Search

検索したいワードを入力してください

初心者にもできる簡単なフィッシュボーンのやり方|ミディアム

Author nopic iconmitohi
食の知識 / 2018年04月17日
初心者にもできる簡単なフィッシュボーンのやり方|ミディアム

フィッシュボーンのやり方

フィッシュボーンは編み込みのひとつのやり方で、編み目が魚の骨に見えることからそう呼ばれています。海外ではセレブの間で人気があります。もちろん日本でもよく見かけるフィッシュボーンですが、編み込みや三つ編みよりもずっと簡単にできます。

ここでは初心者でも簡単にできるフィッシュボーンのやり方、アレンジ方法を紹介していきます。

実は編み込みより簡単なフィッシュボーン

編み込みは複雑で難しいと思いがちですが、フィッシュボーンはとても手軽に自分でできるヘアアレンジです。

簡単にやり方を説明すると、
1.まず、髪をふたつの束に同じ量でわけます。
2.次に、わけた右側の端から少しだけ髪をとり左側へ渡します。
3.そして左側も同じように右側へ渡します。これを繰り返していきます。最後にゴムでしばればできあがりです。

画像のように少しふんわりとしたい時は、2の時にとる髪の量を多目にとると緩い編み方になります。反対に髪の量を少量とることで目のつまった編み方になります。また、編み目をほぐすことでこなれ感が出てきます。

とりわける髪の量を調節するだけで印象がかわるので、オンオフどちらにも使えてとても便利です。慣れれば5分ほどでできるのでぜひ覚えておきたいヘアアレンジです。

初心者でも大丈夫なフィッシュボーン

フィッシュボーンをいざやってみようとしても、初めての方には言葉だけではわかりづらいので、こちらを見ると大変わかりやすいです。

動画では髪をふたつにわけて編んでいますが、それでもやり難い場合には、一度髪をゴムでしばったり、クルリンパをしてからふたつにわけてから編むのもひとつのやり方です。また、ゴムを使う時は色は黒い髪の方は黒色を、明るい髪の方は透明のゴムを使うと結び目が目立たないです。

やり方は初心者の方でも簡単なので、ぜひ挑戦してみください。

髪の長さ別のフィッシュボーンのやり方

編み込みのやり方のひとつのフィッシュボーンですが、ロングはもちろんミディアムやボブ、ショートとどんな髪の長さでもアレンジが可能です。

長さ別に紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ミディアムのフィッシュボーンのアレンジのやり方

一般的に、ミディアムの髪の長さは肩から肩甲骨あたりまでをいいます。ロングは胸よりも下の髪の長さのことをいいます。ミディアムヘアはロングヘアよりも短いですが、じゅうぶんな長さがあるのでフィッシュボーンを使ったロングヘアのアレンジのやり方もできます。

ロングヘアにくらべると多少やり難さはありますが、ミディアムヘアでもフィッシュボーンはちゃんとできます。そのやり方を紹介します。

髪全体を使って編むのも可愛いですが、このようにハーフアップにしてフィッシュボーンで編んでいくやり方もミディアムヘアだとおしゃれに決まります。ゴムをシンプルなものから飾りのついたゴムに変えるだけで印象がかわるので、さまざまなシーンで活躍できます。

フィッシュボーンでのおさげアレンジ

ミディアムヘアならおさげのアレンジも似合います。ビジネスシーンでは幼い印象になってしまいますが、オフなら少しくらい可愛くなってしまっても大丈夫です。フィッシュボーンを編む前に軽く髪を巻き、編み目をほぐしていくと、さらに可愛さがアップします。

やり方はひとつで編んでいくのと同じですが、自分でフィッシュボーンを編むならおさげの方が手軽なやり方ではないでしょうか。

その他のヘアアレンジ

フィッシュボーンに三つ編みや編み込みを一緒にアレンジするやり方も、それだけで見た目がゴージャスに見えるのでおしゃれ度が増します。ミディアムヘアでもできるフィッシュボーンのやり方を、とてもわかりやすく説明しています。これでおしゃれな上級者を目指すのも夢じゃないです。

ボブのフィッシュボーンのアレンジのやり方

手軽にできるフィッシュボーンですが、髪が長いとできないわけではありません。ボブヘアでもちゃんと可愛くアレンジができるやり方があるんです。

ロングヘアやミディアムヘアのようにたくさんのアレンジはできませんが、ハーフアップやツインテールなど短いなりにフィッシュボーンを使ってさまざまなアレンジが楽しめます。くるりんぱやねじりなどを一緒に使って旬のスタイルを楽しむことができます。

髪が短いからとあきらめてしまうのはもったいないです。ぜひ一度ためしてみてください。

簡単でおしゃれなハーフアップ

画像は、トップで4つにブロッキングして、それぞれでフィッシュボーンを編むアレンジをしています。難しそうに見えますが、フィッシュボーン自体がとても手軽にできるので、慣れないうちはひとつひとつをゆっくりと編んでいけば大丈夫です。最後にブロッキングして編んだ4つのフィッシュボーンの毛先をまとめればできあがりです。

ボブでもできるフィッシュボーンアレンジ

後ろの編み込みを自分でするのは難しいですが、フィッシュボーンはふたつにわけた髪を交互に編んでいくので三つ編みよりも簡単にできます。ハーフアップで後ろにフィッシュボーンを作るやり方も、ちゃんと自分でできます。

