Search

検索したいワードを入力してください

努力は必ず報われるに関する言葉・名言・言った人・嘘なのか

Author nopic iconbiggestsun
カテゴリ:名言・格言

初回公開日:2018年03月23日

更新日:2020年02月16日

記載されている内容は2018年03月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

努力は必ず報われるに関する言葉・名言・言った人・嘘なのか

努力は必ず報われるに関する言葉

勉学や試験、恋愛や結婚、仕事の課題やタスクなど、あらゆるシチュエーションでやり遂げなければならないことがあるでしょう。先にある結果がたとえどんなことであっても努力をして行けば大丈夫だと自信を持つことは大切です。「努力は必ず報われる」とは、先が見えなかったとしても、努力をコツコツとしていれば結果はついてくるという意味の言葉です。

今まで頑張ってやってきた努力が結果へと繋がって行くことは、試験勉強でも仕事でも人間関係でもどんなことにもあてはまるでしょう。では、「努力は必ず報われる」の類語についてみていきます。

「努力は必ず報われる」の類語

では、努力は必ず報われるについての類語ですが、「努力の成果が出る」や「努力が実る」、「苦労が報われる」や「努力の成果が得られる」、「苦心が結果に結びつく」や「頑張りが報われる」、「苦心が報われる」や「苦労の甲斐がある」、「努力の甲斐がある」や「能力が開花する」、「苦労が花開く」、「精励」や「奮励」があります。

「努力は必ず報われる」とは、いずれも努力や苦労をして頑張った結果にご褒美がやってきたり、成果を得られたり報われて花開く結果を表しています。必ずしも頑張ったからごほうびがうやってくるとはいいきれません。ですが、何も作られていない状態で、たなぼた式に幸運がやってくることを望むのではなく、努力をすることは大切です。

Blockquote firstBlockquote second

【努力が報われる】それまでに行ってきた努力が結果につながること 努力の成果が出る ・ 努力が実る ・ 努力が実を結ぶ ・ 努力の成果が得られる ・ 努力が報われる ・ 苦労が実を結ぶ ・ 苦労が報われる ・ 努力が結実する ・ 努力の甲斐がある ・ 苦労の甲斐がある ・ 能力が開花するがあります。

努力で種をまいて、収穫を受けとる

ゼロの状態でたなぼたのように、たくさんの幸運がやってくることを望むよりは、種まきをし、望んだ目標や結果のために努力をします。ゼロであっても2つ、3つと努力を重ねて行き、種まきをします。そして物事が報われたとき、2つ分の結果や3つ分の結果もあとになって訪れるといった見方をしてみたら、わかりやすいでしょうか。

努力はある意味、畑を耕すときの種まきと同じです。人によっては、「努力なんて無駄だ」「どんなにやったってかなわない」と否定をしてしまうでしょう。もちろん諦めてしまうことは簡単ですが、やらずに種まきを諦めてしまうよりも、できるだけのことをこなして見てください。葉っぱが育ち、花が咲いて努力が実ればこれ以上の幸せはありません。

では「努力」と「報われる」の意味を改めてみて行きます。

努力は必ず報われるの「努力」とは

努力は必ず報われるという言葉に出てくる「努力」について、考えて行きます。努力という意味は、「ある目的にむかって、力を尽くして励むこと」や「骨を折って実行をすること」、「心を込めてことに励むこと」の意味を持っています。

目的のために、心を込めて励み、体を使って実行をしていきますが、そこにはたゆまぬ精神を持って進む姿があります。「努力」の「努」はつとめると読み、「力」はちからと読みますが、つとめることも力を使うことも英語で表記すると「power:パワー」が必要といえるでしょう。

努力は必ず報われるの「報われる」とは

努力は必ず報われるという言葉の「報われる」は動詞ですが、名詞では「報い」と表記します。この意味は、「よいことや悪いことをおこなった結果の身に受けるもの」や「ある行為に対してはね返った結果」です。または、「労苦に対する償いや報酬」の意味を持っていますが、いいおこないも悪いおこないも結果が返ってくるということをご存知でしたか。

「報い」の類語には「善報」や「悪報」、「応報」や「業報」や「果報」がありますが、いずれも「報い」の報の字が使われています。自分がおこなった結果や元の原因を作ったものが、後で返ってくる意味を持っているのがわかるでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

【むくい【報い/▽酬い】の意味】から類語:応報(おうほう) 祟り(たたり)、関連語:業報(ごうほう) 悪報(あくほう) 果報(かほう)

努力は必ず報われる:ことわざ

「努力は必ず報われる」と同じ意味のことわざを見て行きます。たとえば『石の上にも三年』で見ていくと、一つのところで一生懸命に頑張れば努力が実ったり、実力がついたり、慣れてくると言った意味があります。

どちらかというと、我慢をして努力をし続ければ必ず結果はついてくるという意味ですが、忍耐強さや我慢することやつらくても耐えることによって努力が実る意味です。覚えておかれるといいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

