Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】剛毛におすすめのワックス・付け方・セットする方法

Author nopic icon福永知世
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】剛毛におすすめのワックス・付け方・セットする方法

男女別剛毛におすすめのワックス

剛毛とは「かたい毛、こわい毛」を指し、太くて強い毛、または毛の量が多い場合もこれに分類されることがあります。
そんな剛毛をおとなしくさせるために使うのが「ワックス」です。今回は、剛毛の髪の毛を自在にセットするために、使うと便利なヘアワックスをご紹介します。

剛毛に効くワックスの種類

剛毛に使えるヘアワックスは、4種類あります。ファイバー系ワックス、クリーム系ワックス、グリース系ワックス、ジェルタイプワックスです。ここでは、これらのワックスの種類についてご紹介します。剛毛をセットしやすくするためにワックスは有効ですが、マット系とクレイ系のワックスは相性が悪いのでおすすめできません。

ファイバー系ワックス

ファイバー系ワックスは整髪力が非常に強く、指先につけると糸を引くように伸びるのが特徴です。毛束感を出すことができる上、セットし直すことも簡単です。伸びがいいため、初心者でも扱いやすいヘアワックスですが、つけすぎると重くなります。

クリーム系ワックス

クリーム系ワックスは、ファイバー系ワックスとマットタイプのワックスの中間のような質感で、セットしやすいのが特徴です。クリーム系のヘアワックスの商品は多いので、選べる種類も豊富です。つけすぎると重くなるため使用する量に注意が必要になります。

グリース系ワックス

グリース系ワックスは、ツヤ感やウェット感を出すことができるヘアワックスです。パーマスタイルによく合います。セット力とキープ力に弱いのが難点なので、ハード系のヘアワックスと混ぜて使用するといいでしょう。

ジェルタイプワックス

ジェルタイプワックスは、ワックスとは違い「ジェル状の整髪料」です。ウェット感を出すのにぴったりです。剛毛のボリュームをしっかり抑えたい、という人におすすめのヘアワックスです。

男性の剛毛におすすめのワックス

男性の剛毛におすすめのヘアワックスは、ファイバー系のヘアワックスです。中でもおすすめなのが「オーシャントリコ ヘアワックス(ナチュラル) 80g」です。伸びがよく、ツヤ感もでるワックスです。決まりすぎない自然なスタイルを作ることができます。

ファイバー系はしっかり洗わないと落ちない、という欠点がありますが、なかなか思いどおりにならない剛毛でもしっかりセットでき、キープ力が強い点が頼もしいワックスです。

女性の剛毛におすすめのワックス

女性の剛毛におすすめなのが、ジェルタイプかファイバータイプのワックスです。毛束感やツヤ感が出るので、剛毛を抑えつつ、しっとり滑らかな印象にしてくれます。中でもおすすめなのが「ロレッタハードゼリー300g」です。ハードなセット力がありながら、見た目はしっとり輝きのツヤ感を演出してくれます。

使いすぎるとパキパキになってしまうので、量の調節に注意しましょう。たっぷり入っているのに低価格なのでコスパもよく、リピーターが多いのも特徴です。香りがよく、お湯ですぐに洗い流せるのも人気の秘訣です。ショートスタイルでもロングスタイルでも使えます。

剛毛のワックスの付け方

剛毛を上手になだめながら、しっかりセットするためにはどのようにワックスをつけるといいのでしょうか。ここでは、剛毛の人におすすめのワックスの付け方をご紹介します。

男性におすすめのワックスの付け方

剛毛の男性のワックスの付け方のポイントは「つけすぎない」ということと、「全体的に均一に伸ばす」という点です。ワックスの場合、固めるわけではないのでどうしてもつけすぎてしまう人が多いのですが、つけすぎると重くなってしまい、地肌が見えてしまうなどの弊害が出ます。

また、伸ばしにくいワックスを使う際、なかなか全体的に伸ばすことが面倒で偏りが出てしまう場合があるため、しっかり手のひらで伸ばし、全体的につけてからスタイリングするようにしましょう。必要に応じて、セット力の強いスプレーやハードジェルも併用して使うと思いどおりの髪型にすることができます。

女性におすすめのワックスの付け方

女性の剛毛の場合は、男性と違ってある程度長さのある人が多いため、ワックスを付ける際は「毛束意識してセットする」のがコツです。髪の毛の流れを意識しながら、ある程度毛束ごとに形をつけてセットしていきましょう。女性の場合も、つけすぎると重くなってしまうので自分の髪の量に対しての適量を見つけましょう。

