Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】下の毛のおすすめの処理・手入れ方法|長さ/濃さ

Author nopic iconkurai
脱毛 / 2018年03月20日
【男女別】下の毛のおすすめの処理・手入れ方法|長さ/濃さ

友達に聞けない!男女別下の毛の処理方法

気になっていても、友達には聞き辛いのが下の毛の事情です。興味はあるけど実際の処理はどうしているのか。日本ではあまり語られるのことのない話題でも外国ではマナーのひとつでもあります。ぜひ一度考えて欲しいトピックです。

いざという時に備えて、常に完璧でいられれば、緊急時も大丈夫です。気にする事なく、スッキリした気持ちでいられるだけでなく、衛生面においても重要視されている下の毛について男女別でご紹介します。

男性は下の毛を好きな形に剃ってみる。

まず、何も今まで処理したことのない男性は、カミソリで剃ってみるところから始めてみましょう。慣れない場所をカミソリで剃る際に、注意するポイントをご紹介します。

そのカミソリで大丈夫?下の毛を剃る時は特に注意が必要!

通常の毛処理の場合、お風呂などにカミソリを既に持っている方も多いはずです。ですが、下の毛が生えている部分は、どれだけ気を付けていても、男性の場合は怪我をしやすい部分です。下の毛を処理する際は、特に注意が必要です。

まずは、カミソリの歯がT字の一枚刃ではなく下の毛専用のソープをつける必要のないタイプのカミソリを使用しましょう。どうしても、下の毛を丁寧に剃りたいと努力しても見えずらい部分ですし、怪我は避けたいです。安全のためにも、必ずメンズ専用のカミソリを用意しておきましょう。

男性の場合、購入しづらい下の毛専用カミソリですが、amazonで購入すれば周りの目を気にすることなく挑戦できます。また、既に下の毛専用カミソリをお持ちの場合でも、前回の剃った毛が挟まった状態ではないか、また錆や欠けが必ずないことを確認しましょう。

Vラインに沿って剃る

下の毛専用のカミソリは、案外種類が豊富です。同じメーカーでも色々な種類が用意されています。男性の下の毛の処理は、どこの部分まで剃る際の体制が変わってきます。Vラインと呼ばれる部分においてはお腹を少し伸ばすようにしながら、毛の流れに剃ってこのカミソリを動かしましょう。こちらは鏡がなくても処理が可能です。

次に、Iラインです。浴室の椅子がある場合は、そちらに腰掛けます。ない場合は、浴室の床で大丈夫です。そして、Iラインからは少し内側になってくるため、目の前に鏡を用意しましょう。怪我のリスクを抑えるためにも、場所を確認しながら丁寧に剃っていきます。

最後に、少しレベルが高くなってくるOラインです。先ほどのIライン同様、覗き込む体勢で毛の流れに沿ってこのカミソリを動かします。少し怖さを感じる場合は、小さめのカミソリを用意するなどすると良いでしょう。

女性の場合は、少し切っておくと良い?

個人差はありますが今まで一度も処理をしたことのない方の下の毛を、いきなりカミソリで剃るのは難しいです。また、女性の長い毛が引っ張られると痛みを感じることもあります。そんな自体を防ぐために、事前に切っておくことをおすすめします。

やり方は、まず椅子にかけ、小さめのハサミもしくは、髪の毛や眉毛切り専用のハサミを使用し、大体1cmから2cmほどに切っておくと、後ほどカミソリでスムースに剃ることが可能です。少しずつ毛を切るように気を付けましょう。

慣れてきたら抜いてみたくなる!女性でも処理前に?

剃ることに慣れてくると、少しずつ生えてくる毛を抜いてみたくなる女性も多いのではないでしょうか。もちろん痛みを伴いますが、それよりも抜いていると気になるのが、「黒ずみ」や「炎症」です。下の毛は、個人差もありますが、比較的太い毛が生えてきます。抜いている途中で毛が切れてしまい毛根が残ってしまったり、抜いた衝撃で「黒ずみ」や「炎症」が起きがちです。

プロに頼んでみましょう!ツルツル綺麗に処理が済むブラジリアンワックス

そこで、自己処理をやめてプロに頼んでみるのはいかがでしょうか。おすすめの処理方法をご紹介します。

外国では、メジャーなブラジリアンワックスです。痛いイメージがあるブラジリアンワックスですが、プロに任せれば安心です。レーザー脱毛で処理をする前に、一度ブラジリアンワックスを試してみるのはいかがでしょうか。自己処理では綺麗にしづらいIO部分もとても綺麗に処理が可能です。また、美意識が高まっている現在では男性対応可能なサロンも増えています。

何より、ブラジリアンワックスがおすすめなのは、また生えてくるという点です。夏のシーズンなどで一時的に処理をしておきたい方やレーザー脱毛に抵抗がある方、いずれは形を変えたいと考えている女性には特におすすめの手法です。1回の料金も5,000円から15,000円で施術可能で試しやすいこともメリットのひとつです。

予約が済んだらどうしたらいい?ドキドキのブラジリアンワックス体験

経験をしたことのある友達に聞くのが一番ですが、気になるのがサロンに行く前はどうしたらいいかです。ブラジリアンワックスとは、下の毛とワックスをくっつけて抜き取る方法で処理をしていきます。そのため、ある程度の毛がないと処理は不可能です。今までカミソリを使ったことのない方は、そのままの状態でサロンに伺っていただいて問題ありません。

プロに切り揃えてもらいブラジリアンワックスの処理に入ります。もし、既に自己処理をしている場合は、1cmほど伸びた状態でサロンに行きましょう。処理は大体1時間ほどで済みます。

また、処理の効果は2週間ほどと言われており、回数を重ねるほど毛が薄くなってくるため、処理の効果の持続は伸びてきます。処理後は、しっかり保湿し肌のダメージを防ぐことでツルツルした触り心地が持続します。

男性ならレーザー脱毛もおすすめ!

