Search

検索したいワードを入力してください

ハンドメイドのアクセサリーの作り方・パーツの購入方法

Author nopic iconふみ
アクセサリー・小物 / 2018年03月23日
ハンドメイドのアクセサリーの作り方・パーツの購入方法

ハンドメイドアクセサリーを作ってみよう!

いつも使っているリボンのヘアゴムやシュシュ、イヤリングやネックレスなどのアクセサリー、実は自分で簡単に作ることができるんです。この記事では、ハンドメイド初心者さんやお子さんでもできる、プラ板アクセサリーの作り方をご紹介します。

必要な材料は何?どこで購入できるの?

ハンドメイドアクセサリーを作るためには、まず始めに、材料や道具を揃える必要があります。ここではプラ板アクセサリーを作るために必要な材料や道具と、購入できる場所を紹介します。

必要な材料は?

プラ板アクセサリーを作る上で、プラ板、油性ペン、ハサミ、クッキングシート(もしくはアルミホイル)、トースターが必要になります。この基本材料のほかにアクセサリー加工をするための穴あけパンチやペンチ、接着剤や丸カンなどがあると便利です。

また、作りたいアクセサリーの種類によって準備するものも異なります。ネックレスを作る場合はチェーンと丸カン、イヤリングを作る場合はイヤリングパーツ、ヘアゴムやヘアピンを作る場合は飾りが付いていない髪留め用ゴム(好きな長さに切って使用するものが便利)やヘアピンが必要です。

どこで購入できるの?

1度お試しで作ってみたいという方は、100円ショップでの購入がおすすめです。100円ショップにはハンドメイド用品がたくさんあり、基本材料(トースター以外)は全て100円ショップで購入することができます。

せっかく作るのだからしっかりしたものという方は、全国各地の手芸屋さんやハンドメイド材料が豊富なネットショップで購入することができます。品質がしっかりしている分お値段が少し高くなりますが、強度がある分壊れにくいため、できあがったアクセサリーを長く使用することができます。

プラ板を使ってみよう!

材料が揃ったら、早速プラ板を使ってみましょう。ここからはプラ板の基本の使い方と、注意すべきポイント、アクセサリーに加工する方法を紹介します。

基本の使い方

まずはどんなプラ板アクセサリーを作るときでも必要な、プラ板の基本的な使用方法をご紹介します。プラ板は、トースターで焼くと3分の1から4分の1ほどに縮むため、作りたいもののサイズより大きめに油性ペンで絵を描いていきます。縮む比率は各メーカーによって異なります。購入したプラ板の使用方法をよく読んで使用してください。

絵を描いたら、ハサミでカットしていきます。プラ板は切りやすい分折れやすく、折れると白くなってしまうため、細かい箇所は特に注意が必要です。カットができたらトースターで焼いていきます。

トースターを予熱しておき、熱くなってきたらクッキングシート、もしくはアルミホイルをくしゃっと丸めたものの上にプラ板を乗せて焼いていきます。プラ板のサイズが変わらなくなったら下に敷いたシートごと取り出し、平らなプラケースや辞書などで上から押さえて真っ直ぐにすれば完成です。

注意するポイント

プラ板を焼きはじめるとあっという間に縮んで小さくなるので、トースターの中をじっと見ていましょう。また、加熱後のプラ板は大変熱くなっているので、特にお子さんの火傷に気をつけてください。

アクセサリーに加工しよう

ここからはプラ板をアクセサリーに加工する方法をご紹介します。アクセサリーに加工する場合は、基本の作り方にプラスした工程が必要になります。

ネックレスやイヤリングに加工する場合

ネックレスチェーンやイヤリングパーツに、プラ板を付けてアクセサリーにする場合、丸カンを通すための穴を開けておかなければいけません。といっても、難しいことは何もありません。絵を描いてトースターで焼く前に、穴あけパンチで穴を開けておくだけです。

穴あけパンチで穴をあけたプラ板を焼き、開けた穴に丸カンを通してネックレスチェーンやイヤリングパーツに付けたら、あっという間に完成です。

ヘアゴムやヘアピンにする場合

ヘアゴムやヘアピンに加工する場合、穴をあける必要はありません。焼き終わったプラ板を、ヘアゴムやヘアピンに接着剤で接着するだけです。台座付きのゴムやピンのほうが強度がアップして長く使えるのでおすすめです。こちらも100円ショップのハンドメイドコーナーで販売されているので、ぜひ使用してみてください。

ハンドメイド作品の見栄えが格段にアップする方法とは?

