Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】おすすめのチェックスカート・コーデ術|タイト

Small caa0989d 66b3 4b2f a915 8849e33846a8ゆたも
コーディネート / 2018年12月27日
【季節別】おすすめのチェックスカート・コーデ術|タイト

チェックスカートを使ったおすすめコーデは?

チェックスカートを使ってコーディネートをする時に、自分の雰囲気と年相応な雰囲気になっているかはとても重要です。一歩間違えると、若作りして見えてしまったり自分の求めている雰囲気とは全く違うものになってしまう可能性があります。

大人っぽくチェックスカートを履きこなしたいと考えている方におすすめしたいコーディネートを、チェックスカートの種類とともにご紹介します。

タータンチェックスカートのコーデ

チェックスカートと言えば、タータンチェックスカートを思い浮かべる方も多いでしょう。実際にタータンチェックスカートはとても種類が多く、タータンチェックのバリエーションだけでも無限に近いほどの種類があります。配色の違いで雰囲気も変わるので、自分の好きな色合いのものを選ぶと良いでしょう。

こちらのコーデはタータンチェックスカートを主役にしています、少し長めの丈なので明るい配色のチェックスカートでも大人っぽく着こなすことができます。

グレンチェックスカートのコーデ

落ち着いた色合いで、さりげないチェック柄が特徴のグレンチェックのチェックスカートです。グレンチェックスカートは、落ち着いた雰囲気にぴったりなのでオフィスカジュアルとしても着用することができます。

こちらのようにライダースジャケットと合わせると、適度にカジュアルダウンされて気軽に着ることができる雰囲気にもなります。全体がモノトーンでも、グレンチェックを取り入れると少し雰囲気が変わります。

ギンガムチェックスカートのコーデ

ギンガムチェックは可愛い雰囲気が強いので、選ぶときには丈とカラーに注意しましょう。ギンガムチェックでオーソドックスなものが黒と白のものですが、あえてブルーと白にすることでコントラストをおさえます。

そして丈を長めのものを選び、大人可愛い雰囲気に近づけます。足元はパンプス、トップスはシンプルな物を合わせて、ギンガムチェックスカートを主役に持ってきます。

チェックスカートのおすすめのブランドは?

レディースのスカートを扱うブランドならば、ほとんどと言っても過言ではないほどチェックスカートはいろいろなブランドから販売されています。また、チェックスカートをメインに展開するブランドもあります。ここぞという勝負時に使えるチェックスカートを、有名ブランドから探してみましょう。

バーバリー

最も有名なチェックスカートは、バーバリーのチェックスカートでしょう。バーバリーチェックと呼ばれる独特なチェックが施されたスカートは、女性の憧れとして常に上位に君臨するチェックスカートです。

バーバリーチェックと一言で言っても、ラインの太さや柄の大きさが違う種類のチェックがあります。若者向けや日本限定チェックなど、バーバリーの中でもバリエーションが豊富です。

オニール オブ ダブリン

アイルランドの民族衣装であるキルト製品を首都ダブリンで作り続けている「オニール
オブ ダブリン」のキルトスカートは、流行に左右されない伝統的な雰囲気が特徴です。昔ながらの製法で作られている伝統的なチェックスカートは重厚感があり、高級感もあります。

落ち着いた雰囲気で着こなすことができるので、大人の女性にはおすすめしたいチェックスカートです。デザインも豊富で、プリーツがさりげなく入ったものなどもあります。

特徴別おすすめのチェックスカートは?

チェックスカートにはいろいろな種類があります。先ほど紹介したチェック柄の違いはもちろん、丈の長さや形の違い、配色の違いなどで全く雰囲気が変わります。

カジュアルにコーディネートしたいのか、シックにしたいのかなどによって選ぶチェックスカートも変わってきます。自分の求めるイメージにぴったりなチェックスカートを選べるように、イメージをある程度固めておくと良いでしょう。

タイトスカート

タイトスカートはフレアスカートなどのボリュームのあるスカートと比べて、落ち着いた雰囲気で着こなすことができます。またシックな雰囲気にも合うので、オンオフともに使えます。

ボリュームのあるタイプだと子供っぽく見えがちなギンガムチェックでも、タイトスカートをえらべば大人っぽさをプラスできるので、落ち着いた雰囲気でコーディネートすることができます。

コクーン

腰まわりにボリュームがあり、下に向かって足に沿うようなラインが特徴のコクーンスカートのチェックスカートは、カジュアルな雰囲気にぴったりです。タイトスカートにも雰囲気が似ているので、合わせるアイテムによってはシックな雰囲気も出すことができます。

ラップスカート

ラップスカートは「ラップ アラウンド スカート」の略称で、巻きスカートのことを指します。一枚の布を腰に巻きつけるようにして着用するスカートです。着やすさ、動きやすさに優れていて巻き終わりの場所をいろいろな位置に変えることで、一枚のスカートでいろいろな表情を出すことができます。

チェックスカートのラップスカートはとても種類が豊富で、いろいろな着こなし方で着用することができます。

ワンピース

大人しい雰囲気のチェックのワンピースを選べば、オンオフともに使えるアイテムとなりますが、カジュアルにチェックスカートを着こなしたいときにおすすめなのが、カジュアルなチェック柄がたくさんあしらわれた個性的なマキシワンピです。

