Search

検索したいワードを入力してください

要領悪い人の特徴・生き方・改善する方法|仕事/イライラ

Author nopic iconライム
仕事の悩み / 2018年02月22日
要領悪い人の特徴・生き方・改善する方法|仕事/イライラ

要領悪い人の主な特徴とはどのようなものか

普段生活していると店やその他のサービス業で要領悪い人は良く目にします。店自体が採算が合わない経営をしていても要領悪い人が経営しているのだと判断できます。じぶんの職場でも要領悪い人を見かける機会はたくさんあります。どう要領悪い人と付き合っていくのか知ることも、職場では必要になってきます。

仕事の仕方に無駄があることや年齢に合わせた収入を得ていない場合なども要領悪い人の特徴です。本人はそれでよいと思っているのですから、周りは仕事に支障のないように協力してしていく必要があります。

要領の悪さを治す事は難しいです。人の能力はさまざまであり、要領悪い人とじぶんは思っていても他の人は要領が悪いとは思っていない事があるので、一概には指摘できません。

イライラして周りに当たる人の場合

要領悪い人で人にイライラして当たる人は、主に学生や子供に多いです。現代では成人してからでも精神状態が幼い人が多いので、なかなかじぶんの感情をコントロールで着ない人もいて周りに迷惑をかけている人もいます。

思い通りに物事が進まないのでイライラして人に当たる事でストレスを発散しています。イライラする人のほとんどはじぶんの能力に合わない事をしていることが多いので、じぶんに合った仕事や相手を探す事が必要です。

要領悪い人で、他人にイライラしてあたることはよいこととは言えません。それは個性でもないので、性格の矯正が必要になります。

感情を上手くコントロールできない場合

子供の頃から、親のしつけが上手くなされていない人がそのまま大人になったら、要領の悪さに加え、運の悪さや勉強やスポーツの能力がないことで塞ぎがちな人格の人になる場合が多く、元々の性格も相まって感情が上手くコントロールできない人が多いです。

子供の頃から得意な事を探す事を親が教えるべきです。少しでも人より優れた事が一つでもあれば、他の事で要領が悪くても得意な事を伸ばしていく事で要領の悪さをある程度カバーできます。得意な事を基礎にして仕事を選ぶことで要領悪い人にはなりにくくなります。

要領悪い人と上手く付き合っていくオススメの生き方って何?

元々持っている能力で人から要領悪い人と思われた場合は、人に思われていることを変える事は難しいです。要領悪い人がいち早くそのことに気づき直していくことが必要です。

職場などで要領悪い人と付き合っていくには、要領が悪いと感じない事です。個性と思って周りは温かい目で見守ることが必要です。

人にはそれぞれ生まれ持った能力があるので、例え人より能力があってもよい部分を見るようにして付き合う事が必要になります。

結婚している場合はどうするのか?

結婚している場合は相手が要領悪い人と知って結婚した場合が多いので、要領の悪さも好きになったのですから、さして気にならないでしょう。要領悪い人はもちろん要領の良い人も欠点はあるり、完璧な人間はいません。人の良い面を見ていく事で要領悪い人が結婚相手になってもお互いに補う事で帳尻が合うでしょう。

結婚は我慢していかなければ成り立たないです。要領が良い人が結婚相手となっても要領悪い人だと思う事もあるので、人に変わってもらうよりもじぶんが変わる事を考えていけば結婚生活は上手くいくでしょう。

要領悪い人と分かって結婚するので、結婚相手が要領悪い人とは思わない人も多いです。ある程度、個性と考えて接していくことが必要になります。

職場に要領悪い人がいる場合はどうしたら良いのか

職場で要領悪い人がいた場合は、その人に合った部署へ人事異動させたり、得意な仕事を見つけてあげて能力を伸ばしていく方法をとりましょう。

要領が悪い人を採用した側にすべての責任がある訳ではないですが、面接でその人に光るものを見つけて採用したのですから、なるべく大きな心で見守っていく事が必要でしょう。

