Search

検索したいワードを入力してください

タイピングの速くなるコツ|初心者向け/上級者向け/かな入力

Author nopic iconFelick
ビジネススキル / 2018年02月18日
タイピングの速くなるコツ|初心者向け/上級者向け/かな入力

タイピングを早くするための練習方法は?

仕事などでパソコンを操作するにはタイピングが必要になり、文字を入力する場合は速い方が有利です。しかし、タイピングを速くするにはどうすれば良いのか悩んでいる方もいるでしょう。

キーボードのタイピングは日々コツコツと練習することで上達し、コツを掴めばタイピングを短い期間で上達させることができます。そこで今回は、タイピングを速くするためにはどのようなコツが要るのか、練習方法などについて紹介します。

タイピングが早くなるためのコツは?

タイピングを早くするためには、いくつかの点に注意して練習することが必要になります。タイピングを早くするにはどのような練習方法とコツが要るのか、次の項目から紹介します。

キーボードの位置を覚える

タイピングの速くなるコツ|初心者向け/上級者向け/かな入力

タイピングを早くするためには、ブラインドタッチができるようになりましょう。そのため、最初はどこに何のアルファベットがあるか覚えるところから始める必要があります。

アルファベットの位置を見ながらタイピングするときは、指の位置が正しい位置になるようにタイピングすることが上達するコツなので、キーボードを見ながら入力する場合でも、指の位置が狂わないようにしながら入力しましょう。

指を正しい位置に置いてタイピングする

タイピングには基本となる指の位置があり、正しい箸の持ち方があるようにキーボードも正しい指の位置があります。キーボードの正しい位置に指を置くことが早く上達するためのコツです。

キーボードでタイピングするときの正しい指の位置は「F」に左手の人差し指を置き、右手の人差し指を「J」に置きます。そこからD、S、AとK、L、Lの隣にあるキーに指を並べていき、小指まで指が乗るようにしていきます。この位置がタイピングの基本的な位置になり、人差し指、中指、薬指と小指で上下のキーを入力するのが基本的な位置になります。

最初は指の位置に戸惑いますが、コツを掴むとアルファベットの位置を感覚で覚えてくるので、タイピングを練習する時は正しい指の位置でタイピングしましょう。

ブラインドタッチを身に付ける

ブラインドタッチとはキーボードの画面を見ないでタイピングすることで、タイピングを速くするにはブラインドタッチを習得しなければなりません。そのため、タイピングを速くするにはブラインでタッチができるように、アルファベットの位置を覚えましょう。

長文を入力して練習する

タイピングの速くなるコツ|初心者向け/上級者向け/かな入力

タイピングを早くするには、たくさん練習することが必要になります。そのため、長文を入力すれば自然と長時間入力することになります。

長文の入力はよく使う文字などを何度も入力するので、確実に入力できる文章を覚えることができます。そのため、タイピングの練習をする時は長文のタイピングに挑戦してみても良いでしょう。

自分に合うノートパソコンを使う

これからパソコンを購入しようと考えている方は、パソコンのキーボードが自分に合ったノートパソコンを購入することも速いタイピングをするコツになります。

自分が使いにくいキーボードを使ってしまうと、長時間タイピングした時に疲れてしまうことでミスが増えてしまいます。入力ミスはタイピングのスピードを下げるので、これからノートパソコンを購入するときはキーボードの使いやすさを意識して選びましょう。

また、すでにノートパソコンを購入してしまっている場合は、後付けのキーボードを購入すると良いでしょう。キーボードには多くの種類があり、ノートパソコンでも後付けのキーボードを使えるので、自分に合ったキーボードでタイピングしましょう。

変換のタイミングはタイピングの速度に関係する

パソコンで文字を入力するときは文字の変換が必要になりますが、文字の変換もタイピングの速度を左右するポイントになります。そのため、変換のタイミングを良く考えて変換することもタイピングを速くするコツになります。

初心者の場合は一つの言葉で変換しますが、タイピングに慣れてくると数十文字程度入力してから変換することがあります。1回で変換する文字数が多ければタイピング速度を速くできますが、入力ミスをした時にタイムロスとなってしまいます。

どのタイミングで変換するかどうかは人によって異なるので、自分はどのタイミングで変換するのが効率良くなるのかを考えながらタイピングすると良いでしょう。

タイピングの練習にはどんなコツがある?

タイピングを速くするには練習方法も重要になります。タイピングの練習ではどのようなコツが必要か、次の項目から紹介します。

毎日練習をする

タイピングを上達させるには、毎日コツコツと練習することです。タイピングの上達には地道な努力が必要ですが、繰り返し練習することでタイピングの速度を早くすることができます。そのため、タイピングの練習は毎日欠かさず行いましょう。

キーボードを見ないようにする

タイピングの速度を速くするにはブラインドタッチをする必要があります。そのため、キーボードのアルファベットを覚えるために、キーボードを見ないでタイピングするように心がけましょう。

キーボードを見ないで入力すると入力ミスなども発生しますが、入力ミスが出たとしてもキーボードを見ないで練習しましょう。

初心者がタイピングを早くするコツは?