とてもわかりやすく説明しているので、初めての方でも安心してフィッシュボーンができます。少し崩れてしまっても、編み目をほぐしてしまえばラフな仕上がりに変身します。

子どものフィッシュボーンのやり方

大人と違って子どもの髪はとてもやわらかいです。そんな子どもの髪でもフィッシュボーンを編むことはできます。細い髪質なので、できあがった編み目もとても細かくなりますが、かた苦しくは感じません。そんな細かな編み目も子どもならではです。

こちらでは、子どものフィッシュボーンのやり方を紹介します。

イベントやおよばれにも大活躍

大人でも可愛く決まるハーフアップやツインテールも、子どもならさらに可愛いさが増します。プリンセスにあこがれる女の子には、いつもの三つ編みをフィッシュボーンにかえるだけで簡単にプリンセスに変身できます。人気のハロウィンのプリンセスコーデでもたよりになります。

きつ目に編むとまじめな印象に見えるフィッシュボーンですが、ヘアアレンジやアクセサリーを加えるだけで、入学式や卒業式や結婚式のお呼ばれにも映える華やかな印象になります。最近の小学校の卒業式では袴姿の子どももいますが、袴や着物でもフィッシュボーンのヘアアレンジが大活躍します。

フィッシュボーンで髪型アレンジ

こちらの動画は、トップに大きくふたつのフィッシュボーンを作り団子のように留めるだけの簡単なやり方です。まるでハート型のようなお団子は、子どもがとても喜ぶこと間違いなしです。

自宅で手軽に上級者風のヘアアレンジが楽しめるフィッシュボーンのやり方をぜひ覚えて試してください。親子コーデにプラスでもいかがでしょうか。

子どもの髪質にもぴったり

子どもなら、少しきつ目に編んでいてもかた苦しくは感じません。髪も細いので、細かい編み目になるのも子どもならではです。あまり抵抗がなければ、フィッシュボーンを編む前に軽く巻いてあげるのもいいでしょう。

髪質が大人よりも柔らかな子どもでも、じゅうぶんにスタイリングできるフィッシュボーンのやり方を、簡単なものから少しアレンジをくわえるものまでを紹介しました。少し崩れてしまってもおしゃれに決まるフィッシュボーンを使って、ぜひおしゃれに着飾ってあげてください。

前髪でフィッシュボーンのやり方

ロングヘアやボブヘアでも伸ばしかけの前髪はときどきじゃまになることもあります。そんな時にもフィッシュボーンで編んでいけば、じゃまにならないし、さらに可愛く見せることができます。

前髪でフィッシュボーンを編んでいく時は、長さが眉毛くらいの方やそれより短いとパラパラと落ちてくるので、ピンなどで留めることをおすすめします。編んでいくだけのシンプルなスタイルには頰より長めの方が最適で、やりやすいやり方です。

前髪を簡単にアレンジするやり方

慣れれば1分から2分ほどでできる、フィッシュボーンを使った前髪のアレンジ方法のやり方です。初めての方は最初のうちは片方だけで、慣れてきたり時間に余裕があればもう片方もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。派手さはないので、やり方を覚えるだけで、ビジネスでも普段使いにも活用できます。

忙しい朝や時間のない時にも重宝する前髪のアレンジ方法を覚えて、さらに自分なりにアレンジを加えていくのもよさそうです。

フィッシュボーンにプラスアレンジのやり方

フィッシュボーンだけでも時にシンプルで、時にゴージャスに決まるヘアアレンジですが、そこにプラスでさまざまなアレンジ方法を加えると、どんな髪型にもどんなシーンにも対応できます。

ここでは、フィッシュボーンにプラスしたアレンジ方法を紹介します。

編み込みアレンジ

こちらは、右側のサイドに先に編み込みを作り、さらに右側から左側へと向かってフィッシュボーンを編むやり方です。最後はバレッタなどでゴムを隠すように留めています。和服にもあいそうなヘアアレンジです。

クルリンパとアレンジ

こちらは、アレンジの定番になりつつあるくるりんぱをあわせたアレンジのやり方です。トップをふんわりと編み目をほぐしてボリュームをもたせています。結び目はお団子にして少しルーズな印象です。

髪質がストレートの方はそのままでも可愛く仕上がりますが、フィッシュボーンで編み込む前に少し巻いてみるとラフな感じに仕上がります。

サイドのアレンジ

こちらは、両サイドにフィッシュボーンを作り、後ろでひとつにまとたやり方です。トップをふんわりとボリュームを持たせ、まとめたゴムの結び目を目立たないようにふたつのフィッシュボーンで巻きつけて隠しています。こちらも、少し髪を巻いてからの方がこなれた感じが出てきます。

ボブヘアのサイドのアレンジ

ボブヘア、さらに前髪の短めな方必見のフィッシュボーンアレンジのやり方です。

こちらは、前髪を残した形でフロント部分をわけて、さらにわけた片方を上下にブロッキングしています。それぞれにフィッシュボーンを作り、毛先をピンで耳の後ろあたりで留めています。編み目を少しほぐすことで旬のスタイルが完成します。

初心者にもできる簡単なフィッシュボーン

編み込みや三つ編みが苦手でも大丈夫です。見た目は難しく見えるフィッシュボーンですが、ふたつにわけて編んでいくだけのとても手軽なヘアアレンジ方法のやり方です。慣れれば数分でできるので、寝坊をしてしまったり、忙しい朝でもきちんとヘアスタイルを決めることができます。

初めての方は、まずはサイドを少しだけとって少量でフィッシュボーンを編んでいくやり方がおすすめです。さまざまなシーンで活用できるフィッシュボーンのやり方を覚えて、自分なりにアレンジを加えていくのも楽しいです。

関連記事

Related