要領が悪いと思われてる人でも人よりも優れた部分や得意な事があるはずです。人の悪い部分ばかりをクローズアップしないで良い部分を探すようにすれば、職場のモチベーションやチームワークも上手くいくはずです。要領が悪いと思っている人がいても悪い所ばかり追及するのはやめておきましょう。

家族や兄弟に要領悪い人がいた場合は

職場などと違い、要領悪い人が家族や兄弟にいた場合は一緒に考えてあげることもできます。それはこうした方がやりやすいと指摘をすることは家族や兄弟ならば、ある程度遠慮なく言えます。職場や学校で困らないように導くためにも物事を要領良くこなすことを教えてあげるべきです。

要領悪い人はよく考えずに物事を進めていく事もあるので、周りが冷静に物事に取り組む事を勧めることだけでもずいぶん要領の悪さはなくなってきます。

物事を進める手順や人との話し方や、勉強や仕事への取り組み方などを教えても要領の悪さはある程度回避できるでしょう。

要領悪い人が仕事を上手くできるようにする方法は

まず要領が悪くてもじぶんが得意な事、好きな事を仕事にするべきです。会社へ勤める事をしなくても音楽や芸術が得意ならば、その道で仕事をしていくことが必要になります。自営業を始めても良いでしょう。マイペースが許される仕事を見つける事でも要領の悪さはカバーできます。

仕事選びから始まって、実際に仕事をしてからでもなるべく他人の不快に思う事はしないことが必要です。じぶんが要領が悪いので仕事が遅くなるといった言い訳はしないことにしましょう。要領の悪さを個性と捉えても、逃げ道には使わない事も相手に対する礼儀になります。

上手く仕事をしていくのは要領が良い人でも難しい事があります。じぶんの仕事に誇りと自信を持つ事でも仕事への取り組みかたが変わってきます。

アルバイトで働いている場合

アルバイトは時給で仕事をしているので、なかなか職場での評価は得る事ができません。限られた時間内で大きな成果を出せない場合が多いからです。

じぶんは要領が悪いからアルバイトの職しか就けないのだ、という考えは捨てましょう。現代は雇用形態が不安定です。それなりの学歴がある人でも非正規雇用として働いている人が多いです。アルバイトであっても仕事に責任感を持って仕事をしていけば、見ている人は見ているので良い評価をもらえます。

要領が悪いから、収入が少ないという考えは捨てて、要領が悪くても仕事に真剣に取り組めば、要領の悪さを他人が感じない人物に成長する事ができるでしょう。要領の悪さを弱点と捉えないで長所と捉えることも必要です。

派遣社員として働いている場合

派遣社員として働いている場合は要領が悪いと職場に長くいる事はできません。じぶんが要領が悪く、派遣されている立場でも人に感謝されるような仕事をして、より長く職場にいることが重要になってきます。

派遣先でも要領が悪いと言われても、腹を立てずに仕事を淡々とこなしていく強さが必要です。要領が悪いことは弱点ではないです。個性や強さだと信じて仕事をしていきましょう。リーダーや責任者に選ばれた場合は要領の悪さを利点にした仕事をして弱点を強さへ変換して仕事をしていく気概が必要です。

要領が悪い事を受け入れて生きていく

子供や学生時代の要領の悪さは一生続く訳ではないです。ある程度じぶんの心持ち次第で要領の悪さは改善することができます。ある程度じぶんの性格などを把握しておき、向き合う事で要領の悪さも気にならなくなります。

どれだけ開き直ってじぶんの性格の特性に気づき治していくかで、その後の人生を有意義なものに変えていくのかを考えて行動していけば、要領の良い人になることも可能でしょう。

要領が悪い人は自分を見つめ直す時間を増やそう!

要領悪い人はどれだけじぶんと向き合い、発想を転換して物事や仕事をしていくかで今後の人生が変わってきます。仕事でも得意な事を探し、じぶんにとって向いている仕事を選んで、じぶんらしい仕事をしていきましょう。

他人から要領が悪いと言われても、すぐに落ち込まず少しでも周りに迷惑をかけないようにじぶんなりの努力をしていけば、周りに努力していることを理解してもらえて、その後の職場での立場も良いものに変わっていくでしょう。じぶんを信じて努力していきましょう。