Search

検索したいワードを入力してください

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

Author nopic iconあや
冠婚葬祭 / 2018年03月13日
【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

結婚式の予算の平均

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

結婚式にかかる基本的な費用を項目別にご紹介します。

挙式→チャペル式の場合は、会場料、牧師、結婚証明書、聖歌隊、演奏者、フラワーシャワーなどです。挙式にかかる費用は、招待するゲストが増えても金額は基本的には変わりません。チャペル式の他にも、神前式、人前式などがあります。

披露宴→会場使用料、婚礼料理、飲み物、お花(テーブル装花、ブーケを含む)、ウエディングケーキ、司会者、引出物、引菓子、音響、照明、メニュー表などが挙げられます。披露宴にかかる費用は、招待するゲストの人数が増えたり、料理の値段を1ランク上げたりなどで予算が大幅に変わります。

衣装・写真→新郎新婦衣装、着付け、ヘアメイク、写真、控室、DVDなどです。衣装を増やしたり、写真やDVDの内容によって、こちらも予算が変わってきます。

以上のことを踏まえた上で、人数別の予算をご紹介します。

参加者が60人前後の場合の予算

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

地域によって差はありますが、結婚式というと、特に以前は人数も多く、とてもお金がかかるイメージがありますが、2017年度、結婚式に招待するゲストの平均人数は71人と、減少傾向にあります。

招待客1人にかかる費用は平均5.1万円です。参加人数60名なら306万円となります。人数は少なめですので、会場などの諸費用は抑えることができますが、演出やお色直しが多かったり、料理を1ランクあげると金額もあがっていきます。

さらに、招待客の方からご祝儀をいただくことができます。平均的な金額は、兄弟、親戚は平均7万円~10万円。会社関係者は平均で3万円~5万円、友人が2万円~3万円となっています。

夫婦は連名でご祝儀を出すため、ご祝儀の平均が1人当たり3万円としたら、60名で180万円となり、新郎新婦の手出しは126万円。高額ですが、100万以上は予算として考えておくべきです。

参加者が100人超の場合の予算

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

招待客が100人を超える場合は、ゲストの数だけ料理、飲み物、引出物などの変動費はもちろん上がります。披露宴の会場費も上がる可能性もあります。しかし、人数が多いと、いただけるご祝儀も増えることになります。

挙式などの費用は、招待人数が多くなっても基本的に変わりません。人数が多い分、挙式費用などの固定費は、1人当たりで計算すると少なくなります。ですので、120人ほどの招待人数の場合、さきほどの60人の倍になるので、予算額も倍になると考えがちですが、1.5倍ほどの予算で可能な場合もあります。

各ゲストのサービスの質をあげると、その分だけゲストの1人当たりの費用があがってしまうので、どの部分を重要視するか、きちんと話し合うことが大事です。

予算が低い場合

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

予算があまりないという人に、結婚式の費用を抑えることができるポイントをご紹介します。

季節を変えてみる

季節をずらすだけで、金額をぐっと減らせる場合があります。

季節は、春先や秋の時期が人気ですが、オフシーズンと呼ばれる暑い時期や寒い時期などは結婚式を挙げる人が少なくなるので、費用を抑えやすいです。ただ、会場内と外での気温の差が大きいので、招待するゲストには配慮が必要な場合もあります。

また、ジューンブライドと呼ばれる6月も、梅雨の時期なので狙い目です。ゲストは雨の中を来ていただくのは大変ですが、ホテルでの結婚式は、比較的天候は気にせずに行うことができます。

日時を変えてみる

日取りや日程限定などのお得なプランも存在します。最近は仏滅限定プランもあります。以前は仏滅や友引には結婚式を挙げない方がよいなどと言われてきましたが、六曜(大安、友引、仏滅など)が書いてあるカレンダー自体が少なくなってきており、あまり意識することもなくなりました。

平日や年末年始、日曜や連休最後の夕方もおすすめです。平日や年末年始は費用を抑えることができますが、ゲストの都合がなかなかつきにくい場合が多いです。親族のみなどの少人数の結婚式にはおすすめです。

日時を変えることで、お得なプランが多数存在します。新郎新婦だけで決めるのではなく、ご両親や招待ゲストの意見も聞いて、決めていきましょう。

持ち込みや手作りのものを増やす

引出物や引菓子など、ホテルで準備すると値段も高くなりがちです。式場によっては、持ち込み料金がかかりますが、自分たちで手配して用意すると3割程安くおさえることができます。

またテーブルの小物や、名札のカードも時間があれば手作りしましょう。時間と手間を考えると、予算が低い場合は少人数のほうがおすすめです。

親身なプランナーさんは、費用をおさえるポイントを教えてくれるので、前もって相談しておくとスムーズです。

結婚式の二次会の景品の予算とおすすめ景品

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

結婚式の予算だけを考えており、2次会のことをすっかり忘れていたと言う人も多いです。2次会は会費制の場合が多く、赤字になることはあまりありませんが、ビンゴやゲームなどの景品を事前に購入する場合が多く、手出しが必要となるので、予算をきちんと決めることが大切です。

ここでは、2次会の景品の予算とポイントをご紹介します。

予算の平均は、1人あたり1000円程度

2次会にオススメのカフェなどを利用し、料理とフリードリンク、DVD上映などを入れても、3500円程で十分楽しめます。景品代を費用に入れる場合は1人1000円プラスで十分です。2次会から参加する人も多いので、50名の参加でも景品に50000円の予算ができます。

