Search

検索したいワードを入力してください

パワーストーンの浄化をしないとどうなるのか・浄化方法

Small 41ef4b3d a6ef 46f1 bd87 2d489158c186結城 臣
パワーストーン / 2018年03月11日
パワーストーンの浄化をしないとどうなるのか・浄化方法

パワーストーンの浄化をしないとどうなるのか

パワーストーンの浄化とはそもそもどんな意味があるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

購入してすぐにパワーストーンを一度浄化します。これは、今まで自分の手元に来るまでにさまざまな人の手に触れ、気に触れているからです。そのたくさんの気を浄化し本来持つ力を引き出すために浄化します。そして日常的にパワーストーンを身に着けることによって、パワーストーンが力を自分に発揮してくれている代わりにパワーストーンは自分の気の影響を受けています。

その気を浄化することによって、そのたびに本来の力にリセットさせることで、また自分にいい影響を与えてくれます。その方がパワーストーンも長持ちしますし、石自身も生まれ持った力を発揮できるとてもいい関係になれるということです。

パワーストーンの浄化方法

パワーストーンの浄化方法は実にさまざまな種類があります。どのような石にはどのような浄化方法がいいのか、アクセサリーに加工してあることで適さない浄化方法などもあります。

いちばん自分に会う方法を見つけることで、石との良い関係が気づけますし、医師も長持ちします。ここでは何種類かの浄化方法についてご紹介していきます。

さざれ石

さざれ石での浄化は初心者でもやりやすく、効果も大きい最もおすすめできる浄化方法です。お皿や器にさざれ石をしいてその上に浄化したいパワーストーンを置くといったシンプルな方法で浄化できます。

どのくらいの時間上に置くかというのは、頻度や量によって違いがあります。多くのパワーストーンに効果があるので、お時間があるときに、さざれ石の上に自分のパワーストーンを置いてあげると、石がリセットされて本来の力を発揮できます。

お時間がない方でも、寝る前などにさざれ石の上にパワーストーンをおいて就寝すると、次の日の朝すっきりした状態で自分の一日に寄り添ってくれるエネルギー満タンのパワーストーンになってくれています。さざれ石での浄化は価格のリーズナブルですし、大変おすすめです。

お香

パワーストーンの浄化方法として、お香やセージで浄化するといった方法もあります。この方法はすべてのパワーストーンに対応していてしかも大変効き目が強いです。

方法としてはお香やセージを焚いてその煙にパワーストーンをくぐらせるという方法です。何度かくぐらせるだけにするのがポイントで、パワーストーン全体にいきわたるように煙にくぐらせるのもポイントですか前記したように、効果が大きく、力が強いのでやりすぎるのはよくありません。

また、透明度や輝きが強いものなどは煙によって曇ってしまうことがありますのでご注意ください。さらにこのセージなどは、浄化力が強いので、お部屋の浄化などもできます。パワーストーンの浄化のついでにそのままお部屋もすっきりいい空気に変えてくれるとてもいいアイテムです。

パワーストーンの浄化セット

パワーストーンの浄化セットは、パワーストーンは持っているけどどうやって浄化したらいいか分からないといった方に大変おすすめのセットです。

主に、浄化するためのお皿、さざれ石などの天然石のチップ、一つ核となるような大きめの石がセット内容で入っていることが多いです。このセットがあれば、すぐにでも浄化ができますし、基本的にどんな石にでも対応しているので、贈り物としても人気です。

さらに効果が高いセージが付いたセットなども販売されています。こちらのセットもあればすぐに浄化ができますし、前記したとおり、お部屋の浄化をすることもできますので石の浄化だけでなくお部屋や空間のリフレッシュにも利用できる大変おすすめのセットです。

お皿+天然石チップ+天然石のセット

こちらの商品は水晶+アメジストさざれチップ+ウルグアイ産アメジストクラスター+ウッドトレイのセットです。このセットで一つの浄化スペースができるお得なセットです。アメジストは大変発色が良く、インテリアとしても活用できます。さらにアメジストには、安眠の効果や魔除けの力もあるので、枕元や玄関におくのもおすすめでです。

Blockquote firstBlockquote second

浄化グッズを初めて購入したのですが、天然石ブレスレットが複数置けるお皿で、ちょっとしたインテリアにもなります。こんなに簡単に浄化ができるのであれば早く買っておけばよかったかも。

