Search

検索したいワードを入力してください

【男女・年齢別】やりがいのある仕事|志望動機/主婦/転職

Author nopic iconライム
転職・就職 / 2018年03月07日
【男女・年齢別】やりがいのある仕事|志望動機/主婦/転職

男女別に見たやりがいのある仕事とはどのような仕事か?

終身雇用が崩壊して、一人の人が定年まで勤め上げる事は難しくなりました。仕事の探し方や仕事への取り組み方も従来とは違う観点や視点で探す必要があります。他人に必要とされている仕事はやりがいのある仕事であり、他の何者にも代え難い仕事と言えるでしょう。

男女別に見てもやりがいのある仕事は違ってきますが、その人が何が得意かでも仕事の種類が変わってくるでしょう。

人に感謝されたり、じぶんなりの達成感がある仕事がやりがいのある仕事です。雇用形態が安定しない世の中ですが、やりがいのある仕事を探す事で仕事に希望を持つ事ができる人も中には出て来ています。

主婦の場合はどのような仕事か?

主婦の場合はパートでじぶんの能力を発揮する仕事でも良いですが、昔していた看護師や調理師、介護士、理容師、美容師でも人に感謝される仕事ができるでしょう。

パートでも主婦は男性や独身の女性よりも柔軟な考え方で取り組めます。また出産を経験している主婦は学生のアルバイトや若いアルバイトに仕事を教える事も他の年代や職業のパートやアルバイトよりも上手なはずです。また小さな子供の面倒を見る事も可能なので、職場では重宝されるでしょう。

主婦でやりがいのある仕事と言うと靴屋の店員や飲食業の店員などに向いています。パートでも正社員でも主婦は大きな力を発揮できるでしょう。

男性の場合の仕事は

男性のやりがいのある仕事は社会的な評価がもらえる仕事や達成感のある仕事です。正社員として働いていても、非正規雇用として働いていても、人のためになる仕事やじぶんのスキルアップやステップアップになる仕事がよいでしょう。

営業職でそれなりの成績を残す事でもやりがいのある仕事ができます。またじぶんの趣味を活かした仕事に就く事でも大きな結果を残せます。

趣味の車やバイクの新しいエンジンや、または新しいバイクやエンジンを開発したり、新しいIT製品を開発してもよいやりがいのある仕事ができるでしょう。人によりやりがいのある仕事とは十人十色になります。どのような仕事に就いても常に努力をして、今までの経験を活かすことでやりがいのある仕事に就くことができるでしょう。

独身の女性の場合はどのような仕事か?

20代の女性はなかなかやりがいのある仕事に就けない人も多いですが、30代になると仕事で悩まなくなる人が多くなります。普段何となく仕事をして、休日にボーイフレンドに会う生活にうんざりしている女性も多いはずです。そのような時はじぶんのしたかった仕事に就きましょう。

男性でも女性でもじぶんの可能性を確かめることで道が拓ける人がいることも確かです。今の仕事を続けながら、海外留学や今している仕事とは違うことを学んでいて、数年後に他の職業に就く場合もあります。

シングルの女性は起業や今している仕事よりも現実離れした仕事に挑戦してもよいでしょう。起業をするなら、女性らしさのある花や子供に視点を合わせた仕事や、現実離れしている仕事では音楽家や芸術家や小説家でもよいでしょう。なんでも挑戦してみるべきです。

年代別に見たやりがいのある仕事とは何か?

年代別にやりがいのある仕事を見ると、今までの経験や家族構成などからも就ける仕事が変わってきます。年代別に見ると家族構成や今までの経験はどうしてもついて回る事になります。
また人脈を活かした仕事に就く事でも、今までの経験が活かせるでしょう。

大学生でも起業して社長になっている人はいます。年代別に見てももともとその人が持っている考え方や価値観でもその後の仕事は変わってきます。学生時代にどのような経験を積んできたかでもやりがいのある仕事に就けるかどうかが、変わってきます。じぶんに合った事、得意な事をすることでやりがいのある仕事に就く事が出来るでしょう。

20代の場合

20代の場合は大学卒業したばかりなので、まず新卒として入社した会社で努力するべきです。新卒として入社した会社で成し遂げたい事や、会社でどのような物を開発して会社の業績を上げるのかなどを考えて仕事をしていきましょう。

