Search

検索したいワードを入力してください

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

Author nopic iconMAYUHI
言葉の意味 / 2018年03月13日
「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

「恥を忍んで」の本当の意味と使い方

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

恥を忍んでという意味には、自分自身が恥ずかしいと言う気持ちや考えの物事を実際に行動に起こしてしまう様子を言います。恥ずかしい事だと頭の中ではわかっていて、理解もできますがどうしても我慢できずに行ってしまうことは誰にでもあることです。もしかしたら身近な人が悩んでいることもあります。ここでは恥を忍んでの言葉を一緒に理解していきましょう。

恥を忍んでしていることってある?

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

恥を忍んでしてしまっている事、ある人も無い人もいると考えます。しかし世の中、恥を忍んでやってしまっている人は多くいます。恥ずかしい事、本当はやらない方がいいことだと頭の中でわかっていても、心がついて行かないこともあります。どのようなことをしてしまうのか、いくつか挙げてみます。

恥を忍んで生活保護を受ける自分

できればこんな生活はしたくない、自分の力で生活していきたい。しかし仕事もうまくいかず、頼る家族もいない場合、恥を忍んで生活保護を受けている人たちの数はかなり多いです。実際、仕事も選りすぐりしなければどんな仕事でもお金を稼ぐことはできるはずです。

一般的には、定職について生活を安定させることを考えて就職までの道のりをきちんとしたものにしていきますが、生活保護を受ける人の中にはそうでない人がたくさんいます。もちろん、何らかのトラブルで生活が苦しくなってしまう人もいます。

しかし、自分の中では生活保護を受けることが、とても恥ずかしく人には言えないことだとわかっていても周囲に相談できずに生活保護を受けてしまいます。ここは恥を忍んで、誰かにまず相談してみることも必要です。

年甲斐もなく婚活してます

「私、恥を忍んで話をしますが年甲斐もなく婚活中です」。こんなことを聞かされたらどんな気持ちになるでしょう。「いい年して恥ずかしくないのかな、その年じゃ相手を探すなんて無理でしょう」、「年齢的に結婚相手を探しても先の人生が短いのでは」と、こんな気持ちになるのは悲しい事です。しかし反対にせっかく恥を忍んで打ち明けてくれたのだから、応援してあげたいと思う人も中にはいます。

恥を忍んでさまざまな理由から一般常識からかけ離れた行動をしてしまうこともありますが、本人にとっては恥ずかしいことだとわかっている中、懸命に行っていることです。多少、引いてしまう場面もあるとは考えますが応援できるのでしたらそうしてあげても良いです。

借金のはしごをしてしまう自分

ちょっとここで紹介しますが、「恥を忍んで借金返済のためのお金を親に借りに行った」これは、正しい使い方です。借金のはしごをしている人はいます。1つの金融会社ではお金が回らなくなっていくと、次から次へとお金を借りることになり、返済に使う金を借金する形になります。

恥を忍んで誰かにこの話をして、お金を融通してもらうときなどの言い回しに使うことで、本当は悪い事、いけない事だとわかっているのだがやってしまうとなります。

こうした事態に陥る前に、本当なら早く誰かに相談して手を打たなければいけないのですが、なかなか思うようにいかないのが現実です。恥を忍んで何かをしてしまうことは、誰にでもあることですが度が過ぎてしまうのは考え者です。

恥を忍んで聞く事にメリットはあるのか

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

恥を忍んで誰かに聞いてみることはメリットがあります。話の内容によっては、ちょっと大丈夫かなと思われてしまうこともありますが、大抵話をしたことで気持ちも楽になりますし、新しい知識をもらうことができます。

恥を忍んで話をするのですから良い話ではないと相手も思うはずです。しかし何らかのアドバイスができればしてあげたいと考えますし、どうにもならないような話でしたら、別の方法を考えてくれるはずです。こうしたやり取りが、人の気持ちの温かさを感じることもできます。

知らなかった新しい知識を得られる

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

恥を忍んで誰かに話すことで、これまで自分の考えだけで物事を進めてきた結果、最悪な方向へと行ってしまっていることが、話をしたことで新しい知識が得られます。恥を忍んで話をすることで、周囲の人間も真剣に耳を傾けてくれるでしょう。

恥を忍んでまで話をしているのに、馬鹿にしたりそっけない態度をとる人はその人自身に問題があると考え他の人を探しましょう。周囲に相談あるいは話を打ち明けることで知識を得ることで解決策が見つかる可能性が大きくなります。

「恥を忍んで」とは言ったものの恥ではないこともある

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

これまで自分で何とかしようと努力してきたが、恥を忍んで話を聞いてもらった結果、意外にも駄目だと考えていたことが恥じることではなかった、といったケースもあります。恥ずかしい、悪い事、してはいけないこと、世間一般的に悪いことを自らしてしまうことは本当にいけません。

しかし、わざといけないことをしてしまったのではなく、気づいたらその状態になっていたことで、恥を忍んで相談した結果、誰にもそんなことはあるし解決するのは簡単だという結論に至る場合があります。思い込みすぎてしまうと、徐々に周囲からの目も気になりだしますし、自分が悪者のような気分にもなります。ちょっとおかしいなと感じた場合には、誰かに話を聞いてもらいましょう。

