Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】簡単な眉毛の整え方|初心者/中学生/韓国風

Author nopic iconあや
メイク・コスメ / 2019年01月04日
【男女別】簡単な眉毛の整え方|初心者/中学生/韓国風

初心者におすすめの眉毛の整え方を紹介!

眉毛のお手入れが初めての方におすすめの眉毛の整え方を説明いたします。

眉毛の整え方に必要な道具は、眉毛の毛並みを揃えるために使用する眉コーム・ブラシ、長さ調節に使用する眉毛用カットバサミ、余分な眉毛を抜くのに使用するピンセットの4点です。アイブロウがある方は用意しておくと理想の形を描いてから整えることができるので、理想の形の眉毛を作りやすくなります。

自分の骨格や元々の形に合わせた眉毛の整え方が、一番自然で綺麗な眉毛になります。

眉毛の整え方の基本

眉毛の整え方の流れはまず眉の毛並みをブラシで整えます。次に長さを調整します。眉頭は下から上に眉コームを通し、はみ出た部分を眉毛用カットバサミでカットします。眉尻は上から下に眉コームを通し、はみ出た部分をカットします。最後に眉ブラシで毛並みを整えます。眉コームが無い場合は指でコームを使用するときと同じ流れでできます。

カットをして長さの調整ができたら、まぶた側とおでこ側の余分な眉毛をピンセットで抜きます。まぶたは皮膚が薄いため痛みを感じやすいですので、抜く方向にまぶたを引っ張りながら抜くと痛みを感じにくくなります。カミソリや眉毛用カットバサミでカットするだけでもいいですが、怪我をしないように使用してください。

余分な眉毛を抜けたらブラシで毛並みを整え、顔全体を確認してアンバランスな部分を調節したら綺麗な眉毛ができます。

眉毛の整え方のポイント

眉毛の整え方の細かいポイントを紹介します。

・眉頭は小鼻から直線上の位置が綺麗に見えます。

・眉山は黒目の外側のライン上にくるように整えましょう。

・眉尻は小鼻から目尻を一直線上に辿ったラインに眉尻にくるように整えましょう。アイブロウなどを当ててみるとイメージが湧きやすくなります。

・眉頭と眉尻は平行な高さになるように作ると綺麗な眉毛の整え方ができます。

男女別眉毛の簡単な整え方とは?

眉毛の整え方ひとつでその人の顔の印象は大きく変わります。優しい印象になったり、キリッとした印象になったり、その人の第一印象にも関わります。もちろん男性・女性それぞれに合う眉毛の整え方があります。

顔を全体的に見た時の眉毛のバランス、左右の眉毛の位置や長さ、目との距離感など調整するのは難しいです。眉毛の整え方が自分では苦手と感じている方にも簡単にできる、男性らしい眉毛の整え方と女性らしい眉毛の整え方を紹介します。

男性の簡単な眉毛の整え方

男性の眉毛の整え方のポイントは、目尻にかけて上がった眉がキリッとして男らしい印象になります。

眉山が角ばっている方の眉毛の整え方は、眉山が極端に角ばっているときつい印象になるので、眉山の部分を柔らかい眉山を意識して整えましょう。

上がり眉だけど眉尻が下がった方の眉毛の整え方は、まぶた側の眉毛が直線に上がり眉になるように眉尻部分の下がった眉毛を整えます。

平行眉から垂れ眉の方の眉毛の整え方は垂れ眉だと少し老けた印象になりますので、まぶた側の眉尻部分を目頭から直線になるように整え、平行眉に近い形に整えます。

男性の場合はちょっとした部分を整えるだけで男らしい印象の眉毛が作れるので、参考にしてください。

女性の簡単な眉毛の整え方

女性の眉毛の整え方のポイントは自然なカーブの眉山を作ることです。女性らしい柔らかい印象になります。

メイクをする時に眉毛を描く場合は、アイブロウを使っておでこ側の眉毛から描いていきます。骨格に合わせて眉山が自然なカーブになるようにラインを引きます。まぶた側はおでこ側で引いたラインの目尻と繋がるように並行に描きます。

