Search

検索したいワードを入力してください

女々しい人の特徴と改善方法・褒め言葉でも使うのか・扱い方

Author nopic iconmyoutout
性格・タイプ / 2018年03月09日
女々しい人の特徴と改善方法・褒め言葉でも使うのか・扱い方

女々しいとは

「女々しい」とは、主に男性に使う言葉で、うじうじしていたり、優柔不断であったり、頼りなかったりと、男らしくない男性に対して、女性が悪口として使うことが多いです。男性というのは、女性が考えているよりナイーブで打たれ弱い生き物だと言われていますので、ふとした瞬間に男性の女々しさが顔を出し、女性からの印象を悪くしています。

一昔前の男性は、「男が弱みを見せるのは恥だ」という教育を受けて育っていましたので、心を許した恋人や妻の前ですら、うじうじした姿を見せることはなく、女々しい人はあまり目立ってはいませんでした。昨今では、過剰な男らしさの演出は姿を消し、男女の性差も昔ほどなくなり、男性も本来のナイーブな姿をさらすことが多くなってきています。

女々しい人の特徴

一言に「女々しい人」と言っても、さまざまなタイプが存在しています。行動、性格、恋愛の3つのパターンから女々しい人の特徴を見てみましょう。

行動

女々しい人の特徴的な行動の一つに「すぐ泣く」というのがあります。男が泣くのがおかしいというわけではありません。感情の起伏による、感動の涙や悔し涙などは流しても問題はないですが、怒られたり、物事が自分の思いどおりにいかないなどの理由で、子供のように泣きじゃくる男性は女々しい人と言えます。

男性の涙によって、母性本能がくすぐられるという女性も多いですが、それはあくまでも、我慢していても流れ出てしまうような涙のことであって、泣きじゃくっている男性を見ると、引いてしまう女性が大半です。

事あるごとに泣いてしまう男性というは、「かまって欲しい」という欲求がとても強いとも言われています。とにかく自分に関心を持ってほしいので、会話の中心は自分の話で、人の話は基本的に聞かないという特徴も見られます。

性格

女々しい人の性格には、とにかく何をするにも決断力が低く、優柔不断だという特徴があります。ずっとうじうじ考え続けて、なかなか決断を下さず、周囲の人をイラつかせます。

女々しい人は、物事の最終決断を自分が下すことによって、その責任が自分にふりかかってくることが嫌だと考えているため、どうにか自分に責任が向かないようにならないかと、決断を先送りにします。

そうやって、長々と時間を使って考え抜いて下した決断が良い結果に繋がらなかった場合には、「自分は悪くない」と非を全く認めず、言い訳ばかりを口にします。女々しい人は、自己防衛本能が強いと言われていますが、決断を下さなかったり、言い訳ばかりする人は、間違いなく嫌われる対象であり、「自己防衛できてないのでは」という声も聞かれます。

恋愛

女々しい人は、恋愛に依存する傾向が強いという特徴があります。恋人と別れることになってしまった場合にも、「あの時のあれが悪かったのかな」とずっとうじうじと考えて、過去の恋愛を引きずっている人が非常に多いです。

男性は女性と違って、物事の切り替えスピードが遅いとは言われていますが、女々しい人は、別れた後も元恋人に連絡をし続けたり、次に付き合った人に対しても、過去の恋愛の愚痴のようなものを言ったりすることもあるので、女性からしたら、あまり気持ちの良いものではないでしょう。

恋愛においても、基本的には決断を下さないことが多いので、すべて彼女が決めて行動する形になってしまいます。自分が主導権を握るのが嫌な女性は、女々しい男性とは付き合わない方が身のためでしょう。女々しいい人は、「頼りになる彼氏」とはほど遠い存在だと言えます。

女々しい人の改善方法

身近に女々しい人がいて、どうしても関わらなければならない場合は、どうにか改善させたいものですが、そのような方法は存在するのでしょうか。

彼氏

恋人関係において、「付き合い始めは長所に見えていたところが、最終的には短所に変わる」という法則があるのですが、今は、女々しい人だと感じる彼氏も初めは「優しい人」「彼女の気持ちを優先してくれる人」という印象ではありませんでしたか。

それが次第に、優柔不断で頼りない男性に見えてきて、最終的には、好印象だったポイントが、一番嫌なポイントに変わってしまいます。彼女の彼に対する印象が変わっただけで、彼自身は何も変わっていませんので、今後も変わることは難しいでしょう。ずっと付き合っていきたいという気持ちがあるなら、彼女が彼を引っ張っていくしか解決策はありません。

自分の意見を押し付けてくるような融通のきかない男性とは違って、彼女の意見はとおりやすいです。自分がやりたいことがあるなら彼に伝えてみてください。決断が苦手なだけなので、あなたがやりたいことを提示すれば、高確率で付き合ってくれるでしょう。

男友達

女々しい人に限らずですが、一旦できあがってしまった人格を変えるというのは、とても困難なことです。女々しい人と、どうしても一緒に行動しなければならない時は、関わる側の人間が「この人はこういう人」と割り切って接するのが状況を改善するための近道です。

