Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

Author nopic iconゆうこ
冠婚葬祭 / 2018年04月18日
【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

結婚式の写真どうしてますか?

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

結婚式は新郎新婦の晴れの舞台です。一生のうちで一番注目を浴びる日と言っても、過言ではありません。そんなすばらしい一日はしっかりと写真におさめたいと思う方はとても多いでしょう。

本記事では結婚式の写真や、アルバムの作り方についてをご紹介しています。結婚式のカメラマンはどのように選ぶのがいいのか、また撮影した写真はどのようにアルバムにまとめるのがいいかを解説しました。ぜひ参考になさってください。

結婚式のカメラマンの依頼

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

そもそも、結婚式の写真は誰に取ってもらうのがいいでしょうか。友人に依頼する場合と、プロカメラマンに撮影してもらう場合と2通りが考えられるでしょう。

友人に依頼する場合

カメラが趣味であるというお友だちがいる場合は、友人に撮影を依頼することができるでしょう。最近はカメラの質も上がってきている上に、プロではなくてもプロに近い写真を撮ることもできるようになりました。友人に頼むことができれば、コストを抑えることもできます。しかし、友人に撮影を依頼する場合には、注意すべきこともあります。

会場に確認を

結婚式場によっては、友人にカメラマンを依頼する場合、必ずその方の席を用意することが必須となることがあります。そうではなくとも、友人にプロカメラマン並みの撮影を依頼する場合は、カメラマンの持ち込み料が発生する場合もあるでしょう。

また、持ち込み料を払ったとしても、特に挙式などの祭壇の上は撮影制限が設けられる場合がほとんどです。

事前にカメラマンを友人に依頼することができるかどうかをしっかり確認した上で依頼するといいでしょう。

友人自身に配慮を

また、カメラマンを引き受けてくれた場合であっても、現実的にカメラマンを依頼される友人は、結婚式を心から落ち着いて楽しむことはできないでしょう。特に結婚式の中での感動のシーンや余興などの見どころのシーンも撮影で精いっぱいで、実際にお料理やお酒を楽しむ時間はほとんどありません。

そのあたりを考慮した上で、本当に友人に依頼するのかはしっかり検討した上で、依頼されることをおすすめします。

プロカメラマンを依頼する場合

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

プロカメラマンを依頼する場合には、2通りが考えられます。

会場に依頼

ほとんどの結婚式場は、写真業者と提携しています。その結婚式場の専属のカメラマンであるため、会場のことをよくわかっているカメラマンから撮影してもらうことができます。

特に近年増えている、ゲストハウスやレストランなどでの結婚式の場合、自然光の入り方やライトの当たり方によって、写真の表情が大きく変わります。そのあたりの、会場のことを熟知したカメラマンに撮影してもらうのが、一番いい写真に仕上がるのは間違いありません。

しかし、結婚式場でカメラマンを手配する場合、やはり金額が高めに設定されていることが多いです。データだけで、300~400カット撮影すると、20万円前後の金額がかかることがほとんどです。

外注カメラマンに依頼

金額を抑えた上でプロに依頼をする場合は、外注のカメラマンを依頼することもできます。インターネットで簡単に探すこともできるでしょう。

その場合、友人に依頼するときと同様に、会場に事前の確認が必要です。外注のカメラマンを手配する場合は、ほとんどの場合でカメラマンの持ち込み料が発生します。しかし、持ち込み料を払ってでもコストを安く抑えることができる場合も多いため、比較して検討されることをおすすめします。

また、持ち込みのカメラマンの場合は、友人と同様に会場側から撮影の制限をされることもあります。そのリスクなどをあらかじめ考慮にいれて手配されるといいでしょう。

特徴別結婚式におすすめのアルバム

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

結婚式でカメラマンに撮影をしてもらったデータとは別に、アルバムを作ることを検討している方も多いでしょう。カメラマンの撮影料と、アルバムの制作料はまた別途になることがほとんどです。特徴ごとにおすすめのアルバムについてご紹介しましょう。

格安なら「photoback」

格安でアルバムを作りたいという方には、「photoback」というウェブのアルバム制作専門店がおすすめです。結婚式専門ではありませんが、とにかく格安でアルバムを作ることができます。アルバムのサイズも小さめですが、お手軽に見ることもできるため、両親や兄弟へのプレゼントとしても用いることができるでしょう。

金額より質ならカメラマンへ

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

高くても質のいいアルバムを残したいという方に一番おすすめなのは、アルバムをつくってくれたカメラマンがレイアウトするアルバムを選ぶことです。

写真のデータだけを持ち込んでアルバムにするのでは、なかなかアルバムの中にストーリー性を見出すことできません。だからと言って、新郎新婦ふたりでアルバムをレイアウトするのは、プロではない分限界があるでしょう。

思ったよりも高額に

結婚式場でカメラマンを手配した場合には、その結婚式場がすすめているアルバムを購入するのが一番おすすめです。そして、その撮影カメラマンにレイアウトも依頼するのがいいでしょう。

一方、フリーのカメラマンなどを持ち込んだ場合には、そのカメラマンに確認しておすすめのアルバムを依頼したり、本人にレイアウトなどを頼めないか確認するなどしてみるといいでしょう。