次に、アイブロウで引いたライン内の足りない部分にパウダーやアイブロウで眉毛を描き足していきます。ブラシでぼかして眉毛に馴染ませたら眉マスカラを塗ります。毛並みと逆方向に塗ってから毛並みに従って塗ると、マスカラが落ちにくくなります。

メイクで眉毛を描く時は正面だけでなくサイドから見た時の形も確認すると、綺麗な眉毛が作れます。

眉毛の整え方におすすめのアイテムについて

眉毛の整え方やメイク方法を理解しても、試してみると苦手に感じる方もいらっしゃるでしょう。そのような方におすすめのアイテムを紹介します。

長さをカットするのが苦手な方は、眉毛にも使えるフェイスシェーバーがあります。産毛処理もでき、長さの調節ができるカットコーム付きの商品もあります。1000円代で購入できる商品もあり、何度でも使えるので持っていて損はないです。

形を整えるのが苦手な方は眉プレートがおすすめです。眉毛の形にくり抜いてあるプレートを眉毛の位置に当て、パウダーやアイブロウで埋めていくだけで完成です。メイクをする際にも使えますし、眉毛を整える時も形をとればカットする余分な眉毛がわかりやすく失敗しにくくなります。

眉毛を描くのが苦手な方は眉スタンプがおすすめです。眉スタンプを眉毛の位置に押すだけで完成します。手早くできるので、忙しい朝や毎日のメイクの時短になります。

年代別眉毛の整え方を紹介!

中学生頃になると髪型や眉毛など見た目が気になってくる時期です。何もわからない状態で整えようとカミソリを使用したり、抜きすぎる人が多いです。一度触ってしまうと気になってしまいやめれなくなってしまうので、生えてこなくなってしまったり、余計なところに毛が生えてきたりすることもあるので、いじりすぎないことをおすすめします。

校則がある学校も校則範囲内で綺麗に自分の眉毛を生かして整えましょう。

中学生の眉毛の整え方

中学生におすすめの眉毛の整え方は、眉毛の整え方におすすめのアイテムで紹介したフェイスシェーバーを使用することをおすすめします。

カミソリやピンセットで整えることも問題はないですが、カミソリは自分が思う以上に切れ味がいいものですので、剃り方によっては肌を傷つけてしまうこともあります。ピンセットで抜いても抜いたままだと毛穴が開いた状態になるので、肌の荒れやすい学生の時期には、整えた後にしっかり保湿などのアフターケアをすることも忘れないようにしましょう。

高校生の眉毛の整え方

高校生になるとメイクに興味が出てくる人も多いです。男女問わず眉毛を極端に細くする人多いですが、眉毛が細いと不自然・怖いという印象になります。さらに眉毛が細いと目が小さく見えてしまい、メリハリのない顔立ちになります。

高校生の女の子でメイクをしている人もいるようですが、やはりすっぴんの顔も可愛いと思われると嬉しいです。ネットが主流の時代なので、初心者向けや高校生向けの眉毛の整え方の動画などもあるので、参考にしてみてはいかかでしょうか。

学生の時期はいじりすぎず、自分の眉毛を生かした眉毛の整え方が一番自然で綺麗です。

海外の眉毛の整え方について

髪型や服装と同じで眉毛にも流行りがあるとお伝えしました。SNSでメイク動画をあげている外国の方もいらっしゃるので、憧れの人に近づくためにメイクを真似する人も多いでしょう。

数年前から流行っている外国人風・ハーフメイクの眉毛の整え方のポイントと、韓国のオルチャンメイクの眉毛の整え方のポイントを紹介します。

外国人風・ハーフメイク

外国の方の特徴といえば彫りの深さです。外国の方は日本人と比べて眉毛と目の間隔が狭いです。眉毛の整え方で間隔を狭めることはできないので、メイクでの外国人風・ハーフメイクの眉毛の作り方を紹介します。

眉毛と目の間隔を狭めたいので、アイブロウを使ってまぶた側の眉毛を描き足していきます。描き足す時に眉毛のない部分にラインを引く時は1回で引いてしまうのではなく、毛を1本1本描くようなイメージで足していきます。