女々しい人というのは、ネガティブな思考であることが多く、周りを暗くさせてしまいます。あまりにも女々しさが際立つ場合には、縁を切ることも視野に入れておきましょう。

職場の男性

彼氏や男友達は、本当に耐えきれないなら自分から縁を切り、二度と会わないようにするという選択もできますが、職場に女々しい人がいた場合には、仕事を急に辞めるわけにもいきませんので、非常に厄介だと言えます。

女々しい人というのは、仕事には必要不可欠な「決断力」が欠けている場合が多く、その優柔不断さによって仕事が難航してしまったり、ありえない方向へ進んでいってしまったりすることがあります。女々しい人というのは、仕事においてはトラブルメーカーになりかねません。

状況にもよりますが、他の人たちと協力して、女々しい人に仕事の舵は取らせないようにするのが一番の対処法だと言えます。

「女々しい人」と褒め言葉としても使うのか

「女々しい人」という言葉を、褒め言葉として使うことはまずありません。女性に対して「女性らしい」という意味で、「女々しい人」という言葉を用いるのは、使い方として間違いですし、男性に対して「女々しい人」という言葉を使う時は、「男らしくない」というような、ネガティブな意味でしか用いられないため、褒め言葉ではないと言えるでしょう。

逆に、女性に対して「男っぽい」という言葉を使うときは、褒め言葉として使われることもあり、女性が男性的であることは、時によっては称賛されることもありますが、男性が女々しいのは、どの場面においてもあまり好まれることではないことがうかがえます。

女々しい人の扱い方・対処方法

女々しい人の性格を矯正することは、とても難しいですが、扱い方や対処方法をきちんと関わる側の人が身につければ、女々しい人とも上手にやっていけるようになるでしょう。具体的にどのような方法があるのか見ていきましょう。

自分が女々しいということを本人に認めさせる

女々しい本人は、実は自分のことを女々しい人と自覚していないことが多いです。まずは本人に、「自分は女々しい人間だ」ということを自覚させることが大切です。性格が改善するまでには至らないにしても、本人に自覚があるのとないのでは大きく違います。

自分が女々しいことを自覚すると、人から自分がどう映っているのかを想像することができるようになります。無自覚でいるよりは、自分の行動が周囲にどのような影響を与えているかに目を向けることができますので、少し女々しさが緩和する可能性があります。

受け入れる

女々しい人は女々しい人として、ありのままを受け入れる「包容力」も必要です。自分に心の余裕があれば、イライラしたりせずに、穏やかな気持ちで過ごせるでしょう。女々しい人も、イライラしながら対応されるよりも、穏やかな対応をされる方が心地いいので、ネガティブ発言などは少し減る効果があります。

褒める

女々しい人というのは、自分に自信がないためにネガティブな発言をしたり、決断ができなかったりすると言われています。彼らに自信を持たせるためには、「褒める」という手段が有効的であることがわかっています。女々しい人は短所がかなり目立つので、どうしてもそこをけなしてしまいがちですが、いいところを褒めて伸ばしてあげましょう。

女々しい人が、何かを頑張ってくれた時は褒めるようにしてみましょう。褒めることで、彼らが常に感じている不安を少し和らげることができます。ただ、何に対しても褒めてしまうと、すぐに調子に乗ってしまうので、ちゃんと、褒めるべきことをした時を見極めることが大切です。

決断を急かさない

女々しい人には、決断することが苦手な優柔不断男が多く、周りにいる人達はイライラして、どうしても女々しい人の決断を急かしてしまいます。本当に急ぎの案件である場合は仕方ないですが、時間制限のないものに関しては、ゆっくり彼らのペースで考えさせてあげましょう。

変に急かしてしまうと、余計にネガティブな結果を招いてしまいますので、できるだけ気長に待ってあげることが必要です。

頼る

女々しい男性は、とにかく自分に自信がないので、関わるのが面倒だからといって、あまり相手にせずに放置していると、「自分は必要とされていないのではないか」と、落ち込んでしまいます。女々しい男性に自信をつけさせるには、思い切って頼ってみるのもいいでしょう。

「女々しい人に頼ることなんて何もない」と考えてしまいがちですが、だからこそ、頼ることに意味があります。女々しい人達は普段、頼られることがとても少ないので、些細なことでも頼られると「自分にも価値がある」と感じ、それが自信に繋がります。女性から頼る場合は、少し甘えを混ぜながら行うと、さらに効果が増します。

女々しい人を上手に誘導しよう

女々しい人の特徴や改善方法などについて見てきましたがいかがでしたか。女々しい人と言われる男性の好感度は、あまり高いとは言えませんが、上手く誘導すれば、お互いにイライラせずに過ごせるようになります。寛大な心を持って付き合っていきましょう。

女々しい人の行動は、自身のなさが発信源です。彼らに自信をつけさせるよう行動することが、上手く誘導できるコツだと言えます。コツを掴んで人間関係を円滑にしましょう。

関連記事

Related