ハンドメイドプラ板アクセサリーの出来映えを格段にアップさせる方法、それはレジン液を使用することです。できあがったプラ板にレジン液をぷっくり載せて、日光で固めます。

レジン液も100円ショップ(ハンドメイドコーナー)で購入でき、手頃な値段で簡単に見た目をアップさせることができるので、もう一手間かけて見栄えアップを目指しましょう。

お手軽キットでハンドメイドアクセサリー作りを楽しもう

材料を全て揃えるのはわずらわしい、でもハンドメイドのアクセサリーは作ってみたい、そんな方には必要な材料が全て揃ったキットがおすすめです。 ここではいくつかのハンドメイドアクセサリー制作キットをご紹介します。

アクセサリータックジュエリープラ板セット

簡単にかわいいハンドメイドアクセサリーが作れるキットです。プラ板に好きな絵を描いて、キラキラのタックジュエリーで飾るだけでとってもかわいいハンドメイドアクセサリーが作れます。キーホルダー付きなので、作ってすぐカバンなどに付けられます。

プラ板で作る立体チャームキットクリスマスローズ

トースター、綿手袋、色鉛筆だけ用意すれば、すぐに作り始めることができるハンドメイドキットです。ハンドメイドで作るのが難しそうな立体&凝ったデザインのチャームがお手軽にできるのもキットのいいところです。

ハンドメイドを本で学んでもっと上手に!

現在、本屋さんではたくさんのプラ板関連の本が並んでいます。プラ板アクセサリーの技術をアップしたい方にも、絵に自信がない方にもオススメのハンドメイド本をご紹介します。

プラバン小物とプチかわアクセサリー

絵に自信がない方も安心、下絵をなぞってトースターで焼くだけで、簡単にかわいいハンドメイドアクセサリーが作れます。プラ板をうまく扱うコツも書いてあり、ハンドメイド初心者の方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

オリジナルアクセサリーを作りたく購入しました。
他の方も書いていましたが、細かく載っているので初心者にもわかりやすいです。
まだ材料集めの段階ですが、本を参考にしながらこれから色々作ってみたいと思います。

いちばんくわしいナナアクヤのプラバン教室

ハンドメイドプラ板アクセサリー作りのテクニックがたくさん掲載されている、プラ板をもっともっと楽しみたい方におすすめのハンドメイド本です。デザイン、色つけ、立体の作り方、アクセサリーに加工する方法など、役に立つ情報が満載のハンドメイド本です。

Blockquote firstBlockquote second

ものまねばかりじゃなくて、自分でデザイン出来たらいいなと思います。

ハンドメイドアクセサリーを販売してみよう!

うまく作れるようになると、知り合いに褒めてもらえるようになったり、プレゼントしたりするようになり、ハンドメイド品の販売を始めてみようという気持ちが出てくる方がたくさんいらっしゃいます。そこで、ここからはハンドメイド品の販売方法についてご紹介していきます。

どこで販売できるの?

ハンドメイド作品を販売する方法は、大きく分けて2つあります。1つは各地のハンドメイドのみのフリーマーケットへ参加したり、美容室などに置かせてもらったりするなど、地域の人たちと接しながら販売する方法、もう1つはパソコンやスマートフォンを使用し、ハンドメイド品販売サイトを介して販売する方法です。

比較してみよう!準備編

フリーマーケットや美容室などで作品を販売する場合、まずは場所を確保する必要があります。フリーマーケットで販売する場合、参加費や場所代がかかったり、事前に書類や電話で出店の予約をする必要があります。

美容室やカフェなど、店主さんがいるお店で販売する場合は、どのようなハンドメイド品を販売するのか、手数料はどうするのか、納品日はいつにするかなど、トラブルを防ぐための話し合いが必要です。販売場所が決まっても、ある程度作品を作りためておく必要があります。

その点ハンドメイド販売サイト(minneやCreemaなど)を介して販売する場合、上記のような手間がかかりません。販売手数料は無料で、作品が購入されたら売上げ金から1割引かれる仕様のサイトがほとんどです。

