Search

検索したいワードを入力してください

注意散漫な人の特徴・原因・治し方|子供/大人/仕事/運転

Small 9512df00 857e 4f54 8fdb c1da7f963013sheepuu
性格・タイプ / 2018年03月20日
注意散漫な人の特徴・原因・治し方|子供/大人/仕事/運転

注意散漫な人の特徴とは?大人と子供で特徴は違う?

大人でも子供でも注意散漫な人は見受けられますが、その特徴は共通しているのか確認していきます。まずはそれぞれの注意散漫といえる人の特徴を見ていきましょう。

注意散漫な子供の特徴

まず挙げられるのは、落ち着きがなくせっかちであることです。例えば、じっと待っていられない、無駄に走り回ったり、その辺によじ登ったりするといった行動や、常に体を動かしていたり、話を最後まで聞けず相手の話の邪魔をしたりする行動が、子供の注意散漫の特徴的です。

これらはすべて集中力がまだまだ発達途中であることに起因します。目先のことへの興味や自分の感情を優先してしまうため、一つのことに集中することや「今」必要なことが理解できていません。周りへの注意力も未熟なために子供のトラブル率は非常に高いと言えます。

これらの子供の特徴は、大人になるにつれて訓練され次第に緩和されていきますが、大人の場合はどのような特徴があるのかみていきましょう。

注意散漫な大人の特徴

大人の場合は子供の特徴とは異なり、予定が立てられない、仕事を何かしながらでないと終わらせられない、整理整頓ができない、自分の誤りを正せない、他人の意見に耳を貸さないといった特徴があります。

大人の注意散漫は子供の特徴とは違い、注意力が欠如しているために見受けられる特徴です。子供の注意散漫は集中力の欠如によるものが大きく、一つのことをやり遂げたり、最後まで話を聞けるといった継続力の発達によって改善されることが多いでしょう。

一方、大人の注意散漫は集中しながらも周りへ注意を払えることができないためことに起因しているため、大きな違いがあることがわかります。

男女での違いはある?

子供に関して言えば、男子の方が女子よりも注意散漫な子が多いと言えます。なぜなら活発さと運動能力、体力の違いからも男子の方が活発に行動するので、理性や集団行動を得意とする女性本能を備えた女子よりも落ち着きのなさなどの行動が目立つからです。

一方、大人になってからは大きな差はないと言えます。その理由は、次の原因のトピックスで詳しく見ていきましょう。

注意散漫な人の原因は?何が考えられる?

注意散漫になってしまう原因は多くのものが考えられます。生まれつきの性格や育った環境、食生活、ストレスなどです。特に現代社会においては、ストレスは大きな要因といえるでしょう。女性の社会進出が推奨され普通となってきた今、大人の注意散漫に男女差がない理由はこれが理由となります。

ここでは、大人の注意散漫について焦点をあて、とりわけ大きい原因となるものについて詳しく解説していきます。

睡眠不足によるもの

当然ながら集中力と注意力の欠如には寝不足が大きな要因としてあげられます。健康な体を維持するためには、毎日少なくとも6時間以上、8時間は睡眠をとる必要があります。睡眠は溜めることができません。仕事のある日は寝れないから、休日に超時間寝るといった対処法では改善することはできず、余計に体の活動リズムを崩し悪化の一途をたどります。

睡眠不足は思考力と判断力をに鈍らせます。運転による事故やうっかりミスは睡眠不足が大きな原因となっています。

Blockquote firstBlockquote second

睡眠不足や睡眠の質的悪化あるいは睡眠障害により生じる眠気は、注意力や集中力を低下させヒューマンエラーを引き起こす原因となることが数多くの科学研究で明らかにされています。

食生活によるもの

食生活も注意散漫になる大きな原因です。偏った食生活や添加物が多いものばかりを摂取していると、睡眠不足同様判断力が鈍りイライラしやすくなるといった研究もあります。忙しさに負けて栄養バランスをおろそかにしてしまうと結果としてミスを引き起こし、余計な仕事を増やすことにもなります。

栄養に偏りがあると神経にも影響があります。健康のためにも当てはまる人は改善しましょう。

Blockquote firstBlockquote second

脳に必要な栄養が不足してしまうとストレスに対する抵抗性が弱くなり、精神的に不安定になるというのは多くの統計データからも明らかなんです。

ストレスによるもの

この要因が一番大きいと言っても過言ではありません。ストレスにも種類がありますので、細分化してそれぞれ見てみましょう。

対人関係によるストレス

特に現代人は働きすぎですが、職場だけで考えても上司や部下、同僚や取引先と気遣う相手が山のようにいます。また、主婦でも育児ストレスやママ友関係、嫁姑問題など、対人関係によるストレスは計り知れません。それが毎日会う人や関わらなければならない人だと、なおのことストレスは大きくなります。

注意散漫になる時はストレスの原因になる人と接しているときが多く、無意識に緊張してあせることで正常な判断能力を欠いてしまいます。

大きな不安によるストレス

大きなプロジェクトを抱えている、たくさんの人の前で発表があり緊張している、解決しなければならない問題を抱えている、漠然と将来に対する不安があるなど、大きな不安は神経に強く作用します。緊張はさらなるミスを生む悪循環になりかねないため、不安を抱えていることが注意散漫へ影響していることは十分に考えられます。

欲求を抑圧していることからくるストレス

やりたいこと、言いたいことを我慢していたり、他人優先にしすぎるあまり、自分の欲求を押し殺してしまうことで無気力になってしまいます。欲求を押し殺していると見えないところで不満や怒りが溜まっていきますので、正常な判断能力を欠くことにつながります。

他人の顔色を窺ったり、自己評価が異常に低い場合も注意散漫になりがちです。

当てはまる箇所があった方、思い当たる節がある方は今日からでも改善の一歩を踏み出しましょう。ストレスは神経を委縮させるので、特に注意が必要です。次の項目で治し方、改善方法を考えていきましょう。

注意散漫を治したい!改善方法にはどんなものがある?