しかし、結婚式場で依頼するアルバムなどは、ネット注文できるようなアルバムと比較すると非常に高額です。サイズやページ数やアルバムの材質にもよりますが、10万~30万程度はすることを想定しておくといいでしょう。

おしゃれなら「photobook me」

おしゃれなアルバムにしたい場合、ネット注文ができる「photobook me」がおすすめです。中身は非常にシンプルなつくりとレイアウトですが、表紙がとてもおしゃれで手に取った瞬間にわくわくした気持ちになることでしょう。従来のアルバムというよりも、インスタグラムなどのSNSを意識したような写真の配置やプリントが楽しめる一冊です。

おしゃれなアルバムでありながら、価格も4万円台から依頼することができます。

結婚式のアルバムにおすすめのタイトル

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

結婚式のアルバムは、中身は当然のことながら、その表紙はとても重要です。またその表紙の写真も重要ですが、そこに載っているタイトルに着目されることはなかなかありません。アルバム自体や中身がとてもよくても、タイトルに違和感があったり、ふたりらしくないという場合には選択しづらいのではないでしょうか。

結婚式のアルバムにおすすめのタイトルは、以下のようなタイトルが挙げられます。

<例>
Kenichi & Mariko 新郎新婦の名前
Wedding Stories
Happy Wedding
Precious Memories
Cristal Cove Wedding Chapel 挙式をした会場名

このようなタイトルが主流で、そのほとんどが英語のタイトルでつけられています。また、こういったタイトルと、挙式日を組み合わせたりするのもいいでしょう。

結婚式のアルバムおすすめのお店ランキングTOP3

ここからは結婚式のアルバムをつくるのにおすすめのお店をご紹介します。その中でも特に人気なお店TOP3をご紹介しましょう。

NO.3天使のアルバム

第3位にランクインしたのは、「天使のアルバム」です。手に取りやすいスクエア型のアルバムを販売しており、かつ安すぎず高すぎない手頃な価格でアルバムを作ることができます。

何よりも一番の特徴は、この天使のアルバムは、ウェディング専門のアルバム制作会社であるということです。結婚式のアルバムを何度も見ているデザイナーへ、写真選別から安心して任せることができるでしょう。

NO.2しまうまプリント

第2位にランクインしたのは、「しまうまプリント」です。こちらの特徴は、なによりもその価格の安さです。一番小さな文庫サイズで、なんと1冊198円から作ることができます。

サイズが小さいことから好き嫌いはありそうですが、結婚式だけではなくその後の夫婦での旅行や子どものイベントごとに、手軽にアルバムを作ることができ、同じサイズで手に取りやすいアルバムを作り続けることができます。

NO.1カメラのキタムラ

そして、第1位は「カメラのキタムラ」です。とても身近なお店が第1位にランクインしました。こちらは、とにかくその商品種類の豊富さが特徴です。また、しっかりしたアルバム製品を3000円前後~制作することができます。

表紙なども、20~30種類の中から自由に選ぶことができるため、しっかりしたものや自分の好みのものを残したいけれどもあまり費用はかけたくないという方にとてもおすすめの商品です。

プレゼントにおすすめの手作りのアルバムの作り方

ここまでは、新郎新婦がつくるアルバムについてをご紹介してまいりました。最後にここでは、新郎新婦へプレゼントできる結婚式の手作りアルバムについてご紹介しましょう。

表紙

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

手作りアルバムのためのアイテムは、文房具店などに多く並べられています。またインターネットでも多く見つけることができるでしょう。表紙にも新郎新婦の写真をいれたいところですが、大きなリボンをつけたり、お花のモチーフを飾るなどして印象的な表紙にされてみてはいかがでしょうか。

レイアウト

結婚式の新郎新婦へのプレゼントのアルバムは、ぜひ、何度も貼りなおせるタイプのものを選ぶといいでしょう。レイアウトを考えながら切り貼りができる上に、のりや両面テープを使うこともなく、簡単に作ることができます。

チェキが使える!

これだけスマートフォンが主流になっている中ですが、昔からあるチェキは結婚式のアルバムづくりには最適のアイテムです。また、チェキの写真の画質はスマートフォンよりも良いはないものの、そのくすんだ印象がとてもおしゃれに感じられます。

また、チェキの下部分の余白にゲストから直接メッセージなどももらうのもいいでしょう。チェキは、当日はゲストボードとして飾っておき、後日アルバムとしてプレゼントするのがおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

色も鮮やか簡単に綺麗にとれる。
スマホほどこまかくなく。
その場で形になる。

ぜひ素敵な1ページを!

【特徴別】結婚式におすすめのアルバム・作り方・タイトル

結婚式にかかわるおすすめのアルバムや、人気のお店ランキング、また手作りアルバムのポイントについてご紹介してまいりました。いかがでしたでしょうか。どれをとってもさまざまな特徴があり目移りしそうです。

結婚式は、さまざまなところに費用がかかる大イベントです。ぜひ、本記事を参考に手軽でリーズナブルなこだわりのアルバムを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related