Search

検索したいワードを入力してください

話が続かない人の特徴と原因・話を続ける方法とネタ|恋愛/仕事

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
人間関係 / 2018年02月23日
話が続かない人の特徴と原因・話を続ける方法とネタ|恋愛/仕事

話が続かない人の特徴は?

人生の中では人と関わらなければならない瞬間が数多くありますし、人と会話をしなければならない機会も多いです。無理に会話を続ける必要がない場合もありますが、沈黙を嫌がる人は多いですし、話が続かないと気まずくなってしまうことも多いです。話が続く人は会話に困ることはありませんが、話が続かない人も多く、対人関係に悩んだり、会話をすること自体が嫌いになってしまう人も少なくありません。

話が続かない人は共通した特徴がありますので、それらを知っておくことが大切です。話が続かない人の特徴を知り、それが自分に当てはまっていないかを確認しておく必要があります。一口に話が続かない人の特徴といっても、複数ありますので、どれか一つでも当てはまる部分はないかをチェックしていきましょう。

自己中心的

話が続かない人の特徴としては、自己中心的であることが挙げられます。話が続かない人は、自分が話すことばかりに必死になってしまい、自分がしゃべりたいことが終わってしまうと、そのまま会話が続けられなくなってしまうことが多いです。相手からの質問などにも上手に答えることができず、相手が懸命に話しかけようとしてきても、すぐに会話が終わってしまうことも少なくありません。

自己中心的な人は自分の話したいことだけを話し、相手の話はきちんと聞いていないことが多いです。会話はお互いの存在があってこそ成立するものですし、一方が譲らなければ話が続くことはありません。自己中心が原因で話が続かない人は、会話を続けるためには自分が話し続けなければならないと誤解している人も多いです。

空気が読めない

空気が読めないことも話が続かない人の特徴の一つです。これは自己中心的な特徴にも繋がる部分がありますが、場の空気を読むことができず、自分勝手な発言ばかりを繰り返して、話が続かない人は多いです。会話はお互いの関係性があってこそ成立するものであり、相手との関係を壊すような爆弾発言ばかりをしていれば、話は続くはずもありません。

また話が続かない人の多くは、無意識のうちに失礼なことを言ったり、相手を傷つけてしまうような発言をしている人も多いです。相手を傷つけることばかりを言っていると人と関わる機会も減りますし、会話の機会も減ってしまいますので、それが原因で話が下手になったり、会話が苦手になって、話が続かない人も多いです。

聞き下手

話が続かない人の特徴としては、聞き下手であることも挙げられます。話が続く人は話が魅力的でおもしろく、他人を喜ばせたり、笑わせたりしているというイメージが強いです。そのため話が続かない人の多くは、その真似をしようと考え、自身の話術の向上ばかりを考えてしまいますが、これは間違いです。

話が続く人の多くは話が上手で周囲の人たちを楽しませていることも多いですが、常に自分だけが話しているわけではありません。話を続けるためには、相手の協力がどうしても必要になりますし、相手の話をしっかりと聞き、上手に引き出していける人こそが話が続く、会話が上手な人と言えます。話が続かない人の多くは自分ばかりが話し、人の話を聞くのは苦手であることが多いです。

話が続かない人の原因は?

話が続かない人の特徴はさまざまありますが、それらの特徴を持っているからといって、必ずしも話が続かない、会話が下手というわけではありません。自己中心的だったり、空気が読めない人でも、上手に話を続けられる人は少数ですがいますし、聞き下手としても類まれな話術があれば周囲を楽しませ、話を続けられる人もいます。

話が続かない人の多くは、共通した特徴があるだけではなく、きちんと原因があります。何事にも原因がありますし、話が続かない、会話がすぐに終わってしまうことにも原因があります。原因を知り、それを解消することで話を続けられる人になることができます。話が続けかない人に共通する原因は何かを知り、それも当てはまった点がないかをチェックしておきましょう。

クローズドクエスチョン

話が続かない人の多くは、相手と会話をするときにクローズドクエスチョンばかりを繰り返している可能性が高いです。クローズドクエスチョンとは、質問だけで会話が完結するものであり、イエスかノーかでしか答えることができない質問です。例えば「朝食は食べましたか?」という質問はクローズドクエスチョンに当たり、これに対してはイエスかノーでしか答えることができません。

どれだけ話を続けようと質問をしても、質問に対しての回答で会話が終わってしまえば会話が続くことはありません。会話を続けるためには、オープンクエスチョンを意識することが大切です。「朝食は食べましたか?」ではなく「朝食には何を食べましたか?」と質問することで、回答の選択肢も広がりますし、そこから話を広げることができます。

