Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】ハンカチーフの折り方|結婚式/礼服/卒業式/入学式

Author nopic icontomooo
冠婚葬祭 / 2018年04月29日
【状況別】ハンカチーフの折り方|結婚式/礼服/卒業式/入学式

ハンカチーフでおしゃれ上級者

みなさんはハンカチーフを使っていますか。結婚式に呼ばれた時、何かのパーティーに参加する時など、スーツを着たあとになんとなく折り方もよくわからないまま無造作に入れていませんか。無造作ではカッコ悪く見えてしまうこともあり得ます。

実は、ハンカチーフには色々な折り方があります。それも簡単にできるものばかりです。しかも、場面によって折り方を変えられるのでおしゃれをより楽しむことができますし、周りの人からもおしゃれ上級者だと思われることでしょう。

ただのハンカチではない

ハンカチーフ(ポケットチーフとも呼ばれる)とは、ジャケットの胸ポケットに入れる装飾用の布のことです。結婚式やパーティなどのフォーマルなシーンのスーツスタイルには、欠かせないアイテムの1つです。ネクタイと同じく、胸元に彩りを与え、スーツ姿をよりおしゃれに演出してくれます。

しかし、同じアイテムでも折り方次第で印象が変わるので、大人の男性として場面に応じて使い分けることがおしゃれ上級者には必要になります。

胸に入れるハンカチーフの折り方

ハンカチーフはたったの1枚の布でも折り方次第でさまざまな表情を演出してくれます。大人として、おしゃれの術としても覚えておきたいハンカチーフの折り方をご紹介します。それぞれどのように見えるのかも合わせて折り方を見ていきましょう。

スクエア

一番簡単な折り方がスクエアです。スクエアは最もベーシックでポピュラーな折り方でもあります。その端正な見た目で手軽にフォーマルな印象を与えてくれる折り方です。ビジネスやフォーマル、またパーティなど幅広い場面に対応できるおりかたでもあります。場面に合うハンカチーフの折り方に迷ったらスクエアで折って大丈夫です。

スクエアの折り方

スクエアの折り方は、ハンカチーフを縦に2つに折り、胸ポケットの深さに合わせて、下を折り上げます。ポケットに入れたときに上部が1~2cm程度出るように長さを整え、最後にバランスを調整したらできあがりです。ハンカチーフが大きく、ポケットに収まるサイズになっていなければ、さらに折り込み長方形の形にするといいでしょう。

おしゃれなハンカチーフの折り方

おしゃれなハンカチーフの折り方はたくさんあります。一見難しそうに見えるハンカチーフも、実は意外と簡単にできるものが多いです。たくさんある折り方の中でも簡単にできるおしゃれなハンカチーフの折り方をご紹介します。

また、この後にご紹介する場面別のハンカチーフの折り方もおしゃれで、かつ簡単にできるものばかりです。普通の大きめのハンカチでも練習することができるので、やってみてください。

トライアングラー

トライアングラーは先ほどご紹介したスクエアと同じく、ビジネスからパーティーまで使用することができます。スクエアは少し端正すぎるという時にはトライアングラーでカジュアルさを出すのもいいでしょう。

折り方はまず半分、さらに半分に折り4分の1サイズにします。そしてハンカチーフをひし形に置き、ポケットの幅に合わせて対角線上の角2つを真ん中側に折ります。ポケットの深さに合わせて下を折り、ポケットから三角形が見えるように整えて完成です。ポイントは、三角の部分を左右対称にすることです。そうすることでポケットから出した時に、より綺麗に決まります。

場面別ハンカチーフの折り方

ハンカチーフを使う場面はお祝い事や華やかなパーティーなど普段とは違うシーンが多いでしょう。場面ごとに合ったハンカチーフの折り方があることをご存知でしょうか。必ずこの折り方でなければならない、というわけではありません。より好まれる、場面に合った華やかさを演出してくれるハンカチーフの折り方をご紹介します。

また、ハンカチーフの選び方も知っておかなければ恥をかいてしまうことになりかねません。その点についてもあとでご紹介しますのでぜひチェックしてください。

結婚式

ハンカチーフを使う場面として一番メジャーで、かつ困った経験がある人が多いのが結婚式ではないでしょうか。できるだけおしゃれに、しかし羽目を外しすぎない節度ある格好をしていかなければならないので、下手なことはできません。そんな時にこそ、ハンカチーフは手軽でおしゃれに見せてくれるアイテムなので、ぜひ折り方を覚えて活用していただきたいです。

結婚式におすすめしたいのはスリーピークスという折り方です。華やかな印象が強く、結婚式などの祝い事の場にもっともふさわしい折り方で、ポケットから3つの山がのぞかせている様子からその名前が付けられました。

スリーピークスとその折り方

スリーピークスも折り方は簡単です。まず広げた状態から三角形に折り、さらに三角形に折ります。その時頂点を少しずらすようにしましょう。

さらに三角形に折り、2つの頂点が並んでいる横に3つ目の頂点を少しずらすようにすればスリーピークス(3つの山)の完成です。あとはポケットに入れて形を整えましょう。ポイントは、3つの山をしっかりと折ることです。より華やかさが増して良いでしょう。

