Search

検索したいワードを入力してください

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

Author nopic iconsuperwriter
性格・タイプ / 2018年03月05日
違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

違和感を感じる仕事の断り方

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

違和感を感じる仕事は、受ける必要などありません。あなたが違和感を感じるということは、あなたにとって必要のない仕事、もしくはあなたの時間を奪う仕事だからです。そうした違和感を感じる仕事を、仕事だからと割り切って受けてしまっては、あなたの価値は低いままです。

ここでは状況別で違和感を感じる仕事の断り方をご紹介します。違和感を感じるとはいえ、無下に断ると、あなたの他の仕事にまで悪影響を与える可能性があります。適切な断り方をすることで、適切な仕事ができるようになりましょう。

職場

職場の場合、違和感を感じる仕事をやらなくてはならない場面が多いのではないでしょうか。無意味な書類や会議、資料作成など、この仕事は自分の会社の事業に本当に必要なのかと、違和感を感じることが多いでしょう。

しかし直接上司にムダを指摘しても、怒られてしまいます。そこで、上司との食事やお酒の場で提言してみましょう。普段の仕事中では言いにくいことも、プライベートの時には言いやすいですし、上司の本音も聞ける可能性があります。

学生の場合

学生の場合は、違和感を感じる仕事があったら、自分でルールを変えてしまいましょう。学生の仕事の多くは、学生同士で行っていることがほとんどです。学生団体やサークル文化祭など、学生同士の仕事ならば、自分たちでルールを変えてしまうことも簡単です。

しかしその際に注意しなくてはならないことは、違和感を感じることや不満をそのまま口にするのではなく、建設的な意見として提言することです。お互い未熟な学生同士ですので、感情に任せた発言はトラブルを引き起こす可能性が高くなります。

フリーランス

フリーランスの場合は、違和感を感じる仕事に出会ったらすぐに契約を破棄しましょう。フリーランスの特徴として、仕事相手を簡単に自由に選ぶことがあります。そのため違和感を感じる相手と無理に仕事をする必要は全くありません。違和感を感じる仕事はすぐに破棄するか、次回からの仕事は受けないようにしましょう。

しかし、フリーランスの場合は個人の信用で仕事を受けています。違和感を感じる仕事を断る際に、無下な態度をとってしまうと他のクライアントからの印象も悪化してしまいます。この点に非常に注意が必要です。

違和感を感じる人の特徴

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

仕事だけでなく、人にも違和感を感じることは、誰しもあるのではないでしょうか。仕事の内容ならまだ変えようがありますが、人を相手にするとなると、相手を変えることはなかなか難しく、多くの人々が日々悩んでいることです。

そこで今回は、違和感を感じる人の特徴をご紹介します。違和感を感じる人とどのように付き合っていけばいいのか、自分の中で適切な考えを持っておきましょう。

友達

人に対して違和感を感じる最も多い状況は、友達との関係ではないでしょうか。特に学生は毎年多くの新しい友達に出会うことになりますし、それぞれの精神的成熟の段階や、コミュニケーション能力にも大きく差が生じてしまいがちです。

友達関係で最も多くの人が違和感を感じるのは、お金の貸し借りの問題です。お金を貸したのに返してくれない人や、すぐにお金を借りる人に困らされた経験がある人も多いのではないでしょうか。お金の関係にずぼらな人とは、友達にならない方が良いでしょう。

取引相手

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

社会人にとっては、仕事の取引相手に違和感を感じることも多いでしょう。特に営業の仕事をしている人にとっては、取引相手は自分の会社の商品を買ってくれる人なので、どうしても下から接しなくてはならない時があります。

そうした際に、営業マンに対して失礼で横暴な態度をとる人、納期を守らない人は、人としても、ビジネスマンとしても失格です。そうした相手とは極力仕事をしないようにしましょう。

仕事仲間

仕事仲間に違和感を感じる状況の中で最も多いのは、仕事量の違いではないでしょうか。組織で仕事をしていると、どうしても優秀な人に仕事が集まりがちになってしまいます。優秀な人の方が仕事をこなす速度が速いですし、上司としても仕事ができる社員に仕事を任せたくなります。

しかし仕事量の違いは不満につながりますし、仕事ができない社員に仕事を与えないと、いつまでも成長していきません、これは仕事を分担する上司側の問題です。仕事量に違和感を感じる時は、上司に相談しましょう。

違和感を感じる時のスピリチュアル的な意味

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

仕事や人間関係ではなく、スピリチュアル的な意味で違和感を感じる人も中には存在しています。多くの人は気にならないようなことでも、霊感が強い人や、感覚が鋭い人は気が付いてしまうということです。

こうした人はかなり少数派で、医学的・科学的にも原因や過程が明らかにされていません。そうした人に出会ったら、よく分からないと言って避けるのではなく、相手のことを理解するようにしましょう。

違和感を感じる時

霊感が強い人が違和感を感じる時は、主に人の生死に関わる場所が多いとされています。具体的には、お寺・神社・病院などです。しかしその感じ方にもそれぞれ個人差があり、はっきり感じる人もいれば、少ししか感じない人もいます。

スピリチュアル的な意味での違和感に困ったときは、お寺に行くことをおすすめします。プロフェッショナルに相談することで、適切な対処をすることができます。

違和感を感じる相手との付き合い方

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

違和感を感じる相手とも、付き合わなくてはならない場合があります。特にどうしても所属しなくてはならない組織の場合は、違和感を感じる相手とも一緒に活動しなくてはなりません。ここでは違和感を感じる相手との付き合い方をご紹介します。

妥協点を探す

最も効果的なのが、妥協点を探すことです。違和感を感じるといっても、お互いに考えがあるのは事実です。お互いにしっかり話し合って、お互いの主張を受け入れて、その上で妥協点を探すと良いでしょう。

ただし、相手の主張に対して頭ごなしに否定したり、感情的に対応したりしてはいけません。あくまでも対等な話し合いの結果としての妥協点を探しましょう。

我慢する

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

あまりおすすめではありませんが、我慢するという方法もあります。これはどうしても相手と妥協点が見つからず、かつどうしても関係を持たなくてはならないという場合のみ行いましょう。

我慢をしていると、あなたの精神状態は悪化していきますし、相手に対して懐疑的な目しか向けられなくなることもしばしばあります。それによる良い結果はありませんし、周囲にも悪影響を与えてしまうので、あくまでも最終手段として把握しておいてください。

一切関わらない

違和感を感じる相手と関わり続ける必要がない場合、一切関わらないという方法は非常に有効です。あなたが違和感を感じるということは、あなたがその人と関わってもメリットが少ないということを感覚的に表しています。違和感を感じる相手とは関わらない方が良いです。

そうしていくと、次第に自分の周囲には自分に良い影響を与えてくれる人ばかりが集まってくるようになります。そうした人々との関係を大切にしていきましょう。

自分にとって大切な人と人生を歩もう

違和感を感じる仕事の断り方・違和感を感じる人の特徴|友達

違和感を感じる人と我慢して付き合い続けることは、あなたの大切な時間を奪う行為です。それよりもあなたに良い影響を与えてくれる人と関わり続ける方が、間違いなくあなたの人生は豊かになります。自分にとって何が大切なのかを十分に考えて、他人と付き合うようにしましょう。

また、違和感を感じた相手にもその人なりの考えがあることを忘れてはなりません。最初は違和感を感じたのに、話し合ってみたら納得がいったということもしばしばあります。まずは相手の考えを聞いてみることから始めると良いでしょう。

関連記事

Related