Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

Author nopic iconkento0407
節約 / 2019年02月19日
【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

年代別、金が欲しいときにおすすめの方法

金が欲しいとおもっても、すぐにその方法を思いつくことができたら、全員金持ちになっています。金を手に入れる方法がわからない、時間がない、面倒くさい、などさまざまな理由が邪魔して、人々は「金が欲しい」「金が欲しい」と言いながらも、結局いつもと変わらない生活を過ごすのでしょう。

金が欲しいとおもっても、金額や置かれている環境、いつまでに欲しいかによってその方法は変わってきます。中でも年齢によって金を手に入れる方法は大きく違ってきます。

ここでは、「金が欲しい」と思ったときにおすすめの方法を、年代別に紹介していきます。

中学生が金が欲しいときにおすすめの方法

中学生の収入源は何でしょう。それはお正月にもらえるお年玉と、親からもらえるお小遣いです。ほぼこの2つとなります。この2つ以外にどうしたら金を手に入れることができるのでしょうか。

中学生が他の年代と違うのが、基本的に「働けない」ということです。中学生にアルバイトを許可している学校は少なく、金が欲しいとおもっても、働いて稼ぐことは難しいです。

そんなときの味方が「おじいちゃん」「おばあちゃん」の存在です。親にお小遣いのアップをお願いしても、家計のこともありますし、教育のこともあるので、なかなか叶いません。また祖父、祖母にとって、もしかすると自分の子供以上にかわいい存在です。

そこを利用して、おじいちゃん、おばあちゃんに甘え、金をゲットしましょう。

高校生が金が欲しいときにおすすめの方法

高校生が金が欲しいときはどうしたらよいのでしょうか。それまで「かわいい、かわいい」と言われていた祖父、祖母も老いには勝てず、孫のことばかりを考えていられなくなります。また大人の一歩手前の高校生に「お小遣い」という言葉自体が似合わなくなってきます。

やはり高校生になると「自分で稼ぐ」ことが必要となります。

一番はやはりアルバイトです。しかし、今時の高校生は学校はもちろん、部活動、学習塾などで毎日忙しく過ごしています。そんな忙しい高校生におすすめなのが「インターネットで稼ぐ」ということです。

いっきに高額には稼げませんが、空き時間にスマホを使ってコツコツ稼ぐことができます。ポイントサイトやアンケートサイト、アプリのモニターなどさまざまな種類があります。

大学生が金が欲しいときにおすすめの方法

大学生が金が欲しいときに最初におもいつくのがやはり高校生と同じくアルバイトです。特に大学生は自分で好きなように使える時間が多いです。その中で、大学の授業以外はほとんどアルバイトをする、でもいいですし、家庭教師などの時給の良いアルバイトもあります。

ではアルバイト以外にはどのような方法があるのでしょうか。まずは「インターネット」です。時間がある大学生にとって、ネットは武器になります。例えばユーチューバーです。既に飽和状態の可能性もありますが、自分一人とスマホ一つで始められる仕事です。

また、最近では「アフィリエイト」という金の稼ぎ方があります。自分のインターネットサイトを作成し、そこで企業の商品やサービスを宣伝・販売する方法です。このビジネスで、月に100万円以上稼ぐ人も出てきています。

20代、30代が金が欲しいときにおすすめの方法

20代、30代が金がほしいとき、どのような方法があるのでしょうか。20代、30代は仕事で忙しく、時間をかけて金を稼ぐということが難しくなります。その中でおすすめする一つの方法が、「結婚式の代理出席」です。

結婚式の代理出席とは、友人が少なかったりいなかったりする人のために、「友人」を装って結婚式に出席する仕事です。近年、親や親戚に顔向けできないと、このサービスを利用する人が増えています。この世代が一番結婚式をします。そのため、世代としてはうってつけです。

仕事の方法は簡単です。結婚式の代理出席を募集するサイトがいくつかあります。それに簡単なプロフィールを登録し、採用されたら仕事の依頼が来ます。1回の出席で2万円〜5万円を稼ぐことができます。

40代、50代が金が欲しいときにおすすめの方法

40代、50代では貯金額も若い頃より増えているため、その資金を元手に金を稼ぐということが可能となります。おすすめの方法の中の一つが不動産投資です。老後の資金を獲得するためにも人気の方法です。