最初にご紹介したスクエアと合わせて覚えておけば、どのような場面でもハンカチーフを使いこなせます。スリーピークスは燕尾服やモーニング、テールコートなどフォーマル度の高い服装にも対応できます。山が2つのツインピークスや4つのフォーピークスという折り方もあるので、少し変化をつけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

入学式

結婚式だけでなくお祝い事ではハンカチーフが活躍します。お子さんがいらっしゃる方はもう経験済みでしょうか。入学式や入園式などでもハンカチーフは使えます。もちろん、入学式もお祝いなのでスリーピークスを使っても良いです。

次は、結婚式よりはカジュアルでもいいので、お祝いの時に使えるカジュアルさも演出してくれるハンカチーフの折り方をご紹介します。

パフとその折り方

スリーピークスと同じく華やかさを演出してくれるのがパフという折り方です。パフは折るというよりは入れるだけなので、ある意味一番手軽ともいえます。折り方はハンカチーフの真ん中をふんわりとつかみながら持ち上げ、持ち上げた真ん中のふくらみがポケットから見える程度に、サイズを調整するだけです。

ハンカチーフをわざと少しくしゃっと崩し、やわらかさを出すことでカジュアルさが演出できるので自分の好みに合わせて調整してみてください。いつものジャケットスタイルにさすだけでも華やかさとおしゃれ度が増すので、ちょっとしたお出かけにも使えます。

卒業式

一般的には卒業式は入学式と同じで構いません。どちらもお祝い事なのでスリーピークスもパフも使えます。お祝い事の時に使えるハンカチーフの代表的な折り方として次にご紹介するのは、クラッシュ(クラッシュドスタイル)という折り方です。

クラッシュとその折り方

クラッシュ(クラッシュドスタイル)は、エレガントさとカジュアル感のある少し遊びのある折り方です。これまでにご紹介したハンカチーフの折り方に比べると少し華やかさがあるので、ジャケットにはもちろんフォーマルなスタイルにも合わせられます。華やかに見える割りに、簡単に折ることができるのでぜひ覚えていただきたいハンカチーフの折り方の1つです。

折り方は先程ご紹介したパフの逆バージョンと思っていただければいいです。同じように真ん中をふわっと持ち上げて、クラッシュの場合は持ち上げた部分をポケットに入れて、ハンカチーフの4つの角が見えるようにします。あとはそのひらひらの部分を調整して完成です。

礼服

礼服も結婚式や入学式(卒業式)に着るので、これまでにご紹介したハンカチーフの折り方と同じで構いません。よりお堅い礼服である場合は色や質感にもこだわったハンカチーフを選ぶ必要があります。ここでハンカチーフの選び方のポイントをご紹介します。

ハンカチーフの選び方

まずは素材を選びましょう。代表的なのはリネンとシルクです。場面に合わせた素材を選ぶようにしましょう。かっちりとした場面かカジュアルな場面かによってわけるとよいでしょう。

リネン(麻)はハリのある素材で本来はもっともフォーマルとされた素材です。改まった雰囲気を演出したいときにおすすめで、かっちりした印象になるのでビジネスにもぴったりです。シルク(絹)は柔らかく光沢のある素材で、少しカジュアルな場で華やかに見せたいときに良いでしょう。結婚式やパーティーなどでももちろん使えます。

次に色です。一番シンプルでオーソドックスなのは、シャツの色と合わせることです。また、ネクタイの色と合わせると全体的にまとまります。濃淡の違い、季節に合ったカラートーンで合わせると、よりセンスの良さを感じさせることができます。ネクタイとハンカチーフに柄を取り入れたい時は、統一感を持たせるために柄を揃えましょう。

女性のハンカチーフ

女性のハンカチーフといえば男性が使うおしゃれアイテムというよりは実用的なハンカチと同じように考えていただければいいでしょう。女性の場合、結婚式や入学式などのお祝い事の場面では、白いハンカチが必須です。オフホワイトや淡いピンクでも良いでしょう。レースがあしらわれたものやガーゼ素材のもの、刺繍などがあると女性らしさがでます。

二次会などでは膝掛けとしても活躍しますので、場面に合った色、素材、柄を選ぶようにしましょう。なお、実用性の高いタオル生地のハンカチは結婚式ではタブーになりつつありますので、ご注意ください。

ハンカチーフは意外と簡単に使いこなせる

いかがでしたか。ハンカチーフの魅力とその手軽さがお分かりいただけましたか。ハンカチーフは少しハードルが高そうに思えますが、本当に楽にできておしゃれに見せてくれるアイテムです。結婚式などのお祝い事やちょっとしたパーティ、お出かけにも使える優れ物です。男性はもちろん、女性も男性に教えてあげられるとカッコいいです。

今回ご紹介したほかにもたくさんハンカチーフの折り方はありますし、それぞれの魅力があります。ハンカチーフが気になった方は調べてみてください。ハンカチーフ初心者でも簡単にできる折り方をご紹介しました。ぜひどれか1つでも覚えておしゃれ上級者になってください。