【石(いし)の上にも三年の意味】
冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

努力は必ず報われる:四字熟語

努力は必ず報われると同じ意味の四字熟語は、「一念通天(いちねんつうてん)」や「一労永逸(いちろうえいいつ)」、「精神一到(せいしんいっとう)」があります。

【一念通天(いちねんつうてん)】

【一念通天(いちねんつうてん)】は、強い決心を持ち、心を集中して努力をして行けば、何ごとも成功するという意味です。類義語に「蟻の思いも天に届く」などがあります。

Blockquote firstBlockquote second

一念通天
読み方:いちねんつうてん
強い決心を持って一心に努力すれば、何事も成功するという意味の表現。

一労永逸(いちろうえいいつ)

一労永逸(いちろうえいいつ)は、一度苦労して頑張れば、その後は長いあいだ恩恵を被ることができ、安楽な生活を送ることができるという意味です。または、ほんの少し苦労をしたら、その後には多くの安楽が得られることを表します。

「一労」の意味は、一度苦労をすることや少しの苦労を意味します。「永」は長いという意味ですし、「逸」は安楽や利益を意味していますので、覚えておくといいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

いちろう-えいいつ【一労永逸】の意味
出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

一度苦労すれば、その後長くその恩恵を被り、安楽な生活を送ることができること。

精神一到(せいしんいっとう)

精神一到(せいしんいっとう)は、精神を統一して集中すれば、どんなこともできないことはないという意味です。ちなみに「一到」は、集中することを意味していますので、覚えておいてください。

Blockquote firstBlockquote second

意味:精神一到(せいしんいっとう)は、精神を集中して努力すれば、どんなことでもできないことはない、ということ。

努力は必ず報われる:名言より

「努力は必ず報われる」の名言を集めてみました。王貞治さんや、AKBの高橋みなみさんは、「努力は必ず報われる」の名言を残しました。いずれも努力をすることで、結果はついてくることを表しています。

次に「努力に勝る天才なし」の名言を残したのは、かつての有名音楽家であるベートーベンでした。生まれつき恵まれた才能を持った天才よりも、努力をして天才に打ち勝つ方が値打ちがあるということを表しています。

かつてのマラソン選手で金メダルを取得した有森裕子さんは、「自分で自分を褒めてあげたい」との名言を残しました。何度も苦しい山を登りおりしたり、暑い気温の坂をあがったりくだったり、雨や雪の日もマラソンを続けた有森さんならではの、努力をした結果と言えます。

Blockquote firstBlockquote second

王貞治『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』

努力は必ず報われると発言した人たち

次に「努力は必ず報われる」と発言した人を見てみます。元プロ野球選手で監督を務めた王貞治さんが名言を残しました。「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのなら、それはまだ努力とは呼べない」ですが、覚えておられるでしょうか。とても心に響く言葉であったため、多くの方の心に残っている言葉です。 

スポーツ関連の選手では、毎日の積み重ねによって努力が実を結ぶケースが多いです。しかし、王さんは努力をしても、実を結ぶまでの間が非常に大変なことを一番に知っておられた方と言えるでしょう。「努力は必ず報われる」を改めて考えさせられました。

AKB48の高橋みなみさんは総選挙の時に「努力は必ず報われるとは限らない。そんなのわかっている」と発言しましたが、覚えているでしょうか。高橋みなみさんは、努力がきれいごとではないけれども、その先にある言葉をのべられていましたのでご紹介します。

Blockquote firstBlockquote second

私は毎年、「努力は必ず報われると、私、高橋みなみは、人生をもって証明します」と言ってきました。

「努力は必ず報われるとは限らない」。そんなのわかってます。でもね、私は思います。頑張っている人が報われて欲しい。

だから、みんな目標があると思うし夢があると思うんだけど、その頑張りがいつ報われるとかいつ評価されるのかとかわからないんだよ。

わからない道を歩き続けなきゃいけないの。

きついけどさ、誰も見ていないとか思わないで欲しいんです。

絶対ね、ファンの人は見ててくれる。

努力は必ず報われるのは嘘なのか

「努力は必ず報われる」の言葉を聞いて、「嘘だ」「報われなかった」という意見や「結果はついてこなかった」人もいます。また、「頑張ったけど試合に負けた」、「頑張ったけど失恋をしてしまった」「頑張ったけど仕事の成果が出なかった」という意見もあるでしょう。努力をしても報われなかった場合、それは本当に嘘となってしまうのでしょうか。

努力は、自分の体も精神も心もせいいっぱい出し切って行う行為と言えますが、いつもごほうびがやってくるという保証はありません。報われなかったり、結果が出なかったり、試合に負けたり、試験の結果がかんばしくないときもあります。

ただし、努力には嘘でも本当でもなく、自分のありったけの力を出したことは事実です。「
必ず報われる」という言葉は、あるたとえとなりますが、この世には「必ず」といった保証がないため、語弊を生んでしまうこともあるでしょう。

結果が残念でも充実感を味わう

「努力は必ず報われる」といった言葉は、励ましの言葉となり、物事をはじめるうえでもモチベーションを高めてくれる言葉となりえます。まずは、ゼロの状態からで努力をし、挑戦をしていきます。それには、自分の全身全霊をかけて努力をしていきますので、わきめを振らずに目標に向かって頑張れるのではないでしょうか。

