Search

検索したいワードを入力してください

運気が好転する前兆|潜在意識による好転反応|ニキビ|肌漢方

Author nopic iconゆうこ
ヘルスケア / 2018年03月15日
運気が好転する前兆|潜在意識による好転反応|ニキビ|肌漢方

好転反応という言葉を聞いたことがありますか?

みなさんは一度は好転反応という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。いいことを示しそうな言葉のように聞こえますが、実際の症状は悪い症状のことを指すことが多い言葉です。どのような状況のことを好転反応と呼ぶのでしょうか。また好転反応が起こったときには、どのような対処する必要があるのでしょうか。

本記事では「好転反応」ということについて具体的に解説します。大きく、漢方における好転反応と、潜在意識を使ったスピリチュアルな世界における好転反応、さらにはファスティングによる好転反応とで解説しています。ぜひ参考になさってください。

運気が好転する前兆

好転反応とは、運気や症状が好転する前触れとして起こる現象のことです。運気や症状としてはいったん悪くなることが多いです。症状としては、治したい症状が一時的に悪化するように感じられたり、運気としても嫌なことが起こったり、あり得ないことがおこったりするなど、一見事態は悪くなっているかのように感じられます。

しかし、いっときの悪い状況を乗り越えると、次の瞬間には症状が大幅に回復したり、運気が上昇したりします。そのため、状況が好転する前の前触れの状態のことを好転反応という言葉で表していることが分かります。

漢方における好転反応

漢方における好転反応とはどのような状況のことを指しているのでしょうか。

もともと好転反応という言葉は東洋医学における、症状が改善する前触れとして一時的に起こる症状のことを指して用いられた言葉です。この好転反応という言葉は、漢方や鍼の世界では、「瞑眩(めんけん)」と呼ばれます。瞑眩には、一時的に目がくらむことを指す意味もあり、書状が好転する前に一時訪れる期間を指す言葉を連想させます。

漢方では、好転反応として、高熱や下痢などの明確な症状が現れることも多く、それによって人々が不安に感じることも多いことから、事前に好転反応が起こることについては意思や薬剤師からよく説明されることが多いです。

好転反応や瞑眩は、一時的で長く続くことはありません。そして一時の好転反応ののちには、症状が急激に回復し、快方に向かうことが多いとされています。

ニキビの好転反応

なかなか治らない大人ニキビに困っていませんか。

ニキビの治療にヨクイニンという漢方薬が使われることがあります。ヨクイニンはハトムギからできる生薬で、イボ取り治療に活用されてきましたが、近年大人のニキビにも効果あるとして注目されるようになりました。

このヨクイニンを飲んでいるのに、症状が良くなるどころか悪化しているという声があがることがありますが、これこそが好転反応であると言われています。ヨクイニンによって、体中の膿や毒素が排出されるように流れており、それが排出されつくすまでは身体を動いている膿がニキビの悪化という症状として現れるということです。

しかし、好転反応が出てもあわてずに、2~3週間ヨクイニンの服用を続けることで、症状が劇的に好転するといいます。

肌の好転反応

また、フェイシャルマッサージでも好転反応が起こることがあると言われます。フェイシャルマッサージで肌をきれいにしようと思ったのに、翌日肌がより荒れてしまったという話です。

一見、マッサージ自体が良くなかった、また化粧品が合わなかったというように思われる方も多いといいます。しかし実際には、フェイシャルマッサージをすることで緊張していた顔の筋肉がほぐれることによって、体中の血行がよくなります。それによりリンパを老廃物が通りやすくなり、その結果顔にたまった老廃物や毒素がリンパを伝って流れていきます。

フェイシャルマッサージを受けたあとの肌荒れや湿疹のような症状は、このような老廃物や毒素排出の過程で起こる好転反応であることが非常に多いと言われています。

潜在意識による好転反応

また、漢方や肌荒れなどの症状からは話が離れますが、スピリチュアルや引き寄せの法則を活用するときに好転反応が起こることがあると言われています。潜在意識による好転反応とはどのようなことなのでしょうか。

そもそも潜在意識という言葉をご存知でそうか。心理学やスピリチュアルに興味のある方は、何度も聞いたことがある言葉でしょう。

潜在意識とは

人間の意識はすべて自分で把握しているものではなく、自分で意識できる顕在意識は約1割程度と言われています。反対に自分が意識できない潜在意思(無意識)は、約9割にものぼります。
この自分が意識できない潜在意識の中に思い込みが隠れていることが多く、自分の中に自分で制限を作ってしまっています。

この潜在意識にため込まれている思い込みにより、「わたしには〇〇は無理」「〇〇できるわけがない」という前提ができ上がってしまっているため、多くのひとが自分の才能を開花させることができません。

潜在意識は、過去の失敗や親から言われてきたこと、自分が経験により蓄積してきた考え方やとらえ方が反映されています。心の中で感じている「〇〇するべきだ」「〇〇するべきではない」というような偏った考え方も潜在意識の中で作られている思い込みであることが多いです。

