Search

検索したいワードを入力してください

【シーン別】心付けの正しい渡し方・封筒の書き方|タイミング

Author nopic iconsunshine
カテゴリ:マナー

初回公開日:2018年03月11日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【シーン別】心付けの正しい渡し方・封筒の書き方|タイミング

心付けとはどういったもの?

心付けとは、言い換えれば「感謝の気持ち」で、お世話になった人にお礼の気持ちを込めて謝礼品を渡すことを意味します。

本来心付けは人によってプラスアルファのお礼になるため、必ず心付けを渡さなければいけないことはありません。あくまでも、「よくしていただきありがとうございます」「お世話になります」と個人の感謝の気持ちによるものなので、義務ではないことを理解しておきましょう。

心付けはいつから始まったの?

心付けの風習が始まったのは、古くは江戸時代からと言われています。当時お小遣いやお年玉をポチ袋に入れるようになり、謝礼品として現金もポチ袋に入れて心付けとして利用するようになりました。その後、旅館に宿泊する際に女将へお世話になるお礼の気持ちを込めて心付けとしての利用が拡大していったと言われています。

心付けの封筒の正しい書き方とは?

冠婚葬祭から宿泊など人生において特別にお世話になる方へのお礼として、「心付け」を渡す場合があります。いわゆるチップのようなもので、正規の支払い以外に特別な感謝の気持ちとして支払うことを意味します。義務ではありませんが、あくまでも心ばかりのお礼として心付けが必要になる場合もあるでしょう。

いざ心付けを渡す際に、どのように封筒で相手に渡したらいいのか紹介していきます。

金封はどんなものを選べばいいの?

一般的な心付けに利用する金封は、「水引き」か「結びきり」の封筒のいずれかです。

表は、「寿」か「御礼」と記されたものを選びます。よく人が間違いやすく選びがちなのが「寸志」です。これは、上下関係を示すものであり、上の方が下の方へ渡す意味になるため「寸氏」は間違っても選ばないよう注意しましょう。状況によっては、白い封筒やポチ袋を利用するケースもあります。

表書きはどういったものを選べばいいの?

「寿」か「御礼」が記された表書きはシーン別に選ぶことがポイントです。名前を書くときには、毛筆か筆ペンの濃墨で丁寧に書きましょう。名目と送り主の書き方について、さらに細かく紹介していきます。

名目の書き方について

いわゆる水引きより上の部分に記す「寿」か「御礼」を指します。一般的に文字がすでに印刷済みの場合が多いですが、自分で書く場合はバランスよく間隔に注意して書きましょう。書き間違いをしてしまった場合は、訂正線を引かず新しい封筒で書き直します。

送り主の書き方について

水引きより下の部分に書く送り主の名前を指し、心付けを渡す際にお金を包む人の名前になります。必ずフルネームで書きましょう。名目で記した文字より小さめに書くことがポイントです。

連名で送る場合はどうするの?

連名で心付けを渡す場合は、送り主の中でも一番長者や格上の方の名前を中央に書いて、その他の名前を左に続いて並べて書きます。団体でまとめて渡す場合には、代表者の名前のみ中央部分に書いて、その左側に「外一同」とやや小さめな文字で書くといいでしょう。

シーン別で心付けの正しい渡し方とはどういったものがあるの?

感謝の気持ちを心付けとして相手に渡すことは、日常あらゆるシーンで発生します。具体的にどのような場合があるのか、シーン別に紹介していきましょう。

「結婚式」で心付けを渡す場合はどうしたらいいの?

心付けが一番多く利用されている代表的なシーンは結婚式です。最愛のパートナーとの結婚式を最高のものにするために、多大なるサポートをしていただいた方へのお礼を心付けとして渡すカップルは多いもの。結婚式の場合に一般的な金額の相場、渡すタイミングなど担当別に紹介していきます。

ウェディングプランナー