不動産投資とは、マンションやアパートなどを購入して家賃収入を得たり、その不動産の価値が上がったときに売却したりしてその差額で稼ぐことです。株式などの投資に比べると、比較的低リスクで、長期的な収入が見込めます。

不動産投資で失敗する原因は、「資産の価値の下落」です。その街の人口の増減や企業数、昼間と夜の人口の差などを基準に、資産の価値が下落しない場所を選ぶことが重要になります。最近では、不動産会社などを中心に、「不動産投資セミナー」というものが多く開催されています。参加してみるとよいでしょう。

老後に金が欲しいときにおすすめの方法

退職後金が欲しいときは、どのように稼ぐとよいのでしょうか。退職した後、その固い方法は再就職です。最近では65歳までの再雇用をしている企業がかなり増えています。

しかしその後、最終的に退職した後が問題です。そこから再度働くとなると、採用試験にも受かりにくいでしょうし、体力的にも難しいです。

そこで、おすすめの方法の一つが有価証券への投資です。ただむやみやたらに株を買うのではリスクが大きくなってしまいます。そのために、やはり働いている頃から少額でも有価証券へ投資し、勉強しておくことが必要となります。

どの世代よりも「時間」があります。その中で株式の値動きをチェックし、自分でしっかりルールを決めて投資資金の範囲内で運用することが重要です。

金が欲しい人におすすめの仕事

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

世代別に金が欲しいときのおすすめの方法を見てきましたが、次はどの世代でもできて、またさまざまな案件がある仕事を紹介します。

「クラウドソーシング」という仕事です。仕事の依頼者側に立った意味としては、オンライン上で不特定多数の人に業務を発注するという仕事です。金を稼ぎたい人は、そのオンライン上にある仕事の中から、自分ができそうなものを見つけます。

例えば、ライターやホームページの作成、エンジニアの仕事など、大量の仕事から選ぶ事ができます。またそのスキルが高ければ高いほど、高額を稼ぐことも可能になります。

仕事を選べ、好きな時間に働け、打ち合わせや出勤の交通費などがかからないというメリットがある分、仕事の発注元の正体がわからないことや、仕事によっては報酬が安いことがデメリットとなります。

金が欲しい人の欲しい理由

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

「金が欲しい」という意見は生きている人であれば、ほぼその意見は一致します。しかし、金が欲しい理由は人によって本当にさまざまです。

一番わかりやすいのが「物欲」です。春になったので新しい服が欲しい、新発売されたゲームが欲しい、自分へのご褒美に美味しい料理が食べたい、彼女や妻へのプレゼントに宝石を買いたいなどが短期的な物欲です。

長期的で人生に関わる物欲になると、海外旅行に行きたい、車が欲しい、マンションを買いたい、などです。

欲しいものによって、必要な金額は変わりますが、私たちは日々、この物欲によって「金が欲しい」と考えています。

借金があるから金が欲しい

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

若い頃、ちょっとした物欲のために、軽い気持ちで消費者金融で借金したことがある人もいるはずです。しかし、簡単な手続きで借りられてしまうことで感覚が麻痺し、気付いたらとても自分では返せないほどの借金額になったというケースがあります。

返しても返しても、高い利息のために全く借金が減らない。むしろ、その間に癖になっている借金をまた別の消費者金融でしてしまう。こうなると悪循環です。

どこかで目を覚まし、複数の消費者金融から借金をしてしまっている場合は、銀行での借り換えに変更するなどして、手を打たなければなりません。同じ「金が欲しい」という気持ちでも、何かが欲しいから金が欲しいのではなく、借金を無くしたいから金が欲しい、と考える人もいます。

夢の実現のために金が欲しい

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

将来の夢のために金が欲しいと思う人もいます。例えば、「医者になりたいから、その学費が欲しい」「プロのバイオリニストになりたいから、留学資金がほしい」などです。

また、芸人を目指しているので、いつ舞台に呼ばれてもいいように定職につけない。日雇いのアルバイトしかできず、とりあえず直近の生活をするために金が欲しいという人もいます。

