Search

検索したいワードを入力してください

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

Author nopic iconサン
ヘルスケア / 2018年12月19日
【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

年代別汗をかかない方法

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

人間は暑かったり運動をしたりすると水分を欲しがり、体から大量の汗をかきます。しかし、高齢者は暑さを感じても体温調節が弱く、汗をかきにくくなり熱中症の発見が遅くなってしまいます。一方で高齢者の中には汗をかく方もいます。その場合は、汗をなるべくかかない方法として、クーラーで体温調節をすることです。

高齢者はどちらかというと寒がり・熱中症になりやすい体質で、クーラーを使うときもただ冷やすのではなくて、比較的高めの温度設定にすることが、汗をかかない方法となります。老人ホームに行ったことがある方は分かりますが、建物の温度は春夏秋冬も同じ温度で過ごしています。なので、体温調節がうまくできない高齢者が、汗をかかない方法としては、すこし高めの温度で過ごすことです。

年代別汗をかかない方法①中学生

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

中学生になると制服を着て登校することになるので、小学校の時とは違った対策で、暑い夏を乗り越えなくてはいけません。今までは服装も自由で、暑くても脱げばキャミソールだった場合でも、校則がある中学校はそうはいきません。中学生でも汗をかかない方法は、なるべく制服を汚さないやり方で対策しなければいけません。

なので、シーブリーズなど、体に付けただけでひんやりする物を使用して、汗をかかない対策をして熱中症を防ぎます。匂いのないものなら周りに迷惑が掛かりませんし、授業中に使用しなければ学校側からも何も言われません。また、シーブリーズは汗を押さえることができて、しかも価格もお手頃な商品なので、安心して学生さんでも使えます。

年代別汗をかかない方法②高校生

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

義務教育が終了した高校生は、高校によって校則の自由が異なるので、汗をかかない方法はたくさんあります。校則が厳しい高校は見た目もきちんとしなくてはいけないので、香りのついたシーブリーズは使用してはいけません。しかし、高校生は思春期を重なるため自分の汗の臭いがとても気になります。

高校生が汗をかかない方法に使用するのでおすすめなのが、「クリアネオ」などの制汗剤です。制汗スプレーよりも、簡単に使えますし効果が期待できるからです。制汗スプレーだと走ったりするときに効果が無くなったり、校則で禁止されているからとこっそりかけても意味がありません。一度塗ると長時間さらさらの制汗剤クリームを使うことで、腋が臭いません。

部位別汗をかかない方法

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

汗の正体は、汗腺から分泌される水分とされています。人間の体には汗をかきやすい部位があり、汗をかきやすい部位は汗腺の数とか密接に関係しています。汗をかかない方法をいくら試しても効果がない方は、一般には、汗腺の数は約200万~500万といわれていますが、汗腺の数が他の方より多い可能性があります。

運動部に入部している学生さんや、運動をしている方ならわかりますが、主に脇・顔・頭部が汗をかきやすいと言われています。しかし、中には異常なほど汗をかくという方もいます。そういう方が汗をかかない方法を試しても、それはストレスや病気の可能性があるので、通常の汗をかかない方法を試すのは意味がありません。冷え性が原因な場合、通常の汗をかかない方法を試すのは逆効果になります。

部位別汗をかかない方法①頭

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

頭は髪の毛が多い方は、普通の方より汗がかきやすくなります。帽子をかぶると汗で変色していることがよくありますが、あまりにも汗がひどい場合には、内服薬で抑えなければいかなくなります。大量の汗が頭から流れ出てしまう方は、神経や精神上の問題があるので病院で検査しましょう。医師に相談すると汗を抑える、神経遮断薬や抗不安薬が処方されます。

この2つの薬は、汗をかかない方法の一つの内服薬で、他にも漢方薬で汗をかかない方法もあります。しかし、漢方薬は汗をかかない方法に対して直接影響を与えるよりも、体のバランスが崩れている部分を整えたりすることに重点が置かれています。

部位別汗をかかない方法②顔

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

女性のメイク崩れの原因である顔の汗は、体に熱が溜まらないように顔から汗がでるので、汗をかかない方法をやりすぎると顔から汗がでます。そのため、湯船に入らない・エアコンの近くにばかりいると、汗をかかないので、一番でやすい顔から汗がでる原因となります。

顔から汗をかかない方法は、首を水で濡らしたタオルで冷やすことで、保冷剤をタオルに巻くようにしましょう。夏用のストールで首を冷やすと、ファッションみたいにおしゃれできるので、女性でも世間を気にせず汗をかかない方法を試せます。どうして首を冷やすのが効果的なのかというと、首の後ろにある頸動脈を冷やすと、一時的に血行を抑制してくれるからです。

部位別汗をかかない方法③背中

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

通勤をするときに電車が満員だと人が密着するため、背中に大量の汗がでてきますので、会社員の方は服が乾かないなどトラブルがあります。背中は内臓の皮膚を覆っているためで、暑さに弱い傾向があり背中の汗は、体温調整で臓器の温度を保つために汗をかいてしまいます。

背中に汗をかく方が、汗をかかない方法としておすすめなのは、脂肪を落とすことです。この方法は特に内臓に脂肪が付く、隠れ肥満の方がおすすめです。肥満体型だと体内温度を下げるために汗をかいてしまうので、脂肪が体内に熱を貯める断熱材の働きをしてしまいます。そうならないために、汗腺トレーニングなどの、汗をかかない方法の一つとなる運動をするなど対策しましょう。

