Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】会社を休むときの電話の言い方・例文・何時|仮病

Author nopic iconkurai
ビジネスマナー / 2018年03月07日
【状況別】会社を休むときの電話の言い方・例文・何時|仮病

会社を休むときの電話のかけ方

社会人のみなさまは、病気や緊急な用事で会社を休んだことありますか?休みをもらった後に、「風邪で休んでしまって申し訳ありませんでした。」と上司に謝罪をしても誠意が伝わらないことがあります。

これは、あなたが会社を休んだことであなたが本来こなすはずだった仕事が上司または同僚に少なからず割り当てられているからです。また、会社を休むときの電話のかけ方が間違っている可能性もあります。同僚の方に穴埋めをしてもらうためにも、休む時の電話のかけ方などについてご紹介していきます。

会社を休むときの電話は何時がいいの?

会社を休むときの電話をかける時間は、出勤時間より前が望ましいです。もし、出勤時間より後になってしまうとあなたが無断欠勤しているように思われてしまいます。職場での評価を下がることにも繋がります。必ず出勤時間前に休む電話をかけるようにしましょう。

その際に、会社に電話をかけるのでしたら上司が出勤している時間帯が理想です。出勤していない時間でしたら上司の電話に直接かけるのもよいでしょう。

会社を休むときの電話の例文

では、実際に会社を休むときの電話についてご紹介します。一般的な例文をお話ししますので、このように電話でお話しください。

電話の例文

・あなた「おはようございます。○○(あなたの名前)です。本日は具合が悪いので、お休みをいただきたいです。」

・上司「そうか。休むのか。どうしたんだ?」

ここで元気そうな雰囲気を出してしまうと、ズル休みなのかな?と思われてしまいます。そのため休むためには、社会人らしく丁寧に自分の今の状態を説明しましょう。

・あなた「今朝から、熱が38℃以上ありまして咳も出ます。この後病院に行って診てもらおうと思います。」

・上司「わかった。お大事に。」

休む旨はこれで伝わりました。ですが、これでは明日以降あなたが出勤して来れるかがわかりません。病院に行った後に、電話を入れますと最後に伝えるといいでしょう。

状況別!会社を休むときの電話のかけ方、コツ

電話をかけるときは、会社を休む場合多くの方が申し訳なく感じます。例えば、人によっては頭痛程度なら会社を休むなんてありえないと言われてしまう場合があります。ですが、あなたにとしては我慢できないから休むので自信を持って休みをとりましょう。そこでここでは、状況別に会社を休むときの電話のかけ方についてお話ししていきます。

頭痛で会社を休む電話のかけ方

頭痛で会社を休む場合、元気そうに電話をかけたのではほんとに頭痛なのか?と疑われてしまいます。そこで休むときは、いかに具合悪そうだなと伝えるかが鍵です。また、電話で済めばよいですが、疑り深い方ならここで嘘なのでは?と探りを入れて来る場合があります。

そうならないために、大事なのが声のトーンです。頭痛はほとんどが見た目からでは非常に伝わりにくいため声のトーンをできるだけ落としましょう。そうすれば具合が悪そうだなという印象を受けやすいです。

頭痛薬を飲んで治る程度なら出勤を

頭痛程度で会社を休んでいたのでは、仕事が勤まらないと考えている方も大勢おられます。まず頭痛が襲ってきたら頭痛薬を飲み、頭痛が治まらないようなら会社をお休みしましょう。あくまで頭痛で会社を休むのは最終手段と考えておいてください。

病院に行きたいから会社を休む

定期通院など健康なのにも関わらず会社を休まなければいけない場面が出てきます。事前に病院に行くことがわかっている場合、なるべく早く上司や会社に休む旨の連絡を伝えるようにしましょう。伝えるのが遅れた場合、仮に勤務表が作成された後だとしたらどうでしょう。代わりの人を探さなければいけなくなってしまいます。

ひと月前ならひと月前に。それ以上前ならその時に言いましょう。事前にあなたが上司や会社に休みますと言っておけば、急にこの日出勤してくれと言われてもひと月前に言っておきましたと強く出ることができます。

診断書が必要な場合も

ただ病院に行くから休みをとりました、では終わりにならないのが会社です。病院に行った際に診断書が必要な会社は忘れずに診断書をもらいましょう。診察が終わった後に診断書をもらい忘れたとなっては大変です。

ただし、一般的な風邪などでの診断書の発行料金はお医者さまによって違います。参考までに全国平均の金額は4727円です。しかし、安いお医者さまは1000円であったり明確な規定はないです。専門的な病気などでは診断書は高いことが多いです。出してもらう前に価格を聞いてみましょう。

会社に診断書の料金を払ってもらないのか

特例がない限り休むときの診断書は、自己負担です。先に会社に休むときの診断書の料金を出してもらえるか聞いてみましょう。それから病院へ通院するのがコツです。

毎年流行るインフルエンザ

冬の季節に怖いのがインフルエンザです。インフルエンザはどんなに体調管理をしていても、感染力が非常に強いため発症するものは発症します。職場にインフルエンザが流行ってきたら自分もいつなってもおかしくありません。症状が軽いからインフルエンザじゃないという訳ではないです。