剛毛によるボリュームを抑えながらも、全体的に自然になるようにセットしていきます。ワックスは固まらないので、外出先でも直すことができます。きっちり決めるよりも、自然な感じに仕上げましょう。

剛毛をワックスでセットする方法

剛毛の人は、剛毛ゆえに「思いどおりの髪型にならない」という悩みがあります。では、そんな悩みをワックスで解消することができるのでしょうか。ここでは、剛毛をワックスでセットする方法やコツをご紹介します。

ワックスを使う前の準備

剛毛の人は「自分の髪の毛は強い」と思い込んでいる人が多いですが、剛毛の原因が「髪の毛のダメージ」である可能性があります。そのため、洗った髪の毛をがしがしタオルでふいて、適当に乾かしている人もいますが、剛毛を悪化させている可能性があります。

遺伝によって生まれつき剛毛の人もいますが、同じく雑に扱っていると髪の毛にダメージが蓄積し、セットしにくい剛毛になってしまいます。ワックスでセットする前に、ダメージケアも十分に行うことが大事です。

おすすめは「洗い流さないトリートメント」です。洗髪後、タオルドライしてからトリートメント剤をつけ、ドライヤーで乾かします。くせ毛の人の場合は、オイル系のトリートメントがおすすめです。お好みでミルク系を使用してもいいでしょう。ダメージリペアを意識しながら剛毛でも優しく扱うことがポイントです。

剛毛を活かしたスタイリング

剛毛であることを美容師さんに相談すると、セットしやすい髪型に切ってくれることがあります。この場合、毎朝の自分のセットの仕方よりも「美容師さんの腕前」が試されます。剛毛は欠点であるだけでなく、その髪質を活かすことができれば、かっこいい髪型にすることができるからです。

剛毛でセットが決まらない、思いどおりのスタイリングにできない、と感じたら美容師さんに相談するか、思い切って違う美容院に行ってみましょう。「ワックスで簡単にセットできるスタイルにしたい」と依頼すると、剛毛を生かしたスタイルにカットしてくれます。

剛毛をセットするコツ

剛毛をワックスでセットする際、自分の髪質を知ること、髪型、そしてワックス選びが重要です。先ほどもご紹介したように、ワックスはカチッと固める整髪料ではなく、毛束感や流れ、ニュアンスを出すことができる整髪料です。そのため「つけすぎ」には注意が必要で、全体的な流れを作るためにも均一に伸ばすことが重要です。

男性や女性で長めの髪型の人は、毛束感を意識してグループごとに流れを作りましょう。また、髪の毛の長さが短い人は、まずは全体的にワックスをなじませて動きをつけてから、必要な部分だけジェルで固めるなど、ほかの整髪料を併用してスタイルを作っていきましょう。

特徴別剛毛の場合のワックスの選び方

剛毛と言ってもそれぞれ特徴があります。くせ毛で剛毛の人、毛の量が多い人など、ここではそれぞれの特徴に合わせて、おすすめのワックスをご紹介します。

多毛

毛量が多い人におすすめなのがLIPPSの「L14グロスムーブワックス100g」です。毛量が多い人の悩みは、ボリュームダウンできないことなので、水分量の多いグリースワックスがおすすめです。ツヤ感があり、ウェットな仕上がりで、ボリュームを抑えることができます。

使う際は少量でいいのですが、セット力が弱いため、ボリュームダウンをキープしたい場合は、ハード系の整髪料と併用するのがおすすめです。また、しっかりボリュームを抑えたい時には、ジェルタイプワックスもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

これは、匂いもパターンもかなりいいです。
雨の日はこれイッタクで使っています。

硬毛

髪の毛が硬い、という人におすすめなのがファイバー系ワックスの「ナンバースリーDEUXER(デューサー) ミディアムハードワックス4」です。剛毛で硬い毛は、毛束感が演出しにくいのが特徴です。髪の毛がそれぞれ個性を持って我が強いため、まとまりを演出するためにもファイバーの力を利用しましょう。

根元からしっかり使用することで、毛束感や流れを作ることができます。初心者でも扱いやすいので、短髪の人長髪の人もファイバー系から試してみることをおすすめします。女性の場合は、毛先のニュアンスを作るために使うこともできます。

Blockquote firstBlockquote second

男性です。
ショートカット、少し長めのパーマスタイルなど色々な髪型をします。

今まではDEUXERの5番を使っていましたが、ホールドは強いけど、洗髪時に全然落ちないし、髪の毛が伸びてくると相性が悪かったりとストレスがありました。

4番はショートヘアから長い髪型まで相性が良く、洗髪時にはすぐ落ちます。匂いも強くありません。

買って良かったです。
リピート購入します!