まだまだキーボードの入力に慣れていない初心者の場合は、どこから練習を始めれば良いのか、タイピングを早くするためにはどんなコツが要るか分からない方もいるでしょう。パソコン初心者の場合はどんな練習をすれば良いか、次の項目から紹介します。

ローマ字入力に慣れる

パソコンのキーボードはローマ字入力とかな入力があります。これからタイピングの練習を始めるのであれば、ローマ字入力に慣れるように練習しましょう。

かな入力で慣れてしまうと、英字などを入力する時に手間取ってしまいます。ローマ字入力でも速いタイピングはできるようになるので、まずはローマ字入力でタイピングできるように練習してみましょう。

正しいポジションでタイピングする

最初はキーの位置が分からないのでキーボードを見ながらタイピングしますが、この時にキーボードを入力する手の位置がポジションからずれてしまうことがあります。

最初から指の位置を意識せずに入力してしまうと、慣れてきた時に指の位置を覚えるのに苦労してしまいます。そのため、指の位置に慣れていなかったとしても正しいポジションでタイピングするようにしましょう。

口に出してタイピングする

キーの位置を早く覚えるには単純にキーボードを見ながらタイピングするだけではなく、五感を使ってタイピングすると早く覚えることができます。

入力する時に押すアルファベットを口に出しながらタイピングすることで、より短い期間でアルファベットの位置を覚えられるので、キーの位置を早く覚えるのであれば一つ一つのアルファベットを口に出しながらタイピングしましょう。

上級者がタイピングを早くするコツは?

タイピングに慣れた上級者でも、タイピングの速度を速くすることができます。上級者がタイピングを速くするにコツが要りますが、慣れてきところからタイピングをさらに速くするにはどうすれば良いか、次の項目から詳しく見ていきましょう。

入力の最適化をする

タイピングの基本はホームポジションを取って入力しますが、さらに速いタイピングをするには速く入力するための最適化ができるかどうかがコツになります。

例えば、「で」と入力する場合は左手の中指で入力しますが、左手の人差し指と中指で入力した方が早く入力できます。このような最適化をすることでタイピングの速度を速くできます。

最適化は、片手で入力する文字や入力しにくい文字などを入力する時に使い、最適化することでスムーズにタイピングができるので、適切に最適化すると良いでしょう。最適化は主に以下の言葉があるので、参考にしてみてください。

最適化する文字入力するキー
左手人差し指、左手中指
左手薬指(X)、右手人差し指(N)
右手人差し指、右手中指
右手親指、右手人差し指
右手人差し指、右手中指

最適化は適切に使う

最適化は指のホームポジションを崩す入力方法ですが、最適化しない文字の入力は通常のポジションで入力するので、あくまでも基本のポジションを保ったまま入力することがコツです。最適化された文字を入力した後はホームポジションに戻るように入力しましょう。

ホームポジションの入力に慣れていると、最適化の入力に慣れなくて戸惑うこともありますが、コツコツ練習して速いタイピングを目指しましょう。

流れ打ちを意識して入力する

流れ打ちとは一文字ごとに入力するイメージで入力するのではなく、複数のキーを同時に押す感覚で流れるように入力することが重要になります。流れ打ちは両手で入力する場合や指が自然な形で流れる時に使う打ち方で、キーを同時に押す感覚で入力すると速く入力することができます。

かな入力のタイピングを早くするコツは?

場合によっては、かな入力でタイピングしなければならないことや、かな入力で速いタイピングを目指している方もいるでしょう。

かな入力を使っている人はごく少数ですが、かな入力は一回の入力で一文字入力することができます。そのため、慣れてしまえばかな入力の方が早くタイピングできます。かな入力で速いタイピングをするにはコツが必要ですが、かな入力で一番難しくなるところは文字の配列を覚えることです。

一度文字の配列を覚えればローマ字入力よりも速くタイピングができ、短時間で多くの文字を入力できます。タイピングの速さを追求するのであれば、かな入力で速いタイピングを目指してみても良いでしょう。

かな入力はキーボードに注意

かな入力で速い入力をするには、キーボードも重要になります。ノートパソコンなどのキーボードは、ローマ字入力で使うことを前提に作られているので、かな入力で使うキーが小さく作られていることがあります。

キーボードがかな入力に対応していなければ、どんなに練習しても速いタイピングを習得できず、速くタイピングするコツがいつまで経っても掴めません。そのため、かな入力で速いタイピングをするには、かな入力に対応したキーボードで入力しましょう。

日々の努力で早いタイピングを身につける

ここまで早いタイピングをするコツについて紹介しましたが、速いタイピングをするには日々コツコツと練習することが重要になります。また、タイピングを早くするには正確にタイピングすることも重要になります。

いくら速くタイピングできたとしても、ミスタッチなどで入力ミスをしてしまうと時間の無駄になるので、速いタイピングを練習するときは入力ミスが無いように入力する必要があります。

いずれの場合も日々コツコツと練習することが重要になるので、毎日諦めずにタイピングの練習をし、速いタイピングのコツを掴めるように努力してみましょう。

関連記事

Related

新着記事

Latest