Search

検索したいワードを入力してください

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
自分磨き / 2018年03月08日
惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めな自分を変える方法

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

人生はよいこともあればそうでないときもあり、ふと惨めだなと感じることはありませんか。急に気分が沈んで惨めに感じることもあるという方は、すぐに気分を変えて楽しい方向に進みましょう。惨めだなと感じたときにそこから抜け出す方法をご紹介しますのでぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。

惨めとは自分で感じることであり、状況が変わらなくても気分や感情を変えることはいくらでも可能です。自分の考え方や捉え方、ものの見方で惨めと感じたことが全く違ったように感じることができます。

前向きになる

とにかく気分をかえたいときは前向きに考えることが大切です。惨めと感じることがあっても前向きに明るく明日に向っていけばいつのまにか惨めな気持ちもなくなっていることがあります。

惨めと感じているときは何かで気分が落ちたり沈んでいたりするときです。気分はときには周囲の環境で変化することがありますが、大人になると自分自身でコントロールできるようになります。うまくよい方向に惨めな気持ちをコントロールして楽しい環境作りをしましょう。

自分の考え方と反対のことを考える

惨めに感じるときは気分が暗くなり考え方も感じ方も悪い方向に考えがちです。そういうときには、今感じることの反対のことを考えるようにしましょう。悪いことの反対はよいことになるので単純に反対のことを考えるだけで惨めな気分をとっぱらえることができます。

惨めと感じるということは今の状況に満足していないことが理由の1つです。満足感を得るためには今のマイナスな考えを変える必要があります。

新しいことに挑戦する

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めと感じるということは今の状況に不満を感じているケースがほとんどです。その状態から脱出するためにもとにかく新しいことに挑戦して新鮮な空気を取り入れましょう。

そうすれば考え方や新しい出会いなどが増え、惨めな状況から這い出すことができるきっかけとなります。

たくさん時間がありすぎ、時間を持て余していると悪いことを考えてしまうことがあります。新しい趣味などに挑戦することによって惨めと考える時間もなくなります。

目標を持つ

仕事や趣味など何でもよいですが目標を持って取り組むことはとても充実した環境を作りやすいです。惨めと感じるときは何もやる気がおきずただ日常生活を送っているだけというときが多いので、まずは小さいことでも目標を作りましょう。目標は少しがんばれば達成できるぐらいのものが調度良いです。

あまり目標を大きく設定しすぎると達成することが難しく、できない自分を再度惨めに感じることがあります。しかし、努力することに意義があるのでできないときも惨めに感じる必要はありません。

惨めな人生の特徴

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めと感じるときは同じ状況や環境などを歩んでいる傾向が強いです。では惨めな人生と感じる方の特徴をご紹介します。惨めと感じることは特にまわりと比べて感じることが多く、例えば結婚適齢期を過ぎて結婚していない場合に惨めに感じることがあります。

また、結婚している人は結婚していない方を惨めという目線を送ることがあります。お互いに無いものねだりが発生するので人と比べることをやりだすときりがありません。

恋愛

恋愛は相手があって初めて成立します。例えばクリスマスやバレンタインなどカップルで過ごすイベントシーズンに、周囲は恋人と楽しいデートをしている中、自分だけ1人で過ごすクリスマスを惨めと感じることがあります。

相手がいない、恋人がなかなかできないとだんだんと恋愛に対しても臆病になり、さらに恋愛から遠のいてしまうことがあります。恋愛はご縁の問題なので、たまたま自分にご縁がないときを惨めと感じる必要はありません。

結婚できない

日本の社会は少子化が進み、結婚をする人も少なくなってきています。その理由として結婚ができないと感じている方が多いです。結婚はできないのではなくしないという考えの人も多く、結婚をしていない方でも全く惨めに感じていない方もたくさんいます。

しかし、結婚を望んでいるがしていない人は結婚ができないと感じ、惨めに感じることがあります。特に、40代、50代になると惨めな上に寂しさも感じることがあります。

離婚

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

離婚は結婚以上に体力が必要といいます。恋愛も一緒で出会うときは幸せいっぱいでお付き合いが始まり絶好調ですが、別れるときは1人になる辛さが一気に押し寄せてきます。孤独や惨めという悪い感情が湧き出す特徴があります。

離婚をしたばかりで新たな人生を明るく前向きに歩みだす方もいますが、離婚する年齢や経済状況によってはとても辛い環境になることもあり惨めと感じることがあります。

お金がない

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

ある程度の年齢になると金銭にも余裕がでてきて、旅行にいったりおいしいものを食べに行ったり高級なものをお買い物することで欲は満たされることがあります。しかし、お金がないとしたくても何もできず惨めなおもいをすることがあります。