同じような境遇の人が多かった

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

意外に自分と同じような環境に置かれている人っています。恥を忍んで話をしますが、と切り出してみたのはいいければ、実は相手も同じような経験をしていることがわかった、というような事もあります。例えば不倫や浮気、これはしてはいけないことです。関係がばれてしまうことで、周囲を傷つけることになりますし誰一人幸せになれません。

しかし不倫や浮気をしていて、どうにもならなくなった時に恥を忍んで誰かに相談したら相手も経験があった、今も進行中ということもあります。してはいけないこと、やってはいけないことですがドキドキや生活の中で相手がいることで励みになっていたとしたら簡単にはやめることはできません。深みにはまる前に解消するように心がけましょう。

解決方法を見いだせることもある

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

実際自分がさまざまな事を経験していくと、以前した経験などから今ある問題の解決方法を見いだせることがあります。また、恥を忍んで話をした相手から、方法を学ぶこともできます。恥ずかしいと言う気持ちになると、なかなか人に相談することができません。

それは恥ずかしい事とわかっていてしてしまった結果、困った時に誰にも相談することができなくなります。意を決して、恥を忍んで相談することは大変強い勇気が必要です。恥を忍んで何か相談してくる相手には、しっかりアドバイスをしてあげたり解決方法を考えてあげましょう。

共感してもらえると安心することもある

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

恥を忍ぶほどの相談内容を人にした時に、相手が共感してくれたときほど嬉しい事はありません。相手も同じような経験を過去にしたことがあることがわかっただけでも、安心しますしましてや共感してもらったら嬉しい事です。

恥を忍んでしてしまったこと、やったらどうなるのかわかった上でやってしまうことなど、いくつでもあります。些細なことで、自分でしっかり解決することができればそれは自己責任として良いと考えますが、周囲を巻き込むようなことをして自分では手に負えなくなってしまったことで、誰かに相談します。

悪いことでも同じような経験をした人がいて、気持ちを理解してもらうと安心します。しかしやってはいけないこと、恥とわかっている物事はやらない方がいいです。してしまう前に、誰かに話を聞いてもらうようにしましょう。

恥を忍んで聞く時の方法は?

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

恥を忍んでお話したいのですが、誰かにこうして話を聞いて欲しい時にはどのようにしてきっかけを作り、どのような姿勢で話をすればよいのでしょうか。恥を忍んでまでやってしまった事柄を、相手はちゃんと聞いてくれるのか、とても不安になります。自分で思い悩むことは良い考えを生み出すことができるとは思えません。最善の方法とは言いませんが、こうしたら良いのではという聞き方を紹介します。

本当に親しい相手に話をする

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

一番親しい人に話をすることで、話しやすさと悪い話でも相手がちゃんと聞いてくれると言う安心感がもてます。まったく知らない相手、例えばインターネット上の相談サイトのようなところに投稿して話をしてアドバイスをもらっても良いのですが、ネット上ではさまざまな意見をされることもありますし、中にはひどい言葉を発してくる人間もいます。

恥を忍んで話をするのですから、どうせなら親しい人に話をする方が良いと考えます。見知らぬ人の誹謗中傷なども目にすることもありませんし、親しい間柄でしたら親身になって話を聞いてくれるはずです。

大まかな内容を最初に話す

話をするときに、いきなり本題から入っても良いのですが内容が良くないものだと相手も返答に困ってしまう場合があります。大まかな話をした後に実は自分が、という感じで切り出して話をしましょう。

それまで聞いた話の内容をなんとなくでも相手が把握してくれたら、本題に入ってもそれほど驚くことはないと考えます。してはいけないことをしてしまった事に関して、一度は叱咤されると考えますが相手もわかってくれるはずです。

真剣に話ができる相手に話をする

どんなに仲の良い相手であっても、真剣な話ができない相手では恥を忍んだ話をすることはできません。こちらは真剣に悩み話を聞いて欲しいと考えています。いつも曖昧な言動や態度ではぐらかされてしまう、適当に相槌をしているだけといった相手では解決には至りません。むしろ真剣に叱ってくれるような相手や、話をきちんと最後まで聞いてくれる相手にしましょう。

思い悩む前に解決策を見出そう

「恥を忍んで」の意味と使い方・聞く事のメリットと聞き方

してはいけない事には本来理性が働き、我慢することが常識を考えればできることですが、それでも歯止めが利かなくなることがあります。恥を忍んで誰かに話をすることで、気持ちが楽になりますし、アドバイスや解決の糸口も見つかります。

自分の中で解決しようとすることで、さらに状況が悪化してしまう場合もありますので周囲に話を聞いてくれる人がいるのでしたら話を聞いてもらいましょう。また、相手がいない場合はネットの相談サイトも選択肢とありますが、誹謗中傷などがあることを心にとめておくようにしましょう。

とてもひどい言葉を投げかけてくる人もいます。できるだけ状況を悪化させないような方法で解決していくことをお勧めします。

関連記事

Related