Search

検索したいワードを入力してください

お金に関する引き寄せの法則の効果・体験談・好転反応・コツ

Author nopic icon華咲梅
パワーストーン / 2018年03月15日
お金に関する引き寄せの法則の効果・体験談・好転反応・コツ

引き寄せの法則とは

近頃目や耳にする事の多くなった「引き寄せの法則」とは、自分が思考したとおりに未来を引き寄せると言う魔法のような法則の事です。

「頭で考えるだけで欲しいモノが手に入るなら苦労しない」と言いたくなるところですが、有名人やプロのスポーツ選手たちが小学生時代から「自分はプロの世界で活躍する」とみんなの前で宣言していたと言う説があるように、成功者と呼ばれる人たちの多くは意識的にではなくても「引き寄せの法則」を使いこなしているとも言われています。

お金に関する引き寄せの法則の効果

「引き寄せの法則」の効果が最もわかりやすいのが「お金」でしょう。少額高額に関係なく何もせずに入ってきてくれたらうれしくならない人はいません。

では実際「引き寄せの法則」でお金を引き寄せた人のもとにはどんな形でお金が引き寄せられてくるのでしょう。

宝くじ

「引き寄せの法則」でお金を引き寄せると言うとまずイメージするのが、何もせずに大金を手に入れられる「宝くじの当選」ではないでしょうか。実際に、今まで一度も当たった事がなかった人が「引き寄せの法則」を実践する事によって当選したと言う例もあります。

しかし「引き寄せの法則」は基本的には、ギャンブルなどには効果がないと思っておく方が良いでしょう。宝くじの当選によってお金を引き寄せた人も、引き寄せた方法がたまたま宝くじであったと言うだけで、引き寄せの法則では「宝くじに当たりますように」のような自分の利益にしかならない願い方では願いが叶いにくいと言われています。

また、宝くじに当たったと言う人の話では「いつもは興味がないのにふと買おうと思った」「なぜかわからないけど絶対当たると思ってた」など、いつもとは違う感覚に押されて購入した結果当選したと言う共通点があります。

お金を拾う・もらう

思いがけない臨時収入を手にしたりお金を拾ったりするときにも「引き寄せの法則」が働いていると言えます。特に、お金を引き寄せた人たちに共通するのは「望んでいたタイミングで」「望みを叶えるためのお金」が手に入る事が多いと言う事です。

漠然と「お金がほしい」と思っているよりも、「こういう家に引っ越してこういう生活がしたいから引っ越しの費用にいくらほしい」と、願いを具体的に思い描いてそれを手に入れた後の事までイメージして生活している事で「引き寄せの法則」が働きやすくなると言われています。

お金持ちがしている引き寄せの法則

「引き寄せの法則」で引き寄せたいものの一つが「お金」でしょう。何もしないで頭で思うだけでお金が引き寄せられてくるのなら試してみない手はありません。実際、お金に好かれているお金持ちの人たちはこの「引き寄せの法則」を実践している人も多いのだそうです。

ですが、「お金がほしい」と思っているのは実際にお金を持っている人だけではなく「お金がない」と言っている人たちも同じはずです。なのに、実際にお金を引き寄せられる人と引き寄せられない人がいるのはなぜなのでしょう。お金持ちの人たちが実践する「引き寄せの法則」には何かコツのようなものがあるのでしょうか。

イメージ

「お金がほしい」と言う思いは同じでも、実際にお金を持っている人と持っていない人の思い方には違いがあります。

お金が足りないから欲しいと思っている人は、頭の中が「足りない思考」になっています。無意識のうちに「お金を持っていない自分」と言うイメージを作りあげているので、「お金がない未来」を引き寄せています。

一方のお金持ちは「自分は十分に満たされている」と言う思考のもと、今でも十分に満たされているけれどさらに生活が向上する事を望んで、感謝の気持ちを持ちながら「引き寄せの法則」を実践していると言う違いがあります。

紙に書く

「引き寄せの法則」を実践するために「願いを紙に書く」と言う方法も有効です。紙に書く事で自分の頭の中を整理でき、望みを具体的に思い描きやすくする事ができるからです。

この時のポイントは「お金持ちになりたい」のような書き方ではなく「お金持ちになる」もしくは「なっている」と言うような書き方をする事です。「なりたい」では、どうしても「現状は違うけど」と言うイメージを植え付けてしまう事になるので、「すでになっている」と言うイメージを潜在意識に植え付けるためにこのような書き方をします。

コツ

頭の中でイメージしたり紙に願望を書いてみる事で自分の願望をはっきりとさせる事ができるので、その後の自分の行動にも変化が出るため「引き寄せの法則」が働きやすくなります。

この時「こうなったらいいな」と言う願望ではなく「すでに叶った状態」で願いが達成した時の感情まで具体的に思い描いてイメージする事が成功のコツです。「1000万円ほしい」と思っているなら「自分はすでに1000万円持っている」イメージで過ごしているうちに理想が現実になっていたと言うのが引き寄せの法則が働きやすいパターンです。

お金に関する引き寄せの法則の体験談

「引き寄せの法則」を実際に行って成功している人はたくさんいますが、実際に「引き寄せた」と感じる時はどんな時なのでしょう。大きな変化ではなくてもじわじわと反応が起こってくる時もあるそうです。体験談を元にしながら小さなサインの訪れを見逃さないようにしましょう。

好転反応が起こる

「いきなり臨時収入がある」「宝くじに当たった」と言う事が起これば「お金を引き寄せた」と感じる人も多いでしょうが、普段のちょっとしたラッキーくらいなら気付かずに見逃してしまう事もあるでしょう。

しかし、普段なら見逃しがちな小さなラッキーも「1日に何度も」や「立て続けに」起こるようならじわじわと状況が好転してきている途中なのでしょう。体験談の中には「1日に4回も小銭を拾った」などと言うものもあります。

小さなサインに敏感になって「もうすぐ何かあるのかも」と準備しておく事は、その後大きなチャンスが訪れた時に波に乗りやすくなる事でもあります。チャンスを逃さないように常にアンテナを張っておきましょう。

お金以外を引き寄せる

「お金を引き寄せたい」と強く願っていると、お金以外の事に関心が向かなくなってしまう事もあります。しかし「お金を引き寄せたい」と願ったからと言って、わかりやすい形でお金が手元に入ってくるだけとは限りません。

「普段知り合う事のない人と仲良くなった」「仕事の誘いを受けた」など、「新しい仕事」と言う形でお金が引き寄せられて来る可能性がありますし、「新しい出会い」が自分の才能を発見する事に繋がって、そこからビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。

一見、お金とは関係のない部分に「引き寄せの法則」が働いているように見えても「結果的には収入が増えていた」と言う体験をする人もいます。

信じるか信じないかはあなた次第

願いを紙に書いたりイメージするだけで望みのものが手に入ると言うまさに夢のような話ですが、「そんな事あるわけがない」と決めつけて何もしないでいても何も起こる事はありません。

信じて実行してみるのも「あり得ない」と否定して何もしないのもすべては自分次第です。実際に試してみたところで損をする事は何もない「引き寄せの法則」です。何かが起こればラッキーくらいの気持ちで試してみてはいかがでしょう。

「何かいいことが起こるかも」と毎日ワクワクしながら待っている行動自体がすでに開運アクションになります。自分自身と周りをワクワクとした良い気で満たす事は良い運を引き寄せる事にもつながります。「何も起こるはずがない」と初めから否定的に見るのではなく、楽しみながらお金持ちになりましょう。

関連記事

Related

Line@