金がないから夢が叶えられない、ということは悲しいことですが、やはり人間が生きていく以上、必ず金が必要ですし、やはり「夢を叶える」という目標の中に、そのための金を手に入れる方法を考え、実行することも、夢の実現に必要な要素の一つとなります。

安心のために金が欲しい

「何のために貯金をしているの」と聞いても、はっきり「○○のために貯金しています」と答えられない人もいます。それでも計画的に貯金をしています。

このように、「将来が不安だから」「何かあったときのために」という理由で金が欲しい人もいます。

今の物欲よりも、将来のことを漠然と不安に思い、とにかく金があったら安心とおもってしまいます。金があったら住むところも確保できるし、食べることにも困らない。老後一人になっても、老人ホームに入れるといった考えです。もしケガをしたら、事故をしたら、など、さまざまな可能性を考えてしまいます。

もちろん将来何かが起こったおきのためにある程度の蓄えは必要ですが、そのバランスが大切になります。

金が欲しい人の心理

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

「金が欲しい」ということは誰もが一度は持つ気持ちです。あって困るものではありません。ただ、その気持ちが強くなりすぎると、「金」に振り回されてしまうことになってしまいます。

例えば、マイホームを建てるために金が欲しいと思うとします。マイホームは家族が安心して、幸せに暮らすことが目的の一つです。しかし、マイホームのための貯金に必死になりすぎて、夫の稼ぎの少なさが責められたり、本来必要であるはずの家族の道楽が削られたとしたらどうでしょう。

幸せのためのマイホーム貯金が、幸せを奪うことになってしまいます。

このように、「金が欲しい」と思いすぎると、本来の目的や夢を忘れてしまって、金に振り回されるということが起こってしまいます。注意しなければなりません。

今すぐ金が欲しい人におすすめの方法

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

今すぐに金が欲しい人におすすめなのが、クレジットカードでのキャッシングです。クレジットカードには、ショッピングの機能と、キャッシングの機能の2つがあります。ショッピングは、その名のとおり、カードを使って買い物することができます。

キャッシングは、コンビニなどに設置されている専用のATMから金を引き出すことができます。借りられる金額はカードのキャッシング枠によって異なりますが、その枠内であれば自由に、そして簡単に、即時に借りられることができます。

ただ、クレジットカードのキャッシングは、返済時の金利が高めに設定されている場合があり、借りる際には、返済の目処が立つのかをしっかり考える必要があります。

またかなり簡単に手元に金が入るため、感覚を麻痺させないようにすることが重要となります。

金が欲しいという気持ちを上手く利用しましょう

【年代別】金が欲しいときにおすすめの方法・仕事・心理

金が欲しいという気持ちは自然です。しかし、そればかりになってしまうと、周りの人間が離れていったり、本来の目的を忘れてしまったりします。目指したいのは、金が欲しいという気持ちを上手く利用して、それをモチベーションにしたり、達成感を得たりできるような状況です。

物欲のために金が欲しい、そのために「仕事を頑張って成績を上げてボーナス増やすぞ」であれば、仕事を頑張るという好影響が出ています。また、夢のために必死に頑張ったアルバイトで、忍耐力を得ることができた、これも結果的に好影響です。

そして、金を稼ぐことばかり考えず、たまには息抜きとして、美味しい物を食べたり、自由に欲しいものを買ったりすることも大切です。

金が欲しいも度を越すと危険と隣り合わせ

すぐに高額に金を手にする方法はいくつかあります。しかし、そうやって簡単に手にできる分、リスクもつきまといます。

例えばこれまでに記した、「キャッシング」での借金です。非常に簡単に金が手に入りますが、それを繰り返してしまうと、高い金利の前に、借金を完済することが難しくなります。借金を返すために、別の機関でさらに借金を重ねるという悪循環に陥ります。

また、女性がすぐに金が欲しいと思ったときにできる仕事がいくつかあります。チャットレディと呼ばれる、男性とチャットをする仕事や、水商売などです。もちろんしっかりと安全な業者もありますが、「金が欲しい」という気持ちにつけ込んでくる怪しい業者もあります。

「金が欲しい」気持ちに振り回されず、しっかりと自分で判断して金を手にしていかなければなりません。

関連記事

Related