毎日ハードワーキングをこなしても満足におもえるほどの金銭を稼ぐことができずたまにの贅沢もできないとなると何のために働いているのかわからなくなることがあります。車や家の購入など大きなものを持つことはおろか、お金がないと何もできません。

生活保護

生活保護をもらうに至るまではいろいろな人生があります。

どうしても生活保護をもらわないと生活が苦しく国からの援助を受けることもあります。それを惨めと感じながらもなかなか個人の力で抜け出せず生活保護を受け続けることもあります。

しかし、なかには生活保護という制度を利用してわざと生活保護を受けている方もいることは事実です。そういう方は惨めと感じることもなく、自身の損得勘定のみでもらえるものはもらっとくという考えの方もいます。

独身女は惨めなのか

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

女性は30歳になり結婚をしていないと惨めという目線で見られることがあります。まだ結婚しないの、いつ結婚するの、子供は欲しいとおもわないの、と周囲からも質問が多くなります。

ただ、30歳を超えた独身女性は惨めと感じているのでしょうか。なかには自身の人生を自分のためだけにおもいっきり充実させている場合もあります。

独身だからできることも多く、惨めと感じることもなく毎日を過ごしていることもあります。では、30歳を超えた女性の実態をご紹介します。

なぜ独身かにもよる

30歳以上の独身女性が惨めかどうかはなぜ独身かということがポイントになります。

結婚をしたいけどできない状況が続き、現在に至る場合もあれば、自分の人生設計をたてその中に結婚という文字がない場合もあります。後者については惨めと感じる女性は少ないようですが、やはりたまに惨めと感じることもあります。

若いときから結婚に魅力を感じない、もしくは子供がほしいと感じない女性は結婚ということを身近に感じず過ごしてきた傾向が強いです。そのため、ある程度の年齢をこえると周囲が一気に結婚したり子供ができ、ふと気付くと自分だけ家族がいないと気付いたときに惨めと感じることがあります。

惨めさには波がある

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めと感じる30歳以上の女性は独身貴族と呼ばれる順風満帆な生き方をしています。そのため惨めと感じることはなく花の独身生活をエンジョイしています。結婚をして子供がおるとできないことも多いですが、そんなこともおかまいなしに自分のために時間もお金も費やせる独身女性は惨めのかけらもありません。

しかし、この感情には波があり1人で家でぽつんとなったときに、ふと結婚したいという願望が湧き出て自分の状況が惨めに感じることもあります。

婚活がうまくいかないとき

30歳以上の独身女性はプライベートは充実していますが、それに平行して婚活にもいそしんでいます。将来的には結婚を望む女性は多くそのためにアフターファイブは婚活パーティーなどに参加していることがあります。

しかし、30歳の婚活の成功率は低く、おもっているようにうまくいかないことが現実です。そんなときにこの先、婚活が成功することがあるのかどうかという不安にかられ一瞬にして惨めな気持ちなることがあります。しかし、その次の日には女子会で昨日の惨めさも忘れて楽しくすごしています。

結婚に興味がないと惨めさもない

結婚に全く興味がない独身貴族は全く惨めさを感じません。むしろ結婚生活は何もかもにおいて否定的な意見を持っている場合は、結婚をしている人に対してお察しする気持ちを抱いています。

その場合、結婚している人とはあまり価値観があわず、周囲の交友関係は独身の人が多くなりより一層、結婚という環境から遠のいていきます。そのため、比べるものもなく惨めという感情がわく状況がほとんどありません。

惨めな思いをしない方法

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めと感じることはあまりよい状況とは言えません。では、惨めと感じない方法をご紹介しますので、ぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。

人と比べない

まず惨めと感じるということは他人の人生と比べることで発生しやすいです。自分にないものをねだったり、欲しいと強い願望を抱いたりすることは悪いことではありません。

しかし、自分にないものを他人が持っているときに欲しいと感じることはジェラシーやねたみという感情に変化しやすいです。そのため、自分にはないと惨めになることが多いです。

高望みをしない

自分の生活に満足できない方は惨めに感じやすいです。上も下もそうですが、上を望み続けるときりがありません。例えば今は年収400万ですが、翌年に600万になり、翌年800万になったとしても常に5000万は欲しいと望み続けるとなかなか達成することはなくないことに対して惨めに感じることがあります。

あまりにも無理な願望は夢見がちな発想であり現実性がありません。

惨めとはマイナス思考

惨めとはマイナスな考えからうまれます。ネガティブな考えで私にはむりとおもっているときは惨めな感情になりやすいです。そんな考えはとりはらいましょう。そしていつもより少しだけ楽観的になり考えこむことをやめましょう。

惨めとはただの思い込み

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めについてのご紹介はいかがでしたか。結果的に惨めという感情は自身が作り出した物です。ただの思い込みに近いものなので、考え方次第でその感情はなくなります。

関連記事

Related