Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】結婚して転職する割合・転職するタイミング・理由

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
結婚 / 2018年02月25日
【男女別】結婚して転職する割合・転職するタイミング・理由

結婚して転職する男性の割合は?

結婚は人生の中でも大きな転機であり、転職も大きな転機になります。結婚によって生活が変わることも多いですし、生活が変われば求める仕事の条件などが変わる場合も多いです。社会人になれば仕事が人生の中心になりますし、プライベートで変化があれば、仕事もその変化に合わせなければなりません。

仕事に合わせてプライベートを変化させる場合もありますが、結婚の場合はプライベートの変化ですので、仕事を変えなければならない場合ももちろんあります。結婚と転職は密接な関係にありますが、結婚を機に転職をする男性はどれくらいの割合でいるのでしょうか。

少ない

結婚を機に転職をする人は少なからずいますが、それでも男性全体で考えれば、転職する割合は少ないと言えます。男性の場合は結婚後も変わらず働き続けることも多いですし、結婚以前と結婚後で全く変わらないということもあります。プライベートはプライベート、仕事は仕事と完全にわけている人も多く、結婚したからといって、転職するとは限りません。

もちろん結婚を機に転職を考える人もいますし、結婚という大きな転機に面したときに、自分の将来についてを考え、転職を検討する人もいます。しかし転職を検討したとしても、実際に行動に移す人はそれほど多くはありません。転職について頭をよぎることはあっても、結婚したからといって転職しない人は多いです。

結婚して転職する女性の割合は?

男性の場合は結婚を機に転職を考える人はそれほど多くはありませんが、女性の場合はどうでしょうか。女性の場合は結婚によって影響を受けやすいですし、それが仕事に関係することも少なくありません。

男性と女性では仕事への関わり方なども違う場合が多く、結婚や転職に関しての考え方なども違っていることが多いです。結婚を機に転職を考える女性の割合は、一体どれくらいなのでしょうか。

多い

女性の場合は結婚を機に転職を考える人は多く、さまざまな理由によって転職をしています。女性の場合は男性とは違って、結婚によって変わる部分が多いですし、プライベートが一変するということも少なくありません。人によっては結婚を機に仕事を辞める場合もありますし、寿退社をする人も多いです。

また最近では寿退社ではなく、寿転職と呼ばれる結婚による転職も多く、自身の求めるライフスタイルを実現するために転職をする人は多いです。女性の場合は結婚によってライフスタイルが大きく変化しますし、その変化に対応するために転職を考え、新しいライフスタイルに合った仕事に就くことが多いです。

結婚して転職するタイミングは?

結婚によって転職を考える人は男女ともにいますし、それぞれさまざまなタイミングで転職を実行しています。結婚による転職といっても人によってタイミングはバラバラです。結婚前に転職をする人もいれば、結婚後しばらくしてから転職する人もいますし、それぞれで理由は異なっています。

結婚による転職の場合はタイミングが重要であり、タイミングを間違えば転職はおろか、結婚さえも失敗してしまう可能性があります。結婚と転職はそれぞれ大変なものですし、両方とも失敗してしまう例も少なくありません。それぞれを成功させるためにも、どのようなタイミングで転職をするのか、またそのタイミングで転職をする理由は何かを知っておきましょう。

結婚前

結婚をして転職をするタイミングとしては、結婚前が挙げられます。結婚してしまえば二人で生活をしていかなければなりませんし、お互いの仕事についても干渉しなければならないことも多いです。一人であれば仕事を辞めるも転職するも個人の勝手ではありますが、結婚をするとなればそうもいきません。

きちんとパートナーの了承を得てから転職しなければ関係が悪くなってしまうこともありますし、それが原因で離婚してしまうこともあります。転職は人生を変える大きな転機にもなりますし、結婚前に転職を済ませ、そこでの基盤が安定してから結婚することが多いです。

出産など

結婚して転職するタイミングとしては、結婚前だけではなく、結婚後しばらくしてからの場合もあります。結婚してしばらくし、妊娠や出産などを経験した際に転職を考えることは多いです。これは男女ともに言えることであり、より子育てがしやすい環境へと転職を考えます。

子供を育てるためにはお金が必要ですので、より高い給料の仕事に転職をする場合あれば、子育てと仕事を両立させられるように、多少給料は低くても融通の利いた環境で働くという場合もあります。それぞれの家庭によって仕事に求める条件は違っていますが、出産などの大きな転機が合った際に転職を考える人は多いです。

結婚して転職する理由は?

