Search

検索したいワードを入力してください

支合で分かる相性・算命学・年の調べ方|四柱推命/恋愛/結婚

Author nopic iconみみずん
カテゴリ:相性占い

初回公開日:2018年04月04日

更新日:2020年03月07日

記載されている内容は2018年04月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

支合で分かる相性・算命学・年の調べ方|四柱推命/恋愛/結婚

支合で分かる相性

東洋の占いで一番当たるのは運勢や運気の流れです。毎年運勢や運気が訪れ、その中でも”支合”と呼ばれる運勢があります。果たしてこの支合の運勢とはどのようなものなのでしょうか。今回はこの”支合”の意味や、支合の運勢の時に身の回りでどのようなことが起きるのか、そして”支合”でわかる男女の恋愛・結婚の相性についてを詳しくご紹介します。

「支合」の読み方

”支合”の読み方はそのまま”しごう”と読みます。十二支のうちの2つの干支同士が手と手をつないで和合することをいいます。支合の年や支合の運気になると相性の良い干支の人が現れ、結びつきが強くなります。

また、自分自身の生年月日を十干十二支に変換して生まれ年と生まれ月が支合の命式の関係性であれば”親と自分自身の関係性”を表わし、生まれ月と生まれ日が支合の関係性であれば”自分自身と配偶者との関係性”を表します。

四柱推命で見る支合について

高い的中率を誇ることで有名な四柱推命ですが、この四柱推命でも支合の運勢と相性を見ることができます。四柱推命では”合(ごう)”の漢字が後ろにつく運気が人生の中で何回か訪れ、基本的には良い運勢傾向の場合が多いです。

”合”の意味は”和合”を意味し、引き合うということを示しています。恋愛相手に出会う、結婚相手に出会う運勢とされており、相性も良い相手を引き寄せる力が強くな、恋人ができたり結婚をしたりすることなどが起きやすい運勢になっています。

支合の時の恋愛運

支合の運気の時、恋愛運はとても良い運勢になります。恋愛運といってもいろいろありますが、中でも独身の人やシングルの人は出会い運が強くなります。いろいろな異性から声がかかったり、自然の流れで異性と出会うことができます。

このいろいろな出会いの中で、自分にとって真剣にお付き合いができる異性は誰なのかを見極めることによって、過去の辛い恋愛の経験やトラウマがあってもその呪縛から解放され、幸せへの第一歩を歩むことができるようになります。

支合の時の結婚運

支合の運気の時、結婚運がとても強く、軽い恋愛よりも将来を共にできるパートナーを求める傾向が出ます。独身の方は支合の運勢の時に婚活やお見合いをするなど、出会いを自らが積極的に行動を起こすと、自分にとって理想的な異性と出会えたり、結婚を考えられる異性とのご縁が引き寄せられ、和合の力が強くなります。

また、長い間お付き合いをしているカップルは、どちらかが支合の時に結婚を決断するタイミングに入ります。逆にこのタイミングを逃してしまうと長い春になり、場合によっては腐れ縁になったり、別れることになることもあります。

結婚を考えている人は支合の運気を上手に活用して行動するようにしましょう。

支合の時の大運

”大運”とは、5年から10年間の長い運気のことです。その中でもさらに”陽の運気の時期”と”陰の運気の時期”にわけてみることもできます。例えば、10年間の支合の大運の人は前半の5年と後半の5年の運気のどちらの支合の運気が恋愛運や結婚運に最適なのかという見方をします。

そして毎年の運気のことを”歳運”と呼びますが、大運あってこその歳運です。四柱推命では重要視する運気の中のうちのひとつとなります。

支合の大運の時は主に何が起こるのか

自分自身の大運が支合の運気だった場合、恋愛や結婚だけではなく、仕事や人間関係にも恵まれ、困ったときに助けがあったり、周りからの評価も自分が考えている以上に高く、自信が持てる時期になります。

支合の運気というのは相性の良い人が自分に寄って来ます。そのためどんな難事があったとしても乗り越えられるようになります。ですが、ここで注意をしたいのは、大運が支合の運気の時はとにかくラッキーなことに恵まれやすい時期になります。そのため、周りの人への感謝の気持ちや謙虚な姿勢を忘れるにすることでさらに運気が良くなります。

算命学で見る支合について

算命学とは、十干十二支を用いて運勢を見る部分は四柱推命の占いと同じですが、四柱推命は算命学の一部の理論を用いて築いた占いになります。

四柱推命は虎視眈々と運勢だけを見ていくのに対して、算命学は”人は公平ではない”という解釈から始まり、そこからいかに上昇して幸運をつかめばいいのかといった”人間の心”そのものを大切にし、その人の宿命を解読していく占いスタイルです。

日本ではあまりなじみはありませんが高い的中率を誇ることで有名で、四柱推命にはない”個人の自由”を尊重した理論のため、隠れた人気がある占いです。

算命学から見る支合の時の恋愛運

算命学では恋愛運と仕事運は連動していると考えられています。支合の時は運気がとても良いため、仕事運も良いです。そのため算命学では支合の時は仕事を楽しんで仕事を頑張れるようにすれば、恋愛運が自然と上昇し、良い人と巡り合える運気としています。

また、支合の時は素直な自分になれるので、自然と人を惹きつけるオーラが身に付きます。なので、支合の時はいろいろな人からのお誘いやアプローチがあり、人生が楽しく感じられるようになるでしょう。

算命学から見る支合の時の結婚運

算命学では支合の時は同じ価値観の人間関係に出会う運気とされており、結婚は価値観が合う相手と一緒になればうまくいくという解釈がされています。そのため、支合の運気の時に結婚を目標にするときは、見た目だけを重視するのではなく、コミュニケーションをしていく中で価値観が合うか合わないかもよく見極めるようにすると、良い人と結婚できる可能性が出てきます。

支合の時は基本的に相性の良い人間関係に恵まれるので悪い相性はあまりご縁はないですが、恋愛相手ではなく、結婚相手として見た場合の相性は全く違うということを意識して婚活を行うとうまくいくでしょう。

そして、結婚そのものに焦ってしまうとうまくいきません。支合の時の婚活は1年間じっくりと行うことで良い結果になることを忘れないようにしましょう。

算命学から見る支合の時の大運

算命学から見る支合の時の大運は、石橋を叩いて渡ることによって開運すると解釈されています。自分自身の内面にある本当の感情に気づくことで人生の真の目的に気づき、それによって計画的な人生を送ろうという流れになります。

そして、大運で支合だった時は”家族”がテーマになっており、身内との関係性の変化や結婚相手とのご縁ができやすく、身内との接触が増える時期になります。その中で自分の家系を引き継ぎ、そして家を守る意識が強くなります。

支合の年の調べ方

支合の運気というものは誰もが必ずやってくる運気で、12年に1回やってきます。そして絶対的に良い運勢になるとは限らず、それなりに慎重にならなければいけなかったり、注意をしなければいけない場合もあります。

支合は先に述べたように十干十二支を元に暦と照らし合わせて支合の運気が出せるようになっています。まずは支合の関係性になる十二支をみていきましょう。

支合になる干支