インフルエンザでも熱が一切出ない隠れインフルの場合があります。ですから狭いオフィスの中や人が密集する環境の職場でしたらすぐにインフルエンザを疑いましょう。

休むときの注意点

インフルエンザかどうかあなたが悩んでもわかりません。素直に病院にいきましょう。病院にいけば休むべきなのか白黒はっきりします。発症した後5日、解熱後2日。会社を休む形になります。ですから発症した日から6日間出勤停止です。

あなたから休む旨の申告をすれば有給扱いになります。有給は労働者の権利ですので会社側には拒否する権利はありません。インフルエンザで会社を休むときこそ医師の診断書が必要です。病院に行った際は必ずもらうようにしましょう。

葬式で会社を休む

社会人くらいの歳になれば祖父祖母が亡くなって急な葬式が出てきます。その際慌てないために社会人として知識をつけておきましょう。まず誰が亡くなったか、これがわからないと会社もその葬儀に参列する必要があるかわかりません。明確にしておきましょう。

次に日程です。何日会社を休むことが必要なのか。また慶弔休暇が必要かどうかを考えておきましょう。供花・花輪・供物を会社で出す必要があるか。必要ないならいらないと言いましょう。

概要がわかったらすぐに会社に休む電話を入れます。会社自体が休みの日でしたら上司に電話を入れましょう。伝達漏れがないように。休暇中に連絡を受けられるかも伝えておくと良いでしょう。

仮病で会社を休む

社会人をしていれば一度は仮病で休みたいなと考えたことがあるはず。ここでは仮病での電話のかけ方をご紹介していきます。まず心構えからです。あなたは今から具合が悪い人の演技をします。具合が悪い時にハキハキ話す方はいません。いざ、本当に具合が悪いの?と聞かれたときに素のあなたが出てしまってはすぐにバレます。精一杯病人になりきってください。

病人になりきったあなたはもう風邪を引いています。上記で説明した丁寧な欠席の電話を入れましょう。

仮病の注意点

あなたは勇気を持って仮病の電話を入れました。今日はもう自由です。気持ちの良い休み過ごしてください。

ですが、風邪で休んでいるにも関わらず近くのカフェであったり映画館やレジャー施設などにいたらおかしいです。同僚に見られでもしたらすぐズル休みだとバレてしまいます。

そもそも外出を避けるべきなのですが、友人と遊びに行きたい、イベントがあるのを今日知ったといった理由の場合、今日どうしても外出しなければなりません。服装を変えれば後ろ姿でバレることはまずありません。深めの帽子を被り、普段着ないものを着て行きましょう。念には念を入れサングラスもかけると良いです。

同僚が行きそうな場所、職場の近くは避けよう

あなた以外の同僚は会社にいます。まず職場の近くさえ避ければ大丈夫です。また同僚と以前行った場所、あなたと同僚を知る友人が行きそうな場所もそうです。トラブルの原因になりますので考え付く場所はできるだけ避けるようにしましょう。

仮病で休んだ後の対応

仮病で会社を休んだ後は同僚の方から心配の声を掛けられます。普通に体調不良で休んだときもこれは同様です。休んでしまったものは仕方ありません。曖昧な対応をしていたのでは仮病だと疑われかねません。最後まで嘘を突き通しましょう。

うっかり口を滑らせない

親しい同僚との会話や家族との会話は何気ないことが多いです。こういうときは気が緩みやすいです。うっかり口を滑らせないようにしてください。

もし、口を滑らせ「こないだ○○(友人の名前)とに遊びに行ってさ~」などと言ってしまうと
「あれ?その日風邪で休んでいたよね」と言われます。仮病でしたとあなた自身で自白する形になります。

仮病で休んだ日付は覚えておく

仮病で会社を休んだ日付は覚えておくの良いでしょう。「あなたはその日(日付)は何してたの?」と同僚や上司に聞かれたとします。その度に返答が違っていたのでは辻褄が合いません。風邪で休んでいましたとはっきり言いましょう。

会社を休むときに電話とメールどちらがいいの?

電話をかけようかメールで済ませてしまおうか悩んだことあります。こちらのメリット、デメリットをご紹介していきます。

電話のメリット

電話のメリットは何といっても即効性でしょう。疑問点があればすぐ質問もできます。後日にトラブルになることも少ないでしょう。

電話のデメリット

電話に出られる方が居なければ誰にも伝えることができません。これは稀なケースですが携帯電話にかける場合バッテリー切れだった場合はかけることすらできません。

メールのメリット

電話でしたら電話をとる方が居ないと伝えることができません。ですがメールは相手が見てさえいれば伝えることができます。

周りの音がうるさい場合など、自分が声が聞こえ辛い環境であるならば非常にいい伝達方法です。

メールのデメリット

相手が見ていなければ、気づかずれに無断欠勤扱いになってしまう時もあります。メールでの休む旨の電話に比べて、対応が遅れることもあります。そのため、メールでの休めの連絡は気をつけましょう。

電話の方が無難

質問サイトを見たところ大半の回答者が電話の方がいいと答えている方が多かったです。メールで欠席の連絡をするという発想を始めて知った方もいます。

以上のことから、電話の方がのちのトラブルに繋がりにくいです。たとえ会社からメールで休むのがOKと言われてない限りは電話の方がいいでしょう。

社会人として常識のある対応を!

あらゆる場合の会社を休む方法を紹介しました。いかがだったでしょうか。どう休みの電話をしたらいいかわからないと悩んでいた方も多いことでしょう。そんな時は、この記事を参考にしていただければ、上手く休めます。もちろん、常に社会人としての常識を考えて対応してください。