その間の時間とエネルギーは、一心にその希望や目標に向いています。努力をしているときには充実をしていますので、自分の能力を発揮したときには、十分に力を出し切れるでしょう。中途半端に終わりにしてしまったり、諦めて途中でやめてしまう結果があっても、最後までやれるところまでやってみると、充実感を感じられます。

もちろん結果や成果が出たら、報われたと感じられますし、達成感も味わえます。

頑張ったことは事実

たとえ結果が残念であっても、頑張った自分に落胆してしまう必要はありません。努力をしたことも本当ですし、能力を発揮したことも、十分に力を出し切ったことも本当です。そのため、充実できた時間とエネルギーを持てたことや、自分自身の頑張りがあったことは事実でしょう。

結果だけに目を向けてしまうと、努力が報われたとしても報われなかったとしても、その先はまったく見えなくなってしまいます。ですが、自分の使った時間とエネルギーは嘘をつきませんし、努力が報われたらさらにその先を目指すモチベーションができます。努力が報われなかったとしても、次の課題ができますので、見方を変えてみるのもいいでしょう。

努力により、プラスアルファが宿る

いずれにしても努力をしたことによって、充実した時間やエネルギーは持てたでしょう。ですので、ゼロだった状態から2つ、3つと技術や経験、知識がついたことになります。精神や考え方、感じ方はそれぞれですが、さらに自分を信じ、目標を持って努力をして進めていければやりがいもできます。また経験は嘘はつきませんので、ぜひ挑戦し続けてみてください。

1回目で挑戦をし、努力をしたら慣れますし、経験ができます。ですので2回目の努力は報われる結果が出せることもありますし、新たな課題ができることでその結果、報われる結果が出せる可能性はあります。

努力は必ず報われるという言葉が嫌いな人の心理

「努力は必ず報われる」という言葉は、一見ポジティブに感じる言葉ですが、結果的に報われたらそう感じられるでしょう。ですが、「努力が必ずしも報われるわけではない」ことも事実です。それは、実際に努力をした人だけがわかっている事柄と言えるでしょう。

言葉のどおりに「必ず報われるのか?」といわれたら、努力をしても「必ず報われたわけではなかった」「努力したけれど報われなかった」という経験をした人たちもいます。「努力は必ず報われる」とはポジティブな言葉ですが、言葉だけに縛られてしまうとつい、苦しくなってしまうことも事実です。

「(苦しいときを乗り越えて)頑張れば努力は必ず報われる」と人に言われて、無理して頑張った人もいれば、結果がネガティブだった場合、「努力は報われなかった」と感じた人もいたでしょう。そのため「努力は必ず報われる」言葉が重く感じてしまう心理もわかる気はします。

努力は必ず報われる:言葉が嫌いな場合

失敗をしてしまったり、苦い経験をしてしまうと、「努力は必ず報われる」という言葉は嘘だったのではないかと感じてしまいます。「努力は必ず報われる」の言葉が嫌いになってしまった人は、報われなかった経験があったり、言葉自体が重く感じたり、強く命令された感覚を感じてしまうと、嫌悪感を感じてしまうのではないでしょうか。

それでも、「努力は必ず報われる」との言葉を信じるには、言葉に縛られる必要もありませんし、嘘だと感じることもいりません。いい経験を積んだと感じられたら、「努力は必ず報われる」の言葉が好きになりますし、良くない結果となってもまた次を頑張ればいいのではないでしょうか。選択は自分でして構わないので、縛られる必要もありません。

努力は必ず報われる:結果が伴わなかった場合

ただし、「努力は必ず報われる」の言葉どおり、「努力をしたら必ず報われて、結果が出る」といった保証はありません。仕事をするときには労働に対して、対価として給料をいただいたり、お金をいただきます。ですが努力をして仕事をしても、必ずその報酬や対価が戻るわけではないことも確かです。

努力して頑張っても必ず結果が返ってくる保証はないため、対価やごほうびが返るものだと感じてしまうとあてが外れてしまう可能性はあります。その場合「努力は報われなかったではないか」とがっかりすることがあるでしょう。この場合は、「必ず返る保証はない」ですが、努力次第で報われることが多いことだと考えたほうが無難です。

失敗をしてネガティブな印象を多く持ってしまった場合には、「努力は必ず報われる」訳ではなかったではないかとか、がっかりしてしまいます。ですが、「そんなときもあるだろう」と前向きに考えられたほうがいいでしょう。

「努力は必ず報われる」と信じて

「努力は必ず報われる」言葉についてご紹介しました。名言やことわざ、例文をとおしてきてみて、どのように感じられたでしょうか。「努力は必ず報われる」という言葉に反して報われなかった場合、がっかりしてしまったこともあるでしょう。

それでも努力した経験や事実は変わりませんし、嘘でもありません。ですので経験を積んで、努力が報われた結果となっても、逆に報われなかった結果があったとしても、努力は必ず報われると信じて、前向きでいて下さい。