Search

検索したいワードを入力してください

理想の結婚相手の○○の特徴・年齢・生活|心理テスト

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
結婚 / 2019年06月04日
理想の結婚相手の○○の特徴・年齢・生活|心理テスト

理想の結婚相手の特徴

理想の結婚相手をみつけるための15の特徴や年齢や生活スタイルについてご紹介しますので、ぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。理想の結婚とは人により求めるものがとても異なります。

しかし、ポイントとする項目はとても似ており、理想の結婚を相手を見つけるために、それらの特徴を確認します。これらの特徴は同じにしても、年齢や生活スタイルなどにより求めるものは異なります。

では、どういった特徴を求めて理想の結婚相手を探しているのかポイント別にご紹介します。これから理想の結婚相手を探そうとしている人には必見です。

性格

性格は理想の結婚相手には欠かせない特徴の1つです。結婚をすると一緒に暮らすことになり結婚後の長い人生を歩んでいうことになります。楽しい結婚生活を手に入れるためには、お互いの性格がマッチしていることは絶対に不可欠です。

自分だけが相手の性格を好きなだけでは理想の結婚は成立せず、相手にとっても自分との性格がマッチしていると感じてもらう必要があります。理想の結婚と呼ばれる一般論としては、お互いが成長しあえる関係であり、尊敬し、尊重できることが大切です。理想の関係を築くためにはお互いに広い心も必要です。

価値観

理想の結婚を手に入れるためには、お互いの価値観がとても大切です。理想の結婚相手かどうかを確かめるために価値観を知るためには、まず学歴を知ることから始まります。学歴が全てではありませんが、育ってきた環境で個人の価値観は作られます。

もし大学を卒業している女性とそうでない男性であれば、やはり教育に関する価値観が異なることがあります。これでなぜ理想の結婚相手にならない可能性があるかというと、将来的に子供ができたときに子供に対する教育への価値観が違うと生活は難しい場合があります。

人生におきての価値観はとても大切です。この特徴は理想の結婚相手を探すための重要なポイントです。

年収

結婚は愛だの恋だのだけでは理想の結婚生活をえることはできません。お金じゃないといえども、ある程度のお金は必要です。そして、年収は高ければ高いほどよいです。近頃では、結婚後も男女共働きのスタイルが一般的になりました。

そのため、結婚を考えるのであれば相手の年収と自分の年収を足して、世帯年収として考えることが多くなってきています。男女、お互いで経済的なことも支えあっていく考えです。しかし、もし女性は結婚後には仕事を辞め家庭に入ろうと考えているのであれば、結婚相手にはそれなりの年収を求めなければなりません。

理想の結婚年齢

理想の結婚をするには年齢もとても重要なポイントです。昔に比べると結婚に対する理想の年齢もとても遅くなってきています。昭和以前の日本であれば結婚の適齢期は20歳や、それ以下でしたが近頃では、30歳頃になっても結婚しない人も増えています。

また、年の差結婚なども増えており結婚に対する理想の年齢の概念も変化しつつあります。では、理想の結婚に対して年齢に重点をおいてご紹介します。結婚に早いや遅いはあるのでしょうか。芸能界でも年の差結婚が多くなりましたが、はたしてそれが理想の結婚に繋がるのでしょうか。

適切な年齢

男女が出会い結婚に至るとその後には、一般的に子作りをします。子供は20歳になるまで親の責任が強く20歳を過ぎても22歳までは大学に行く年齢です。そのため子供を授かってから22年は子育て期間とみますと、理想の結婚の年齢は30代までといえます。例えば39歳で結婚して子供ができると産まれる頃には40歳です。

そこから22歳をたすと62歳になります。日本の企業では一般的に60歳か65歳が定年のため、子供が大人になるまでに仕事を失うようでは少しリスクがあるように感じられます。ただし若ければよいというものでもありません。

年齢差

流行の年の差婚ですが、だいたいのケースが男性が年上の場合がほとんどです。しかしこれはイレギュラーであり、理想の結婚を望むのであれば、歳の差は5歳ぐらいまでです。それ以上の年齢差がひらくとジェネレーションギャップがあったり結婚生活になにか支障をきたす場合があります。

理想の結婚をするために年齢が離れていてもそれ以上に2人の間に素晴らしいものがある場合は別ですが、一般的には同年代と呼ばれるプラスマイナス5歳が理想の結婚の歳の差といわれています。

理想の結婚生活

結婚をする前に結婚をしてからのことを考えるのですからとても難しいです。もし結婚したならとイメージを膨らませることがあり、それが理想の結婚となりますがそんなにうまく結婚後に理想の結婚どおりの生活になるかはわかりません。