参加日も納品日も決める必要はありませんし、作品を作りためる必要もないですが、作品を実際に見てもらえないため写真と紹介文が売上に繋がる鍵になります。

比較してみよう!販売編

フリーマーケットや美容室などで、場所の確保と作品の準備ができたら、いざ販売開始。お客さんの感想や要望をダイレクトに聞くことができるので、今後の作品制作、販売に役立つ情報をたくさん得ることができます。人との繋がりがよりよいものになっていくと、ファンができることもあります。

minneなどで作品を販売する場合、まずはサイトの使い方やルールを理解する必要があります。どのサイトも簡単に作品を登録できますが、地域のフリーマーケットなどとは比べものにならない膨大な数の作品が販売されているため、自分の作品が埋もれてしまわないよう、ハッシュタグを付けるなどの工夫が必要になってきます。

また商品が購入されると、梱包し発送する手間と送料がかかります。

人と直接関わる販売方法と、サイトを利用する販売方法、どちらにもメリットデメリットがあるので、自分の性格や生活スタイルに合ったものを活用しましょう。

作品を何倍も素敵に魅せる台紙を使おう!

ここからは、どんな販売方法でも使える、あなたのハンドメイド作品を、何倍もきれいで素敵なものに魅せることができる台紙をご紹介します。

花模様のピアス台紙50枚入りアクセサリー台紙ピアス用(ブラウン)

お花柄が素敵なピアス用の台紙です。ブラウンの紙にこげ茶のイラストと文字がとてもお洒落で、作ったピアスをこの台紙に付けて販売すれば、見栄えアップ間違いなしです。

アクセサリー台紙100枚クラフトネックレスブレスレットシュシュ

こちらはネックレスやブレスレット、シュシュやヘアゴムなどに使用する台紙です。クラフト紙に文字が書いてあるだけのシンプルなデザインですが、ハンドメイド品の色やデザインが伝わりやすく、より素敵なものに魅せることができます。

作品を無事に届けるための梱包方法とは?

minneなどサイト上で作品を販売した場合、発送前の梱包作業が必要になってきます。特にプラ板アクセサリーなどの壊れやすい作品の場合は特に注意が必要です。ここからはアクセサリーを無事に届けるための梱包方法をご紹介します。

無事に届けるために用意する梱包資材と手順

基本的に必要な梱包資材は、防水対策と作品をきれいに魅せるためのOPP袋、作品を守るためのプチプチ、作品を入れて発送するための紙袋です。

まず、上記でも紹介したような台紙にアクセサリーを付けます。(台紙を必ずつける必要はありませんが、見栄えが良くなる以外にも、作品が曲がりにくくなるなどの利点が多いため、台紙の使用をおすすめします。)

アクセサリーをOPP袋に入れて封をしたら、プチプチを巻いていきます。(空気が入っているほうを作品側にしましょう。)プチプチで包んだら紙袋に入れて封をします。封をするときは配送中に開いてしまわないよう、マスキングテープなどの剥がれやすいものは避け、セロハンテープやテープのりなどでしっかり留めてください。

これで発送準備は完了です。基本はこのような手順ですが、作品の種類やサイズによって梱包方法が異なる場合もあるため、その都度無事に届くような梱包を心がけましょう。

ハンドメイドアクセサリーの資格はあるの?

現在大変人気なハンドメイドアクセサリーですが、実は個人のアクセサリー教室や通信口座などでハンドメイドアクセサリーの資格を取得することができます。自分のスキルをアップさせたい方や、プロとして制作販売やプラバンアクセサリー教室などの活動がしたい方は、資格を取得することが自信に繋がります。ぜひ1度検討してみてはいかがでしょうか。

手軽で楽しいハンドメイドアクセサリー

今回は、ハンドメイドできるプラ板アクセサリーの作り方や、アクセサリー作りに活躍するおすすめ商品、アクセサリーの販売方法について紹介しました。思っていたよりも簡単にハンドメイドアクセサリーができるのではないかと気づかれた方も多いのではないでしょうか。

自分で作った野菜や料理が美味しいのと同様、アクセサリーも自分で作ったものには愛着が湧き、特別なものになります。今までハンドメイドアクセサリーを作ったことがない方も、ぜひ1度作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related