Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】おすすめのパリジェンヌ風コーデ・メイク・髪型

Author nopic iconシャッサー
コーディネート / 2018年12月27日
【季節別】おすすめのパリジェンヌ風コーデ・メイク・髪型

パリジェンヌとは

ファッション雑誌や本でよく見かける「パリジェンヌ」ですが、いまいちどういったコーディネートなのか知らない方が多いです。パリジェンヌのコーディネートやメイクを紹介する前に意味を説明していきます。

パリジェンヌの意味

パリは、ファッション以外にも建造物や芸術が好きな方の憧れの都市です。パリジェンヌはパリで生活していたりするレディースの事を指しますが、ただ単にパリに住んでいるだけではなく自信のある女性をイメージするとわかりやすいです。

自信と言っても自意識過剰や高慢というわけではなく、人は人で自分は自分だという自信です。人と比べて悲観的になったりせずに自分らしさを大切にしている方が多いです。

日本人は、他の国に比べて内向的な方が多く自己主張が少なく意見をはっきり言えない方がたくさんいます。だからこそパリジェンヌに憧れ惹かれるレディースも多いです。

パリジェンヌ風メイクの仕方

パリジェンヌ風メイクをする時の重要なポイントを紹介していきます。

ナチュラル

パリジェンヌ風のメイクがしたい方は、とにかくナチュラルにメイクをするのが重要なポイントです。基本的にパリジェンヌはファンデーションを使わない方が多いです。素顔近い方や、すっぴんの方も珍しくありません。パリジェンヌは肌がキレイな方が多いです。

日本では、メイクをする時に基本的にファンデーションや下地を付けるのが一般的です。ファンデーションを付けずにメイクするのは、難しので潤いのある綺麗な肌を意識しながらメイクするのが良いでしょう。

リップ

パリジェンヌと言えば「真っ赤なリップ」のイメージがある方も多いです。ナチュラルなメイクが主流のパリジェンヌですが、ワンポイントだけ女性のらしさを演出する場合があります。

赤色のリップを使う事で、ワンポイとに視線を集中させることができます。鮮やかな赤色を使う事で顔全体が明るい印象になるのっで、ナチュラルなメイクでものっぺりとした印象がなくなります。

実践方法

おすすめのパリジェンヌ風メイクのやり方を紹介していきます。

日本人の肌は、海外の方に比べて黄色っぽい事が多いので黄色味を抑えて肌のトーンを整えるためにラベンダーに使い色のベースを塗っていきます。赤みが強い方は、グリーンを気になる部分に馴染ませると赤みが消えます。

ナチュラルに艶っぽく見せるためには、下地を塗ってファンデーションを塗る前にハイライトやローライトやチークをしてしまうのがおすすめです。ファンデーションはパウダーよりもリキッドタイプのファンデーションを押さえながら塗っていく事で、艶っぽい質感にする事ができます。

赤いリップを使う方は、きちんと唇の周りを囲むのではなく自然になるように指などでトントンと色をのせると上手く雰囲気が作りやすいです。

いきなりナチュラルなメイクが難しい方は、いつもよりナチュラルにしたりワンポイントだけ引き算するのがおすすめです。

パリジェンヌ風のおすすめの髪型

パリジェンヌは、基本的にラフな印象の無造作なヘアースタイルが多いです。ラフでルーズなヘアースタイルですが、髪の毛の艶や潤いも重要なポイントです。パリジェンヌ風のヘアースタイルを紹介していきます。

ボブ

パリジェンヌ風の基本的なボブスタイルは、毛先が重めで完璧に綺麗に巻くのではなくあくまでラフな雰囲気のヘアースタイルです。

パリジェンヌ風の髪型がしたい方は、太めのコテで毛束を多めに取って内側か外側に巻くのがおすすめです。ボブスタイルは、帽子などとも相性が良いので日本人でも雰囲気を真似しやすいです。

ロング

ロングでパリジェンヌ風のヘアースタイルがしたい方は、とりあえず崩す事が重要なポイントです。頭のトップ周辺は、崩しすぎるとボサボサな印象になってしまうのでふんわりとさせるか耳より少し上の部分から崩すのが良いでしょう。

おしゃれなルーズスタイルを作りたい時は、細かく巻いていく方が綺麗に崩しやすくおすすめです。ロングの場合は、髪の毛の傷み具合やパサつきが目立ちやすいのできちんと保湿したり潤いのあるワックスを使うとやりやすいです。

