Search

検索したいワードを入力してください

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

Author nopic iconちわわりん
手入れ / 2018年04月24日
アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

世界が注目するアシックスとは?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

アシックスは兵庫県神戸市に本社があるスポーツ用品を製造販売している企業です。シューズから時計などのアクセサリーまでさまざまな商品を取り扱っています。現在ではアメリカ・ヨーロッパ・中国・アジアなどへ進出しており、海外での売り上げは年々伸びています。

海外でのアシックスの人気が爆発したのは、あるハリウッド映画の影響があります。アシックスの前身であるオニツカ株式会社で作っていたシューズを復刻させてオニツカタイガーヨーロッパで販売したところ、その頃にレトロなデザインがブームになりつつあったこともあり人々の関心を引きます。

そしてハリウッド映画で、オニツカタイガーのシューズを履いた女優がアクションを演じた事で、大ヒットのブランドになります。今ではスポーツ用品のメーカーで3位になろうかというほどの勢いがあります。

そのような日本を代表するブランドであるアシックスのロゴについて、紹介していきます。

アシックスのロゴの印象は?

アシックスの商品を使ったことがない方はいても、アシックスのロゴを知らない方はあまりいないのではないでしょうか。それほど、日本ではおなじみのアシックスのロゴですが、どのような印象をお持ちでしょうか。

見てすぐに感じることは、アシックスのロゴはとてもシンプルですっきりしているということです。ロゴの一番左側にあるマークは「アシックススパイラル」と名前がついています。こちらのマークとASICSとアルファベットがあるのみです。

絵も枠もついていないであっさりしていて潔く、真面目な印象さえ与えます。

ロゴがかっこいい!

すっきり爽やかである事に加えて、アシックスのロゴはかっこよくもあります。変に飾っていない分わかりやすいロゴで、特に「アシックススパイラル」が好印象です。ワンポイントでシューズについていたり、看板に使われていたりするのですが、無駄のなさがとてもかっこいいです。

そして、アシックスのロゴが使われているグッズは男性にも女性にも性別関係なく使いやすい良さもあります。男性向きにかっちっとしているわけでもなく、女性向きにかわいらしいわけでもありません。バランスがとても良いです。

その上、年齢も関係なく使うことができます。スポーツの商品はすべての年齢の方が使うので、このことはとても大切なことになります。年配の方が使っていてもかっこいいし、子どもが使ってもお洒落であるというのは優れたロゴと言えます。

アシックスの昔のロゴとの違いは?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

以前のアシックスのロゴとの一番の違いは色です。今までのアシックスのロゴは、アシックストゥルーブルーという紺色に似た色を使っていました。約40年近く使われていたその色に新しく3色が追加されました。

現在アシックスは日本だけではなく世界で販売されることにより、多様性を必要とされています。ロゴにバラエティーを増やすことで、アシックスの多彩さを示しています。

ロゴとは?

そもそもロゴとはどのような役割をしているのでしょう。ひとつは、ロゴにはその会社の理念や思いを消費者に伝えることがあります。二つ目は、ロゴにより社員の気持ちを一つにしてやる気を出させることです。三つめは、ロゴを基本としてその企業のイメージを統一させるためです。四つ目は、ロゴがあることにより信頼性が増す役割があります。

このようにロゴとはただのマークではなく、多くの大切な役割を果たしています。人で例えると顔のような役割を果たしているのがロゴです。印象が大事であり、その印象に責任をもつ必要があります。

そしてロゴを変えることは、アシックス全体が変わっていくことであると言えます。ロゴの変化はそれほど大切なことです。

アシックスのロゴの歴史・変遷は?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

アシックスのロゴは誕生以来、4回変わっています。最初のロゴができたのは、1977年です。第一次オイルショックによる影響で、経済が低迷していて不安定な時に株式会社アシックスができます。

スポーツシューズを作っていたオニツカ株式会社とハンモックを製造していた株式会社ジィティオ、そしてスポーツウェアーのメーカーであったジェレンク株式会社の3社が合併することによりできました。

その時にアシックスのロゴマークも作られます。

初代のロゴは?

アシックス株式会社としてスタートしたロゴマークは、太字でASICSと書かれたデザインです。このロゴはアメリカで著名であったハーブ・ルバーリンというタイポグラファーにより作られました。現在のロゴデザインにまで影響を与えているというとても有名な方で、タイポグラフィーの神様と称されました。

約40年前に作られているのに、この初代アシックスのロゴには古さが感じられません。今でも十分かっこいいです。この時のアシックスはスローガンも決めていて「スポーツは世界の言葉」にしました。

2代目ロゴは?

