Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】白パンツのコーデ術|冬/ユニクロ

Author nopic iconまる
コーディネート / 2018年12月26日
【メンズ・レディース別】白パンツのコーデ術|冬/ユニクロ

メンズ・レディース別白パンツのコーデ術

どんなアイテムにも合わせやすいと人気の「白パンツ」は、1年を通して使い回しができる万能アイテムです。しかし、「太って見えてしまう」、「透けてしまうのが怖い」などの理由でなかなか白パンツに手が出せない人も多いです。

そこで、白パンツをおしゃれにスマートに着こなすコーデ術を、メンズとレディース別に紹介します。

メンズ:白パンツ×ネイビージャケット

メンズの白パンツのコーデは、シンプルでシックな装いが好まれます。白パンツ自体は基本的にはどんな色にも合いますが、オーソドックスで外れがないのは、ネイビーや黒といったダークカラーです。それらのカラーを用いて、なおかつカチっとしたジャケットを羽織れば、親しみやすい大人コーデに仕上がります。

また、ブルー系のボーダーのシャツは、白パンツとの相性が抜群です。季節によってはボーダー柄のTシャツ一枚だけでもおしゃれになるのでおすすめです。

メンズ:白パンツ×スニーカー

爽やかで軽い見た目の白パンツは、スニーカーともよく合います。底の薄いものからスポーツシューズのような分厚いものまで何でも合いますが、普段着としておすすめなのは、底が低いスリッポンタイプのスニーカーです。

スニーカーのカラーは、最も主流でコーデがしやすいのは黒や白などの地味めのカラーですが、少し冒険してみたいという人には赤や黄色などのインパクトカラーがおすすめです。その場合、トップスはシンプルに仕上げるとすっきりまとまります。

レディース:オールホワイトコーデ

レディースの白パンツコーデは、オールホワイトコーデがおすすめです。オールホワイトコーデとは、文字どおり全身を白のアイテムで統一するコーデのやり方で、数年前から人気となっているファッションです。

オールホワイトコーデといっても、全身をすべて白で統一してしまうと味気がなくなってしまうので、画像のようにスニーカーなどの靴や小物に違うカラーを取り入れてメリハリをつけましょう。パンツのベルトに差し色を足すのも、おしゃれになるのでおすすめです。

レディース:白パンツ×ロングカーディガン

白パンツは下半身が太く見えてしまいそうではけないという人には、ロングカーディガンを羽織るコーデをおすすめします。白パンツは黒などの暗色に比べて、見方によっては膨張して見えてしまうこともありますが、体型を隠せるロングカーディガンを羽織ることで、白パンツの欠点を上手くカバーすることができます。

ロングカーディガンではなくても、秋冬などはロングコートやジャケットでもOKです。ヒールの靴を合わせれば、さらに着やせ効果が期待できます。

季節別白パンツのコーデ術

先ほども言ったとおり、白パンツは一年中使えるアイテムですが、季節ごとにおすすめのパンツの種類やコーデは異なります。また、季節ごとのファッションの特色を活かすことで白パンツが何倍にもおしゃれなアイテムに変わるのでチェックしておきましょう。

春の白パンツコーデは、大人っぽく爽やかに仕上げるのがポイントです。白パンツ自体が爽やかで涼しげな印象を与えるアイテムですが、そこに大人っぽいトレンチコートを合わせることによって、より洗練されたコーデに変わります。

トレンチコートを使ったコーデは、特に肌寒さが残る春先におすすめです。ロングタイプのコートを合わせることによって着やせ効果も出るので、下半身太りに悩む人も気兼ねなく白パンツコーデを楽しむことができます。

夏は、少しやんちゃな雰囲気が出るオーバーオールスタイルがおすすめです。オーバーオールは一年を通して使えますが、1点だけでおしゃれになるので、コーデがシンプルになりがちな夏は特に重宝できるアイテムです。

トップスに少し派手なカラーや柄のシャツを着れば、白一色のオーバーオールでもおしゃれにキマります。夏の暑さが気になるという場合は、ショートパンツタイプのオーバーオールがおすすめです。サンダルを合わせると、より涼しげな夏っぽいコーデになります。

秋の白パンツコーデは、シンプルにシックに仕上げるのがおすすめです。数ある秋のファッションアイテムの中でも、ニット素材のトップスは、白パンツのラフな雰囲気にマッチします。茶色や赤、オレンジなどの秋色を取り入れると、より秋らしさの感じられるコーデになります。

秋の白パンツは、タイトなものよりも余裕のあるワイドパンツタイプがおすすめです。膨張が気になるという人は、裾の部分だけ広がったタイプのパンツを選ぶと良いでしょう。

冬の白パンツコーデは、ロングコートでしっかり防寒しながらシックに仕上げるのがポイントです。冬は重ね着をするので、どうしても着膨れしてしまいがちです。特に白パンツの場合、下半身も太く見えてしまう恐れがあります。そんなときは、黒の引き締めカラーで体型をカバーしましょう。

画像のようなモノクロコーデにすると、白パンツを強調しながらすっきりとした見た目になります。少し暗すぎるという場合は、トップスやアウターにグレーやベージュなどの淡いカラーを取り入れるようにしましょう。

