Search

検索したいワードを入力してください

簡単にわかる宇宙の歴史年表・1年で表すとどうなるか|地球

Author nopic iconjipzou
カテゴリ:学習

初回公開日:2018年03月07日

更新日:2018年03月07日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

簡単にわかる宇宙の歴史年表・1年で表すとどうなるか|地球

簡単にわかる宇宙の歴史年表

簡単にわかる宇宙の歴史年表・1年で表すとどうなるか|地球
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

はるかな大昔、今から138億年ほど前に宇宙は誕生しました。ビッグバン理論によると、宇宙は誕生した瞬間から膨張を続けていて、膨張の度合いを観測した結果、誕生から138億年経過していることが判明しました。138億年という人の感覚でつかみにくい、宇宙の歴史についていわかりやすく紹介します。

宇宙の始まりとは?

宇宙が誕生する前は、空間も時間も存在しないので、誕生以前の時間については何も判明していません。138億年前に突然「ビッグバン(大爆発)」が生じ、何もなかったところに時間と空間と重力、そしてエネルギー=物質が生まれ、宇宙が出現しました。この瞬間に、宇宙の歴史は始まります。

約138億年前の宇宙の姿は?

いまだに解明されていない誕生したばかりの時期は、最初期宇宙と呼ばれています。誕生の瞬間、宇宙の温度は1000億度あったとされ、100分の1秒後に9億度に下がり、数分後に水素やヘリウムの原子核が結合して、宇宙を形作る物質の元ができました。138億年前の宇宙は、超高温の物質が混沌と渦巻いている空間です。

その後、さらに長い時間をかけて高温の物質の元が冷却され、銀河の元となるガスが生まれ、このガスが集まって120億年前に天の川銀河が誕生しました。

太陽系の誕生はいつ?

簡単にわかる宇宙の歴史年表・1年で表すとどうなるか|地球
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

膨大なガスが集まってできた銀河系は、お互いの重力相互作用で引き寄せ合い、銀河群や銀河団、さらに大きな集団となる超銀河団を形成します。その中に、最初期に誕生した第一世代恒星の生成物のカケラが集まり、第二世代の恒星が誕生しました。

それは、巨大な分子雲の塊で、お互いの重力により収縮が起こり始めたのが約48億年前です。収縮した質量の大部分が集まったのが太陽で、残りの物質は扁平なレンズ状の原始惑星系円盤を形成します。ここから、惑星や衛星、小惑星など太陽系を形成する天体が生まれました。

宇宙の歴史を1年で表すとどうなるか

138億年と一言にいっても、人の時間の感覚では想像もつきません。そこで、宇宙の歴史を太陽系における1年に置き換えて説明してみます。1年のカレンダーの日付で宇宙の歴史を表すと、人類の歴史はほんの一瞬にすぎないことがわかります。

宇宙の歴史を1年のカレンダーに置き換えると?

年始の元旦から年末の大晦日まで、宇宙の歴史を1年に置き換えて表すと、下記のようになります。

1月1日 元旦:ビッグバン(宇宙の誕生)→138億年前
2月15日 天の川銀河誕生→120億年前
8月25日 太陽系の誕生→48億年前
8月30日 原始地球の誕生→46億年前
9月1日 地球と月が分離して衛星になる→45億年前

カレンダーが9月になっても、まだ地球上に生命は誕生していません。地球誕生は約46億年前ですから、138億年の宇宙の歴史と比較すると浅い歴史といえます。では、次に地球の歴史について、くわしくご説明します。

宇宙の歴史における地球の歴史

簡単にわかる宇宙の歴史年表・1年で表すとどうなるか|地球
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

138億年におよぶ宇宙の歴史において、地球の刻んだ年月は約46億年です。宇宙と比較すれば、まだ浅い歴史ですが46億年の歴史において、生命が誕生して人類の歴史が始まるまでどれくらい時間がかかったのでしょうか。

ここでは、地球の歴史について、宇宙の歴史年表と同様に1年のカレンダーに置き換えてご説明します。

太陽系誕生から46億年で地球誕生

宇宙の歴史を、1年のカレンダーに置き換えた年表に、地球の歴史も書き加えると以下のようになります。

8月25日 太陽系の誕生→48億年前
8月30日 原始地球の誕生→46億年前
9月1日 地球と月が分離して衛星になる→45億年前
9月15日 生命の元(タンパク質や核酸の生成)→40億年前
9月18日 原始生命の登場→38億年前
10月1日 バクテリア登場→35億年前
10月20日 光合成するバクテリアの登場で酸素生成→27億年前
11月2日 真核生物(細胞核を持つ生物)の登場→22億年前
11月29日 多細胞生物の登場→12億年前

11月になって、ようやく多細胞生物が登場しました。1年も終盤間近になっても、まだ脊椎動物は登場していません。宇宙の歴史が、気の遠くなるような壮大なスケールであることがわかります。

生物が大発生したカンブリア紀