Search

検索したいワードを入力してください

生命線が短い・薄い人の特徴と長生きするのか|子供/左手

Author nopic icon藤島
手相占い / 2018年12月07日
生命線が短い・薄い人の特徴と長生きするのか|子供/左手

生命線とはどこの線のこと?

手相。それは手のひらにある皺を見て、その人の性格や過去・未来を占う、占いの一つです。この手相占いで一番ポピュラーな線が「生命線」です。具体的な場所は親指と人差し指の間から手首の方に向かっている、濃くハッキリした線が生命線にあたります。

この「生命線」は人によって、薄かったり短かったり、長かったり濃かったり枝分かれしていたり、さまざまです。一般的に、この生命線が濃く長い方が長生きできるといわれていますが、実際のところはどうなのか調べてみました。

生命線が短い人ってどんな人?どんな特徴があるの?

自分の生命線を見てみてください。短いでしょうか、長いでしょうか。手首まで伸びていれば長め、手のひらの中心辺りで終わっていれば短めだといえるでしょう。もし自分の手のひらを見て、短めだったとしても「短めだから早死にしてしまうのか」と諦めるのはまだ早いです。

生命線は生きる活力の強さを表しているものなので、長く濃い生命線を持つ人の方が情熱的でエネルギッシュであると言えますが、逆に薄く短い生命線を持つ人は、落ち着いていて争いを好まない温和な性格の方だと言えます。

左手の生命線が短い

生命線の長さを確認するとき、右手と左手、どちらの手のひらの生命線を確認しましたか。左右どちらの手で手相を見るかで、とらえ方が変わるのはご存知でしょうか。よく言われるのが、左手が持って生まれた運を表していて、右手はこれから自分が切り開いていく運を表しているといわれます。

あなたがもし、左手の生命線を見て短くてガッカリしたとしても、それは先天的なあなたの落ち着いた性格を表しているだけなので、必ずしも早死にしてしまうわけではありません。

右手の生命線が短い

では続いて、右手の生命線が短い場合です。右手の手相はこれから自分が切り開いていく運を表していますので、右手の生命線が短い場合は注意です。生命線は、その人の生命力を表しているので、体力が落ちていたり、病気にかかりやすくなったりすることが懸念されます。

手相は変わっていくものなので、今一度自分の生活を見直してみた方が安心できるでしょう。

手相だけでなく、悩みに適した占いがたくさんありますので、興味がある方はシチュエーション別に占いサイトが紹介されている記事を参考にしてみるといいでしょう。思わぬ一言をもらって一歩前に進めるかもしれません。

手相を占ってみよう

もっともポピュラー線である「生命線」ですが、それ以外にも「感情線」「頭脳線」「運命線」「太陽線」「財運線」などが挙げられます。

「自分の手相をもっと詳しく知りたい!」そう思われた方は、ヴェルニで占ってもらいましょう。

ヴェルニでは、手相を占える占い師さんも在籍していますので、自分の手相を詳しく見てもらうことが出来ます。

※詳しくはこちら↓

生命線が短い人は長生きできるのか

よく言われる「生命線が短い人は長生きできない」という言葉ですが、そんなことはありません。先述のとおり、生命線は生命力の強さを表しているので直接的に寿命とかかわっているわけではありません。ただ、生命線が短い場合や薄い場合は生命力が弱いので、普通の人よりも疲れやすかったり病気になりやすかったりするので注意が必要です。

また、生命線が短い場合や薄い場合はほかの人よりもストレスを受けやすい、感受性が強い人の可能性があります。

子供で生命線が短い場合

自分の子供の生命線が短い場合、心配になってしまうことはあるでしょう。ですが手相は変わっていくものですので、心配しすぎる必要はないでしょう。「生命線が短いから、近々交通事故に遭って死んでしまうんじゃないか」という事ではありません。

左手の生命線が短い場合や薄い場合は感受性が強く、ストレスを受けやすい子だったり、体が弱く風邪などを貰ってきやすい子の可能性がありますので気をつけてみてあげると良いでしょう。また、右手の生命線が短い、薄い場合は疲れがたまっている可能性がありますので、無理をさせないようにすると良いでしょう。

赤ちゃんで生命線が短い場合

赤ちゃんの手相はまだまだ変わっていきますので、あまり深く悩む必要はないでしょう。左手の生命線が短い場合はほかの人より落ち着いた子になる可能性があります。あくまで生まれ持った運の話なので、これからの環境によっていくらでも可能性は広がります。

右手の生命線が短い場合は、子どもの場合と同じく、生命力が弱まっている可能性がありますので健康に気を使ってみていると良いでしょう。

生命線が薄くて短い人は早死するのか

生命線が短いだけではなく、薄い人は、生命力がとても弱っている可能性があります。必ずしも早死にするという訳ではありませんが、無理をしてしまうと簡単に病気をしてしまう可能性があるので、気をつけた方が良いでしょう。

生命線を濃く、長くしたい場合はどうすればいい?

手相は日々変わっていきます。特に右手に関しては、右手の手相はあなたのこれから切り開いていく運を表していますので、あなたの生き方次第で変わっていきます。食生活に気を使ったり、適度な運動や上手く気分転換をし、快適な生活を続けていれば心身ともに健康になり、生命線が強くなる可能性もあります。

また、ペンで生命線を強調するのも一つの手段です。手相はあくまで皺の一つなので、ペンで書き足したり、爪で皺をなぞったりしていると濃くなります。手っ取り早く良い手相に変えたい場合にはペンなどで補強すると良いでしょう。

生命線の形によって意味が変わってくる?