CMでも多く耳にするレーザー脱毛は、やはり気になってくる部分です。ここでは、サロンと医療脱毛の種類が多数あるため、ご自身に合ったサロンを見つける必要があります。特にメンズ専用のサロンがおすすめです。

レーザー脱毛のメリットとしては、1回の処理時間が短く、自己処理やブラジリアンワックスのような痛みはほぼ伴わないです。デメリットと言えるのは、通える回数やどれだけ永久的な脱毛に近づけるかと言う点です。信頼のおけるサロンでの施術をおすすめします。

下の毛のおすすめ長さ

下の毛は、人間の大事な部分を守り、生きていく上で欠かせない部分です。下の毛の処理を怠ると蒸れやかゆみを引き起こす部分です。では、いったい下の毛はどの範囲まで整えるべきなのか、おすすめの長さご紹介します。

おすすめの長さ

下の毛には成長の周期があり、お手入れをしないまま放置していると、7cmほどの長さになります。洋服の上からでも目立つほど大きく伸びるため、成長の周期に合わせてカットするのがおすすめです。

男女ともに下の毛の長さを比較しても、2~3cmがおすすめの長さです。ちょうど下着の中に隠れて下の毛がはみ出ることはありません。もちろん、洋服を着て正面から見ても違和感なく過ごせる範囲です。

下の毛の周期に合わせる

そもそも下の毛の周期に合わせることが大切です。それでは、下の毛の周期をご紹介していきます。まず、下の毛の周期は、頭髪やムダ毛に比べて長くはありません。例えば、下の毛の周期は、約1年~2年で人間の大事な部分を守る保護毛の意味があります。また、1年~1年半は休息期に入ります。

毛周期だけでなく、人それぞれで毛の成長スピード、濃さが違ってきます。そのため、下の毛の処理を行うには、毛の周期に合わせて長さを調節し、綺麗に整えておくことが大切でしょう。

下の毛のおすすめの濃さ

下の毛の濃さによって、ファッションアイテムの取り入れ方が違ってきます。レーザー脱毛後にお洒落な服を楽しみたい方に、下の毛のおすすめの濃さをご紹介します。

薄い

先ほどお伝えしたとおり、人間一人ひとりで毛の濃さや成長スピード、形などいろいろの違いがあります。同じ点は、下の毛は頭髪やムダ毛に比べて、成長スピードが遅いことが挙げられます。もちろん、男女ともに成長スピードは、1日0.2mmずつです。そのため、下の毛の濃い、薄いは成長の度合いによるものと言えます。

しかし、あまりにも下の毛が濃いと見た目が悪く、不潔だと感じる方が多いです。しっかりと処理を行い、薄い状態に保つ方が好印象になります。

下の毛を処理するならどの型が理想?

では、いったいどのような型に整えれば良いのでしょうか。下の毛を処理する時の理想の型についてご紹介します。

下の毛の型とは?

一般的に下の毛を処理する時の型は、いろいろな型があります。ナチュラル型やハート型、たまご型、トライアングル、扇形、スクエア、iライン、ハイジニーナ型が有名です。この種類の中から女性におすすめなのは、たまご型とスクエア型です。

たまご型とは、その名のとおり下の毛が丸みを帯びており、たまごように整えられている状態です。下の毛の先端も丸くなっているので、チクチクとした痛みやかゆみを催しにくい型です。

下着や水着を着ても下の毛がはみ出にくいのは、スクエア型です。スクエア型は、ナチュラル型よりも小さく正方形のように整えられている状態です。また、上部を細くする方も多く、セクシーな型になります。どちらの型も女性におすすめしたい型です

状況別下の毛のおすすめの手入れ方法

下の毛のお手入れ方法を間違えてしまうと、身体を動かす時に違和感を感じることがあります。それでは、状況別に下の毛のおすすめお手入れ方法をご紹介します。

かゆい場合は?

基本的に、カミソリやピンセットで下の毛のお手入れを行うと毛穴が開いて、ばい菌や細菌が侵入することがあります。皮膚が炎症を引き起こして、一日中痒みの不快感を感じる主な原因です。

そのため、下の毛の皮膚に外部刺激が加わった時は、ホットタオルを当めるこが大切です。皮膚を柔らかくして毛穴の状態を良くしましょう。もちろん、1番良い方法は入浴して血行を良くする方法がおすすめです。入浴した状態で、下の毛のお手入れを行えば、かゆくなりません。

チクチク痛いなら?

チクチク痛いなら、切り口を丸くして2cmから3cm以内に整えましょう。あまりにも短くした状態では、皮膚を刺激して不快に感じる可能性があります。また、チクチク感を緩和するには、ヒートカットがおすすめです。ヒートカッターは、熱でムダ毛を焼き切る方法ですので切り口が丸くなります。

下の毛を綺麗に整えてお洒落を楽しみましょう!

今回は、下の毛のおすすめの長さやお手入れ方法、おすすめグッズなどを紹介して来ました。いかがでしたでしょうか。下の毛を綺麗に整えることで、見た目も合わせるファッションアイテムも違うと分かりました。お洒落を楽しむなら、しっかりと周期に合わせて整えましょう。