1987年にアシックスのロゴは、それまで10年間使われた太字のロゴから細字に変わります。2代目ロゴの誕生です。より楽しく、よりスマートにと細めの文字に変更しています。文字が細くなることにより、初代のロゴよりもすっきりした印象に変わっています。

この時にスローガンも変えて「未来を見つめる健康テクノ」になりました。

3代目のロゴは?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

3代目のロゴで、いよいよ「アシックススパイラル」が登場します。1992年の事です。この「アシックススパイラル」はasicsの頭文字である「a」をつかいデザインされています。スパイラルとは渦巻きの事で、周りを渦のように巻きこんでいき良い状態が続く企業の発展への願いが込められています。

この「アシックススパイラル」マークが加わることで、かっこよさが間違いなく上がっています。

4代目のロゴは?

4代目のロゴは2007年にリニューアルされます。よりみやすさを追求したロゴになっています。さらに文字がすっきりしていて、「i」の文字が「l」となり上の点がなくなります。ますますシンプルさに磨きがかかります。

同じ年にはスローガンも変更していて、「sound mind, sound body」になっています。英語になっていて、よりグローバルな企業へと変化していることがわかります。

最新のロゴは?

最新のロゴへと変わったのは2017年です。より世界を意識して増えた3色の「アシックススパイラル」によって、大きな変化を感じられます。未来のアシックスへの期待が高まるロゴです。

同時に「I MOVE ME(ワタシを、動かせ)」という新しいブランドメッセージを打ち出しています。とても前向きなメッセージです。新しく加わった3色とともに、アシックスのシューズを履くことで溢れるエネルギーを感じさせます。

アシックスのロゴの由来は?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

アシックスのロゴは社名からきていますが、こちらは古代ローマ時代に活躍した風刺作家であるユベナリスの言葉から由来します。ユベナリスは風刺詩集の中にラテン語で「Mens Sana In Corpore Sano」と書いています。このMens を命や魂の意味を指すAnimaに変えて、頭文字を取ったのがASICSです。

これは「(もし神に祈りをささげるとしたら)健全な身体と健全な精神を祈るべきである」と訳します。英語で書くと「A sound mind in a sound body」です。紹介させていただきましたとおり、2007年からのアシックスのスローガンは「sound mins, sound body」でした。この言葉からきていることがわかります。

アシックスのアシは足ではなかった!

アシックスはシューズが一番有名な商品になるので、アシックスの社名には足が関係すると考える方が多いのではないでしょうか。しかし実は社名に足は全く関係がありません。そのように単純な理由ではなく、深い意味があってつけられていることに感銘を受けます。

アシックスのロゴの意味は?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

アシックスはユベナリスの言葉を通してロゴに、スポーツ用品のメーカーとして、グローバルにスポーツの文化に貢献していきたい。そして、スポーツをすることにより、世界の人たちがより健康により幸せに生活して欲しい。その事を手伝っていきたい。との意味を込めています。

素晴らしい経営理念です。ただスポーツの品々を使って欲しいと願うのではなく、人々により幸せに過ごして欲しいとの思いがあります。このような思いがつまっているロゴを社員の方は誇りに感じているに違いありません。

アシックスのロゴの色は?

アシックスのロゴの印象と昔との違い・歴史と変遷・意味

アシックスの元々から使われているロゴの色はアシックストゥルーブルーが使われています。この青色はいわゆる寒色になります。寒色は爽やかであったり、落ち着いた印象を与えます。人をリラックスさせたり集中力をあげる色でもあります。

スポーツブランドのロゴには寒色が使われる傾向があります。スポーツをするうえで冷静な判断が求められる機会は多くなるためだと言われています。今までのアシックスのロゴマークは選手に落ち着きを与えていたのでしょう。

新しいアシックスのロゴの色は?

一つ目はアシックスライトブルーです。パステルカラーのあかるい水色になります。とても綺麗な色で、沖縄の綺麗な海をイメージさせます。今までの落ち着いた青色とは違い、寒色ではありますがトーンがあかるいので若々しさを感じます。

次にアシックスライトグリーンです。こちらの色はきみどり色になります。黄いろの色合いが強いので、温かみのある優しい印象を与えます。暖色であり、色からエネルギッシュで、元気なイメージも受けます。

最後にアシックスコーラルです。コーラルとはピンク色した珊瑚の色を指します。派手派手したピンク色ではなく、綺麗な明るめのピンク色です。コーラルピンクは人気のある色で、お洒落でもあります。

これらの3色を新しく加えた事は、とても画期的です。ブランドのイメージが全く変わってくるはずです。この大胆な変化は、アシックスが本気でよりよく変わっていこうとしていることのあらわれです。

さまざまなロゴに興味を持とう!

いかがでしたでしょうか。普段何気なく目にしているロゴにはこんなにも深い意味があったのかと、驚かれたのではないでしょうか。ロゴの由来や意味を知ることで、その会社の理念を知ることができます。歴史を知ることで、その会社の変化や成長を感じられます。

世界には数え切れないほどのロゴがありますが、その中からあなたが好きな会社や気に入っているブランドを選んで、ぜひロゴの意味を調べてみてください。今までとは全く違う側面が見えてくるでしょうし、人に言わずにいられない魅力たっぷりのロゴに出会えるでしょう。

関連記事

Related