Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのインナーカラー・セルフでのやり方|黒髪におすすめ

Author nopic iconやまだみみこ
ヘアスタイル / 2018年03月31日
おすすめのインナーカラー・セルフでのやり方|黒髪におすすめ

おしゃれを追求するならインナーカラー!

「みんなと同じようなヘアスタイルはいやだ」という個性はおしゃれさんには、インナーカラーがおすすめです。髪の毛の全部を同じカラーにするのではなく、髪の毛の内側だけをカラーリングすることをいいます。

今回は、そんな個性が輝くインナーカラーについてご紹介します。カラーバリエーションも豊富なので、自分の好みのカラーリングで試すことも可能です。また、セルフでも試しやすいヘアスタイルなので、慣れてくるとセルフでいろんな楽しみ方が増える嬉しいヘアアレンジになっています。

おすすめのインナーカラー

インナーカラーはご自身のお好みのカラーリングで試すことができます。でも「実際のイメージがわかない」という方も少なくはないでしょう。インナーカラーを試してみようと思っても、どのカラーリングがどんな印象に仕上がるのか気になってしまいます。

ここでは、カラーバリエーション豊富なインナーカラーのモデルをたくさんご用意しました。色の組み合わせにもよりますが、少しずつイメージしやすくなるのではないでしょうか。インナーカラーに興味がある方は参考にしてみてください。

ピンク

ピンクのインナーカラーはかわいい印象があります。ブラウンとの組み合わせは特にかわいらしく仕上がります。ピンクのインナーカラーとブラウンのインナーカラーの組み合わせは、どちらも暖色系ということもあり、よく似合います。

また、ブラックとピンクのインナーカラーの組み合わせは小悪魔な雰囲気が大人気です。若い世代には、ブラック系のヘアカラーとピンクのインナーカラーの小悪魔なチョイスの人気は高いでしょう。

赤のインナーカラーは人気のカラーリングのひとつです。アクセントになりやすいので、赤を取り入れたインナーカラーは、よく見かけるヘアスタイルではないでしょうか。同じ暖色系ということもあってブラウン系との相性もいいでしょう。

そんな赤のインナーカラーはブラック系との組み合わせが大変人気があります。赤がよく映えることと、メリハリのある組み合わせでかっこよく仕上がります。かっこいいのに、シックになりすぎない組み合わせです。

最近ではメイクやヘアカラーのおしゃれとして、モーヴ色が大人気です。モーヴ色とはくすみがきいたカラーのことで、そのくすみがおしゃれでかわいいと話題になりました。インナーカラーでも、モーヴ色に近い紫のインナーカラーは人気があります。

そんなモーヴ色ともいわれている紫色ですが、パープルとバイオレットのどちらも人気があります。赤みのあるパープルはピンクよりも大人っぽく仕上がります。バイオレットであれば、青よりも渋い雰囲気のインナーカラーになります。

緑のインナーカラーはエレガントな仕上がりがきれいなインナーカラーです。緑はすごく品のあるカラーリングとしても人気で、定番色を好まない方にはすごく人気があります。落ち着いた雰囲気が出るので、大人っぽいインナーカラーです。

緑は赤みとの相性がよくはないので、赤みのないカラーとの組み合わせの方がポイントは高いでしょう。ブラウンは少なからず赤みがあるので、ブラック系との組み合わせがおすすめです。

きれいに染めるのが意外に難しいといわれているのが、青のカラーリングです。だからこそ人とかぶりにくい青は個性派さんには大人気のインナーカラーになっています。キープが難しいカラーリングでもあるので、カラーシャンプーを使用することがおすすめです。

そんな青のインナーカラーですが、赤みのあるカラーとの相性はよくありません。赤みと青みが喧嘩してしまうので、おしゃれさんはブラック系との組み合わせが多いです。また、青のインナーカラーとの組み合わせで人気なのは、金髪のような色素が薄いヘアカラーです。

金色のインナーカラーはどんなはカラーにも似合います。ブラックやブラウンが基本カラーですが、どちらにもぴったりです。金色はどちらのヘアカラーにも強いアクセントになってくれるので、取り入れやすいインナーカラーです。また、金色とはいっても黄色みが強かったり、ベージュが強かったりと、幅広いカラーが存在しているので選んでいて楽しいカラーリングです。

メンズにおすすめのインナーカラー

男性のおしゃれにも、インナーカラーはおすすめです。ヘアスタイルで印象が変わるのは女性と同じですが、男性はメイクでのおしゃれがまだメジャーではないため、ヘアスタイルでの印象というのは重要になってきます。そんな男性にも、インナーカラーは人気のアレンジです。

男性は女性よりも髪の毛の長さが短い方が多いので、インナーカラーの範囲も少なくて済みます。しかし、インナーカラー部分とトップのバランスが少し取りづらい可能性がありますが、うまく調整してみるといいでしょう。

セルフでのインナーカラーのやり方

「インナーカラーってセルフできます」とはいっても、インナーカラーのポイントは発色にあります。自分ですると根元がうまく染まっていなかったりしますが、インナーカラーは髪の毛の表面は隠れていますので、比較的テクニック面は求められません。

ここでは、セルフで挑戦するインナーカラーのやり方をご紹介します。髪の毛の長さによって手順が違うというわけでもないのですが、髪の毛の長さ別にご紹介しているので、なんとなく手順を参考にしてみてください。また、失敗が怖いという方は美容院でプロにお任せして範囲を定めると、次回から自分でインナーカラーに挑戦しやすいでしょう。

