Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

Author nopic iconまお
結婚 / 2018年02月22日
【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

男女別おすすめの結婚相手の選び方

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

結婚相手、それは人生を左右する重要なパートナーです。確かに離婚も可能ですがしっかりと選び取れるようにしましょう。

男性の場合

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

男性はいかに自分の話をうまく聞いてくれるか、ということを重視することをおすすめします。顔で選ぶと加齢による変化で気持ちがなくなってしまう可能性があります。一緒にいて心から楽しめるパートナーを選んでいきましょう。

女性の場合

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

女性は、年収だけでの選び方をすると、のちのち愛情が冷めてしまう可能性があります。意外と顔で選ぶことも大切です。顔での選び方はあまり良くないという世間の印象がありますが、どんなに喧嘩をしても、顔が好であれば許せてしまうからです。顔と年収が一致しないこともありますが、折り合いをつけた選び方をしていきましょう。

お見合いでの結婚相手の選び方

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

お見合いでの結婚相手の選び方についてです。お見合いでは、初対面の男女が親とともに料亭などで趣味や好みの話をして、第一印象でまず結婚相手にふさわしいかどうか決めます。

初対面の人と会って話をするという面では、合コンと変わりはありません。しかし、お見合いと合コンが決定的に違うところは、お見合いは両者とも結婚相手を選びに来ているという意識があるという面です。

合コンならば、お食事会ということにもでき、個人の意思の自由で今後の方向性を決めることができます。しかし、お見合いの主導権を握っているのはあくまで親であり、親が主体となっています。

お見合いは、両親や周りの大人が「そろそろ結婚相手を決めなさい」ということで、本人の意思の有無にかかわらず設定されます。そしてお見合いといえば、もちろん結婚前提に話が進むということは周知の事実です。

合コンとの決定的な違い

合コンでは、その場が楽しければ良いという人、その後恋愛に発展することを期待している人、面白半分で参加している人、数合わせで呼ばれた人とたくさんの考えの人がいますが、お見合いは結婚するかどうかということが前提で行われる儀式です。

今ではSNSの発達により、異性と出会う機会が格段に増えましたが、昔は親や親戚の紹介で結婚するためにお見合いが行われてきました。その目的は子孫繁栄だったり、権力の拡大、また慣習によるものでした。

どんな思惑であれ紹介してもらった以上、断らずにお見合いに参加し、紹介してくれた人や親のメンツを潰さないようにしなければなりません。下手をすれば、良好だった両家の関係が壊れてしまう可能性もあります。だからこそ、合コンよりもプレッシャーがあるのがお見合いです。

お見合い結婚の方が離婚率は低い

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

お見合い結婚ならば、結婚前の情報は恋愛結婚よりは少ないです。また、両親や紹介してもらった人の手前、一時的に離婚しようという感情が湧きづらく、むしろ結婚してから相手に合わせていこうという方が多いので、離婚率は減ってきます。

恋愛結婚だと、主張をすることが大事という思想が広まってきている今、相手に合わせるということが悪とされてきています。しかし、夫婦二人三脚で戦友として歩んでいくならばやはり相手に合わせようとする気持ちが大きいお見合いの方がいい時もあるということです。

結婚相手の選び方がわからない人におすすめの選び方

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

結婚相手を選ぶ基準が欲しい人もいるでしょう。いくつか結婚相手の選び方を紹介します。

女性が結婚相手の選び方を考える時姑の存在は大きいです。舅も問題にはなりますが、姑が一番家族内のトラブルの元です。嫁姑問題が勃発することは高頻度でみられることなので、結婚相手の選び方では親を見るのも1つの手です。ただし、結婚してからでないと結婚相手の親の素顔がわからず、選び方に失敗したと思う方も多いです。

なぜ、嫁姑問題が起きるのでしょうか。もともと母親という生き物は、母性本能が強く、自分の子供に強い執着を示します。自分の子供の中でも、特に息子の場合、母親は異性と認識しながら育てるのでどうしても結婚相手が現れたときに、敵が来たと認識してしまいます。自分の所有物が結婚相手に取られるのが悔しい、と思う方は多いです。

女性の場合

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

女性の場合、結婚相手の選び方を考える時、姑のことを考えなければなりません。まず、結婚相手を選ぶ段階、結婚相手と結婚について相談する時、ご両親に挨拶する時、結納の時とたくさんのタイミングで彼と親の関係を知ることができます。この時に、彼が母親を大切にしてるかどうかを見極めましょう。

少し常識から外れますが、彼が母親を大切にしすぎていないようであれば、嫁姑問題はあまり起こりません。一般的には、家族を大切にしている男の人はこれから結婚する結婚相手としては、自分のことや生まれてくる子供のことを大切にしてくれると思いがちです。たしかにそういう方はたくさんいますが、自覚以上にマザコンであるケースが隠れています、

嫁姑問題が勃発した時、守ってくれるのは夫と子供しかいません。子供が小さければ守ってくれるのは夫のみです。この時に味方になってくれるような結婚相手というのはやはり大切になってきます。

