Search

検索したいワードを入力してください

最終面接の対策方法・市役所の対策方法|社長/転職/新卒

Author nopic iconひろかこ
転職・就職 / 2018年03月28日
最終面接の対策方法・市役所の対策方法|社長/転職/新卒

最終面接対策はどうすれば?

最終面接にどう臨むべきなのか、お示ししていきましょう。

一次、二次面接と最終面接はどう違うか?

最終面接は、一次、二次との共通点もあれば、根本的に違う点もあります。そのポイントを見ていきましょう。

一次試験の評価ポイントは?

一次面接では、人事担当の中堅クラスの人が面接官になるケースが多いです。受験生に近い年齢の視点から、適性を見るのが狙いです。面接を通して、「受験する組織に対する理解度・何がしたいのか・組織での適正性・ストレス耐性」の4つを探ろうとします。

民間にせよ、市役所にせよ、当該組織の経営理念やビジョンを理解しているのは基本です。また、自分の経験やスキルを活かして何がしたいのかということも、具体的に答える必要があります。受験生の特性が、組織の風土に適うかということも重要な視点です。さらに最近は、メンタル面で問題を抱える若手が多いので、ストレスに対する強弱も着目されます。

二次面接の評価ポイントは?

二次では、部課長クラスが面接官になるケースが多いです。自分の父親と同年代の人を前に面接されるのですから、それだけでもプレッシャーです。面接官も、経営層が臨む最終面接に送るので、力を入れています。

質問項目は、ほぼ、一次と同じですが、面接官のクラスが上がる分だけ、一つひとつの質問が深堀りされると考えて間違いありません。一次より自信を持って話せるよう、対策しておきましょう。

最終面接に受かる対策は?

では、最終面接に対する具体的な対策を見ていきましょう。

最終面接の面接官は?

いよいよ最終面接。面接官は、民間企業の場合は役員クラス(場合によっては社長自らも)、市役所の場合は、副市長や総務部長が当たります。

最終面接には、基本的に優秀な人材が残っています。面接官としては、自分の会社や市役所の組織人として、本当にふさわしい人物どうかということを、正に、最終的に見極めるわけですが、受験者の合否は、会社にとっても、本人にとっても「命運をかけた」ものになるだけに、お互いに真剣勝負。念入りに対策しておきましょう。

最終面接では何が確認されるのか?

最終面接での確認事項について整理しましょう。

組織のビジョンと受験者のビジョンはマッチングしているか?

では、最終面接に臨む上で、どのような対策を講じておけばいいでしょう。

一次、二次試験の合格者は、「この人物なら、うちの組織でやっていけるだろう」という、言わば、現場目線でお墨付きをもらったといっていいでしょう。これに対して、経営層の面接官は、組織の立場だけではなく、本人にとっても、今後の人生にプラスになるかという視点に立って判断します。

・組織のビジョンと受験者のビジョンはマッチングしているか

組織のビジョンと自身の職業観とのマッチングです。最終面接の対策として絶対にぶれないことです。

適切な配属先のイメージが見えるか?

次に、受験者の言動を通して、適切な配属先のイメージが見えるかというポイントです。
この受験者は、この部署に配属させたいと思わせる強い志望動機が対策の一つです。

言動に筋が通っているか?

最後に、言動に筋が通っているかどうかです。
受験者が、ブレのない人生を歩んできたか確認されます。一次、二次より厳しく対策を練りましょう。

転職の場合の最終面接の対策は?

では、転職の場合の最終面接の対策について見ていきましょう。

前職の退職理由は?

一次・二次の面接でも、同じことが聞かれますが、経営層は、「前職で、何らかのトラブルはあったのか」、「個人的なことで、仕事に支障が出るような問題はないのか」など、より直球で聞いてきます。「転職の決断は妥当だ」と思わせるよう対策しておきましょう。

転職の覚悟は?

経営層は、覚悟の度合いを見たいと思っています。「今回が不採用でも、再挑戦します」など、新しい組織に賭ける決め台詞を持ちましょう。合わせて、それほどまでに、組織のビジョンと自分の実現したいビジョンが一致していることを強調するよう対策しておきましょう。

運はいいほうだと思うか?