チェックスカートと言えば、制服などかっちりとしたイメージがありますが、とことんカジュアルに縫い合わされたさまざまな配色のチェックがおしゃれなアイテムです。

ロング丈

ロング丈のチェックスカートは、そのシルエットだけでも十分大人っぽい雰囲気を出すことができます。ガーリーさをプラスしたいときは、こちらのようにリボンやレースなどの装飾があるものを選ぶと良いでしょう。

暗めの色で子供っぽくなるのを防ぎ、細かめのチェックが素敵なチェックスカートです。秋冬のコーディネートに取り入れると暖かく足元の防寒にもおすすめです。

ミニ丈

ミニ丈のチェックスカートを履くのは勇気がいるという方も多いでしょう。ミニ丈は子供っぽく見えやすく、大人の女性にはなかなか難しいアイテムです。

落ち着いたモノトーンカラーのチェックスカートで台形スカートを選ぶと、落ち着いた印象に近づけることができます。プリーツスカートやフレアスカート、チェック柄が明るい配色のものは避けた方が良いでしょう。

チェックスカートで赤色のチェックは定番色です。赤色チェックスカートは、ガーリーでカジュアルな雰囲気で人気があります。

ただ、短い丈のものを選んでしまうと子供っぽくなってしまいます。ミモレ丈やロング丈を選んで落ち着いたコーディネートになるようにしましょう。

暗めの色

暗めの配色のチェックスカートは、カジュアルにも落ち着いた雰囲気にもぴったりなアイテムです。紺色や黒、グレーなどは他のアイテムにも合わせやすく、どんなコーディネートの主役にもなることができます。

少し特徴的な配色のチェックでも、暗めのカラーならさりげなくおしゃれに見せることがで着るのでおすすめです。

花柄

チェック地に花柄があしらわれたミックス柄のチェックスカートは、個性的でおしゃれなアイテムです。柄×柄だと相性が悪いのではと考えがちですが、花柄とチェックが調和して大人っぽさもプラスしてくれるので、少しいつもとは違う雰囲気に仕上げたいときにおすすめです。

チュール

チェックスカートをチュールで覆ったスカートは、春先から活躍するアイテムです。派手なチェック柄でもチュールが派手さをおさえてくれるので、さまざまなコーディネートに使うことができます。短めの丈はよりカジュアルに、長めの丈は落ち着いた雰囲気に仕上げることができます。

季節別おすすめのチェックスカートは?

それぞれの季節にあうチェックスカートはどのようなものでしょうか。素材の違いもありますが、カラーや形で季節感のあるコーディネートに挑戦しましょう。

ギンガムチェックスカートは春に取り入れたいアイテムです。爽やかな雰囲気で軽い素材のものを選ぶのがおすすめです。デニムジャケットなどとも相性が良いので、コーディネートもカジュアルに決まります。

夏には、風に揺れるシルエットが涼しげな淡い色のチェックスカートがおすすめです。明るい白を基調にした配色は夏ならではの雰囲気で、少し短めの丈はサンダルなどととても相性が良く軽やかに着こなすことができます。

秋に選びたいチェックスカートは、一枚で主役になるようなものがおすすめです。暗めの色の配色のチェックを選ぶと、さらに秋のイメージにぴったりです。上下とも同系色になる場合は、小物でカラーをプラスするのがおすすめです。

寒い冬はやはりロング丈のチェックスカートがおすすめです。ブーツと合わせて防寒対策もばっちりで、暖かみのあるウール素材とチェックの配色で素敵な冬のコーディネートになります。スモーキーなカラーは、より落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

チェックスカートに合う靴は?

チェックスカートのコーディネートを完成させるときに重視すべきなのが、靴です。靴によってチェックスカートを含む全体のコーディネートのイメージが変わってきます。いろいろなタイプの靴を試してみて、自分にぴったりな雰囲気のものを選びましょう。

サンダル

暗めの色だったりボリュームが目立つタイプのチェックスカートの場合は、足元でバランスが取れるサンダルがおすすめです。シンプルな飾りのないものは、どんなチェックスカートにも合うので便利です。

おじ靴

シックな雰囲気をプラスしたいなら、おじ靴がおすすめです。ガーリーに見えがちなチェックスカートでもおじ靴で引き締めることで、バランスの良い落ち着いた雰囲気になります。

パンプス

カラーパンプスは、同系色のコーディネートをしたときに便利です。チェックスカートに使われている色のパンプスを使うことで、統一感も出るのでコーディネートがしっかりとまとまります。

ブーツ

ショートブーツは、カジュアルなものがチェックスカートに良く合います。レースアップブーツは全体のアクセントになるので、ガーリーな雰囲気だけでなくクールな印象にもなります。

チェックスカートを大人可愛く着こなそう!

チェックスカートはガーリーなイメージが強く、大人っぽく落ち着いた雰囲気で着こなすのは難しいと感じる方も多いでしょう。ミニスカート、プリーツスカートなどのイメージが強いチェックスカートですが、最近はロング丈や落ち着いたカラーのものも増えています。

チェックスカートをコーディネートに取り入れて、大人可愛い雰囲気を作り上げましょう。チェックスカートはオンオフともに使えるので、いろいろな場面で活躍します。選ぶときは丈やカラー、デザインに気を付けると良いでしょう。