では、結婚前にどのようなポイントを確認にしておくと楽しい幸せな理想の結婚を続けることができるかご紹介します。結婚生活は地獄という、離婚した方がいいような最悪な結婚生活にならないように事前にチェックしておくべきです。

趣味が一緒

付き合っている段階からお互いのことを知っていくなかで趣味が一緒ということはとても大切です。男女であると体の特徴などからスポーツなど同じ趣味を持つことは難しいこともありますが、年齢、性別に関わらず一緒にできる趣味としてゴルフがおすすめです。結婚した頃は若くて元気であったとしても必ずお互いに歳を取ります。

理想の結婚生活を長く続けていくためにも一緒に長く続けれられる趣味がすてきです。年齢はお互いに重ねるものなので、結婚をしてから何十年経過してもかわらぬ関係をキープしたいです。

朝食を一緒に

結婚をするともちろん一緒に住み始めます。結婚をする前には休日の朝食を夫婦仲良く一緒に食べてコミュニケーションをとることはとてもすてきな理想の結婚のイメージにあてはまります。

時間が過ぎる感覚がとてもゆっくりに感じられ至福のひと時を味わえます。愛する相手と休日に自分たちの時間を持てるなんてとても贅沢なことです。さらに朝食のメニューの趣味も一緒であればなおさら良しです。一緒に朝早くおきてお料理することもとてもすてきです。

体の関係

理想の相手なのか、診断できるチェック項目

結婚するということは一緒に暮らすということです。理想の結婚生活を送るために家庭内でのチェック項目をピックアップします。自分にない相手の習慣などはときにとてもストレスに感じることがあります。

相手の存在をストレスに感じるなんて理想の結婚から遠のきます。すでに結婚してる方がチェックすべきと指摘するポイントを一気に大放出です。結婚する前にはみえないポイントを解析します。

身の回りの整頓

生活の基準で身の回りの整頓や家の中の片付け具合はとても重要なポイントです。とても横着な人と几帳面なタイプであれば生活を共にすることは難しいです。また、潔癖症な方とそうでない人も一緒に住むとお互いにとってとてもフラストレーションが高くなります。順調な生活もちょっとしたことで崩れだすと一瞬で崩壊します。

タバコの有無

タバコの吸わない人からするとタバコに臭いはとても不快に感じます。タバコになれていない人であればなおさら喫煙をしてしばらくたっていても臭いに気付きます。

理想の結婚をできたとおもっていても、相手の習慣に順応できないこともあります。

アルコールの有無

お酒が大好きな人は毎日晩酌をします。ただし、一方がアルコールが好きではない状況で毎日晩酌されていると気に入らないという感情になる場合があります。

それはちょっとしたきっかけで始まります。例えば少しケンカしたときや相手の年収があがらないなど些細なことが引き金となり、理想の結婚から一気におちてしまうことがあります。

子供は何人欲しいか?

結婚をしたら子供を持つ人がほとんどですが、どうしても子供はいらないという人であれば、結婚してもうまくいきません。子供がいるかどうかと何人欲しいかということは結婚前に確認しておくべきです。いざ、結婚してから子供について全く意見がかみ合わないのであれば本当に戸惑ってしまいます。

育った環境

育った環境はその人の全てに関連することなのでとても重要なポイントです。例えば、金銭感覚があげられます。育った環境で5万円が高いか安いかという金銭感覚が形成されます。お金の価値観があわないことは致命的です。家族に必要な車、家、養育費など全てにおいて計算が狂います。

理想の結婚相手を探す心理テスト

合コンなどでよく行われる理想の結婚相手に関する心理テストです。ますは、理想の結婚相手に求める条件を3つ言ってもらいます。3つ言い終わった時点で、もう1つだけ理想の結婚相手の条件を付け加えるなら、と問いかけます。

その4つ目の条件こそがその人が1番に理想の結婚相手に求めるものであるといいます。3つの条件を言い終わってからもう1つ追加されると、真剣に考えます。

理想の結婚と現実の違い

理想と現実は違うといいますが、結婚前の夢見る少女と結婚後の女性とではどのぐらいの誤差があるのでしょうか。結婚というものを経験した人とそうでない人では結婚のイメージもとても変化しています。

結婚をすると悪いことばかりというわけではなく、結婚とは理想とは違うことが多いですが、結婚をすることによって別の幸せや感じ方をえられるということです。

家族になるということ

結婚はカップルのラブラブの延長戦であると考えてすると、大きなギャップを感じます。現実には結婚生活にはラブラブという雰囲気は少なく、どちらかいうと安心や包容という言葉があいます。これはカップルという枠から家族という枠に変化した証ということです。

できれば理想の結婚をしたい

理想の結婚についてのご紹介はいかがでしたか。できる限り理想の結婚をできるように事前にチェックをしておきましょう。

関連記事

Related