まっすぐ一本の生命線を持つ人もいますが、生命線が二重になっている人、生命線が枝分かれしている人など、人によって生命線の形もさまざまです。その場合、長い短いだけは関係なく、意味がある線もあるので、それを紹介いたします。

生命線が短いのが二本ある

生命線が二重になっている手相を持つ人もいます。その場合、生命線の長い短いは関係なく生命力が強いことを表しています。生命線が短くとも、二本の生命線を持つ人は生命力が強いのだと自信をもって良いでしょう。

また二重になっている線が生命線より親指側にあるか、手のひら側にあるかによって少しだけ意味が変わってきます。親指側にある場合、生命線をカバーしていますが、徐々に体力が衰退するので注意する暗示になります。逆に手のひら側に二本目の線があるなら、生命線をカバーし、体力を増強してくれる暗示になります。

生命線の終わりが二股に分かれている

この手相を持っている人は多いと言われています。生命線が短い場合でも、二股に分かれている方は安心していいでしょう。この大きく二股に分かれている生命線は生命線の長い短いに関わらず、生命力が強いとされています。というのも、二つに分かれた生命線は色んな物事に挑戦していける、新しい場所を開拓できる手相とされているからです。生命線が短い人でも、二股に分かれていた場合は安心してよいと言えるでしょう。

生命線の終わりが沢山枝分かれしている

生命線が二股に分かれている手相は、生命線が短い場合でも生命力が強いのですが、生命線の終わりがたくさん枝分かれしている場合は要注意です。枝分かれしている部分で大きな病気を患ってしまったり、身体を壊してしまう可能性があります。

いつごろ身体を壊すかについては、手のひらの半分くらいの位置でで分かれていた場合は35歳ころ、半分よりも指側で分かれていた場合にはそれよりも若い年齢のころ、手のひらの半分よりも手首側で分かれていた場合には35歳以降になる暗示ですので、それを目安に、より健康に気を遣うと良いでしょう。

生命線が鎖状になっていたり、乱れている

この手相を持っている場合は、生命線の濃い薄い、長い短いに関わらず生命力が弱っており、精神的にデリケートな面が強い傾向にあります。デリケートな面が強いので、ちょっとしたことでもストレスを感じて、疲れやすくなってしまいます。

また、恋愛面でも、神経質になってしまい、消極的になる傾向にあります。生活習慣に気を使い、体力がつくと、鎖状の部分が、消えていくとされています。

生命線が途中で切れて、また始まる

この手相だった場合、要注意です。この手相は一度、大きな病気などに罹り、命の危険にさらされることを暗示している場合があります。また始まるということは、病気を治せるとも取れますが油断は大敵です。

また、切れている場所によって大体何歳ごろに病気に罹るかがわかります。線の切れ目が手のひらの中心くらいであれば35歳ころ、線の切れ目が中心よりも指側であればそれよりも若いころ、中心よりも手首側で切れていた場合には35歳よりももっと後に病気に罹ることを暗示しています。

生命線を横切る他の線がある

この手相の人も要注意です。生命線上を横切る線がある場合、強いストレスを受け生命力が落ちている暗示になります。今現在何か強いストレスを感じている暗示ですので、うまくストレスを解消できるように何か気分転換などをすると良いでしょう。

生命線が切れ切れになっている

生命線が長くハッキリしている場合でも、その線が切れ切れになっている場合は要注意です。この場合、疲れやすく病気になりやすい運を暗示しています。また、精神的にも弱く諦めやすい性格になる傾向があります。気力が弱まっているので、何事も続けることが難しく仕事なども長続きしない傾向にあります。

この手相を持っている場合は、まずは早寝早起きなどの健康的な生活習慣を身に着けることから始めると良いでしょう。

生命線のカーブが内側に向いている

生命線は普通、一度親指を囲うようにカーブしながら手首側に伸びているものですが、人によっては手首側にカーブせず、そのまま小指側に生命線が伸びている人がいます。この手相を持っている場合、人生において環境や対人関係などにおいて、変化が多くなることを暗示しています。具体的には、仕事が長続きしなかったり、引越しが多かったりが考えられます。

そのことから、かなり波のある不安定な人生になる暗示の手相となっています。波があることが必ずしも悪いこととは限りません。色んな人と出会い、見聞を広めることができれば豊かな人生を歩めることでしょう。

運命線がカバーをしてくれる

生命線が短い場合や上記のあまり良くない生命線を持っている場合でも、運命線やその他の線がカバーしてくれるケースもあります。まず運命線とはどこにある線を指しているかというと、中指の下から手首に向かって伸びている縦の濃い線になります。

この運命線が、どのように伸びていると良い手相かというと、生命線と運命線が合流していると、生命力が強い手相だと言われます。生命線が短い場合でも、運命線と合流していれば問題ない手相となります。

また、まっすぐ濃い運命線を持っている場合も生命力を強化してくれるので、生命線が短い場合薄い場合でも生命力が強いとされます。

生命線だけがすべてじゃない

いかがでしたでしょうか。「生命線が短いと早死にする」というのは、「生命力が弱いので大事にするように」という暗示で、必ずしも短いと早死にするという訳ではない、ということをご紹介しました。また、生命線が短い場合でもその生命線の周りの線によって、生命力が強くなることもご紹介してきました。

手相はあくまで、あなたの過去・未来を暗示し、よりよい人生を歩むためのものです。今回紹介した手相でガッカリしたあなたは、今こそ健康的な生活習慣を身に着けるチャンスです。基礎体力をつけて、無理をしないようにすればきっと今よりも素晴らしい人生が歩めることでしょう。

今後のことをより良くするためにも、これを機会に占いを活用してみてはいかがでしょうか?無料で利用できる占いが紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

Related

Line@