部位別汗をかかない方法④脇

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

脇はほかの部位とが違い、汗をかくと臭うという特徴があり、電車などの人がたくさんいる場所だと迷惑になってしまいます。脇から汗がでる方は「ワキガ」の方もいて、脇にあるアポクリン腺という汗腺が原因で起こる症状で、時間がたつと異臭がする特徴を持っています。ワキガなのかを自分でチェックする方法は、耳を綿棒で一回こすっただけでチェックできます。

キャラメル状の耳垢は強度のワキガ・綿棒が湿ると通常のワキガで、こすっても何もつかない場合はワキガではありません。ワキガではない方が汗をかかない方法は、脇のリンパ節で冷やすことが大事です。血管が集中しているので、冷却ジェルシート・冷たいペットボトルなどで冷やしましょう。

部位別汗をかかない方法⑤つぼ

冷やすものが近くにない場合は、つぼを押すことによって汗をかかない方法があり、手には汗を抑えるツボがたくさんあります。「後谿(こけい)」はこぶしを作り、小指のつけ根の下にできる突きでている部分があります。そのつぼの部分を反対側の親指で強く押しましょう。

手のひらを上に向けて小指側の手首のつけ根から、指1本分ひじに向かったところに「陰げき(いんげき)」があります。この中で一番聞くと言われている「合谷(ごうこく)」が、手を横から見て親指と人差し指の骨の接合部の人差し指寄りのくぼみにあります。このつぼは万能のツボと言われているほど、人気があり信頼されている長年愛されているつぼになっています。

夏に汗をかかない方法

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

夏に汗をかかない方法は、汗が良くでる時期に、無理なことになると考えてしまいますが、それでも、汗をかかない方法がたくさんあります。ミョウバンを使うことで、暑い夏でも汗を抑えて、メイク崩れを防ぐことができます。スプレー容器に、水などのミストを用意して吹きかけましょう。


まず、材料の焼きミョウバン・ペットボトル・水道水500ml用意して、ペットボトルに水を入れてミョウバン16gを入れて混ぜましょう。次にミョウバンはすぐ溶けないので、2~3日かけて涼しい場所へ保管して、ミョウバンが溶けてきたら冷蔵庫に保管しましょう。しかし、このままだと原液で使用することになりますので、水で約20倍から50倍に薄めて使用しましょう。

夏に汗をかかない方法①夏野菜

暑い夏に汗をかかない方法は、夏野菜で汗をかかない方法があり、旬のものを食べると汗をかきにくく過ごしやすい効果があります。

夏野菜はきゅうり・なす・トマトなどがありますが、どの野菜も体を冷やしてくれる効果があります。しかし、体を冷やす野菜なのでいくら夏でも、体を冷やしすぎてお腹を壊せないようにしましょう。

そのため、逆に発汗効果がある食材は夏料理にたくさん紛れていて、辛い物・カフェイン・肉類・揚げ物に含まれています。この食材は発汗量を増やしたり、汗の臭いをきつくする原因にもなるので、過剰摂取は控えるようにしましょう。汗のコントロールをするために、必要な食材にもなりますので、工夫して摂取します。

夏に汗をかかない方法②汗をかくことで健康に過ごせている

汗をかくのを嫌がる日本人は、実は汗をかくことが健康に繋がることを知りません。冷え性の方が体を温めているときに、汗をかいたら体が体温調節できている証拠や、風邪をひいたときも汗がでると治ると言われていたりします。そのため、汗をかくことは絶対に悪いことではありませんし、普段の生活で健康に繋がる役割をしてくれています。

運動しても汗をかかない方法

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

運動中に汗をかく原因は、筋肉に酵素が必要になるため血液が上昇しているからで、運動後に上昇した体温を下げるために、体から汗がでる仕組みになっています。しかし、運動後に用事があって汗をかかない方法が必要な場合は、心肺機能を鍛えることが汗をかかないことの重要なことで、息が切れていない方は息切れをするよりも汗をかきにくいです。

そのため、いつもと同じ運動量だと心肺機能は変わらないため、オーバーロード(過負荷)の運動をすることをおすすめします。きついと言われているトレーニングですが、汗をかかなくするためには我慢するしかありません。

運動しても汗をかかない方法①お湯を利用する

夏や運動後はシャワーのみで済ましてしまうことが多く、湯船につかる習慣がない方が多いですが、汗をかかない方法は湯船に入ることが大事になっています。湯船に入ると言っても43度のお湯に入るので、半身浴で入るとのぼせないのでおすすめします。

特別なことはしなくていいので、腕から先の手と膝より下の脚を10分〜15分程度の時間で、浸かると汗腺を鍛える事が簡単にできます。しかし、急に入ると体温の差が激しくて、心筋梗塞を起こしてしまう場合があり、熱いお湯の後は水を入れていつもみたく半身浴をしましょう。

運動しても汗をかかない方法②江戸時代の汗をかかない方法は帯

昔の日本人は着物を着ていましたが、暑くても女性は着物を脱いでいませんでした。着物を脱がなくても「帯」で汗を防いでいたので、エアコンもない江戸時代を着物だけで過ごすことができました。

汗は人間が生きてくのに大事なもの

【部位別】汗をかかない方法・夏・運動しても汗をかかない方法

人間は汗を完全に防げないように作られていて、汗を完全にかかないようにしてしまうと、病気になってしまいます。どうしても汗をかきたくない場合は、首を冷やしたりして、水とタオルで調節しながら汗をかかない工夫をしましょう。皆さんも、夏など暑い日には、汗を抑えて、臭いをなるべく少なくするようにしましょう。

関連記事

Related