直毛

直毛タイプの剛毛の人は、ニュアンスを出しにくいという難点があります。立体感が出ないことにお悩みなら「アリミノピースフリーズキープワックス80g」がおすすめです。ツヤ感はなく、マットな使い心地のクリーム系ワックスで、毛束感の出にくい直毛の人にぴったりのワックスです。

低価格なのも人気の理由で、普段遣いにちょうどいいワックスです。長時間の持続はできないため、外出先では鏡でチェックする必要があります。直毛にデザインを加えたいときに、使えるワックスのひとつです。直毛タイプの人は、ニュアンスの作りやすいワックスを選びましょう。

Blockquote firstBlockquote second

いつもはこの商品を購入しています。いつもは詰め替え用ですが1年に1回は箱を購入しています。

剛毛にワックスが効かないときの対処法

剛毛すぎてヘアワックスも威力を発揮できない、この状態のまま生きていかなければならないのか、と絶望した時にはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、ヘアワックスが効かないときの対処法をご紹介します。

美容師さんに相談しよう

とんでもない剛毛の人でも、なんとかする方法を知っている人がいます。それが美容師さんです。しかも、上手な美容師さんはNOとは言いません。必ずなんとかしてくれます。近所にある美容室ではなく、有名なお店を訪ねてみましょう。髪型やセットの仕方まで、プロの腕前でしっかり応えてくれます。

下手な美容師さんほど「どうにもなりません」と断言しますので、「無理ですね」と言われたら、髪質が悪いのではなく、美容師さんの腕が良くないということです。ただし、プロの美容師さんにお任せするのであれば、自分の思いどおりのスタイルではなく、髪質にあったスタイルにしてもらいましょう。

髪の毛のケアも忘れずに

剛毛の人は「髪の毛が強すぎるから」と髪の毛をいじめぬく人が多いです。パーマやカラーリング、乾燥やダメージの蓄積で、髪の毛が傷んでいる可能性があります。髪の毛が傷んでいるとくせ毛やうねりがひどくなり、スタイリングしにくい状態になります。
人によってはシャンプーを変更したら髪の毛が落ち着いた、ヘアケア用品に気を使うようになったら剛毛が和らいだ、という人もいるので、髪の毛のダメージリペアにも注目してみましょう。ヘアアイロンやドライヤーの使いすぎにも注意しましょう。

剛毛におすすめのワックスのブランド

剛毛に使えるワックスを販売しているブランドがいくつかあります。ここでは、おすすめのワックスブランドをご紹介します。

ギャッツビー

ポピュラーでどこでも購入できるのが「ギャッツビー」です。短髪の男性に使いやすいハード系のワックスが、種類豊富に用意されているのが魅力です。低価格なので、違うものを試しやすいという利点もあります。その日の気分で使い分けたり、混ぜて使用するのもおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

ソフトにきっちり決まるので使いやすいです。
ギャツビーは無難な感じがしますが、やはり使いやすさで言えば、他を上回っている感じがします◎

ナカノ

ふんわりエアリーにまとめたい人におすすめなのがナカノ「スタイリングタントNワックス4ハード」です。キープ力が強いファイバー系ワックスで、剛毛に人に人気のワックスです。ベタつかず伸びがよく、毛先に動きをつけることができます。オイリーなハードワックスなので、剛毛だけでなく、いろいろな髪質にも使えます。

Blockquote firstBlockquote second

ハードとあるけどそこまでのハードさは無いようです。ちょっと癖つけたいときにはちょうどいいかも。
結構、いやかなり伸びます(ガム?トルコ風アイスみたい)

ミューヴル

持続力を求めている人におすすめなのが、ミューヴル「フリーズワックスW7ミューブル (グリーン)」です。束感を表現しながら、しっかりスタイルをキープしてくれるワックスです。ミューヴルはチューブタイプなのも魅力で、使いやすいと人気です。1~7番まであるので、その日の気分で選べるのも楽しいです。

Blockquote firstBlockquote second

今まで使った中で一番使いやすいかな!
つけた後固まるから、長持ちする!匂いも個人的に好みでした

剛毛だって自由にスタイリングできる

剛毛であるがゆえ、思いどおりのスタイリングはできないと諦めている人が多いです。しかし、理想を完璧に再現できないとしても、上手に付き合っていく方法はあります。剛毛も個性なので、個性をうまく生かすことができれば、オリジナルのかっこよさを引き出すことができます。

ワックスも日々進化しているので、使い方次第では今まで諦めていたスタイルにも挑戦できます。相性のいいワックスを見つけて楽しみましょう。