Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】スーツの襟の種類や形・おすすめの着こなし方

Small 04dbfa1a 0246 4ad1 915a bef228a49b64まなねこ
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2018年04月07日

更新日:2020年03月14日

記載されている内容は2018年04月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】スーツの襟の種類や形・おすすめの着こなし方

襟のデザイン別おすすめのスーツ

スーツがどれも同じように見える、といった方が多いです。また、たくさん種類がありすぎて何を選んだら良いのかわからない、という方も多いです。

そんな場合はスーツの襟に注目してみましょう。襟はスーツの顔です。襟のデザインでスーツ全体のイメージが大きく変わります。また、着る人の顔に近い部分ですので、襟のデザインで顔の印象も違って見えます。

スーツの襟で着る人のイメージが変わりますので、ビジネス用や、式典用など、シーンにあったスーツを選ぶことも大切です。

襟なし

ノーカラーのスーツにもさまざまな種類があります。襟つきのスーツに飽きてきたら、ノーカラーにチャレンジしてみるのもおすすめです。女性が着ているイメージが強いですが、男性が着ても若々しく見えて素敵です。襟まわりがすっきりしている分、アクセサリーが映えます。

ステッチ

スーツの襟をよく見てみると、襟のフチぎりぎりのところにステッチが入っている場合が多いです。襟のステッチには、機能面とデザイン面で2つの意味があります。

スーツの襟には、少し硬めの芯が入っていますが、その芯と表布をステッチで縫い合わせることにより、立体的な襟が出来上がります。通常は隠す縫い目ですが、ステッチの有無、糸の色や、襟のフチからの長さで襟の表情は大きく変わりますので、自分の好みにあったデザインの襟を見つけてください。

襟の名称

上襟と下襟を縫い合わせた部分をゴージラインといいます。縫い目に注目してみてください。ゴージラインより上の襟は「上襟(うわえり)」や「カラー」といいます。首の後ろを包み込むようにして前に伸びている布が上襟です。一方ゴージラインより下の襟は「下襟(したえり)」や「ラペル」といいます。

スーツの襟の種類や形

スーツの襟全ておなじではありません。その場にあったスーツの襟で外出するようにしましょう。主なスーツの襟の種類をご紹介していきます。

ノッチドラぺル

ノッチとは「V字型の刻み」や「V字型の切り込み」という意味です。スーツの襟の、上襟と下襟の縫い合わせがまっすぐ一直線で、ゴージラインと上襟のラインの切り込み部分がV字型に見えるものがノッチドラペルです。シングルスーツ(ボタンの並び一列のデザインのスーツ、ビジネススーツに多い)に多く使われている、定番の形の襟です。

ノッチドスリム

ノッチドスリムは、ノッチドラペルよりも襟の幅が狭い襟のことです。襟幅が狭くなることでよりシャープなイメージに仕上がります。

ピークドラぺル

ピークドとは「先のとがった」や「尖った」という意味です。下襟の形に注目して見てみると、下襟の先が鋭角で上に向いています。もともとはタキシードなどのフォーマルウェアに使われていた襟のかたちですが、現在では、スーツやジャケットにも使われています。派手なシャツやネクタイにも似合います。

セミピークドラペル

ピークドラペルよりも、やや尖り方が控えめなのがセミピークドラペルです。フォーマル感を損なわずに柔らかな印象で着こなすことができます。ピークドラペルの尖り方が気になる場合は、セミピークドラペルがおすすめです。

ピークドスリム

ピークドスリムは、ピークドラペルよりも襟の幅が狭い襟のことです。シャープでドレッシーなイメージに仕上がります。

ショールカラー

ショールカラーは、上襟と下襟がつながっていて、下襟の先が丸くカーブしている襟のことです。「へちま襟」とも呼ばれます。フォーマルな場で着るタキシードの襟に使われていることが多く、襟の素材にシルクなどのフォーマルな素材を使うことが多いです。