を目安に考えてみましょう。

面接の場合は連絡がまだ早い傾向にありますが、書類選考の場合は、さらに時間がかかる場合もありますので注意が必要です。また場合によっては2週間程度時間がかかる場合もありますので、面接後はこまめに着信がないかを確認しておきましょう。

不採用の連絡は電話で来る?

不採用の連絡は電話で来るとイメージしている人も多いですが、実際にはそうではありません。電話以外の連絡方法もありますので、それらも知っておきましょう。

電話以外

不採用を伝える方法としては、電話以外にはメールや手紙などが挙げられます。就活など多くの人が一斉に選考を受けている場合は、メールで不採用の連絡が来ることが多いです。また手紙で不採用を伝える企業はそれほど多くはありませんが、最終面接など候補者が絞られている場合は手紙で送られてくることもあります。

必ずしも電話がかかってくるとは限りませんので、その他の連絡方法も知って、結果の通知を見落とさないようにしましょう。

企業によって異なる

不採用の連絡方法については企業によって異なり、必ずしも電話であるわけではありません。電話はむしろ少数であり、最近ではメールなどで通知されることが主流になっています。また不採用の場合は連絡をしないという企業もありますので、連絡は必ず電話で来ると固定観念を持たないことが大切です。

不採用の電話でも丁寧に対応しよう

不採用の電話の対応や受け答え方や伝え方や文言、いつ来るのかなどを紹介しましたが、不採用の電話でも丁寧に対応することが大切です。横柄な態度で対応すれば当然印象は悪くなりますし、社会人としてもマナー違反です。不採用の電話はショックではありますが、マナーを守って丁寧に対応し、好印象を与えられるようにしましょう。