Search

検索したいワードを入力してください

気になる女性に見せる態度・LINEで長続きする方法|好きな人

Author nopic iconperidot8787
片思い / 2018年03月07日
気になる女性に見せる態度・LINEで長続きする方法|好きな人

男が気になる女性に見せる態度

気になる人と、少しでも長くいたいと思うのは自然な気持ちです。しかし、そもそも気になるとはいったいどんな心理状態のことを言うのでしょうか。

気になる状態とは、人によって多少解釈の違いはありますが、相手に対して好意を抱いている、意識をしている状態になっているということです。元々友達同士だった人に対して、急に意識をするようになったということもありますが、偶然出会った人に対して気になることもあります。

では、元々知り合いだった人が気になるようになった場合、男性は気になる女性に対してどんな態度を取る人が多いのでしょうか。

他の人よりも距離が近い

男性が気になる女性に対して取る行動の1つに、気になる女性の近くに行くことがあります。気になる女性ということは、相手に対して好意を抱いているので、できるだけそばに行きたいという気持ちがあります。

職場などの場合は、露骨な態度を取ってしまいますと、周りの人に気付かれてしまうことがありますので、男性本人の気持ちの中ではさりげなく距離を縮めてなんとなくいつも近くにいるという状況を作ろうとします。

しかし、本人は自然な感じで近くにいるつもりでいても、周りから見ると、その男性が気になる女性に対して、好意を抱いていることが『ばればれ』になっているということも多いです。

他の人に頼めることも気になる女性にお願いする

職場などに気になる女性がいる場合は、他の人に頼める仕事もいつも気になる女性にお願いするという行動を取る男性もいます。仕事を依頼するのであれば、堂々と彼女と話すきっかけになりますし、依頼した仕事内容でわからないことなどがあれば、依頼した仕事が終わるまでコミュニケーションを取ることが可能です。

他の人でもできる内容の仕事をいつも頼んでくる男性がいる場合は、自分に気がある、または気になる存在になっている可能性が高いと言えるでしょう。

ちょっかいを出してくる

何かというとちょっかいを出してくる人はいますが、気になる女性に対してすぐにちょっかいを出すと言う行動を取ることがあります。小学生の頃好きな女の子につい意地悪をしてしまうのと同じような心理状態で、好きな女の子をかまいたくなってしまうのでしょう。

こういう男性は、他の人にもちょっかいを出すこともありますが、他の人よりも頻繁にちょっかいを出されている場合は、あなたに気がある可能性があります。

飲み会や旅行のときに気がつくと隣にいる

職場の飲み会や旅行などの時に気がつくと隣に行くという行動を取ることもあります。会社の飲み会や旅行などで女子社員と仲良く過ごしたいと考える男性は多いですが、気になる女性がいる男の人にとっては、周りの男性社員はすべて敵ということになります。

他の男性社員と仲良く話していたり、隣に座られたくないという嫉妬心から、気がつくといつも隣に行くという行動を取ってしまいます。職場の飲み会や旅行などの時にいつも同じ人が隣にいる場合、その男の人はあなたに気がある可能性が高いでしょう。

他の男性社員と話をしていると話に加わってくる

職場の飲み会や旅行などだけではなく、通常の業務時間内であっても、男性社員と話をしていると一緒に話に加わるという行動を取る人もいます。あきらかに仕事の話をしているだけであっても嫉妬をしてしまうので、自分も仕事を依頼するような形で話に加わってくることがあります。

男性社員と話をしていると、毎回のように話に加わってくる人がいる場合も、あなたに気がある可能性が高いでしょう。

知り合いではない人に気になる女性がいるときの男の行動

会社や学校などが一緒の場合は、さりげなく彼女に近づく、ちょっかいを出す、飲み会や旅行などの時に隣の席をGETするなどで、彼女にできるだけ近づきたい、コミュニケーションを取りたいという行動に出ることができます。

しかし、お店などの店員さんが気になる場合、相手は自分の存在は知りません。このような場合は、気になる女性に対してどのような行動を取るのでしょうか。

気になる女性のバイト先などで視線を送る

お店などに気になる女性がいた場合、男性側が一方的に見ているだけで、気になる女性は男性の存在に気付いていません。このような場合は、相手に直接話しかけるなどのコミュニケーションを取ることはできないため、気になる女性がいる時間帯を狙ってお店に通う、席からそっと視線を送るといった行動を取ることが多いです。

