Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】釣りガールにおすすめのファッション・ブランド

Author nopic iconshingo.O
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年04月26日

更新日:2020年02月26日

記載されている内容は2018年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【季節別】釣りガールにおすすめのファッション・ブランド

季節別釣りガールにおすすめのファッションは?

釣りといえば男性の趣味という印象が強かったのですが、近年では釣りをこよなく愛する若い女性が急増しています。「釣りガール」と呼ばれる女性たちのファッションについても、お洒落になってきています。今回はこれから「釣りガール」を目指そうと考える初心者の方などに季節別の「釣りガール」ファッションのおすすめなどをご紹介しましょう。

「釣りガールがなぜ増加中なのか」という釣りの魅力にのめり込む理由や便利アイテムなども紹介していきます。まずは季節別の釣りガールにおすすめのファッションを紹介していきます。ぜひ参考にご覧ください。

春の釣りガールファッション

春の釣りガールのおすすめファッションですが、春とはいえ朝晩は寒いですし、女性は特に冷えやすいので軽アウターは外せません。薄手のナイロンパーカーで防水のアウターが特におすすめです。カラーバリエーションやデザインも豊富にありますので、好きなカラーでのコーディネートを楽しむことができます。

言うまでもないですが、足元はヒールやサンダルなどは避けてください。釣りにも色々種類はありますが、どの釣りでも足元は滑りやすくなっていますので転倒し怪我をする可能性が高いからです。グリップ力のあるスニーカーや長靴、本格的になるとウェーダーをはく必要があります。特に渓流釣りでは川の中に入りますのでウェーダーは必須になります。

ファッション性も重視したい釣りガールを目指すなら軽アウターの配色でキャップやリュックでコーディネートすると良いです。

夏の釣りガールファッション

夏の釣りガールのファッションですが、現地に到着後釣りを始める前は通常の夏のファッションを楽しむのも良いです。理由としては夏とはいえ釣りの最中は半袖、半ズボン、サンダルでは釣りに適していないからです。暑さもあり汗もかくでしょうから着替えが必要です。

夏の釣りに適しているファッションとしては長袖シャツ(日焼け防止にもなります。)、上に半袖の薄地のレインウェアー、長ズボンまたはレギンス、遮光サングラス、メッシュキャップなどのアイテムでコーディネートすると実用性もあるファッションとなりますのでおすすめです。

夏の釣りガールの必須アイテムとしては日焼け止めと虫よけは持っていくようにしてください。熱中症対策として水分補給をこまめにとれるよう小さめのポーチまたはショルダーバッグなど持っていきスポーツドリンクなどを入れておくと良いです。

秋の釣りガールファッション

秋の釣りガールのファッションのおすすめは春と気候が似ていますので軽アウターは必需品となります。昼と晩での気温差がある秋ですのでベースを軽アウターの配色からコーディネートしていき秋らしい色合いなどを取り入れていくと良いです。ストリートファッションと登山などアウトドアの中間のファッションの中でのコーディネートをすると良いです。

足元はスニーカーまたはアウトドア用の長靴などをおすすめします。実用性とファッション性の割合が大事ですのでアウターは実用性を重視した中からカラーでお洒落に心掛けてコーディネートしてください。釣り自体に支障があるファッションでは一度きりの釣りガールとなりかねませんので注意が必要です。

冬の釣りガールファッション

冬の釣りガールのファッションはまずは防寒です。スノボーやスキーにいく際のファッションを参考にコーディネートをイメージするとわかりやすいです。

一番大事なのはアウターではなくインナーウェアーやレギンスです。重ね着しすぎると着膨れしてしまいお洒落にまとめることが難しいので、インナーウェアーでしっかり防寒対策するようにしましょう。アウターは厚手のマウンテンパーカーやスノボーウェアーなどもお洒落にコーディネートできます。

ニット帽は防寒対策でもありお洒落アイテムにもなり欠かせません。手先なども冷たくなりますので、グローブも必須アイテムです。スノボーファッションを参考に色合いで女性らしさや可愛さを狙っていくコーディネートにすると冬の釣りもお洒落も両方楽しむことができるのでおすすめです。

釣りの種類とシーン別ファッションはあるの?

釣りといっても海釣り(堤防釣り、沖釣り、磯釣り)、バス釣り、渓流釣り、管理釣り場での釣りと色々あります。釣りの種類によっても釣りガールのファッションも変わってきます。趣味として長く続けていくと、行動範囲に規制が生じる服装や釣果にもこだわりがでてきます。ここでは釣りの種類別での必要なファッションをご紹介しましょう。

実用性として必要なアイテムを取り入れつつ、お洒落なコーディネートをできる釣りガールを目指す参考にしてみてください。

海釣り堤防釣りガール

海釣りの中でも手軽に楽しめる堤防釣りは初心者の釣りガールにはおすすめです。ファッションはナイロンパーカーとスニーカー、キャップなどのコーディネートでも釣りができますのでアウトドアデートなどのファッションの感覚でコーディネートができお洒落を楽しむことができます。

リュックなどを持っていき急な天候の変化に対応できるようにレインウェアーを入れておくと良いです。初心者の方はまず魚が釣れた時の喜びを味わう機会として堤防釣りに出かけてみると釣りガールの第一歩になりますのでおすすめです。

バス釣りガール

ブラックバスなどをターゲットに釣りをする川釣りです。直接川に入っていく釣りのスタイルではないのでアウトドアファッションで個性をだしてコーディネートができます。山ガールなどのファッションも参考にして楽しめるので堤防釣りの次にお洒落にコーディネートしやすい釣りです。

バス釣りは遠出しなくても近くの川や池などで楽しめますので気軽に足を運べます。

渓流釣りガール