Search

検索したいワードを入力してください

サッシュベルトの巻き方|リング/短い/穴なし/ドレス

Small caa0989d 66b3 4b2f a915 8849e33846a8ゆたも
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年04月07日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2018年04月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

サッシュベルトの巻き方|リング/短い/穴なし/ドレス

サッシュベルトとは?

サッシュベルトの巻き方|リング/短い/穴なし/ドレス
※画像はイメージです
出典: Belts - Free pictures on Pixabay

最近ファッション誌や店頭などで良く目にするサッシュベルトですが、そもそも「サッシュベルト」とはどのようベルトのことを指すのでしょうか。サッシュベルトは通常のベルトとは異なり、金具で留めるのではなく体に巻きつけて使うベルトのことを指します。

ウエストマークをすることで、スタイル良くコーディネートを格上げすることができます。さらに巻き方を工夫するとよりおしゃれに見せることができます。いろいろな巻き方が楽しめるサッシュベルトに挑戦しましょう。

サッシュベルトの基本的な巻き方は?

サッシュベルトにはいろいろな種類があります。最近の流行によっていろいろなタイプのサッシュベルトが販売され、巻き方もそれぞれ楽しむことができます。ただ巻くだけの巻き方でも十分おしゃれに見えるので、基本的な巻き方をサッシュベルトのタイプ別にマスターしておくと良いでしょう。

リング

リングに通して巻きつけるタイプは、巻き方もシンプルなので初心者でも使いやすいサッシュベルトです。リング自体もシンプルなものが多いので、どんなコーディネートにも合わせやすいのが特徴です。

巻き方としては、リングに一度通して折り返すようにして引き締めます。サイズ調節も行いやすいので、どんな体型の方でもオールマイティに使えるサッシュベルトです。

バックル

カジュアルな雰囲気で使いやすいバックルタイプのサッシュベルトは、コーディネートの主役として使用すると地味になりがちなシンプルなコーディネートでも、一気におしゃれな雰囲気になります。

バックルの巻き方は、通常のベルトのようにバックルに通して引き締める方法が一番簡単です。余ったベルトの端を軽く結んだり、こちらのようにベルトに通したりするとおしゃれ度がアップします。

結ぶタイプ

ウエストでキュッと結ぶタイプのサッシュベルトは、巻き方によっていろいろな表情になるので、コーディネートに合わせて巻き方を変えることでなりたいテイストに近づけることができます。

また細いものや太いもの、長いものや短いものなど種類も豊富にあるので、それぞれのサッシュベルトに合った巻き方を実践することでバランスの良いコーディネートを作ることもできます。

サッシュベルトの長さ別の巻き方は?

結ぶタイプのサッシュベルトは、長さがそれぞれ違ってその長さに応じた巻き方をマスターする必要があります。長ければ長いほど使い勝手が良いという訳でもなく、自分のなりたいテイストに合わせてサッシュベルトの長さを選ぶようにしましょう。

短い場合

短い場合の巻き方は、リボン結びにしてしまうと小さなリボンになってしまったりバランスが悪いので、両端の長さを残すように垂らしましょう。ラフに一度結ぶだけでもさまになりますし、少し長さに余裕があるなら固結びやシングルループ(片蝶々結び)などもおすすめです。

短めのサッシュベルトは、カジュアルな雰囲気のコーディネートにぴったりです。ラフに着こなしたいときには、ぜひ使いたいサッシュベルトです。

長い場合