アップ

パリジェンヌ風のヘアアップは、とにかくルーズにするのがポイントです。おくれ毛などを出してラフな雰囲気にすると良いでしょう。

お団子などがルーズにしやすいですが、三つ編みやくるりんぱなどでも極力崩してする事でパリジェンヌ風のヘアースタイルができます。髪が長い方やレイヤーを入れていない方は、おくれ毛が長くなりすぎる場合がありますが細めのコテで巻くと自然になりやすいのでおすすめです。

パリジェンヌ風コーデに使える帽子

パリジェンヌ風のコーディネートに使いやすい帽子の種類を紹介していきます。

ベレー帽

パリジェンヌの定番の帽子と言われているのが「ベレー帽」です。髪の毛の長さに関係なく被りやすいので人気があります。

髪の毛を巻くのに失敗した時や、急いでる時でも被りやすく毛先を崩すだけで簡単にパリジェンヌ風のヘアースタイルやコーディネートができます。ベレー帽は、被る角度などで印象が変えられるので輪郭を選ばずに使う事ができます。

キャスケット帽

キャスケット帽は、デザインがシンプルな物が多いのでパリジェンヌ風のコーディネートや以外にも使いやすいです。ワークキャップなども使いやすいですが、キャスケット帽よりも少しボーイッシュな印象になってしまう事が多いです。

ワークキャップよりも膨らみのあるデザインのキャスケット帽の方が、パリジェンヌ風のコーディネートがしやすいです。

Blockquote firstBlockquote second

ベージュを購入しました。白っぽいベージュなので服に合わせやすくおしゃれです。ウール混ですが、重い感じではないので春・秋・冬と活躍してくれそうです。

ハット

パリジェンヌ風のコーディネートに使いやすいのは、ハットです。ハットにも色々種類がありますが、基本的につばが広い帽子の方がパリジェンヌ風のコーディネートがしやすいです。

ハットは、デザインが色々ありますが基本的にシンプルなデザインの方が使いやすくおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

フェルトはペラペラではなく、しっかりしています。色合いは、エレガントな感じがする甘い茶色で、金色の飾りと合っている気がします。形が綺麗に整っており、しっかり感があって、風が少し吹いても安定しています。

パリジェンヌのワードローブやコーデ

パリジェンヌ風のコーディネートができるワードローブや、ワードローブの選び方やコーディネートを紹介していきます。

ワードローブとは

ワードローブとは、クローゼットや持っている服全部を指すわけではなくシーズンごとに着まわしている服の事です。衣替えの時や季節の変わりめなどにワードローブを意識して、使う服や捨てる服や購入する服を選ぶ事で無駄を無くす事ができます。

パリジェンヌ風のコーディネートだけではなく、他のコーディネートにもワードローブは共通するので覚えておくと便利です。

ワードローブの選び方

パリジェンヌ風のワードローブに入れる服や購入する時のポイントを紹介していきます。

・シンプル
・サイズ
・コーディネート

などが重要なポイントです。服が多い方は、衣替えの時に服をシンプルな物だけを残します。シンプルな服といってもシルエットや装飾の事なので、柄が入っていてもベーシックに着こなせる物は大丈夫です。

シンプルな服の中でも、体のラインがわかる物を選んでいきます。パリジェンヌ風は体型をカバーできるゆったりとしている服よりも、体のラインがわかる服の方が緊張感が出やすくおすすめです。

ワードローブに初めて挑戦する方に一番難しいのは、コーディネートです。パリジェンヌ風のワードローブは、選んだすべての服をバラバラに組み合わせてコーディネートができるかを確認していきます。当てはまらない服は、ワードローブに入れないのがパリジェンヌ風です。

コーディネート

パリジェンヌ風のコーディネートは、季節に合わせて基本的に「ブラック」や「グレー」や「ベージュ」や「ホワイト」の4色をベースにするのがおすすめです。色を統一しておくとコーディネートもまとまりやすくなります。

パリジェンヌ風のコーディネートによく使われている定番のアイテムを紹介していきます。

アウター・ジャケット

パリジェンヌ風のコーディネートに良く使われているアウターやジャケットは、トレンチコートやテーラードジャケットです。基本的にシンプルでベーシックなデザインが多いので、着回しもしやすく初心者の方にもおすすめです。

トップス

パリジェンヌ風のコーディネートによく使われているトップスは、白のブラウスやボーダーのTシャツや無地のTシャツなどがおすすめです。体のラインも出やすいので、パリジェンヌ風の着こなしがしやすいです。

