Search

検索したいワードを入力してください

メンタルが弱い人の共通点・特徴・おすすめの仕事・克服方法

Author nopic iconとつ
性格・タイプ / 2018年03月20日
メンタルが弱い人の共通点・特徴・おすすめの仕事・克服方法

メンタルが弱い人って?

みなさんはメンタルが弱い人ですか。今回はメンタルが弱い人に焦点を当てます。

試験当日になると頻繁にトイレに行く人もいれば、手に汗をかいていたりする人もいるでしょう。人によって特徴はそれぞれですが、共通点や男女別の特徴、メンタルを鍛えるのに適した仕事などをご紹介していきます。

メンタルが弱い人のメカニズムって?

メンタルが弱い人は強い人に比べて気にする点が多いことが挙げられます。しかし、人それぞれでメンタルが弱い背景が違います。そのためにはメンタルが弱い人の共通点や克服方法を知っておくとよいでしょう。

メンタルが弱い人の共通点って?

では、メンタルが弱い人に共通する点をご紹介します。

心配性

メンタルが弱い人の共通点の一つとして心配性があります。ではどのような心配があるでしょうか。

失敗への心配

テストや試験など今までの成果が試される時に、前日まで勉強や対策を行っていても失敗するのではないかと心配してしまいます。

どんなに時間をかけていても完璧にやり遂げることはかなり不可能です。どんなテストや試験であっても満点を取る必要はありません。基準となる点数は存在しますが、その基準点を目指すように気持ちを落ち着ける必要があります。

結果への心配

プレゼンテーションなど重要な提案や商談を行う時に、「こんなプレゼンテーションではだめだ。」「こんな商談ではきっとうまくいかない。」などと自分で決めつけてしまいます。

準備を念入りにしていても、その場の雰囲気や流れによっては風向きが変わることはあります。結果を恐れずにいる姿勢が大事です。

周囲への心配

チームワークでプロジェクトを進めている時に、周囲の人が何か難しいことを要求されてこないか、あるいは何かこじらせはしないかなどと実際にはそうでなかったとしてももしかという意識が働いてしまいます。

不安

メンタルが弱い人には色々な不安を抱えて居ることが多くあります。

自分に対する不安

自分は他の人に比べて劣っているのではと一方的に考えてしまいます。メンタルが弱い人は周囲と常に比較してしまいがちです。

プレゼンテーションなどではライバル会社などとコンペを行うことがあります。相手はあのようなアイデアを出してきたと聞かされてしまうと途端に自信を無くしてしまいます。

相手に対する不安

メンタルが弱い人は相手がどのような手で出てくるのかが常に不安です。結果として不安になるようなことはないにしても根拠のない不安を相手に抱いてしまい、声が小さくなったり震えてしまったりします。

メンタルが弱い人におすすめの仕事って?

メンタルが弱い人には最適な仕事があるでしょうか。メンタルを鍛えることができると考えればおすすめの仕事は探すのに困難はないでしょう。

自己完結で終わる仕事

メンタルが弱い人が苦手としているのが、周囲の人と歩調を合わせて業務をすることです。つまり、自分一人で業務が遂行でき仕事を終わらせることができる仕事です。具体的には何が挙げられるでしょう。

自己完結で終わることができることといえば、ルーチンワークの代表格である家事でしょう。しかし、家事一つとっても簡単なことはありません。毎日同じことの繰り返しとイメージされている方がいるとしたら間違いです。サラリーマンが行っている仕事以上にハードな面もあります。

刻一刻と環境が変わったり、来客で時間を割かれてしまったり予想外の出費や洗濯機や掃除機の故障などにも遭遇するでしょう。途端に家事が滞って予定を大幅に変更しなければならないこともあります。

メンタルが弱い人がすべき仕事って?

メンタルが弱い人がすべき仕事はあるのでしょうか。ここでは選ぶべき仕事を紹介しています。参考にしてみましょう。

人と比べない仕事

次にメンタルが弱い人がすべき仕事は、人と比べないあるいは比べられない仕事です。

画家や書道家、生け花や陶芸家などは自分の観点から独自の発想で表現をします。一見気楽に取り組める様相を呈していますが、仕事となれば趣味とは別です。周囲の方に受け入れられる魅力を持ち合わせていなければなりません。

大量に作ることができないのがこの仕事です。したがって一つ一つが高額品になります。受け入れられないと収入にも影響するのがこの種の仕事です。

また、在庫管理など建物の中で黙々と商品を管理する仕事に向いています。人と競って行う仕事ではありませんが商品サイクルが早い場合は忙しくなるでしょう。

男女別メンタルが弱い人の特徴

では、男性と女性ではメンタルが弱い人にはどのような違いがあるでしょうか。

男性

男性においてメンタルが弱い人などが存在するのかという声が聞こえてくるでしょうが、現在では時代背景や考え方が一昔前とは異なります。ニヒルでクールな男性は少なくなっています。