緊張

話が続かない人の多くは、会話に対して緊張しすぎていることが多いです。何とか話を続けなければならない、沈黙してはならないと強迫観念のように考えてしまい、結果的に会話がぎこちなくなってしまって、話が続かない人はたくさんいます。場の空気を温めたり、相手との距離を縮めるためには会話は欠かせませんし、上手に会話をすることで相手と良好な関係を築くことができます。

しかし無理に話す必要はありませんし、時には沈黙がコミュニケーションになる場合もあります。話が続かない人は、話さなければならないという固定観念を捨てることが大切です。沈黙も一種のコミュニケーションだと考え、会話に対しての考えを柔らかくしていきましょう。

しゃべりすぎ

話が続かない人の原因としては、しゃべりすぎであることも挙げられます。自分ばかりが一方的にしゃべりすぎていたり、早口でまくしたてるように話していると、相手がついていくことができず、会話が続かなくなってしまいます。会話はお互いにテンポを合わせる必要がありますし、発言量を合わせることも会話を続けるためのポイントです。

バランスが大幅に崩れてしまうと会話として成立しませんし、話を続けることもできなくなってしまいます。また一気にしゃべりすぎることで話すべき話題がなくなってしまい、何を話せばいいのかわからなくなるということも多いです。会話を続けるためには話題のストックが必要ですし、一気にしゃべるのではなく、少しずつ小出しにすることが大切です。

話が続かない人と話を続ける方法は?

話が上手く続けられないと悩んでいる人は多いですが、一方で自分自身はある程度上手に話すことができるものの、相手が話が続かない人で困っているという人もいます。自分自身が話が続かない人であるのであれば、原因を追究して改善策を考えれば済むことですが、相手が話が続かない人となると無理に改善することもできません。

話が続かない人と会話をするのは大変ではありますが、少しの工夫で話を続けることはできます。話が続かない人と話を続けるための方法を知り、上手にコミュニケーションを取っていきましょう。

仕事

仕事の相手と話が続かない場合は、仕事に関係する話から一度離れて、プライベートな話をしてみるのがおすすめです。仕事上の付き合いだとどうしても仕事の話をしなければならないと考えてしまいますが、そんな決まりはありませんし、プライベートな話をしても何の問題もありません。

もちろん時と場合を選んで話をしなければなりませんし、いかにプライベートな話を聞くといっても深入りしすぎるのは禁物です。出身地や趣味など当たり障りのない話をすることが大切です。プライベートな話から盛り上がる場合もありますし、そこから仕事の話に繋がることもありますので、視点を変えて話題を提供してみましょう。

恋愛

恋愛で話が続かない人と話を続けるためには、相手の過去について聞いてみるのがおすすめです。恋人同士であればお互いの昔のことまですべて聞きたいと考えるのは当然のことですし、まだ付き合っていない場合でも過去への興味を示すことで好意を伝えることができます。

昔の話であれば話しやすいですし、相手のことをより深くまで知れるチャンスでもありますので、一石二鳥です。相手の過去について知り、自分の過去についても話すことでお互いに理解が深まりますし、距離も縮めやすくなりますので、相手との絆を深めたい場合にもおすすめです。

友達

友達で話が続かない場合は、基本的には無理に話を続ける必要はないと考えることが大切です。仲の良い友達同士であればであれば無言であっても苦にはなりませんし、心地の良い沈黙になっている場合もあります。

無理に話を続けなければならないと考えるから沈黙が気まずくなりますので、無理をしなくてもいいと考えてリラックスして、ぽつりぽつりとでいいので少しずつ話をするようにしましょう。

ラインで話が続かない人におすすめのネタは?

話が続かない人は会話で困っていることも多いですが、それだけではなくラインのやりとりで困っていることも多いです。ラインはチャット形式で会話をしているようにメッセージのやり取りができますし、テンポが速いため会話と同じように話題を提供し、話を展開していかなければなりません。

ネタがなく話が続かないと悩んでいる人にはおすすめのネタがありますので、それを参考にしてみましょう。

ツイッター

ラインで話が続かない人は、ツイッターを利用してみるのがおすすめです。ツイッターであれば友人の近況などを知ることができますし、それを話題に話を続けることができます。またツイッターではトレンドとなっている話題を調べることもできますし、それらをネタとして提供するのもおすすめです。

画像・動画など

ラインで話を続けるのが難しくなった場合は、メッセージではなく動画や画像などを送るのもおすすめです。動画や画像から話を広げることもできますし、会話にも変化が生まれるため、リズムが出て、そこから話を続けやすくなることも多いです。

話が続かない人も対処法次第で話を続けられる

話が続かない人の特徴と原因や話を続ける方法とネタなどを紹介しましたが、話が続かないことに悩んでいる人は多いです。しかし長年悩んでいる人でも、少しの工夫で話を続けることはできます。

話を続けるためには、相手の協力が必要不可欠ですので、自分が話すばかりではなく、相手に話してもらうことを意識して、会話を続けていきましょう。