そっと視線を送る程度であれば、特に問題はありませんが、自分の中で勝手に妄想し、気になる女性と付き合っているかのような錯覚を起こしてしまう人もいます。このような男性がいた場合は女性側は注意が必要です。

頻繁に同じ人がお店に来る、帰る時になると一緒に帰ろうとするなどの行動を見かけた場合は、お店の責任者に報告するなどの対応をしておくようにしましょう。

気になる人へのLINEやメールを長続きさせる方法

気になる人と具体的なコンタクトを取るためには、パーソナルなLINEやメールなどの連絡先を入手する必要があります。同じ職場に気になる人がいる場合でも、男性側が興味を持っていたとしても、女性に意識されていないときは、仕事以外の話をする機会があまりないためです。

見事、連絡先を手に入れたとしても、目的もなくいきなりLINEやメールを送ると、早々に連絡を取り合えない関係になってしまう可能性が高いです。なぜなら、『連絡先を教えてくれた=相手も自分に好意がある』わけではないからです。

携帯電話の番号などと違い、LINEのIDなどであれば、個人情報としては女性側もそんなに重くは考えていないことが多いので、比較的気軽に教えてくれる人がいます。やっと手に入れた連絡先なので、すぐに連絡を取りたいと思うのは正常な反応ですが、長いお付き合いにするためにはあせりは禁物です。

連絡先を教えてもらったあとにすぐに連絡してはいけない理由

前の項目でもお話しましたが、LINEのIDを教えてくれた=相手も男性に興味があるということではありません。確かに気になる女性も好意まではいかなくても、男性に興味を持っているという場合もあります。でも、実際のところは、本人がどう思っているのかは今の段階で確認することはできません。

その状態のまま、特に意味のないLINEをしてしまいますと、最初は返事をしてもらうことができますが、特に返事をする必要を感じない内容のLINEに対して、いつも返事がもらえるかというとそうではありません。

特に気になる女性が同じ職場で働いている場合は、あまり冷たい態度をしてしまうと仕事がやりづらくなってしまうという心理が働きます。そのため、最初は返事をもらうことができますが、やがて女性は好意のない男性に返事を続けることが苦痛になってきます。その結果、最後は未読スル―もしくは既読スル―という形になってしまいます。

相手の気持ちがわからない時のLINEの利用方法

せっかく手に入れた気になる女性の連絡先です。失敗のないように上手に利用しましょう。女性は、特に意識をしていない男性といきなり2人で出かけることに対して、抵抗を示すことがあります。まずは、職場以外の場所で複数の人と一緒に出掛ける約束をすることから始めてみましょう。

例えば、仕事帰りやお昼休みなどで、自分から「○○のおいしいお店を見つけたんだけど、今度みんなで一緒に行かない」と直接誘います。もし、気になる彼女が友達と「○○が気になっているんだよね」という話をしていたら、今度みんなで一緒に行ってみようよという形で誘うのもOKです。

普段仲良くしているメンバー全員に声をかけてみましょう。このときに、初めてLINEを連絡ツールとして使います。プライベートな約束は会社でゆっくり話ができない場合がありますから、具体的な日時などをLINEを使って連絡してみましょう。

職場以外のところで会うことを繰り返す

職場以外のところで会う約束を繰り返して行いましょう。気になる彼女が心を開いてくれるまでは、複数名で出かけることがおすすめです。何度か会っているうちに、会社ではできない話をすることで彼女との距離も縮めることができるはずです。

彼女との距離が近づいたら、LINEで2人で出かける約束をしてみましょう。2人でも出かけることをOKしてもらえたら、彼女との距離をますます縮めることができるでしょう。彼女の気持ちが傾いてきたら、LINEのやり取りも長く続けていけるようになるでしょう。

気になる人と好きな人の違い

『気になる人』と『好きな人』の違いは何なのでしょうか。『気になる人』も『好きな人』も少なくても好意がある人という点についてはどちらも同じであると言えます。

あえて違いをあげるのであれば、『好き』という気持ちを自分自身がはっきりと認識しているか否かという違いがあります。『気になる人』は、いいなと思う気持ちはあっても『愛情としての好き』なのか、自分自身で確証が持てていない場合に使うことがあります。確証がない場合は『気になる人』という表現になり、確証がある場合は『好きな人』と表現することがあります。