結婚を機に転職を考える人は多く、実際に多くの人が行動に移しています。結婚をして転職をする理由は人によって違っており、さまざまな理由があります。結婚して転職をする理由は何があるのかを知っておきましょう。

遠距離

結婚前に遠距離で付き合っていた場合などは、結婚を機に転職を考えることが多いです。結婚をすれば一緒に暮らすことが多いですし、生活の拠点が変わりますのでそのタイミングで転職を考える人は多いです。

場合によっては同じ企業のまま、営業所だけ変わるという場合もありますが、それは極めて稀なケースであり、基本的には転職を考えます。結婚をして同居しない場合もありますが、多くの場合で一緒になりますし、新天地で仕事を求めるということも少なくありません。住居の移動を伴う場合は転職せざるをえませんし、遠距離恋愛で結婚する人のほとんどは転職を経験しています。

給料

遠距離恋愛など物理的な理由で転職をする人がいますが、それだけではなく給料など金銭的な理由で転職をする人も多いです。結婚をすれば家計をともにすることになりますし、お互いの収入を合算して暮らしていくことになります。共働きの場合は特に問題ないケースが多いですが、どちらかが家庭に入る場合は二人分の生活費を稼がなければなりませんし、より高い給料を目指して転職を考える人は多いです。

また老後の暮らしなどを考えて、現在の給料では生活が厳しくなると感じれば転職しますし、金銭的な事情で転職を考える人はたくさんいます。結婚して二人で暮らすだけであればそれほどお金はかかりませんが、子供が生まれるなどすればさらにお金はかかりますし、今後の生活のためにもより高い給料の仕事へと転職を考えます。

Uターン

結婚によって住居の移動があるのは遠距離恋愛だけではなく、Uターンで地元に帰る場合なども転職をします。結婚をすればライフスタイルは変わりますし、住み慣れた環境で暮らしたいと考える人は多いです。地元であれば両親もすぐそばにいますし、土地が余っているなどで住居を世話してもらえる可能性もあります。

また子供が生まれた場合などは、子育てにも協力してもらうことができますし、結婚を機に地元に帰るという人は多いです。Uターンの場合も当然転職しなければなりませんし、これが結婚を重なる場合は多いです。結婚ではなくてもUターンで転職をする人は多いですし、転職の機会としてもちょうど良いため、転職が成功しやすくもあります。

結婚して転職するのは不利になるのか?

男女ともに結婚を機に転職を考える人もいますが、問題は結婚が理由で転職する場合に不利にならないかどうかということです。そもそも転職すること自体が簡単なことではありませんし、結婚が関係ないとしても失敗してしまう人は多いです。

もともと難易度の高い転職に結婚という要素が加われば大変なことも多いですし、負担が増えれば失敗する確率も高くなるのではないかと心配する人も多いです。結婚を理由に転職する場合は、転職で不利になってしまうのでしょうか。

不利にならない

結論から言えば、結婚を理由に転職をするからといって、基本的には不利にはなりません。結婚はプライベートなことですし、仕事とは関係がありません。転職の際に転職理由について聞かれることは多いですが、結婚によるライフスタイルの変化と伝えてもマイナスの印象を与えることはありません。

結婚による転職はネガティブなものではありませんし、仕方がないものとして判断されることが多いので、マイナスの評価になると心配する必要はないでしょう。結婚するかどうかに関係なく、きちんと実力を示すことができれば、転職を成功させることは可能です。

女性は不利になる可能性も

結婚によって転職で不利になることは基本的にはありませんが、女性の場合は不利になってしまう可能性もありますので注意が必要です。女性の場合は妊娠や出産などもありますし、結婚することでそれらを経験する可能性が高くなります。

妊娠すれば仕事ができなくなりますし、産休などで仕事を一時離脱することになります。場合によってはそのまま辞めてしまうこともありますし、せっかく採用してもすぐに辞められるのではないかと考え、採用に踏み切れない場合は多いです。女性の場合は妊娠や出産によってライフスタイルがさらに変わりますので、転職で不利になってしまう可能性があることは覚えておきましょう。

年齢も関係する

結婚を機に転職する場合は、一部の例外を除けば基本的には不利にはなりません。しかし年齢などによっては不利になる可能性もありますので、それは覚えておきましょう。結婚するかどうかに関係なく、転職では年齢が上がるにつれて不利になります。

結婚する年齢によっては転職で不利になりますし、転職をするなら早めに行動しておかなければなりません。転職のタイムリミットは、一般的には30代と言われていますので、結婚を考えている場合は、30代までに転職を済ませておくのがおすすめです。

結婚と転職は両立できる

結婚して転職する割合や転職するタイミング、理由などを紹介しましたが、結婚も転職も人生の大きな転機です。これら二つを両立させることは難しいですが、二人で協力すればできないことはありません。

結婚すれば二人で生きていくのが当たり前になりますので、お互いに協力し合うことが大切です。パートナーをしっかりと支え、結婚も転職も成功させて幸せな生活を手に入れましょう。