ボブ

「ボブはヘアアレンジが少ない」「今のヘアスタイルに飽きてしまった」そんな方が多いのがボブです。そんなボブには、髪の毛の長さを問わないインナーカラーがぴったりではないでしょうか。いつものボブも、カラーリング次第ではガラッと雰囲気を変えることができます。

ロングヘアのインナーカラーは襟足かのあたりからちらっと見え隠れするのがおしゃれですが、ボブのインナーカラーはダイレクトに顔周りでカラーリングがちらつきます。そのため、インナーカラーの影響を受けやすいので、カラー選びは慎重になってきます。

ミディアム

ミディアムヘアでももちろん、インナーカラーはおすすめのヘアアレンジです。ここでご紹介するのは、複数のカラーリングで楽しむインナーカラー。インナーカラーを複数色で挑戦した驚きの派手髪です。インナーカラーのやり方と要領は同じですが、ミディアムヘアの複数色で試すインナーカラーのやり方をご紹介します。

ロング

ロングヘアのインナーカラーって実はすごくやりやすいってご存知でしょうか。せっかく伸ばしたから切るのがもったいなくてずっと同じヘアスタイルだという方も少なくはないでしょう。そんな方におすすめのカットなしでもできるヘアアレンジがインナーカラーです。

セルフの必須アイテム

セルフでも簡単にできるインナーカラーです。では、実際にセルフでインナーカラーに挑戦してみようと思った際に店頭に並んでいるカラー剤などは多すぎて迷ってしまうことも少なくはありません。ここでは、そんなセルフでの必須アイテムやカラー剤のおすすめ商品をご紹介します。

ホワイトブリーチ

きれいなカラーリングが絶対条件になってくるインナーカラーなので、ホワイトブリーチは必須アイテムです。セルフでインナーカラーに挑戦する際には、ブリーチを何度も繰り返して髪の毛を真っ白にする必要があります。真っ白になればなるほどにカラーリングはうまくいくのでできるだけ真っ白に近づけたいところです。

地毛のカラーとカラー剤が混ざってしまうとすごく汚いカラーにもなってしまうので、ブリーチでの脱色がポイントになります。そんなブリーチの中で、カラーリングのためにはホワイトブリーチがおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

自分はアトピー体質で普通のブリーチ剤を使うと頭皮や首元がかなり痛くなるんですが、このブリーチ剤はほぼ痛みを感じなかったです!
しかも脱色力もかなりあるのでよいと思いました!

カラー剤:マニックパニック

発色がきれいなカラー剤といえば、マニックパニックです。海外セレブたちの愛用者も多いカラー剤で、とにかくカラーバリエーションも豊富なのが人気の秘訣です。カラーバターと呼ばれる種類のカラー剤で、トリートメントと同じような感覚で使用できます。

Blockquote firstBlockquote second

トリートメントと混ぜて使っています。
発色はかなり良いです。
いつも周りに褒められます。

カラー剤

こちらもカラーバターのエンシェールズです。マニックパニックよりも容量が多いので、髪の毛の長さや量に合わせて使い分けるといいでしょう。また、エンシェールズのカラーシャンプーは人気があるので、カラーバターもカラーシャンプーもエンシェールズで揃えることが可能です。

Blockquote firstBlockquote second

私にはあっているようで、とても良い発色です。無くなると困るぐらい、好きです。

美容室に行ってお金を使うなら、これを買った方が断然的にいいかな。

カラーシャンプー

カラーシャンプーは必要なのか、と聞かれると答えは「はい」です。もちろん、カラーシャンプーは使用していないという方も多いですが、カラーリングの発色をキープするためには必須アイテムでしょう。

へアカラーは、毛質によりますが赤みが強く出たり、黄ばみが気になったり、ヘアカラーの色落ちが激しかったりと、意外に悩みが尽きません。そんなヘアカラーのお悩みを解決してくれるのがカラーシャンプーです。毎日ではなくても、定期的に髪色に合ったカラーシャンプーをするのがおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

アッシュにしたらむらさきシャンプーがいいと聞いたので使用したら結構色味は落ちにくくなりました!
またアッシュにしたら使用したいと思います。

黒髪におすすめのインナーカラー

「インナーカラーは黒髪がかわいい」「黒髪だとインナーカラーが映える」と、最近ではインナーカラーは黒髪との組み合わせも人気が高いです。ここでは、そんな黒髪に似合うインナーカラーをご紹介します。

黒髪に赤のインナーカラーは定番中の定番です。黒髪に赤メッシュなどの組み合わせが人気なように、インナーカラーも黒髪に赤の組み合わせは大人気です。メリハリがあってしっかりとアクセントになってくれるインナーカラーです。

黄色

黄色のインナーカラーってすごく個性的ではないでしょうか。黒髪に黄色はすごく映えるので一瞬で目にとまります。また、黄色の発色をよく見せてくれる黒髪との相性は抜群でしょう。

インナーカラーを楽しもう!

いろんな組み合わせで自分だけのおしゃれカラーを再現することができるインナーカラー。自分に似合うカラーリングで試すも良し、自分の好きなカラーリングで試すも良し、いろんな楽しみ方ができます。また、失敗しやすいカラーリングに不安を感じてしまう方も多くいらっしゃいますが、インナーカラーのカラーリングは比較的難しいテクニックは必要ありません。

今回はそんなインナーカラーについてご紹介しました。いろんなカラーリングのインナーカラーのご紹介や、セルフでのインナーカラーのやり方など、インナーカラーが気になる方はぜひ参考にしてみてください。