気になる人へのアピール方法

気になる人と同じ職場、お店の店員、後輩などにより、アピール方法は変わりますが、いきなり2人で会うという手段は取らない方が良いでしょう。なぜならば、女性は特に好意を感じていない男性といきなり2人で会うということに抵抗がある人が多いためです。

まずは、気になる女性に自分の存在を知ってもらうための方法を考えてみましょう。

先輩

気になる人が先輩の場合、相談にのってほしいとお願いをするのも1つのアプローチ方法です。かわいい後輩の悩みであれば、気軽に相談にのってくれるでしょう。また、相手に弱さを見せることで、急にあなたを異性として意識し始める可能性があります。

店員

お店の店員さんが気になるという場合は、相手はあなたのことをまったく知らないので、いきなり直接的なアピールはかえって逆効果になってしまいます。まずは、お店に何度か通い、顔を覚えてもらいましょう。

お客さんの少ない時に、天気の話など何気ないことを話しかけてみるのも良いでしょう。

後輩

気になる相手が後輩の場合は、気軽に話すことができるでしょう。まずは、お互いを知っている仲間でみんなで一緒に出掛ける機会を作ってみましょう。

最初は意識をしてもらえないこともありますが、何度かみんなで会い、プライベートな話などをしているうちに急に意識をしてもらえる可能性があります。

気になる心理の仕組み

生物には自分の遺伝子を残したいという本能があります。つまり、生命を維持していく上で自分の仲間を絶やさないようにしたいと考えているということです。誰かが気になる=遺伝子を残したいということだけではありませんが、少なくても本能として自分の遺伝子を残す方法を考えているということです。

そのため、居心地のいい相手や好みの容姿などから、特定の誰かのことが気になるようになり、気になる人に意識を向けていることで、好きなところが見つかり、最終的に愛情へと変わります。

自分では気づいていないうちに、あの人が気になるということもあります。この場合は、直観で感じているので、自分でもなぜ気になるようになったのかわからない場合もあります。

「気になる」と言われた時の対処法

『気になる』と言われたことをきっかけに相手を意識し始めてしまうということがあります。愛情なのかはわからないけれど、相手に対して嫌な感情がないのであれば、まずは友達から交流を深めて見るのも良いでしょう。

反対に特にこれといった理由がないのに、どうしても嫌悪感を感じてしまう場合があります。この場合は、相手に好意を抱く可能性はほとんどありませんので、他に好きな人がいるのでごめんなさいと最初にはっきり伝えてしまうことをおすすめします。

彼女以外に気になる人がいる男性の割合

彼女より好きな人がいる(気になる人がいる)という男性の割合は24%というデータがあります。つまり、4人に1人の割合ということになります。

「このような状況になる理由の1つとして、「他に好きな人がいても、相手が自分のことを好きになってくれたから(気になる女性以外と)付き合う」という意見があります。

気になる男友達や女友達と付き合う方法

いつも数人の仲間で遊んでいる友達のなかに気になる人がいる場合があります。異性として意識せずに友達として一緒に行動しているので、気になる人に告白するというのはなかなか難しいと感じる人も多いでしょう。

友達としては仲良くしていても、真面目に告白してしまうことで友達としての関係まで壊したくないと考えると告白には躊躇してしまうという人が多いのではないでしょうか。このような場合、少なくても告白したら、友人関係も壊れてしまう可能性があるということは覚悟して真剣に告白してみましょう。

真面目に告白しても冗談としてかわされてしまった場合は、そのままもう少し友達の関係を保ってみましょう。『告白』をしたことで、相手も意識するようになり、うまくいけば恋人の関係に発展できる可能性があります。

真剣にとらえてくれたときも、返事はあせらなくてもいいということを伝えてあげると良いでしょう。

自分の気持ちを素直に伝えてみましょう

気になる人と自分との関係でアプローチの仕方は大きく異なります。同じ職場などの場合は、あまりあせってアプローチをしてしまうと、仕事の関係まで気まずくなってしまうことがあるので、あせらず慎重にアプローチしてみましょう。

また、お店の店員さんなどの場合は、あなたは相手からみると全く知らない人ですから、突然話しかけたら気持ち悪いと思われてしまう可能性が高いです。お店に何度か通うなどをして、まずは顔見知りになるところから始めてみましょう。

友達関係から恋人になるのは、タイミングが難しいですが、真剣に自分の気持ちを伝えてみましょう。うまくいかないこともありますが、少なくてもあなたの真剣な思いは相手に伝えることはできるはずです。