Search

検索したいワードを入力してください

【シーン別】ネクタイピンをつける位置|ベスト/おしゃれ

Author nopic iconnoemie
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2018年03月25日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2018年03月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【シーン別】ネクタイピンをつける位置|ベスト/おしゃれ

主なネクタイピンの種類と特徴

「ネクタイピン」と一口に言っても、さまざまな形状があり、種類によって用途が異なります。ネクタイピンの着用位置をご紹介する前に、まずは主なネクタイピンの種類とそれぞれの特徴を確認していきましょう。

タイクリップ

2本のバーでネクタイとシャツを挟み込んで留めるタイプのピンです。「ネクタイピン」と聞いて多くの方が思い浮かべるのがこの形状ではないでしょうか。オーソドックスな形なので、ビジネスからフォーマルまで幅広い場面で使用でき、ひとつ持っていると安心です。バネ付きのものと、クリップで留めるだけのものとの2種類に分かれます。

ワニ口式

バネの力を利用し、洗濯ばさみの要領でネクタイを固定します。着脱が簡単で、ネクタイピンの中でも代表的なタイプです。シンプルなものから装飾が施されたものまでデザインも豊富で、生地を傷めることなく使用できます。

クリップ式

マネークリップのように金属そのものの力で挟み込みます。バネ式に比べ金属疲労が起こりやすく、ネクタイの種類や厚みによっては使いづらいといったデメリットがありますが、ピン自体の構造がシンプルなため、スタイリッシュな印象になります。

ショートクリップ

タイクリップと似ていますが、主にナロータイ(大剣の幅が4~6cm)に使用します。こちらもバネ式のものとクリップ式のものがあります。

タイタック

ネクタイの大剣と小剣に針を刺し、ピンバッジのように裏から針をキャッチャーに差し込みます。シャツには針を通さず、チェーンの先端にあるボタンかけを利用して固定します。デザイン性が高いものが多いので、お祝いの席やカジュアルな場面で使用するのがよいでしょう。

スティックピン

タイタックと同様、ピンを刺して固定するタイプのネクタイピンです。主にアスコットタイやクロスタイなどのネクタイを留めるために用いられます。セレモニーなどの華やかな場におすすめです。

服装別ネクタイピンをつける位置は?

かつてはスーツを着るならネクタイピンをつけることがマナーとされていましたが、現在は、スーツとネクタイピンは必ずセットで身に付けなければならないというわけではありません。だからこそ、ネクタイピンを有効活用できれば、スーツスタイルを今よりも数段ランクアップさせることが可能です。まずは、服装に合ったネクタイピンの位置をご紹介します。

スーツ着用時のスタンダードな位置はココ!

出勤時や営業周りなど、ビジネスシーンではジャケットを身に付けるという方が多いのではないでしょうか。もちろん、普段着でジャケットとネクタイを着用する方もいらっしゃいます。このスタイルでのネクタイピンは、「ジャケットの第一ボタンから少し上の位置」につけるのがよいでしょう。もっともスタンダードな位置なので、特にビジネスの場面でおすすめです。

Yシャツだけ着用するときは少し下めの位置に

暑い時期や事務作業などでジャケットを脱ぐ場合は、ジャケットを着ている時よりも下の位置で留めるとスマートです。具体的に言うと「シャツの第四ボタンと第五ボタンの間の位置」。このあたりにつけるとネクタイのぶら下がりを抑えることができ、見た目もすっきりします。

流行のスリーピーススーツにベストを着用する場合は?

おしゃれなビジネスマンに人気のスリーピーススーツ。ベストがネクタイを抑えてくれるので、本来ならばネクタイピンをつける必要はありませんが、あえて着用することでおしゃれさがグッと際立ちます。その場合は、「ベストの第一ボタンの少し上の位置」につけると、こなれ感が生まれます。

礼服を着用する際の正しい位置は?