お皿+天然石チップ+天然石のセット

このセットはブラジル産水晶さざれ180g+水晶ポイント原石+木皿浄化セットです。さざれ石に雰囲気を壊さない水晶の原石がセットになっていて、お部屋の色など気にせずに配置することができます。さらに水晶には「自浄作用」があり、自分で自分のことを浄化できるので、このセットについてくるパワーストーンの浄化は必要ありません。セットについてくる石はどう浄化するのか不安になっていた人にはこのセットをおすすめします。

Blockquote firstBlockquote second

以前から浄化セットを探していたのですが、お店には手頃な製品がありませんでした。
パワーストーンのゴムが切れて、オペロンゴムを探していて、この製品を見つけました。
3つのパワーストーンを所持していますが、丁度良い大きさでジャストフィットでした。
水晶さざれもかなり入っていて良いです。また水晶原石を覆うようにパワーストーンを置けて浄化できます。

お皿+セージのセット

このセットはパールシェル ウッドスタンド ホワイトセージ 3点 浄化アイテムのセットです。セージはほどんどの石に向いており、さらには空間のリフレッシュ効果もあるので、浄化だけでなくいろいろな用途に使えます。さらにインテリアにも向いている台座もついていますので、セージを使ってみたかったけど、どう使っていいか分からなかった、といった方におすすめの商品です。

Blockquote firstBlockquote second

本格的な3点セットです!おしゃれ感にもなるし、買って良かったです!

パワーストーンの浄化水

浄化の方法は他にもさまざまなものがあります。今までは分かりやすくて知名度も高い浄化方法でしたが、ほかにも意外と簡単にできる浄化方法がたくさんありますので紹介していきます。

流水による浄化

パワーストーンの浄化方法に流水によって浄化する方法があります。おうちの蛇口から出る水にパワーストーンをさらし、受けてしまった気を洗い流すといったイメージです。

水に弱い石には不向きなので、すべての石に対応するという訳ではありませんが、もっとも手軽に、リーズナブルにできる方法といっても過言ではありません。ただ、蛇口から出る水道水ってどうなの、それで浄化できるの、と思う方もいらっしゃいます。その場合、例えば天然水など、より清らかな水の方が浄化の効果は上がります。

天然水を買ってきてそれで浄化するのもひとつの手です。ここでポイントなのが、「流水」にすることです。必ず水を流す形で、石と石の間を水がとおり抜けて、洗い流していうるようなイメージで浄化してください。浄化の後は優しくタオルなどで水をふき取ってあげましょう。

パワーストーンの浄化の頻度

ここで悩むのがパワーストーンの浄化の頻度です。これは実にさまざなで、断言できることはありません。石の種類や浄化方法によって全く違います。

一番の目安は、自分がやりたい、浄化したいと思うタイミングですることです。毎日すっきり浄化されたパワーストーンを身に着けたいと思うならさざれ石のようなものを使って、就寝時から起床時にかけて浄化するのもアリですし、セージのようなもので、自分もリラックスしながら週に一回や月に一回だけ浄化を行うと習慣化したりするのもいいでしょう。

また何か悪いことがあった、最近石からのいい影響を感じない。そう思ったときに浄化をする。期間を開けたから、浄化時間を長くしてみよう。などそういった目安で自分なりに浄化の頻度や時間を決めることが答えです。しいて言うならば、最低ひと月に一回は浄化したほうが石が長持ちするといえます。

パワーストーンの塩での浄化方法

お清め(浄化)言えば「塩」という方もいるのではないでしょうか。確かに塩には大きな浄化の効果があります。ですがさまざまな注意点もありますのでそれも踏まえて紹介していきます。

塩での浄化

塩での浄化はここで紹介している浄化方法の中で一番強い効き目があります。他の数ある浄化方法の中でもいちばん効力が強いといってもいいです。お葬式の後のお清めなどにも使われる塩は大変力があります。

やり方としては、器に塩を置きその上に置く方法がありますが、おすすめとしては力が強すぎるので、奥にしても数分か、振りかけるようなイメージの方がいいです。あまりに塩での浄化をしすぎると石自身の個性が死んでしまうので要注意です。