やりがいのある仕事が、何も起業や突飛なことをすればやりがいのある仕事になるとは限りません。今置かれた立場で最大限の努力を重ねる事も時には必要になります。

大学や高校、専門学校を卒業する時に会社へ入社したらどのような夢や希望を持っていたのか、またその夢や希望を叶えるにはどのようなことが必要かを考えて仕事をしていきましょう。20代は仕事に慣れる事と、その後の人生をどう過ごしていくかを考える時期でもあります。

30代の場合

30代になれば家族が増えたり、子供を持つ人も増えるでしょう。またじぶんだけのことではなく、社会全体のことを考えたり、地域の発展とじぶんの仕事を連携する事を考える人も増えてきます。30代は20代の頃になかった考え方でやりがいのある仕事も変わってくるでしょう。

30代で出世をした場合は、20代から世話になっている会社で非正規雇用の人がいれば、その人達が働きやすい職場にしたり、また女性が育休や産休を取りやすい職場にしたり、やりがいのある仕事は仲間のことを考えて行動する事でもやりがいのある仕事ができるでしょう。

30代の場合は今までの経験を活かして起業したり、トラックの運転手やバイク便のドライバーをしてじぶんの運送会社を設立したり、スポーツや好きな事に関する事でもやりがいのある仕事ができます。スポーツではトレーナーでも若い人を支える側でもやりがいのある仕事ができるでしょう。

40代の場合

40代でやりがいのある仕事に就きたいと思っている場合は、今までの仕事でそれなりの結果を残せてない人です。40代でも非正規雇用のままだったり、転職した職場でそれなりの結果を出せていない場合が多いので、やりがいのある仕事を40代で探している場合は、大きな方向転換を兼ねた転職が必要になります。

地方に住んでいる人は町に不足している店やサービス業などを新たに始めるのもよいでしょう。40代で転職する場合はそれなりの裏付けがないと転職は難しいでしょう。転職しても親やじぶんの家族に迷惑のかからない程度に冒険をしましょう。今の仕事にやりがいを持っていれば、無理して転職する事はないでしょう。

履歴書の志望動機で「やりがいのある仕事」を書く場合は?

履歴書の志望動機にやりがいのある仕事を明記する場合、面接を受ける会社にどのような感銘を受けてこの仕事を選んだのかを書くべきです。

他人のためになる仕事やたくさんの人の安全や財産を守るための仕事ならば、そのことをやりがいのある仕事だと志望動機に書きましょう。じぶんがどのようなことに価値を見いだしているかでも、人となりが分かり、面接官にも熱意が伝わるでしょう。

志望動機として書く場合も、なぜやりがいのある仕事だと感じたのかを書く事で採用への道が拓けます。

転職してやりがいのある仕事を探す場合

ステップアップのための転職や今までとは違う職種に転職する場合は、転職後のビジョンを上手く話す事ができるかでも転職を成功させるには必要になります。

今までとは違う仕事に就く場合は、どうしてこの仕事でないとダメなのかを面接官に話せるようにしておくべきです。人によってやりがいのある仕事は変わってきます。どうして今就こうとしている仕事にやりがいを感じたのかを面接官に上手く話す事で、就職しても後悔をする事はないでしょう。

儲かる仕事=やりがいのある仕事ではない

儲かる仕事だから、続けられるという論理は仕事では通用しないです。儲かる仕事はそれなりに高いリスクを伴い、長く続ける事は不可能です。

やりがいのある仕事を探すには、この仕事をしていて良かったと思う仕事に就きましょう。農業や塾の講師でもやりがいのある仕事です。じぶんが好きな事や得意な事を探して仕事にしないと続かないとはもちろんですが、儲かる仕事を探して無駄な時間を過ごす事はやめましょう。

やりがいのある仕事は人それぞれ得意な事や好きな事を仕事にしよう!

やりがいのある仕事は人それぞれです。今までの仕事で限界を感じたら、新しい仕事を探しても良いでしょう。また新しい仕事に就く場合は長く続けられて、人に感謝されて地域の発展を促す仕事がよいでしょう。

やりがいのある仕事を40代で見つける人や、若いうちに見つける人もいますが、じぶんがやりがいのある仕事だと感じたら、感謝をして仕事に取り組みましょう。やりがいのある仕事は起業や突飛な事をすることがやりがいのある仕事とは限らないので、今の職場からステップアップの転職をしたり、仕事で得意だった事でもやりがいのある仕事は探せます。

関連記事

Related