ボトム

パリジェンヌ風のコーディネートに使いやすいボトムやスカートは、無地のデザインがおすすめです。タイトなスキニーやスカートが使いやすいすが、ジーンズのダメージ加工の物も人気があります。

ドレス

パリジェンヌ風のワードローブに入っている事が多い定番のドレスは、ブラックドレスです。ブラックドレスにも色々な種類やデザインがあるので、自分の体形に合わせて選ぶのがおすすめです。

ブラックドレスは、女性の魅力を引き出してくれるのできちんと合っているサイズのドレスを持っていると便利です。

シューズ

パリジェンヌ風のコーディネートに使いやすいシューズは、高めのヒールやスニーカーです。黒のパンプスがベーシックに使いやすいので人気がありますが、ラフなコーディネートにはスニーカーがおすすめです。

アクセサリー・ストール

パリジェンヌ風のコーディネートにあると便利なアイテムは、シンプルなストールやアクセサリーです。ストールやアクセサリーは、付けるだけで全体の雰囲気を変える事もできます。

パリジェンヌ風のコーディネートは、アクセサリーをあまり付けすぎないのがポイントなのでワンポイントに絞るのがおすすめです。

パリジェンヌの編み物

パリの編み物は、色使いなどが鮮やかで日本でも本などが発売されるほど人気があります。編み物専門のデザイナーなどがいて、パリらしいクラシカルなデザインや個性的なデザインなど色々な物があるのでおすすめです。

基本的にパリジェンヌは、物を大切にすると言われていて服の量よりも質を大切にします。

パリジェンヌの生き方

パリジェンヌの生活や生き方を紹介していきます。

コーディネート

パリジェンヌのコーディネートの特徴は、流行などを気にしてオシャレをしすぎないという事です。服を基本的に最低限しか持たないというのがパリジェンヌです。

服にお金をかけるよりは、他の事にお金をかけている方が多いです。安い服をたくさん買うのではなく、長く着る事ができる服を買うのが一般的です。

生活

パリジェンヌの生活は、健康的で無駄遣いをしない方が多いです。食事を抜かずにきちんと食べて軽い運動など欠かさず、美しい体型をキープしている方が多いです。

無駄遣いをせずに物を大切にするので、服以外の物も基本的に少ないです。1人の時間を大切にしていて自分磨きを怠らない事を重要なポイントにしています。

生き方

パリジェンヌの生き方は、コンプレックスなどを気にせずに堂々とする事です。ファッションも当てはまりますが、基本的に周りを気にせず自分らしさを誇りにしています。

人に依存したり媚びたりはせず、自分の意見を取り繕わずにきちんと言える知的でクールな女性が多く年齢なども気にする事はありません。

季節別パリジェンヌの着こなし方

パリジェンヌ風の季節別コーディネートとポイントを紹介していきます。

パリジェンヌの春の着こなしは、カーディガンやストールなどが使われている事が多いです。季節感の出る淡い色のアイテムなどを使って、あくまでベーシックでシンプルなコーディネートをする事でパリジェンヌ風のコーディネートができます。

シンプルンなりすぎるのが嫌な方は、アクセサリーやスカーフを使ってコーディネートにアクセントを付け加えるのがおすすめです。

夏のパリジェンヌのコーディネートはブラックが良く使われています。アクセントにホワイトのアイテムを使ったり、肌の露出をする事で季節感を出している場合が多いです。

肌の露出といってもむやみやたらに出すわけではなく、あくまでエレガントでクールなコーディネートを意識しましょう。シンプルなセットアップなども使いやすいのでおすすめです。

秋もベーシックでシンプルな装いが多く、体のライン出す事でパリジェンヌ風のコーディネートができます。くすんだ色のアイテムなどを上手に着まわす事が重要なポイントです。

他の季節よりも比較的カジュアルなコーディネートがおすすめです。

冬は、クールな印象のコーディネートがパリジェンヌ風になりやすいです。全体の色合いを統一する事で、ベーシックな着こなしがよりおしゃれに見えやすくなります。

寒くてもあくまでシルエットを崩さないようにスマートな着こなしをする事が重要なポイントです。

パリジェンヌを見習って少し違う自分に

パリジェンヌ風のコーディネートや生き方は、自分を磨くためにも参考になる部分が多いです。

ワードローブもマスターする事で、コーディネートが失敗してしまう事がなくなります。パリジェンヌを見習って生活を変えたい方や自信を持ちたい方は、簡単なコーディネートやワードローブなどできる事から挑戦してみてください。