Search

検索したいワードを入力してください

好きかもしれない人が夢に出てきた時の夢占い・気持ちの確かめ方

Small 46793350 2e34 4ce6 b971 f77e6e297331くあま
夢占い / 2018年02月25日
好きかもしれない人が夢に出てきた時の夢占い・気持ちの確かめ方

好きかもしれない人が夢に出てきた!?

朝起きて、見た夢が気になって一度くらいは検索してみた、という人も少なくないでしょう。

夜、眠っているあいだに見る夢は、寝る前の体調や、心理的な緊張であったり、睡眠中の外からの刺激、体の内部からの感覚などが原因とされています。

昼間に起こった事や、つけっ放しにして眠ってしまったテレビの音、寝る前に布団の中で見ていたスマホの動画で目が疲れてしまった。そんなささいなことでも、夢の内容は左右されるでしょう。

今日出会った、ちょっと気になる「好きかもしれない人」が、夢に登場することもあるでしょう。また、毎日顔を合わせているのに、なぜか昨夜に限って夢の中に出てきたりすれば、どうしてなのか気になってしまうのは当然です。そもそも夢とはどういうものなのでしょうか。

朝起きて、夢占いを調べてみた

それほど意識はしていなかったのに、ある晩あの人が夢に出てきたら、ひょっとして自分にとっての「好きかもしれない人」なのでは、などど、気になってしまうこともあるでしょう。

夜に見た夢に、何かしらの意味づけをする夢占いといえば、オーストリアの精神医学者であり、精神分析の創始者、ジグムント・フロイトが有名です。著書にもそのものズバリ「夢判断」という本があります。

深層心理と言われることもあり、普段は心の奥底に隠れていて、本人でさえも意識することのない、無意識の心の働きで、それによって人間の行動を理解しようとします。夢はその無意識が、眠っていることにより本人の知らないうちに現れてくるのでしょう。

夢占いは、それこそ数多くありますが、その中でも代表的な夢占いの例を、「好きかもしれない人が夢に出てきたら」と一緒にあげて見ました。

追われる夢

悪夢の定番とも言われる、追われる夢は、心に不安や悩みがある、または切羽詰まった状態に置かれていることが多いです。もしもその追いかけてくるものから逃げ切れることができたならば、その不安は解決する。という解釈ができるでしょう。

追いかけてくる「モノ」によって、自身が日ごろ不安や不満に感じていることが違います。追いかけてくるものが、漠然とした影のようなモノのときは、過去や自分の気持ちの現れであることが多いです。

落ちる夢

高いところから落ちる夢は、地位や名誉を失うことへの不安や、将来への不安などを暗示していることが多いです。また、自分の容姿や能力に自信が持てなかったり、失敗するのではないかもという不安や、努力しているのに、結果が伴わずに失望したりするときに見がちです。

目標が高すぎて、理想に追いつけないことへの焦りなど、ギャップに苦しんでいると解釈できるでしょう。暗い穴などへ落ちていく夢は、抱えている問題の根が深いという暗示です。

落ちそうで落ちない、バランスを巧みにとっているような場合は、自分が考えているほど大きな問題ではない可能性もあります。

好きかもしれない人・気になる人の夢

単純に、その相手に抱く思いが、ストレートに夢に現れることが多いでしょう。恋に近い感情があり、好きかもしれない人・気になる人と仲よくしていれば、実際にそうなりたいという願望の現れでしょう。

もしも夢に出てきた、好きかもしれない人に冷たくされていたら、その好きかもしれない人がというより、自分自身に相手に対する勇気の無さや、ためらっていると判断できます。

「好きかもしれない人」の気持ちが知りたい

相手を「好きかもしれない人・気になる人」と自覚したら、次に考えてしまうのは、その相手の気持ちでしょう。自分はいいなと想っているけれど、さて相手はどうなのかなと、それを知りたいというのが人情でしょう。