眉頭はまぶた側を濃いめにアイブロウやパウダーで色をのせ、おでこ側は軽く色をのせます。眉頭から緩やかな上がり眉を意識して、眉山は自然なカーブになるようにおろして目尻を作ります。眉頭から繋がるようにノーズシャドウを入れてぼかします。

眉マスカラは明るいものではなく、髪色にあった落ち着いた色味を選ぶことで、パキッとした彫りのある目元が作れます。

韓国風の眉毛の整え方

韓国風メイクのオルチャンメイクはK-POPが好きな方に人気です。透明感のある肌と可愛らしい顔に憧れる人も多いです。オルチャンメイクの眉毛の整え方は、自分の眉毛を生かしたストレートな平行眉なので整え方である程度の形を作ることができます。

まず、アイブロウでアウトラインを引きます。次に、眉頭から眉山まで平行になるように整え眉山から目尻は綺麗な斜線になるように下げます。後は、メイクで太めの平行になるようにパウダーなどで調節すればオルチャン眉の完成です。

特徴別眉毛の整え方を紹介!

眉毛は人によって太い、細い、濃い、薄いと特徴があります。濃い人は薄くしたい、細い人は太くしたいと、コンプレックスに感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、濃い眉毛をナチュラルに見せる眉毛の整え方と、薄いナチュラルな眉毛をはっきりした眉毛にする整え方を紹介します。

濃い眉毛の整え方

濃い眉毛の整え方は基本の眉毛の整え方と同じです。基本の眉毛の整え方が終わったら、濃いと思う部分を確認します。ブラシやコームで毛並みと逆方向に流し、濃い部分でコームを止めて毛を抜きます。1回で数本抜いてしまうとそこの部分だけ薄くなったり不自然になってしまいますので、1本ずつ抜いていきます。1本抜いたら毛並みに沿ってとかし、確認してを繰り返します。

メイクをする時には眉マスカラをワントーン明るい色にするだけでも重い印象になりません。それでも気になる方は、美容院で髪を染める際に眉毛も染めてもらうのもいいでしょう。

ナチュラルな眉毛の整え方

ナチュラルでメイクをしないといけないくらい眉毛が薄いと悩んでる方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

眉毛が薄い方は眉毛を増やすことは難しいですが、メイクで補えることは多くあります。まずは近年話題になった眉ティントです。理想の眉毛の形にティントを塗って、10分ほど置いたら色がつく商品です。4~5日は持続できます。メイクをする際に眉毛を描く工程がなくなるので、女性の方は毎日のメイクも楽になります。

眉毛がない部分に色をのせると描いてるというのがわかりやすくなります。リキッドタイプのアイブロウもあるので、そちらで眉毛の1本1本を足すように描き、パウダーなどでぼかすと自然な眉毛のようになります。リキッドアイブロウもウォータープルーフタイプのものもあるので、汗をかいても落ちにくく便利です。

骨格別に似合う眉毛の整え方とは?

骨格によって似合う眉毛があります。自分にあった眉毛がわからないと感じている方は参考にしてみてください。

丸顔の方は眉山が少し角ばった眉毛が似合います。角ばった眉で輪郭の丸みを和らげることができます。

卵顔の方は少し上がり眉の眉山も角度はつけずに、直線的な眉毛が似合います。卵顔を引き立たせスッキリしたフェイスラインに見せてくれます。

三角型顔の方は丸みのある眉山が似合います。輪郭が顎が尖っているような形なので、丸みのある眉毛で柔らかい印象になります。

面長顔の方は平行眉が似合います。眉山もほとんど作らないように平行に書くことで、顔の縦の長さを目立たなく見せてくれます。

自分にあった眉毛で迷いのない手入れを

自分の骨格や基本の眉毛の整え方を知っていると、流行りの形を取り入れつつ自分にあった眉毛の整え方ができます。また、簡単に眉毛が作れる商品も多くあるので自分にあった眉毛を見つけやすいです。

美容師さんにもメイクの資格を持っている方もいるので、自分に合う眉毛の整え方のアドバイスを教えてもらうこともできます。また、アイブロウサロンなどもあるので、プロの方に整えてもらってそれを参考に自分で手入れするのもいいでしょう。

いじりすぎには気をつけて自眉を生かした美しい眉毛を手に入れましょう。

関連記事

Related