原因のところで述べたように、注意散漫になってしまう要因は個人によって異なります。ここでは、先に取り上げた生活習慣とストレスに焦点を当て、改善方法を紹介します。

生活習慣を見直してみる

子供にも当てはまることですが、健全な魂は健全な肉体に宿るという言葉があるように寝不足や栄養不足では、清々しい気持ちで日々を過ごすことはできません。思考力の低下で注意散漫になり、うっかりミスや確認不足によるトラブルを招いてしまいます。

まずは、どんなに忙しくても睡眠時間を確保するところから始めましょう。仕事などで難しい場合は無理に睡眠時間を作らなくても、決まった時間に寝て決まった時間に起きることを習慣づけ、30分でも睡眠時間を増やしましょう。朝起きたら太陽の光を光を浴びるようにするとセロトニンが活性化し、脳の活性化につながる他、入眠もしやすくなります。

また、忙しくてコンビニなどで食事を済ませなければならないような時も、野菜やたんぱく質を意識し、サラダやチキンなども取り入れて栄養不足の偏りを防ぎましょう。そうすることで血が巡り、思考力が向上するので意識が冴え、物忘れ防止になります。

ストレス要因をはっきりさせ解消する

自分が何に対してストレスを抱えているのかを明確にしましょう。仕事、育児、対人関係などそれぞれですが、何に対してストレスを感じているかがわかると、その事柄に対して自分が神経をとがらせ緊張していることがわかります。

そのストレス元に対し自分の立ち位置を確認しましょう。やたら自己評価を低くしていないか、他人の目線ばかり気にしていないかを考えてください。自己評価が低いとマイナスな思考のループに入ってしまい、周囲への注意が散漫になります。周りに注意し気遣うことができるようになるためには、自分に自信を持つことです。

ストレスとなるものを自覚し、自分がそれに対して堂々と接することで、ミスやトラブルの数は劇的に変化するでしょう。

身の回りの環境を整える

生活習慣とストレスは思考力を大きく変化させますので、乱れていると感じたらすぐに起動修正に取り掛かりましょう。

自分の身の回りの整理整頓も忘れてはなりません。自宅や自分の部屋、職場のデスク周りはきちんと整頓されているか確認しましょう。仕事の整理や物事を順序良く進められない人は整理整頓が苦手なことが多く、注意散漫になりやすい環境を作ってしまっています。

整理整頓が苦手でもまずは身の回りから不要なものを捨てたり、必要なものの分類分けなどをする癖をつけましょう。小さなことですが習慣化することで注意力が身につくため、これも重要なポイントです。

注意散漫になってしまうときはどうすればいい?

改善方法を実践しても人間ですからミスやトラブルはどうしてもありがちです。「注意散漫になっているな」と感じた時の対処法を確認しておきましょう。

仕事で注意散漫になったら

まずは席を立って運動をしましょう。会社のフロアを少し歩いたり、デスクから少し離れたところに行って休憩するのも良いでしょう。同じ姿勢でいると血が滞り、脳に血流が行き届きません。人の話が耳に入ってこなかったり、うっかりミスの原因にもなります。席を立てない場合は、その場で足首や首、肩を回すといった行動も効果があります。

可能な職場であれば飲み物を飲んだり、少し甘いものを摂取するのもおすすめです。注意散漫になりそうだ、もしくはなっていると感じたら早めに席を立ち、気分を切り替えるのが重要です。

運転中に注意散漫になったら

迷わず休憩しましょう。高速道路ならば休憩エリアに向かってください。音楽は眠気防止には効果的ですが、逆に睡眠を誘ってしまわないようにゆったりとした音楽ではなく、ある程度リズムのあるものにしましょう。また、ラジオを聴く場合は会話に耳を貸しすぎてしまうと注意散漫になりますので、気を付けましょう。

また、仮眠も効果的ですし、体操などをするとより脳に血が巡ります。

一般道路での運転中は同じく休憩が重要になってきますが、すぐに休憩できない場合もあるでしょう。あらかじめ飲み物や食べ物をもって車に乗るようにすることと、スマホを見ないようにすることが一番の注意散漫の防止法です。特にスマホは注意散漫にさせる大きなトラブル要因です。

同乗者に注意してもらうことももちろん対策の一つではありますが、運転前に体操したり、ミントなどの刺激のある食べ物を食べることも運転に集中する効果的な方法です。

今日から改善!注意散漫は心と体の赤信号

いかがでしたでしょうか。注意散漫になる原因と改善策を考えてきましたが、ミスが多くなる、集中できない、物忘れが激しい、トラブルが続くなどのマイナスな現象は頑張りすぎているときに起こります。気を張り詰めて緊張しているとなおさらです。

どこかでリラックスして、神経を休ませることが注意散漫を改善する一番の方法です。注意散漫になっていると感じたら、生活環境、習慣、ストレスなど、自分の中で何かが赤信号になっているものだと考えてください。少しずつでも意識や行動を変えていくことで効果は見えてくるでしょう。ここでご紹介した内容を参考に、ぜひ今日から早速行動に移してください。

関連記事

Related