直接好きかもしれない人に「私のことどう思う?」と聞ければそれに越したことはないですが、やはりそれは気まずいですし、後のことを考えると、ちょっと無謀です。

それでは、いったいどのような態度や行動で相手の気持ちがわかるのか、具体的に考えてみます。

脈アリなのか、確かめたい

「好きかもしれない人」が自分のことをとりあえず、嫌いではないという確信が欲しいところです。人というのは、やはり気持ちが態度に現れるものですから、さりげなく注目してみましょう。

まず、用もないのに頻繁に目があうというのは、お互いに相手を見ている結果ではないでしょうか。次に、当然会話があるでしょう。仕事や学校の用件ではなく、他愛もない話というところがポイントです。もちろん、笑顔があればなおさらでしょう。

笑顔で話しをしていても、好きか嫌いかが態度に現れるのが、腕を組むという行為です。体の前で腕を組むというのは、尊大に構えている・相手を見下しているというサインもありますが、ほかにも防御本能の現れともいわれています。

好きかもと思うきっかけ

相手が夢に出てきた時点で、自分は好きなんじゃないかな、と自覚はしているのでしょう。そもそも無意識で好きだと想っていなければ、やはり夢に出てくる確率も低くなります。

それが「自分はこの人が好きなのでは」と想うきっかけとなるでしょうが、やはり好きかもしれない人からの具体的な行動で、より好きだという想いが強くなります。

意識してしまう相手の行動

相手を「好きかもしれない人」と意識しているのですから、すでに自分も相手を憎からず想っていると考えていいでしょう。何気ない行動も、より好きなのかもと感じるきっかけになる可能性はあります。

他の人にはしないことを、自分にはしてくれる。これはちょっと特別感があります。親切にしてくれるですとか、ちょっとしたお手伝いに、気遣いなどがその例です。荷物を持ってくれるなど、頼りがいのある姿を見ると、やはり嬉しくなるのが人情でしょう。

「好きかもしれない人」が自分に対して興味があるような素ぶりをされると、人というものは単純ですから、よほど嫌っている相手でない限り、悪い気はしないでしょう。

好きかもしれない人への態度

昨日までは、普通に顔を合わせて挨拶をしたり、何気ない会話をしていたのに、いざ「好きかもしれない人」と意識しただけで、相手への接し方が変化することはあるでしょう。

まだ、確実に好きなのか自分でもはっきりしないのに、ちょっとした態度の変化で周りに気づかれるのは気恥ずかしいです。

それでもやはり一度意識してしまうと、今までと同じというわけにはいかないでしょう。「好きかもしれない人」への態度の特徴とはどのようなものでしょう。

好きになったらどう変わる?

今までなんとも想っていなかったのですから、毎日顔は合わせていても、好きかもしれない人の、具体的な趣味や好みは知らないことのほうが多いでしょう。

何かにつけて近くにいたいと考えるのが自然です。食事会や、飲み会で近い席に座りたいと思うでしょう。側にいることで、いろいろな情報を知ることができますし、もしも趣味が同じならば話も弾むでしょう。たとえ違ったとしても、あらかじめ知っていれば、話を合わせて好感触を得ることもできます。

これも出会いのひとつかも

夢に出てきたのも何かの縁と考えて、行動に移してみるのもいいでしょう。好きかもしれない人だと意識したのなら、少なくとも嫌いではないはずです。

頭では「タイプじゃないな」と考えていても、心の奥では求めている人なのでしょう。「好きかもしれない人」と感じるのは、気になるところがあるからで、無意識のうちに夢に出てきたとも考えられます。

ここはひとつ、じっくり観察(不審がられない程度に)してみると、いつもとは違う、新鮮な発見が期待できるのではないでしょうか。自分の視点を変えて見ることで、「素敵だな」と思えるところがあったなら、その時は思い切って一歩踏み出して「好きかもしれない人」から、「好きな人」になるのも素敵なことです。

Line@