強く、頼られたい

男性の根底にある心理として、女性よりも強く頼られる存在でありたいと考えています。これは歴史から男性の力が絶大であった流れの影響もあります。ですから、頼られたり認められると喜びを感じます。最近では、「草食男子」と呼ばれる傾向がありかつての勢いが変わりつつあります。

女性が活発になって男性を飲み込む勢いで、頼られたり認められたりされたい意識と真逆の展開にストレスを抱える場合があります。

年功序列は過去の話

年功序列が崩壊し、男女平等社会になりました。女性の社会進出が活発になるにつれ女性が重要ポストになることは珍しくありません。女性の上司が男性の部下を持つことも当たりませになっています。

上司は年上で部下は若輩者という構図もなくなり、年配者が若者に叱責される光景も見られるようになりました。

仕事上のことですから、女性に指示されたり自分より年下の人に叱責されることは何も気になることはないのですが、年功序列を叩きこまれた人にとっては違和感を感じる方もいるでしょう。メンタルが弱い人にはこの流れも加わり、ストレスを抱える人もいます。

恋愛は優しさが重視

恋愛面でも時代変化があります。男性がリードする形が多かった時代がありましたが、女性が望む優しい男性が増えて女性に押されている側面もあるでしょう。女性の機嫌や表情を気にし過ぎてしまって恋愛を発展させることが難しい時代ともいえます。

女性

女性は家の中で家事を全般的にこなす役割が長く続いていました。子育ても女性中心で、逆に男性は家のことに関わらない考えが残っています。本来、女性は男性から守られたい、愛されたいと願う傾向にあります。

女性が活躍する社会

最近では社会での女性の活躍が多くなり、既婚の女性は共働きで忙しいためにイクメンと呼ばれる子育てを一緒に楽しむ夫が登場し協力する流れになりつつあります。

仕事においては男性について仕事をこなす女性が多かったのが、男性を部下に持つ時代が到来し、男性と同様にふるまう機会も多くなりストレスを抱えるようになりました。メンタルが弱い人にとっては男性の動きに振り回されることが堪える一因でしょう。

女性がリードする時代

恋愛においても女性がリードしないと動かない男性も増えてきて、男性として頼りない面を見ると自分がなにかしなくてはと逆に気を遣ってしまうこともあるでしょう。そうした努力を台無しにするような失恋があったら、暫くは立ち直れないほどの衝撃を受けるでしょうし、恋愛に対して前向きになれない人も存在します。

女性にふりかかる色々な問題

共働きや長時間の勤務で毎日が忙しく過ぎていく日々で、独身の女性は結婚を願ったり既婚の女性は家族を増やしたいと願う気持ちがなかなか思うようにいかないこともあるでしょう。健康に対する不安も男性以上に抱えている側面があります。

メンタルが弱い原因って?

ここまでメンタルが弱い人の実態についてご紹介しました。ここからは、原因について探ります。

自己表現は二の次

メンタルが弱い人の原因となる大きな問題は、自分の存在が二の次になっていることです。相手と関わる時には相手の立場になって考えることは当然必要です。しかし、メンタルが弱い人はまず相手ありきと考えてしまうため、自己表現といった自分の言動は二の次となってしまいます。

周りを気にしてしまう

メンタルが弱い人は、周囲を盛んに気にします。自分が相手にどう思われているのかをいつも知りたがり、相手の様子をいつも観察しています。視線がキョロキョロする回数が多い人はその傾向があります。

極度の緊張

誰でも、初めて取り掛かることや大勢の前で何かをする時には緊張します。メンタルが弱い人は、この緊張がずっと続いてしまい全身の筋肉が硬直してしまいます。そのため、振る舞いがガチガチとなってしまったり、声が小さくなってしまったりします。

想定外の事態が起こるとたちまちパニック

勉強でも仕事でも、順序や段取りは必要です。メンタルが弱い人は、規則的に物事が運んでいれば安心して続けられますがたちまち順番や段取りに変更が生じた場合にパニックになってしまいます。パニックに陥ると自分を見失ってしまってつまらないミスをしてしまったり、立ち行かなくなってしまったりします。

優しすぎる

これも、人間として持ち合わせていなければならないアイテムです。しかし、メンタルが弱い人は、相手を気遣うあまり遠慮してしまったり譲ってしまったりして自分に不利な結末を選んでしまうことが多くあります。

ネガティブ思考

どうせ自分なんか、うまくいくわけないなどと行動に移す前に既に自分で決めつけてしまう傾向があります。これは深層心理として自分は劣っていると思い込んでいる意識が働いている証拠です。

メンタルが弱いことの克服方法

これからはメンタルが弱い人がどのように克服したらいいのかをご紹介します。

自分を持つ

相手のことを思うばかりに自分がいつも不利な展開になってしまったら、物事は前に進みません。自分が主導権を握っている場面では、まずは自分のことを考えましょう。相手はその次で構いません。自分がことを進めないとかえって相手に迷惑をかけてしまうことがあります。

相手と比較することは時として必要な場合もありますが、いつも競争意識でいると自分を見失ってしまいます。相手は相手、自分は自分と割り切って相手を気にする以上に自分らしさを表現する思考に変えていきましょう。