男性は5000円、女性は4500円と料金を変えても良いでしょう。

景品はなるべく多く用意する

景品はたくさんあるほうが、ゲストも喜びます。参加人数の3分の1~半分位の人数に行きわたるようにしましょう。

ポイントは、1位、2位、3位の人には高価な景品を、それ以外には少し安めと、景品に差をつけることです。景品をもらえなかった人にはお菓子を配るなど、工夫をしてみましょう。

景品は、誰がもらっても喜ばれるような景品にしましょう。食べ物のカタログギフトや、バリスタ、加湿器、商品券などがおすすめです。また自分では買わないようなアイテムや、珍しいアイテムも人気です。

あまり商品が大きいと、移動時の手荷物が増えるので配慮が必要です。

ホテル別結婚式の予算

基本的な費用や、人数別のおおよその費用や予算を説明しましたが、実際にホテルで結婚式を挙げる場合、どれくらいの費用や予算がかかるのか、分からないことだらけです。

ここでは、ハイグレードな帝国ホテル、ディズニーシーホテルミラコスタ、シティホテルに分けて、費用や予算について説明していきます。

帝国ホテルで結婚式を挙げる場合の予算

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

帝国ホテルは、日本を代表する高級ホテルで、ホテルオークラ、ニューオータニとともに、「ホテル御三家」と呼ばれています。帝国ホテルの結婚式は、どの結婚式のサイトをみても評価が良く、サービスや質の高さが伺えます。

伝統のあるチャペルや、ステンドグラス、披露宴会場など、高級感あふれるホテルでの結婚式は誰もが憧れます。

帝国ホテルで見積もりをお願いすると、必要なものはすべて入れてもらえているので、見積もりよりも金額がぐんと上がったということがあまりありません。格式のあるホテルですが、70名で平均費用370万、150万前後の予算になるので、そこまで手が出せない金額ではありません。

人数に応じて、いろいろなプランがあります。特典も当日の新郎新婦の宿泊や、結婚1周年記念にレストランのご招待券、結婚式を挙げた人限定のメンバーズクラブへの入会など、嬉しい特典つきです。

ミラコスタで結婚式をあげる場合の予算

「東京ディズニシー・ホテルミラコスタ」は東京ディズニーリゾート内にあるホテルです。ディズニーシーと直結しているので、開園前に記念写真を撮ることができたり、ダッフィーがお祝いに駆けつけてくれるオプションもあり、ディズニー好きにはたまらない結婚式場です。

ディズニーリゾートオリジナルの結婚式

衣装もディズニー映画の王女様をイメージしたドレスや、ルネサンス期の優雅な貴族をイメージしたメンズの衣装など、すべてオリジナルです。料理もオリジナルのイタリア料理や、ウエディングケーキも、ミッキーの形をしたケーキや、シンデレラ城をイメージしたケーキなど、どの部分をみてもこだわりがつまっています。

そんな、ミラコスタの結婚式プランは、少人数プランや、オプションプログラムを組み合わせた、新郎新婦のこだわりが詰まったオリジナルプランなどがあります。オリジナルプランは、40名で平均費用は370万となり、やはりお高めです。200万近くの予算がかかります。オプションもたくさんあるので、1つ追加するだけで金額が上がってしまいます。

ミラコスタは少人数での結婚式を考えている方におすすめします。1dayパスポートや新郎新婦の宿泊など素敵な特典もたくさんあります。

シティホテルで結婚式をあげる場合の予算

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

シティホテルでの結婚式でも、ホテルごとのプランが用意してあります。季節や、日時によってお得になるプランもあり、平均すると、30名~80名で費用は165万~300万ほどです。ハイグレード級のホテルになると、費用はアップしていきますが、やはり予算は100万前後必要です。

ホテルでの結婚式は、何を重視しているのかによって金額が大幅に変わってきます。演出重視や予算重視など、きちんと話し合いをして検討することが大切です。

ホテルでの結婚式も、当日の新郎新婦の宿泊などの特典があります。ゲストの方も特別料金で宿泊できる場合もあるので、遠方から来ていただくゲストの方も、移動の負担にならずにすみます。

ウエディングフェアも定期的に行っていますので、会場の様子や雰囲気を見るものおすすめです。婚礼料理の試食ができる場合もあります。

結婚式の予算をオーバーしそうな時の対処法

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

結婚式の準備を進めていくと、あれも付けたい、これも付けたいと、どうしても予算をオーバーしてしまうことがあります。

まずは見積もり時に、予算をきちんと伝えたうえで、人数を予定より少し多めで計算してもらったり、必要なものや確実にランクアップしそうなものに対しては(婚礼料理など)ランクアップの値段で見積もりを出してもらいましょう。

それでも予算をオーバーするのであれば、結婚式の内容を見直さなければいけません。写真やアルバムの内容、料理など、また、招待状の発送準備や、ウェルカムボードの作成、ペーパーアイテムなども自分で作成することで、費用を抑えることができます。両親に相談して意見を聞くのも良いでしょう。

2人の理想の結婚式を

【ホテル別】結婚式の予算の平均・二次会の景品の予算|オーバー

結婚式の費用や予算について、説明してきましたが、初めてのことなので、予算を把握するのはとても難しいです。

一生に一度のことなので、多少予算オーバーしても、後悔のない結婚式を挙げたいという方もいますが、これからの生活のことも考えたら、やはり2人できちんと話し合うことが大切です。

自分たちはもちろん、ゲストにも喜んでもらえるような結婚式にして下さい。

関連記事

Related