さらに、効き目が強すぎる分大きなリスクが伴います。潮に合わない石の種類が多くあり、合うものでも長時間やっていると、変色したりする場合も少なからずあります。最も強く、最も気を使わなくてはいけないのがこの塩での浄化です。

塩水での浄化

塩での浄化にはもう一つ方法があります。それは塩水での浄化です。器に塩水を作りそこに浸して浄化する方法です。浄化終了後は流水で塩水を洗い流し、柔らかいタオルでふき取ります。

こちらも多少水で薄まりますが、大変強い塩の影響を受けるので、あまりにも長時間にわたって、使用することは控えた方がいいです。あまりにも強く浄化する必要があるといった場合は最大で一晩つけておくと完全に浄化したといえます。使用する塩水はおよそ3%くらいのものを使うのがベストといわれています。

塩を使った浄化の注意点

塩は大変強い浄化方法であり、合わない石が多くあります。それに気をつけるのと同じくらい気を使うことが、アクセサリーなどに加工してある石です。アクセサリーに金属などがついている場合、もちろん塩を使うのでさびていってしまいますし、金属でなくても、塩と会わない材質のものが使われている場合があるので特に注意が必要です。

補足ですが、浄化で使った塩は食用に利用しなおすことは絶対にしないでください。また、塩での浄化で浄化しすぎてしまったと感じる場合は、さざれ石などで、体調をと整えるようなイメージでエネルギーをリセットさせるのもひとつの手です。

パワーストーンの月での浄化方法

今まで見て来た浄化方法とは種類が違う浄化方法に月の光での浄化があります。これは今までと違って何かものを使うわけではなく石に月光浴をさせるという物です。詳しく見ていきましょう。

月での浄化

月あかりというのはパワーストーンの浄化に非常に効果があります。特に一番効果を得られるのは満月の夜です。満月はさまざまなパワーがあり、神秘に満ちています。その力を石に定着させることで浄化できます。月明りを直接浴びせるか、窓越しでも大丈夫です。

およそ一晩ほど寝かせても問題はありまあせん。月明りを一晩直接浴びせることが目的ですが、雨などにさらされることは浄化とは逆のことをしてしまっているので、窓の近くがベストだといえます。ただこの月光欲での浄化にも向き不向きのある石があるので、十分注意しましょう。色が薄れたり、抜けたりする場合もあるので十分注意が必要です。

通常の月においても効果はありますが、満月の日は特に効果があるので、通常より長い時間浴びせることを意識するといいでしょう。

太陽での浄化

月明りでの浄化もあれば太陽での浄化もあります。太陽には燃え上がるほどの大きいエネルギーがあり、それを石に定着させます。充てる時間は午前中が最適です。窓際に置いたり、直接太陽の光を当てて、石にも日光浴の後のようなすっきりした気持ちになってもらうのがよい浄化といえます。こちらも簡単にできるので大変おすすめです。

ですが、太陽は合わない石は大変劣化しやすく、気を付けなければなりません。透明なものや白いものは太陽に強いですが、色がついているものなどは特に色落ちしやすいです。気をつけましょう。さらにアクセサリーになっている場合金具などに太陽に弱い材質があるとそちらも劣化しやすいので注意が必要です。

パワーストーンの多くはくらい土中で生成されたものなので、適度な日光浴にしないと体に毒です。そういった点に気を付けて適切に日光浴させてあげることでいいリフレッシュになります。

パワーストーンといい関係でい続けるために

今回は自分のパワーストーンをどう付き合っていくかを、浄化をとおしてご紹介しました。浄化の意味、どんな浄化方法があるか、意外とご存じない方もいたのではないでしょうか。

石にも感情のようなものがあり、定期的にリフレッシュが必要だということがいえます。そのリフレッシュをすることは持ち主にも影響していてその時間を自分のリフレッシュに使うことで、石と良い関係を気づけ、お互いにいい影響をしあえます。

パワーストーンに寄り添うといった意味も込めてさまざまな浄化方法には、石に合うか合わないかといった点も大変重要です。やり方によっては色あせてしまったり、力が弱まってしまう場合もあります。その浄化方法であっているのか自分の持つ石について調べてみるところから始めるのがいいでしょう。

関連記事

Related

Line@