誰もが緊張する

どんなに練習や訓練を重ねていても、メンタルが弱い人でなくても緊張します。問題はその緊張といかに共存するかです。

試験などの同じ年齢や同じシチュエーションで臨む場面では、周囲はみんな緊張しています。自分だけではありません。緊張は目の前にある取り組むものに対して意識を集中させています。つまり集中している状態ということです。いいように捉えて目の前にあることをこなしていきましょう。

ビジネスの場では、年齢が異なる人と会話をしなければなりません。「恥ずかしい思いをするのが嫌だ。」「失敗したら嫌だ。」などと考えてはいけません。若いうちの失敗は後で経験として生きていきます。

ポジティブ思考

メンタルが弱い人はマイナスは思考になりがちです。それでは結果は残せません。心配し過ぎて本当に失敗したことはありませんか。これは最初から失敗することをイメージしているために、自然と思考や行動が自分の意志に反して働いてしまうためです。

一度や二度の失敗は誰でも経験します。失敗しても命に関わるわけではありません。堂々と精一杯取り組むことです。

結婚や出産を望んでいるのであれば、その状態が適齢期です。仕事などを口実にしないで積極的に活動して恋愛を育んでみましょう。

恋愛でメンタルが弱い人の対処方法って?

では、もう少し掘り下げて性別や年齢に応じたメンタルが弱い場合の対処法を考えていきます。

彼氏

彼氏がメンタルが弱い人であったら、付き合っている自分は楽しさ以上に辛い気持ちを抱えることになります。自信を持ってもらうようなきっかけを作ってはいかがでしょう。彼氏の好きなことや得意なことが分かったら、一緒に付き合ってあげます。自信を取り戻すきっかけができれば彼氏もポジティブに変わっていきます。

なよなよした男性が増えてきて、頼りなく感じることもあるでしょう。ここぞという時にはしっかりして、と叱咤激励を送るの一手です。

彼女

彼女がメンタルが弱い人であったら、兎に角話を聞いてあげましょう。本来男性以上に繊細でナイーブな性格です。話を聞いてあげるだけでもメンタルが変わりますし、励ますより話を聞くことで解決策が見つかる場合もあります。

男性以上に色々と抱えている問題が多岐にわたるのが女性です。潜在的にメンタルが弱い人です。親身に寄り添う気持ちを持つことが大事です。

その他にあるメンタルが弱い人の対処法って?

次に、子どもや旦那さんなどがメンタルが弱い場合における対処法を考えます。

子ども

子どもはそもそもメンタルが弱い人です。まだ自分の気持ちに整理がついていなかったり、心境を上手に表現できない場合があるからです。しかし、必要以上に構い過ぎるといけません。

思春期に入る前の子どもであれば、どんどん聞いてあげましょう。自分が歩んできた悩みと一致するでしょう。自分の体験を客観的な存在に変えて子どもにアドバイスをしてあげましょう。

思春期の子どもにとって大事なことは、いつでも助け舟を出せる状態にしておいて見守る姿勢です。自分がしたいと思ってもなかなかうまくいかずにイライラしたり落ち込んでいたりします。つい話を聞いてあげたい気持ちになりますが、マイナスになることが殆どです。

思春期は困難な問題の解決策を何とかして見つけ出そうと必死にもがいている時期です。ヒントをさりげなく伝えることはしても、解決策を与えてしまってはもがいている存在を無視した行動といえます。

旦那など

既婚者であれば子供のことや両親のことなど多くの問題が年々増えていきます。話をする時間は少なくても確保しましょう。年々コミュニケーションが希薄になっていくのが不思議なことに既婚者の特徴です。

メンタルが弱いか診断できるチェック項目

メンタルが弱い人かをチェックできるものを挙げておきます。みなさんはどの位あてはまるでしょうか。この結果に一喜一憂せずに多かった人はそうならないようにメンタルが弱い人から卒業しましょう。

チェック項目
いつも不安である
いつも落ち着かない
からだの調子が悪い
いつも憂鬱である
物事に集中できない
やる気が出ない
毎日ヘトヘトだ
朝起きても疲れが残っている
日中強い眠気に襲われる
することに間違いが多くなった
以前に比べて疲れやすくなった
いつもイライラしている

毎日笑顔で過ごす方が勝ち

毎日忙しい生活を送っているのは老若男女違いはありません。頭を下げて生きるのも上げて生きるもの皆さん次第です。みんなが同じ人生ではありません。違っているからこそ人生です。

悩みや苦しみは誰もが抱えています。この先にある不安を訴える人もいるでしょう。しかし、全てが解決できるものとは限りません。なぜなら人生は絶えず変化しているからです。苦しいことがあればそれと同じ数の楽しみや感動があります。

メンタルが弱い人は深刻な表情をしています。一方では笑顔を見せている人に人は集まってきます。そして運も集まってきます。毎日を笑顔で過ごしてみませんか。

関連記事

Related