Search

検索したいワードを入力してください

【男女・年代別】薄毛が目立たない髪型|産後

Author nopic iconMiyuki
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2018年03月04日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年03月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女・年代別】薄毛が目立たない髪型|産後

男女別薄毛が目立たない髪型

最近年齢や、性別にかかわらず薄毛に悩む人が増えています。原因は多数ありますが主に加齢によるものや、産後などのホルモンバランスの変化、ストレスなど誰にでも起こる可能性があるのが薄毛です。

薄毛を隠せる髪型が知りたいが美容室ではなかなか聞きづらいこともあります。今回はそんな人にもわかりやすいように、年齢や性別ごとに薄毛を隠せる髪型をご紹介します。

20代

まだまだおしゃれも楽しみたい20代にとっては薄毛はかなり重大な問題です。若いうちはカラーリングやパーマなどをする人も多いですがカラーリングやパーマなどはやりすぎると髪の毛や頭髪へのダメージが大きいため薄毛の原因になりやすいです。

やる場合には適度な期間をあけて、セルフではなく美容院でやってもらうことをします。

20代に!ツーブロック×ショートヘア

ツーブロック×ショートの髪型の組み合わせは、サイドがすっきりしていてさわやかな印象があります。髪の毛自体も短いのでセットも簡単にできますし若い男性にはとてものある髪型です。

大学などでスポーツをしている人や外仕事で汗をかきやすい人にも髪型です。この髪型は、サイドがすっきりしている分有数にボリュームがあるように見えやすいので薄毛隠しにはです。

美容室でカットしてもらう際に有数にボリュームが出るようにカットしてほしいなど美容師さんに相談しながら細かく注文すると同じツーブロック×ショートでも他の人と差別化もできます。

30代

三十代以上はお仕事や冠婚葬祭などでスーツを着る機会も多いです。そして、お仕事の関係でカラーリングができず黒髪の人も多いのではないでしょうか。30代の方にはスーツなどにも合い落ち着いているちょっと大人な髪型を紹介します。

30代に!スーツにも合う髪型ツーブロック×ベリーショート

この髪型もベースはツーブロックなのでサイドがすっきりしています。有数に関してはベリーショートなので20代にしたものよりも短く、毛束を作ってセットするとボリュームが出やすく薄毛が隠しやすいです。

30代はスーツを着る機会も多く、商談や外回りなど初対面の相手と会うことも多いのではないでしょうか。そんな時に第一印象はとても大事なものなのでさわやかで清潔感のあるツーブロック×ベリーショートのこの髪型がです。

40代

40代になると本格的に薄毛に悩む人が多くなってきます。毛量が減り、若いころに比べ生え際や髪の毛のボリュームが減ってきたのが気になる方も多いのではないでしょうか。髪の毛のボリュームがないとどうしてもペタッとした印象になってしまいます。

そんな40代の人にする、派手すぎず、だけど若く見える髪型をご紹介します。

40代は遊び心をプラス!渋くてかっこいいオールバック!

40代の皆さんにする髪型はオールバックです。

オールバックといえば俳優さんでも最近している人が増え皆さん渋くてかっこいいです。この髪型のポイントは真後ろではなく、分け目や毛の流れを意識して左右どちらかに流してセットすることです。

この方法でセットすると、頭頂部の薄毛だけでなく分け目などの薄毛も一緒にカバーできますし、渋さはありますがおしゃれなので怖く見えることはないです。両サイドは刈り上げているのですっきりとしていて清潔感もでます。

50代

50代では薄毛を隠しきれず髪型に悩む人も多いです。その場合は、隠すのではなく思い切ってアレンジし、薄毛を生かした髪型にチャレンジしてみてはどうでしょうか。薄毛を隠すのではなく、カットや刈り上げる部分を多くして周りの髪の毛となじませる髪型をご紹介します。

50代に!すっきりさせて薄毛を生かすショートヘア

50代に髪型はサイドや有数なども短くすっきりとして見えるショートヘアです。薄毛が目だち髪型がなかなか決まらない人も多いですが、そんな時は思い切ってショートヘアにチャレンジすることをします。

周りの髪の毛が長いとどうしても薄毛の部分だけが目立ってしますが、画像のようなサイド、バック、有数も全体的に短いショートヘアにすることで薄毛の部分が周りの髪の毛となじみ目立ちにくくなります。

この髪型は全体的に髪の毛の量が少ないこともあり、有数は毛量が少なくてもボリュームがあるように見えます。そして全体的に刈り上げているので清潔感がありすっきりとした印象になります。

薄毛隠しできる髪型

男女ともに薄毛を隠せる髪型はいろいろな種類がありますが、基本的に短めの髪型のほうが薄毛を上手に隠すことができます。薄毛が気になり始めると髪の毛をカットするのもなかなか勇気がいりますが、髪の毛を残そうとすればするほど、薄毛と周りの髪の毛に差が出てしまい結果薄毛の部分が目立ってしまうという悪循環になります。

今現在薄毛が目立って悩んでいる人はなるべく早く美容室へ行って、薄毛の部分となじみやすいように短くカットすることをします。美容室へ行った時には薄毛の部分が気になることを美容師さんに伝えて、なるべく目立たないようにカットしてもらうこともできます。

ツーブロック

ツーブロックは年代別の髪型でもいくつか紹介しましたが、薄毛を隠すのにはもってこいの髪型です。両サイドを刈り上げているのですっきりして見えることと、サイドの毛量が少ない分有数にボリュームがあるように見えやすいのが特徴です。

ビジネスシーンなどでも、すっきりしていて清潔感があるのは好印象ですし、スーツや私服など服装も問わないので挑戦しやすい髪型の一つです。

20代などの若い世代では女の子もサイドを刈り上げラインなどを入れている子もいますので、普通のショートヘアに飽きた場合や印象を変えたい場合にもです。

女性の薄毛の原因は男性とは少し違う!

最近は、女性でも薄毛に悩む人が多いですが実は女性の薄毛は男性とは少し違う原因があります。女性の薄毛の原因の半数はFAGA(女性男性型脱毛症)によるものだと言われています。

FAGAは加齢とともに主に40代から発症する場合が多いのですが、主な原因は加齢と更年期によって女性ホルモンが減り、男性ホルモンの方が増え優位になるため発症するといわれています。

他にも女性の薄毛の原因は色々なものがあり、ポニーテールやお団子などの髪型を毎日していると毛根が弱ってしまい抜け毛が起こる牽引性脱毛症や、産後のホルモンバランスの崩れ、ストレスや、皮膚の疾患からきている場合もあります。

今は通販などでも女性用の育毛剤なども売っていますし、頭皮などに強いかゆみや痛みなどがある場合は皮膚科でも診てもらえるので気になる方は1度受診してみるといいです。