ポジティブで、仕事の早い人には「いい運」が巡ってくるものです。具体例を示しながら運の良さが強調できれば、信頼度が格段に向上するので対策しておきましょう。

新卒の場合の最終面接の対策は?

では、新卒の場合の最終面接の対策について見ていきましょう。面接官が経営層ですから、「なぜ、その就職先を選んだのか、そこでなければいけないか」ということを、熱意を持ってアピールしなければなりません。

なぜ、類似の組織が多い中で、この組織を選んだのか?

同業他社が多く存在する中で、なぜ、この組織を選んだのか、そこで何をしたいのか、経営層が一番知りたいことです。対策として、より経営層の心を打つ言葉を準備しましょう。

ストレスの解消法は?何によって克服するか?

新卒で入社(入庁)したものの、すぐに調子の悪くなる人が増加しています。最終面接でも、ストレス耐性が問われるので、事前に対策しておきましょう。

市役所の最終面接の対策は?

景気の好・不況に関わらず、就職先として安定した人気がある公務員のなかでも、市役所は、受験者にとっても、最も身近な官公庁なので、競争率が高い職場です。そこで、市役所の最終面接対策のポイントを整理しましょう。

最終面接の面接官は。市の経営層です。日頃から、市の長期計画や財政政策に携わっています。そのため、採用したいのは、その市のビジョンや政策など、市に係る情報を網羅的に把握している人です。加えて、数ある市役所の中で、なぜその市を選んだのかという、いわば「市役所愛」も重視します。

最終面接では、他の市役所にはない、オンリーワンの事業や政策を挙げ、自分の経験やスキルを活かして、それにどのように貢献できるのか、自分ならどうするかなどを主張できるよう、対策を講じましょう。

また、メンタルの強さを確認するために、わざと攻撃的な質問を出すこともよくあります。冷静沈着に応答できれば合格です。

社長との最終面接の対策は?

社長との最終面接。受験生は否が応でも緊張します。基本的な対策として、まずは、自分のペースをキープし、普段通りの自分を出せるように臨みましょう。事前に、家族や友人とリハーサルしたり、一人で鏡の前で、表情も確認しながら、繰り返し練習するなど、万全の対策を講じましょう。

面接の内容は、一次・二次の確認が多いですが、社長は、企業の経営理念や強み、プロジェクトなど、企業に係る正確な情報を把握しているか、具体的に何がしたいのか、できるのかなど、即戦力になりうるかどうかを確認します。

また、競争が熾烈な中で生き残るためには、常にイノベーションが求められます。現在、行われている事業はもちろん、自分ならどのように新たな事業展開をしたいのか、できるのか、具体的に示すこともポイントになります。その際、経歴や座右の銘など、社長自身のパーソナリティを押さえ、琴線に触れる言葉を持つという対策もかなり有効です。

内定が出ている場合の最終面接の対策は?

最終面接では必ず他社の選考状況が確認されます。その対策を考える場合、なぜ、それが聞かれるのかを考える必要があります。整理してみましょう。

企業の選択にぶれはないか?

まず、企業の選択に当たってぶれはないかということです。

選択している企業に、業界・業種などの一貫性がなければ、人気企業で選んでいる、職業観ができていないなどと判断されます。

内定が打てるか?

次に、内定が打てるかという最終判断をするということです。

他社に内定している場合、優秀な人材であると評価され、是非自社にという判断に繋がります。

最終面接には、既にかなりの確率で採用される人が集まります。以上の点に注意して、就活や内定の状況は正直に申告し、ブレのなさ、誠実さを見せる場面だと心得ておきましょう。

最終面接には事前の対策がポイント!

ここまで、最終面接の対策について、民間企業や市役所でのケースを想定してみてきました。

最終面接は、一時・二次の延長線だと、油断してもいけませんが、最終面接に行きつくまで認められたという自信を持って臨むべきです。

最終面接では、自分を採用しなければ、企業や市役所にとって大きな損失になるということを、情熱を持って語ることができれば、面接官の心を打ち、合格の栄冠を勝ち取れるでしょう。