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

男性の場合、女性の結婚相手を顔で選ぶとき、それは若さたる所以でないか確認し、認識することが大切です。結婚相手の選び方を顔で決めるのは結構なことです。聞こえは悪いですが、自分の好みの顔の女性と結婚したいと思うのは当然のことです。ただし、顔という選び方をした場合、それが若さで補われているものだとしたら、しっかりと年をとった時でも愛してあげる覚悟が必要です。

人間歳を取れば顔や体が崩れてくるのは当たり前のことです。自分もそれに伴って昔よりは体型や顔が劣ることとなります。一緒に歳をとっていく覚悟がなければ、一時の可愛さで飽きてしまい、離婚や浮気ということにつながっていきます。それによって奥さんを傷つけないのであれば、結婚相手の選び方として顔で選ぶのは大いにありです。

顔面偏差値とIQは反比例する

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

また、結婚相手の選び方として顔で選んだ場合、子供のIQが低くなることがあります。母親の顔の偏差値と子供の学力の偏差値は反比例するという報告があります。それも覚悟の上で結婚相手の選び方を考えてもいいでしょう。

たしかに、顔面偏差値が高い人はその分反骨精神というものがありません。自己承認欲求が生まれながらにしてクリア出来てしまうので、勉強をしない傾向にあります。もちろん顔面偏差値が高く、いい大学に行ってい方もたくさんいらっしゃいますが、傾向としてはやはり偏差値のいい大学ほど可愛い女の子は減っていきます。

ですから、自分の子供を安定した職につかせたい場合で結婚相手の選び方を考えるならば、学歴がある女性を選ぶということ視野に入れる必要があります。

学歴

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

学歴での結婚相手の選び方についてです。学歴がある女性は、家庭での育ち方がとてもいいです。良家庭に生まれたということでしょう。その分プライドが高いという一面もありますが(もちろん高くない方もたくさんいます)、とても教養があり、本や映画などにも精通していて論理だてた会話をすることができます。そういう風に教育されてきたからです。

勉強を頑張ることを知っているので、頑張るという行為にも抵抗がありません。癇癪を起こす方も少なく、良妻賢母となります。結婚相手の選び方として学歴を重視するのは、子供の教育を考えるととてもいいことです。

学歴で男性を選ぶ場合

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

やはり高学歴の方の方が育ちがいいので、レディーファーストを心がけていたり、しっかりした教育を受けていることが多いです。その分プライドもくっついてきますが、そうでない方ももちろんたくさんいらっしゃいます。

また、高学歴というのは1つの努力できる人かどうかの指標となります。大学受験を突破するにはある程度の忍耐力、努力、学力が必要です。コツコツ頑張れる誠実な人といいかえることもできるでしょう。

よって、結婚相手の選び方として、学歴はある程度大切ですが、あまり重視しすぎないようにしましょう。

年収

結婚相手の選び方として、年収を見るという場合があります。男性の選び方として、年収で決める方は思いのほか多い印象です。例えば、婚活パーティを見てみると、医師やパイロットとの結婚を望む女性が多いということが分かります。

婚活の場合、普通女性市場てであるはずなのですが、医師やパイロットとの婚活パーティでは、医師の方が会費1000円に対して、女性の場合1万円超える場合があります。これは完全男性市場であることが伺えます。

男性の選び方を年収とする場合、女性はあまり経済力がない傾向があります。そのような女性が選び方として年収を指標にする時、のちのち考えなければならないことが山積みです。

年収で結婚相手を選んでしまった場合の問題点

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

結婚相手を年収という指標で選んだ場合、年収が多い男性と結婚すれば、老後は安定し、セレブ奥さんとして人生の勝ち組になれると考える方も多いです。

しかし、実際自分の生きる力、経済力が低いまま結婚してしまうと、相手の言うことをずっと聞いて、我慢しなければならない時が多くなります。なぜなら縁を切られてしまうと、途端に自分が生きていけなくなるからです。ですから、ずっと相手から気に入られなければならない心配がついてきます。

特に、顔での選び方をされた人は要注意です。若さゆえの綺麗さというのは儚いです。若さがなくなれば、手放される危険性があります。子供を産んで鎖をかけることを考え方もいるでしょうが、相手の決意が固ければ結局手放されてシングルマザーとな危険性も孕んでいます。

結婚相手の選び方に関するおすすめの本

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

本を紹介しましょう。参考程度がおすすめですが、指針がない人にはおすすめです。

後悔しない結婚相手の見分け方

結婚相手に対してのイメージをガチガチに固めている方、もう1度考え直してみると意外と自分が思っているような人ではない方との恋愛の機会が生まれる可能性があります。ぜひ読んでみてください。

結婚相手の選び方は、とにかく考えすぎないこと

【男女別】おすすめの結婚相手の選び方・おすすめの本|お見合い

結婚相手の選び方は、たくさんありたくさんの本やノウハウ出回っています。今回も結婚相手の選び方紹介してきましたが、やはり何十年も付き合っていく伴侶を選ぶので、慎重になる人は多いです。

しかし、あまり深く考えすぎると婚期を逃してしまうこともあります。直感で動いても全然いいのですから考えすぎず、気楽に心から笑い合えるパートナーを見つけていきましょう。力を抜いて素敵な出会い待っていてください。

関連記事

Related