潜在意識の書き換えをするときに好転反応が起こる

しかし最近ではこの潜在意識にアクセスして自分の中の前提を変えるというセラピーなども多くつかわれるようになっており、アメリカなどでは多くの書籍が出版されたりセラピーの実践効果も上がっていると言われています。

その、潜在意識を書き換えるときに好転反応が起こります。潜在意識は自分で創り上げてきた意識であるため、自分に見えている現実は悪くても、意識の中では自分にとってメリットになるととらえられています。

そのため、その意識を変えたいと顕在意識では思っていても、自分の潜在意識はそれを拒絶します。そのときに好転反応が起こります。今苦しいと思っている問題やトラブルが、より悪化するというような状況です。

好転反応のトラブルの種類

潜在意識を書き換えようとするときに起こる好転反応の例としては、問題やトラブルの悪化のほかに以下のようなことが起こります。

・ありえないような忘れ物

・悩みのぶり返し

・ケガや体調不良

・突然の予定キャンセルや予定のバッティング

潜在意識を書き換えて問題を解決していこうとしていたり、セラピーをうけたあとなどにこういった症状が出た場合には好転反応であると考えられるととらえ、あまりくよくよせずに乗り越えるのがいいでしょう。

好転反応による落ち込みの対処法

しかし、好転反応により状況が一時的に悪化しているとはわかっていても、どうしても精神的に落ち込んでしまうということもあるでしょう。そのようなときにはどうしたらいいのでしょうか。

漢方の服用や、肌荒れ、意識の書き換えにより起こる好転反応、いずれの場合にも焦らずに落ち着いて行動をすることが大切です。また、運動や入浴などでできるだけ多く汗をかき老廃物を外に出すことは、肌荒れにとっても大切ですし、リラックスすることは精神的も必要です。また、水を多く飲むことをおすすめします。

そして、どの場合であっても、好転反応による落ち込みに対処するには十分な睡眠をとることが必要です。身体的にも精神的にも健康な生活を続けることによって、好転反応もだんだんと薄れていき、急激な回復が待っていることでしょう。

好転反応の終わり

好転反応の終わりは、事態の回復によって知ることができます。だんだんと悪化していた書状が回復に向かってきて、精神的にも落ち着いてきます。また、おかしなトラブルやミスなども起こらなくなるでしょう。

その苦しい時期は人にもよりますし、症状にもよりますが、それを乗り越えることで、大きな状況の変化がやってくることが、つまりは好転反応の終わりを意味しています。

ファスティングの好転反応

若い女性を中心にファスティングというものが流行っています。ファスティングとはいわゆる断食のことで、1か月に1度、週末の2~3日を使ってファスティングを行う人が多いと言います。

ファスティングは効果的

ファスティングは、どのダイエットよりも効果が出やすいとされています。実際に食べ物を取らないということに加えて、日々食べ続けていることでは流れていかない体中の毒素が、ファスティングにより流れていき効果的に体の中の老廃物を排出することができると言われています。

しかし、まったく食べ物を取らないというわけではなく、酵素ドリンクやスープのような液体はとりながら行うことが多いです。急激に食べ物が体に入らないことによる低血糖や体調不良を防ぐためです。

ファスティングによる体の変化

ファスティングを行うことにより、体から老廃物が出て、基礎代謝があがります。それにより、自分の体をやせやすい体質に戻すことができます。また、老廃物が流れることにより美肌効果や免疫力があがるなどの効果も期待できます。

ファスティングにも好転反応が起こる

このファスティングをはじめてすぐに好転反応が起こることが多くあります。それは頭痛や吐き気のような形で起こったり、便の色が黒や緑で現れるなどの症状です。

これもここまでと同じように、体中の老廃物が流れて排出されようとする動きから、好転反応が起こっています。これは体中に老廃物が多い人ほど、好転反応も激しくなります。日ごろから不摂生な食事をしていたり、アルコールや喫煙の習慣がある人はなおさらです。

しかし、このファスティングによる好転反応を乗り越えることで、体に不要な老廃物がながれ、さらなる健康的な効果が期待できるようになります。

好転反応はいいことの前兆

さまざまな好転反応についてご紹介してまいりました。漢方の好転反応、肌荒れやニキビの好転反応、ファスティングによる好転反応、潜在意識による好転反応と状況は異なりますが、すべて悪いものを流していいものを取り入れる過程にはかならず好転反応がついてくることが分かりました。

自分にとっての悪い状況がすべて好転反応ではありませんが、良くなるために悪いことが起きている、自分にとって良いことを知るために、悪いことが起きているということがわかれば、少し楽になるのではないでしょうか。

ぜひ、肌荒れの改善、潜在意識の書き換え、そしてファスティングなど、自分を変えることにトライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related