白パンツのおすすめブランド

一口に白パンツといっても、ブランドごとに異なる特徴を持っています。白パンツの種類が多すぎてどれを選べばわからないという人は、まずはブランドごとの特色を押さえましょう。

ここでは、数あるアパレルブランドの中から、ぜひとも押さえておきたいブランドを厳選してご紹介します。自分の年齢や体型、予算に合ったブランドを見つけてみてください。

ユニクロ

フォーマルなものからカジュアルアイテムまで低価格で揃う人気のブランド「ユニクロ」は、白パンツの種類も豊富です。一般的なデニム素材のものから、アンクルパンツ・クロップド丈・ショートパンツに至るまで数多くの白パンツが揃っています。

そんな数あるユニクロの白パンツの中でも、伸縮性に優れたストレッチ素材のアイテムは不動の人気を誇るアイテムです。ウェストがゴムになっているものもあるので、体型に自信がない人でも着られるのが魅力です。

GU

ユニクロと同じく、低価格なアイテムが魅力の「GU」も、白パンツの品ぞろえは豊富です。ユニクロよりもより若者向けをコンセプトにしたGUは、ワイドパンツや柄物などのパンツも多数揃っています。10~20代の若い世代におすすめです。

GUの白パンツは、ユニクロよりも軽く余裕があるのが魅力です。GUの白パンツも、ウェストがゴムになっているものが多いので、幅広い体型に対応できるデザインになっています。透けるのが怖いという場合は、透けにくい白やベージュの下着を着用するか、腰回りをカバーできる長めのトップスを着るようにしましょう。

ユナイテッドアローズ

大人向きでシンプルなデザインが魅力の「ユナイテッドアローズ」は、白パンツもシックですっきりとしたデザインのものが多いです。価格が上記のブランドよりは値が張りますが、その分質は確かです。フォーマルでも違和感のないデザインが多いので、会社勤めの女性におすすめのブランドです。

スキニータイプのパンツが多いですが、もちろんワイドパンツ系やチノパンタイプの白パンツも取り扱っています。それらもデザインはシンプルなので、コーディネートがしやすいのが魅力です。

アズールバイマウジー

幅広い年代に人気のブランド「マウジー」のカジュアルラインである「アズールバイマウジー」の白パンツも、シンプルなデザインが魅力です。基本的にはスキニーパンツが多いですが、ワイドパンツ系や膝丈デザイン、ショートパンツなども扱っています。

スキニーパンツも、オーソドックスなタイプからハイウエスト、ダメージまでデザインは豊富に揃っています。柄がなく見た目がシンプルなので、トップスに派手なものを用いても悪目立ちしないのがポイントです。

白パンツのコーデのポイント

比較的コーデがしやすいと言われる白パンツにも、コーデのポイントというものがあります。それらを押さえることで、コーデがぐんとおしゃれになったり白パンツの欠点をカバーできるので、ぜひ参考にしてみてください。

長めのトップスで体型カバー

白パンツのデメリットといえば、横幅が広く見えてしまうことです。そんな白パンツの欠点は、ロング丈のトップスでカバーしましょう。季節にもよりますが、おすすめはカーディガンなどの屋内でも脱ぐ必要のない薄手の生地のアイテムです。

羽織るトップスは、黒やグレーといった暗色がおすすめです。白との相性も抜群なので、白パンツの良さを消すことなく着やせコーデが楽しめます。白パンツが透けてしまうときにもロングのトップスは使えるので、1点は用意しておきたいアイテムです。

差し色が大切

白パンツはシンプルでどんなアイテムでも合わせやすいのがメリットですが、コーデによっては地味に見えてしまうこともあります。そんなときは、赤や緑などの明るめの差し色を足して、コーデに深みを出すのがポイントです。

特に全身を白色で統一するオールホワイトコーデの場合、差し色がないと単調に見えてしまうこともあります。その場合は、靴だけ色を変えたり、全身白にこだわるという人は小物で差し色を足したりするなど、地味にならないよう工夫しましょう。

パンツで靴の種類を分ける

白パンツに限らず、パンツコーデはパンツの種類によって靴を変えるのがおすすめです。特に白パンツは膨張して見えやすいので、靴を変えることによって脚痩せ効果も期待できます。スキニーの場合はヒール、ワイドパンツ系のゆったりとしたパンツにはスニーカーなどの底の低い靴がおすすめです。

その他、好みや出かける場所によって靴を変えてみましょう。オールホワイトコーデの場合は靴も白で合わせるという人も多いでしょうが、そのときは靴ひもを違う色にしたりするだけでもおしゃれになるので試してみてください。

白パンツでイメージチェンジ!

白パンツは、青や黒といった色に比べればまだまだマイナーですが、近年じわじわと人気を伸ばしているアイテムです。一見シンプルですが、単調なカラーだからこそ、コーデの幅が広くパンツコーデ初心者の人でもアレンジしやすいというメリットがあります。

今まで暗めのカラーのパンツしかはいてこなかったという人も、これを機に白パンツにトライしてみてください。

関連記事

Related